ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2011年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

2011年2月28日(月) 雨

 一日遅れのレポートとなり恐縮だが、昨日は昼間ゴルフの後、病院に見舞いに行ったり、スーパーでの買い物をした後、三宮に出向き夜ソネに向かう。一年ぶりになってしまったが、山口有紀ちゃんの出番。バックのユニットがまた素晴らしい。

e0083517_115329.jpg


e0083517_1155072.jpg


有紀ちゃんの歌いっぷりがすっかり大人になっている。とくにスローなバラード調でしっとりと聴かせてくれるのは素晴らしい。
e0083517_1164410.jpg


e0083517_128337.jpg
e0083517_1532638.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-02-28 23:59 | ジャズ・音楽 | Comments(18)
2011年2月27日(日) 晴のち曇のち小雨

 ホームコースメンバーかつ会社OB・現役で構成するコンペメンバーの中でも、格別に近しい練習会メンバーが8人いて、全員揃うことはなかなかないのだが、以前から日曜日はその練習会を一組でするのが通例。今日は、最初はあぶれていたのだが、一人が落馬(欠席)となったので穴埋めにメンバーに入れてもらう。

 インドネシアやタイで鍛えてこられたシングルクラスのIさん、同じBクラスの現役であるNさんとSさんの四人での練習ラウンドとなる。このところ少し上向き加減で、目標は80台を出すこと、今年初バーディを記録すること、オリンピックで負けないことである。

 スコアは午前中4連続パーがあったりで43。午後は少し乱れたが46でまとまり、トータル89。第一の目標は辛うじてクリア。バーディは、チャンスこそあったが、カップをかすめたのが二回あり、いずれものがしてしまった。オリンピックは二階建てのニアピンを取れたり、金鉄ルールが効を奏してかトップとなる。というわけで、3分の2の目標はクリアできた。

 プロギアのコマーシャルコピーを見て、たかがゴルフに大の大人が熱くなって何が悪い!と開き直ったことがいい結果に繋がっているようだ。この調子で安定化させていきたいものである。
by yellowtail5a01 | 2011-02-27 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2011年2月26日(土) 晴

 本来であれば英語の日なのだが、午後に母の医療面談があるので、それを主体に行動する。午前のうちに済ますべきことは、バイクの車検が上がっているので、それを取りに行って支払を済ませること。

 それと、小学校同窓会プロジェクトで訪ねるべきところが二件。そのうちの一件を午前中にトライする。あいにく空振りに終わったが、手紙をポストに入れておいたので、運が良ければそのうちに返答が来ることを期待したい。

 久しぶりに小学校近辺を歩き、懐かしい校門を通りかかると、50年前のいろんな思い出、友の顔、好きだった子に振り返ってもらえなかった挫折感などが走馬燈のように回転する。
e0083517_310853.jpg

 午後は予定通り母を病院から老健に連れて行き、老健医師の面談となる。特に異常はないようなので、来週には老健に戻れそうだが、その決定は来週火曜日とのこと。病院の診断書類の移送などに不備があり、病院と老健の間を行ったり来たりしている間に英語の時間は過ぎてしまい、今日は断念。

 その分、同窓会プロジェクトのもう一つのペンディング事項である恩師の一人の消息確認に今津に出向くが、こちらも空振り。お元気との風の噂は聞いているのだが、なかなか巡りあえない。
by yellowtail5a01 | 2011-02-26 23:59 | 健康 | Comments(2)
2011年2月25日(金) 曇ときどき晴

 ひょんなことからもらったUSJご招待券二枚。有効期限が三月末に迫ってきているので、娘にくれてやってもいいのだが、「お父さん、行ったことないんでしょ。私でよかったら案内してあげるよ。」とのことだったので、一人では行けないし、誰かと行くといってもそうそう都合のいい友人も見あたらず、休暇の最終日だった娘の好意に甘える。

 娘は、学生時代にUSJのすぐ側の結婚式場がバイト先であったこともあり、一時は年間パスを買って入り浸っていたというだけあって、名ガイドである。

 まもなく開場10周年とのことだが、なんとかその前に来れてよかった。エントランスに向かうと自然に童心に帰って胸が高鳴る。
e0083517_22174448.jpg


 まずは待ち時間の一番長いというジェットコースター。ポートアイランドも阪神パークも宝塚ファミリーランドもなくなり、とうとうエキスポランドもなくなった今、観覧車はそここにあるが、ジェットコースターは珍しい。待ち時間70分。列に並びつつ、動く被写体を撮影したりしていると退屈しない。こういうときはタイミングが難しいので連写代わりにブラケット撮影にする。それも3枚では少ないので5枚になるフォーカスブラケットが有用である。
e0083517_22181126.jpg


 乗っている間はカメラも携帯も持ち込み禁止だし、とても撮るゆとりもなさそう。相当迫力のあるジェットコースターで、運良く先頭席に座ることができた。最初のフォールが垂直落下のようで、「キャー!」の絶叫が始まる。まもなく26才を迎える娘も小学生に戻ったみたいに「キャーッ!」の連続であった。さすがに親爺は声も出せずひたすら耐える。
e0083517_22183023.jpg


 町並みの作りは当然のことながらアメリカンで、張りぼてとはわかりつつも、やはりウキウキする気分になってくる。
e0083517_22184750.jpg


 ジェットコースターの後はシュレック、ターミネーター、昼食をはさんでスパイダーマンと同じような3Dライドを試す。娘のガイダンスがバッチリでいずれもど真ん中のいい席をゲットできる。そして、最後はジュラシックパーク。水しぶきを被るので300円のレインウェアを買うかどうか迷うが、娘は「被っても知れてるし、ちゃちなレインウェアやからやめとこ」とのこと。これだけは外れだった。
e0083517_221974.jpg


 というか、座った席が2列目の左端席で、これが最悪。最後のフォールでもろに一人で水を被った格好となり、近隣席にいた女子高生から嘲笑の視線と慰めの言葉をもらうことになる。
e0083517_2219344.jpg


 二月の平日と言うのに若い人が多い。小学生や中学生はどうやら卒業旅行的な感じで団体で来ている感じ。中国人、韓国人も多そうだ。欧米系はあまり見かけなかったが、こちらのファミリーは可愛いエンジェルのような子供連れグループ。
e0083517_222019.jpg


 帰りに駅前のビルでシュリンプカクテルと白ワインで締めくくり、改札に向かうと地上から黄色い歓声が聞こえてくる。5階から若い大道芸人のパーフォーマンスにカメラを向けると見つかってしまった。どうやらトークのネタにされてしまったようである。でも、そのおかげで皆さんからカメラ目線をいただくことができた。
e0083517_2220267.jpg


 そうこうしている間に、娘の携帯に会社から連絡があったみたいで、春の異動通知。三月中旬から静岡県に転勤となった模様。こうして娘と二人で遊べるのも今日が最後になってしまうのかも知れない。
by yellowtail5a01 | 2011-02-25 22:50 | 家族・交遊 | Comments(11)
2011年2月24日(木) 曇

 今月二度目の受託業務での行き先は富田林。過去に乗ったことがあるのかないのか記憶にない近鉄大阪線。阿部野橋から松原、藤井寺など高速道路では馴染みのある名称の駅をいくつか通り過ぎて約30分。富田林駅に着く。

 ここは生まれて初めて来た駅であることには違いない。なんでも夏のPL花火の時には最寄り駅になるらしい。
e0083517_2291839.jpg


 
by yellowtail5a01 | 2011-02-24 23:59 | 仕事 | Comments(5)
2011年2月23日(水) 晴のち小雨

 2月9日以来でちょうど二週間ぶりで、同じような隠れ特訓メンバーでラウンドする。今日は四人で、ニギリバトル、オリンピックバトルで火花を飛ばしながらの技術研究会。

 ドライバーのフェアウェイキープ率(29%)、パーオン率(17%)といずれも低調ながら、スプーン、クリークによるリカバリーが好調だったこと、アプローチもまずまずで大叩きは押さえることができた。午前のインが47、午後のアウトが44で91。今年になってからはベストスコアが出た。バトルの方もまずまずの結果で終わる。

 このところ少しフォーム改造を試みているが、その成果が出たり出なかったり。ドライバーは暴れているが、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンはいい方向に効果が出ているようだ。本番シーズ入りまで少し時間があるので、新フォームの安定性を確立したいところである。

 
by yellowtail5a01 | 2011-02-23 23:46 | ゴルフ | Comments(4)
2011年2月22日(火) 晴

 昨日に引き続き暖かい日が続く。午後にヨットのタラップと電子レンジの細工をしたのが届くというので、お手伝いにハーバーに向かう。

 アルミ作業は、アルインコというアルミの老舗。完璧でないとしてもずいぶん丁寧な作業で、レンジの装着が完了する。

 早い目に作業が完了したので、病院に寄ってゆっくりと母の夕食に付き合う。やはり側に付いている方が食欲が進むようで、しっかりと夕食を摂ってくれるのでホッとする。

 中東のアラブ諸国は民衆蜂起で大変な状況だし、大好きなニュージーランド南島のクライストチャーチがまたまたの大地震。日本は政治は貧困だが、平和で豊かでありがたい。小学生の頃から憧れていたクライストチャーチの安全と復興を祈る。
by yellowtail5a01 | 2011-02-22 23:59 | マリンワールド | Comments(4)
2011年2月21日(月) 晴

 先週の雪の月曜日が遠い過去のことのように思われる、暖かい月曜日。通勤途上も全然寒くない。この暖かさが続くとゴルフが恋しくなって来るというもの。

 タイトルのフレーズは、プロギアの最近のテレビコマーシャルで良く耳にするコピー。中高年ゴルフフリークの心情と開き直りを良く代弁していて、傑作だと思う。ゴルフをカメラに置き換えてもそのまま当てはまる。

 プロギアのクラブとは無縁であるが、ナイキから変更したマグレガードライバーが腕に馴染んでくれて、熱くなってみたいものである。
by yellowtail5a01 | 2011-02-21 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2011年2月20日(日) 薄曇り

 煙霧か黄砂の影響かあって、スッキリとは晴れ上がらないが、穏やかないい日和である。今日はゲストもなく、オーナー、マネージャと三人で沖に出る。風はあっても7ノットくらいで、ときどき無風状態。それでもエンジンはかけず、微風と戯れながら風任せ、波任せで沖合を周遊して戻ってくる。

 沖合に停泊している貨物船を目標に近づき、被写体とする。同じ船でも見る角度によって表情は様々。
e0083517_1385863.jpg


e0083517_1393152.jpg


e0083517_1395377.jpg


 最近、ホットウィスキーでブームになっている山崎12年は、どの角度から見ても美味しそうである。
e0083517_140833.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-02-20 23:59 | マリンワールド | Comments(4)
2011年2月19日(土) 晴

 昨夜からまた寒波到来との天気予報ではあったが、意外に穏やかな日和。この二日、仕事もあって母の病院見舞いもできていなかったので、午前中に行ってゆっくりと付きそう。母の昔の知り合いの人が見舞いに来てくれたりで、ちょうど良かった。母一人だと恐らく朦朧とした中で気だけ遣って疲れそう。その知り合いの人もずいぶんお歳のおばあさんだが、覚えておいていただけるのはありがたい。母の人徳というものであろう。

 午後、時間ができたので同期の友人の見舞いに行くにはいいタイミングである。一昨日に枚方の大学病院から京都北白川の病院に転院したとの情報を奥様に確認したところである。慣れない環境でそっとしておいた方がいいのかなとも思うが、奥さんに聞いてみると、「1月より元気になっているので、話し相手に来て来て」とのこと。

 初めて行くところでバス停探しに少し手間取るが、ほぼ約束の時刻に参上。個室でバストイレ、キッチン、付き添いようのソファーベッド付きで、1Kのマンションと言ってもいいようなこぎれいな部屋である。しかも、高台の5階からの見晴らしは京都市内が一望できる。八坂の塔、京都タワーもシンボリックに見える。一番近いところには大文字がすぐそこで、送り火の時はさぞ近しく見えることと思われる。

 他にも見舞客が二組あったみたいで、疲れてはいけないので早々に切り上げ失礼する。1月に枚方の病院を尋ねたときはチューブが一杯で痛々しかったが、今では食事も自分でしっかり摂れるようになったとのこと。病状は油断できるものではないとのことだが、少しホッとすることができた。
e0083517_224563.jpg


空には幾条ものジェットトレイル。この季節にトレイルが残りやすいのか、それともやはり何か化学物質がバラ撒かれているのだろうか。無気味だ。
e0083517_231148.jpg


 連日の京都訪問となったが、今日はゆとりがあったので、ダメ元で京都の友人、U氏を引っ張り出し、夕食がてら新京極のキリンビアホールで、美味しいあてを肴に、生、ハーフ、黒とビールを楽しむ。帰りの阪急は茨城あたりで人身事故があったとのことで河原町から十三まで1時間半。JRのお株を奪った感じで、こちらはいい迷惑であった。
by yellowtail5a01 | 2011-02-19 23:59 | 友人・交遊 | Comments(10)