ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2011年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2011年4月30日(土) 曇

 降水確率こそ低いが、空はどんよりと重く、風がきつそうだ。午後の遅い時刻になるに従ってお天気は下り坂との予報を信じ、7時半過ぎには今日の第1目的地である沼島に向かって出航する。マリーナの中では気づかなかったのだが、外に出ると凄い風と波。二年前の台風下の五島列島行きの時ほどではないが、風速30ノットを超えている。毎秒15メートル以上の暴風圏。警報が出るのは当然である。
e0083517_23302119.jpg


 二年前の恐い目に遭ったことが一同の頭をよぎり、ここはオーナーキャプテンの鶴の一声で、洲本に戻ることになる。マリーナは連休初日ということもあり、遠征組のヨットが多数いたが、初めから出航しない艇、一旦は出たけれどすぐに戻ってくる艇がほとんど。

e0083517_23323796.jpg

様子見をするが、天候回復の兆しもないので用意していたソーメンランチをいただいた後、ヨットは係留したまま陸路帰ることにする。

 バスを乗り継いで岩屋に向かうのだが、岩屋近くの松帆温泉がいいというので寄り道する。500メートル強だがきつい上り坂で汗が噴き出す。
e0083517_23335279.jpg


 人気の露天風呂とあって、南西方向から北東方向に見える明石海峡大橋を見ながらお湯に浸かれる。
e0083517_23341674.jpg


 タコフェリーはすでに廃止になったようだが、まだ播淡フェリーは健在。強風収まらぬ明石海峡を20分ほどで渡る。1000円高速は6月で打ちきりになるようだが、そうなると俄然フェリーの優位性が復活する。海外に売り払ってしまったフェリーボートは戻ってこない。政治は誰がどう責任を取るのか。
e0083517_23344214.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-04-30 23:59 | マリンワールド | Comments(2)
2011年4月29日(金) 晴

 ブログ更新が遅れてしまいました。体調が悪いとか、落ち込んでいたとかいうわけではないが、写真を沢山撮ってしまったことに一因がある。撮ったはいいが、その整理と日常雑事にかまけて、遅くなってしまった。まとめアップとなるが、かいつまんでここ約一週間の状況を投稿することになった。

 で、29日の連休初日に遡る。天気晴朗、風良し、波適度にありで、快調な出航となる。例年の遠征では時間が読めないので、機走(エンジン頼り)の時間帯が多いのだが、今日はいい風と方向にも恵まれ、ほとんど風だけで快走する。

休みなのに貨物船が行き交う。
e0083517_2314029.jpg


タンカーも沖に向かう。東北にいくのだろうか。
e0083517_23141336.jpg


沖に来ると大阪湾内でも水の色が美しい。しばしのリラックスセーリング。
e0083517_23144558.jpg


操業中の漁船にはカモメが群がる。
e0083517_23165660.jpg


 予定通りの時刻に洲本の南、サントピアマリーナに係留し、さっそくホテルニュー淡路の温泉を借りて、和歌山方面を海越しに望みつつ露天風呂を楽しむ。夕食は焼き肉屋さんに赤ワインを二本持ち込んで、浜松以来の焼き肉を堪能する。

 今日は6人なので、ベッド配分も楽勝でぐっすり眠れそうである。
by yellowtail5a01 | 2011-04-29 23:59 | マリンワールド | Comments(5)
2011年4月28日(木) 曇

 自分は結構分不相応にいろいろ楽しいことを追求している人間であるという自覚はあるが、今日はその極みと言っていいだろう。
e0083517_350685.jpg


 8時スタートと早い目であるが、毎年のサントリーレディーズオープン、そして昨秋のパナソニックオープンで遼君も活躍した六甲国際の東コース。フロントティーからでも距離はたっぷりあるし、バンカーがいたるところにあり、しかもアリソンバンカーというのか、ほとんど身長よりも高い顎があり、なかなか一回では出てくれない。おまけにグリーンは綺麗ではあるが、ポテトチップスのようなアンジュレーションで、ちょっと気を抜くと3パット。

 苦労しつつもドライバーとパットがそこそこ調子よく、50ー47は上出来。格上の先輩方を凌駕してしまったのは嬉しいやら申し訳ないやら。新ドライバーは暖かくなってきて良さそうである。

 名門コースはあまり詰め込まないようで、ストレスのない進行で1時半にはホールアウト。ゆっくりお風呂に入って、地主さんのK氏のおごりでお茶をして帰っても4時前。焦ることもなく夜の予定に勤しむ。

 定刻にジャズ友達のJさんと待ち合わせ、焼きそばとトンペイ焼きで小腹を満たしビルボードへ。10年来追っかけてきたたなかりかちゃんの3rdアルバムリリース記念のツアー。同好のHさんグループと合流してのライブ鑑賞。さすが高いだけあって、音響効果もいいし、東京からのユニットの迫力は大したものである。

 すっかりメジャーになったりかちゃんの写真を撮るのも憚られるし、会場からの厳しい注意もあり、カメラは断念。表のポスターがせめてもの慰め。6月6日にはソネで特別企画があるのでぜひいい席から聴きたいものだ。
e0083517_3485499.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-04-28 23:59 | 友人・交遊 | Comments(15)
2011年4月27日(水) 曇のち雨

 昨日から奮闘している研修テキストの更新が一日がかりでようやく完成し、夕刻に連休明けの二回分を送付する。肩の荷が下りた感じで心も軽やか。

 小学校同窓会準備の方も、一応順調には進んでいるのだが、自分の不注意で案内状を出すのが遅れた人、せっかくの50年振りなのに理由も告げずに欠席連絡を貰ったりする人があったりで、悲喜こもごも。開催まで一ヶ月半を切り、泣いても笑っても仕方がないが、最後まで諦めずに出席者拡大に務めたい。

 明日から一足早くGWに突入。まずはサントリーレディズオープンでお馴染みの六甲国際東コースで先輩達とのラウンド。持つべきものは元上司でチャンピオンコースを格安料金で回らせてもらえる。天候の回復を祈るのみである。

 夜は、たなかりかさんがメジャー転向後、いよいよ大阪の最高峰、ビルボードに出演。三枚目のCDリリース記念の全国ツアーらしい。CDを購入して並んでもサインをゲットしたい。(りかちゃんの前ではミーハーになってしまう自分がちょっと可愛い。)

 で、金曜からはプティセーリング遠征。二泊三日であるが、29日から音信不通になりそうです。
by yellowtail5a01 | 2011-04-27 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2011年4月26日(火) 晴

 GW明けに予定されている講師仕事の教材編集にかかるが、なかなかピタッと来ない。締め切りまで時間があると思うと、頭が閃かないのが自分の悪い癖である。まあ、しかしジタバタしても仕方がないので、こういうときは少し気分転換。

 同窓会名簿の整理、追加連絡を済ました後は種蒔き。昭和記念公園でもらってきたナデシコ系の種と、売店で購入した金蓮花の種を撒く。一週間もすれば発芽するであろう。午後は、母の見舞いの前に映画に行くことを思いつく。前から観ようと思いつつ観そびれていた「英国王のスピーチ(King's Speech)」である。

 ストーリーはあらかじめ分かっていたのだが、さすがアカデミー賞受賞作ということで、感動が凄い。もう旬も過ぎたのでガラガラかと思いきや、平日の昼下がりというのにずいぶんなお客さん。様相通りの展開で映画が終わり、クレジットロールが続く。それでも席を立つ人はほとんどいない。余韻に浸る瞬間である。アフターヌーンティの流れで英国づいてしまったが、観てよかったと思う映画の一つになろう。

e0083517_095815.jpg ロイヤルレベルの英語、オーストラリア訛の英語と堪能できるのもこの映画の魅力の一つか。フォトは公式サイトより引用。

by yellowtail5a01 | 2011-04-26 23:59 | 娯楽 | Comments(6)
2011年4月25日(月) 概ね晴

 四月もいよいよ終わりに近づき、まもなくGW。連休前最後の出勤日となる。気候も良くなってきたのでバイク通勤を再開したところ、会社に着いた直後に、一天俄にかき曇り雷鳴と共に大粒の雨が降ってきた。危ないところであった。雨中走行は先日の蒜山帰りで相当鍛えられたが、合羽なしで土砂降りに遭うとたまったものではない。

 雷雨はほんの一瞬で、あとは穏やかな日射しが戻る。肌寒さは残るがいい気候に感謝。今週中に片づけないといけないタスクがまだ二つあるが、火水の内に仕上げて気持ちよくGWモードに突入したいものである。

 帰り道、山手大橋を渡るところで日没に出合う。橋の西詰めに駐輪し、コンデジを出すと六甲山に落ちる寸前のおひさまを収めることができた。しばらくは、おひさまの写真がテーマになりそうだ。
e0083517_103526.jpg

by yellowtail5a01 | 2011-04-25 23:59 | 仕事 | Comments(4)
2011年4月24日(日) 晴

 ようやく晴れ間が戻ってきて少しは暖かいが、それでもこの季節にしては肌寒い。英語会の長老であるY氏のお誘いで、午後のスコットランド協会の例会に出席する。「英国のエチケット」という題目での講演会である。話し手はスコットランド出身の女性で、通訳はその娘さん。二人とも典型的な英国レディの外見であるが、日本育ちという娘さんはコテコテの大阪弁で、目をつぶって聴いていると吉本の芸人が喋っているという感じ。

 テーマは、英国のアフタヌーンティーにおける作法というもので、英国の上流階級の作法の厳しさを痛感させられる。スコットランド通のはずの常連メンバーさんにとっても目から鱗の内容だったようで、紅茶に対する見方を根本的に変えさせられる。
e0083517_23333248.jpg

by yellowtail5a01 | 2011-04-24 23:59 | 外国語・教養 | Comments(2)
2011年4月23日(土) 雨

 無事総会を終えるが、8人の参加者のうち比較的新人が自分を含めて4人、ベテラン組が4人。世話役を新人から選ぶということになり、下手をするとじゃんけんで決まりそうになるが、なんとか会長を避け、会計かホームページ担当を自ら申し出る。会計は前に一度やっているのでHP担当を申し出ると了承される。会長は少し先輩のM氏が引き受けて下さる。

 案の定、前線通過で朝から土砂降り。皆さんは雨の上がるのを待って午後に出発するとのことであったが、こちらはそうも行かず朝食後早々に発つ。覚悟の上の雨中走行であるが、思った以上に雨足が強く、おまけに風まで強い。三時間弱の高速走行はさすがに堪える。

 それでも昼前に帰宅でき、びしょ濡れを着替え一時からの英語会に向かう。TIMEの方の予習は早い目に終えていたのでまあいいのだが、法律英語は着いてからの泥縄式で宿題に目を通す。なんとか両方とも参画でき、無理して雨の中を戻ってきた甲斐があったというものである。

 蒜山土産は特になかったのだが、部屋に置いてあった"The T"という木製のパズルがなかなかできず、気になったのでお土産として買って帰る。
e0083517_23311992.jpg

by yellowtail5a01 | 2011-04-23 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2011年4月22日(金) 曇のち小雨

 今日明日とツーリングクラブの年次総会。岡山県と鳥取県の県境にある蒜山休暇村での開催となる。それほど遠いわけではないので、総会に出席したあとダブルの英語会に出席も不可能ではない。早朝にぶっ飛ばして帰ってくればなんとか間に合う距離ではある。

 で、土曜日は朝に失礼するとの前提で総会に出席する。折からの天気予報では午後から崩れる可能性が高いというので、集合時刻を30分繰り上げて9時に赤松SA集合との指示。余裕をみて8時半に着くと、他の七人はすでに揃っていた。まあ、遠い人ほど余裕をもって来るので、一番近い自分が最後になっても文句は言わせない。予定より30分前に集合しておれば、年寄り連中が多くても非難には当たらない。

 で、9時40分頃には出発して、中国自動車道から新しく整備されつつある鳥取自動車道を北に取り、鳥取市内をかすめ、日本海沿いを走り、倉吉から蒜山に到着。山沿いに入った頃から少し雨模様となるが、もともと覚悟の上で合羽を着ているので何ら苦にはならない。

 お天気が良ければ、黒岩の一本桜がちょうどいいタイミングなので、写真でも撮りに行こうと思っていたが、外はどんより曇り空で雨もしょぼしょぼ降っているので、観桜は諦める。窓の外低い雲に煙る蒜山、大山で誠に恨めしい。二年半前に一人で来たときは素晴らしい紅葉ロードであったのを思い出す。
e0083517_2014527.jpg

by yellowtail5a01 | 2011-04-22 23:59 | バイク | Comments(9)
2011年4月21日(木) 晴

 新入社員の導入教育は終わったのだが、途中入社者への教育カリキュラムに、コンプライアンス講座を入れるとのことで、急遽教材も整備。この四月で吸収合併した子会社の中堅社員二人だが、新入社員用のテキストではあんまりなので、少し加工して高度化する。先週に受講した内容がさっそくに役立つ。今日のようにうまく噛み合ってくれると気分もいいのだが、そうも行かないことが多いのが悩みの種である。 

 界隈の桜もあっという間にすっかり葉桜となり、見る影もない。散るときの潔さが桜のいいところなのだろう。先日、立川の昭和記念公園に行ったときに、出口で綺麗なお姉さんからアンケートの依頼を受けたので、結構面倒なアンケートに丁寧に回答した。お礼にもらった花の種があるので、これはGW中に丁寧に撒きたい。しっかり花を咲かせることができるのか、久しぶりの園芸モードに少し心がときめく。

 いい天気だったので、帰り道は遠回りの武庫之荘経由で散歩がてらの帰宅。刷毛雲のような雲が空高くに仰げ、先日までの靄っぽい空とは異なる。
e0083517_3324531.jpg

by yellowtail5a01 | 2011-04-21 23:59 | 仕事 | Comments(2)