ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2011年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2011年8月31日(水) 晴

 とうとう八月も今日でおしまい。明日からは学校は新学期。節目の月末である。今日は、医療関係イベントがかち合う。家内の退院日であり、母の施設で医師や介護士を交えた三ヶ月に一度の面談日。時間帯もかち合ってしまったので、母関係は兄貴に任す。

 午前中は暇だったので、朝から一つは薬の入手を目的に、阪神淡路大震災以来お世話になっている近所のお医者さんに二年ぶりに訪ね、きれてしまっている睡眠導入剤とこむら返りの特効薬という漢方薬、芍薬甘草湯も処方依頼すると、老医師は「わかりました。」と簡単に処方してくれる。保険適用なので、ただ同然の出費で充分な量を確保できた。芍薬甘草湯は友人にも融通してあげられるが、注意事項もあるようなので、誰にでもというわけには行かないのかも知れない。

 その後は、飛び込みだったが、かかりつけの歯科医院に電話予約すると、今すぐでも大丈夫、とのことだったので、その足で向かう。院長の娘さんである若先生が、丁寧にスケーリングを施してくださり、コーヒーやワインで黒くなっている前歯の裏側も見違えるように白くなる。しかし、これを維持できるのはせいぜい一週間。表側は、ブラッシングである程度維持できるが、裏側はどうしてもまた黒くなってしまう。

 歯科医院の向かいにある不動産業者の建物にグリーンカーテンが作られているのを発見し、参考にさせてもらう。細い竹を30cm四方に組み上げ、それにゴーヤを茂らせている。うちのはネットを使ったので形がいまいちで、今年は失敗。例年はぜひこのパターンを参考にスッキリしたグリーンカーテンを作りたいものである。
e0083517_012368.jpg


 一応、ゴーヤの果実もしっかり育っている。
e0083517_015487.jpg


 夕方、退院手続きは順調に進み、支払を済ませナースステーションに挨拶をして家に戻る。二週間のことであったが、ある意味新鮮な感触を味わうことができた。イライラせずにマイペースでいい生活のペースを確立して、お互いに今回の入院騒動を、雨降って地固まる、としたいものである。
by yellowtail5a01 | 2011-08-31 23:59 | 家族・交遊 | Comments(4)
2011年8月30日(火) 晴

 名古屋からさらに名鉄で1時間、岐阜県の外れに9時過ぎに着かないといけないということで、5時半起きの6時出発。早い時刻の新幹線に乗るのは久しぶりである。それはまあいいのだが、関ヶ原辺りを過ぎたところで窓の外をみると、「なんじゃこりゃ?」 単なる6本の飛行機雲かあるいははたまた怪しげなケムトレイルか。

 確かに東京から大阪に飛行機で戻るときに名古屋湾の上空を横切るので、この辺りに飛行機雲があってもおかしくはないのだが、早朝から6本というのも気持ちが悪い。 
e0083517_1956227.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-08-30 23:59 | 仕事 | Comments(4)
2011年8月29日(月) 晴

 一人暮らしも今週半ばで終わるかと思うと少し、嬉しいような淋しいような気分。それにしても秋の気配はまだ感じられない。強いて言えば、クマゼミの声が聞こえなくなり、ツクツクホウシもそれほどうるさくなくなったと言うことか。夜にはコオロギの声がするので、やはり季節は確実に動いてはいる。

 ルーティンの仕事をこなしつつ、気になるのは民主党代表選のゆくえ。コップの中の政局だが、心情的には野田氏を応援している自分がいる。まあ、消去法なのだが、海江田氏は小鳩傀儡のイメージが強くなってしまったし、前原氏では持たない気がする。鹿野氏ではやはり世代交代に逆行するし、馬淵氏はあまりに未知数。

 で、結果的には収まるところに収まったのかというところだが、与野党ねじれ、未収党内ねじれの構図は変わらず、奇跡でもない限り安心して任せられる新体制を期待するのは無理であろう。これまでより少しでもましな内閣となってくれることを祈るばかりである。
e0083517_19452846.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-08-29 23:59 | 仕事 | Comments(2)
2011年8月28日(日) 晴

 家内の容態の方は快方に向かっているようで、来週にはいよいよ退院。それはそれでありがたいのだが、原因が不明のままで、しかも医師からは再発の可能性も高いと言われている。帰宅すればおそらく以前の生活パターンに戻ることになり、また同じことの繰り返しだけは避けたい。生活習慣を抜本的に改善できればいいのだが、どこから手をつけていいのやら、医師に聞いてもリバビリトレーナーに聞いても明確な答えは戻ってこない。

 そんな中、今日はヨット日であったが、人数も足りているようなので、今日はパスさせてもらう。一つには退院にまつわる打ち合わせの予定がはっきりしないこと、もう一つは来週末に控えている二つの講義のテキスト調製の締め切りが明日。なんとか両方とも昼間にこなすことができた。時には欲張らずに、楽しみを捨てることも必要だ。

 一通り片づいて心おきなく夜の高校同窓会に顔を出す。従来は正月に芦屋でというのが定番だったが、ここ数年は5月に新大阪でというのが定着していた。今年の春は東日本大震災もあり、この八月に延期されたものと思う。

 いつもの顔ぶれで人数はそれほど多くないが、幹事のS君の采配で本格中華料理飲み放題でリーズナブルな会費設定。紹興酒を飲み過ぎたに違いない。後半は夢うつつの時間帯もあったようだが、帰りはシャキッとして駅からの自転車も危なげなく帰宅できた。それにしても生徒会長だったK君が映画「阪急電車」にエキストラ出演をしていたという話題で盛り上がる。読んでない人、観てない人には退屈な話題だったかも知れない。

新大阪駅6時少し前の雲。いいお天気だった。
e0083517_13283214.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-08-28 23:59 | 友人・交遊 | Comments(24)
2011年8月27日(土) 晴のち雷雨のち晴

 今日は英語日。早朝に起きてTIMEの予習にかかる。テーマはイスラム。行ったことがないし、宗教的にも理解不能の部分なのだが、14世紀のグローバリゼイションが、メインテーマ。Ibn Battutaというモロッコの巡礼旅行家と今年早々から始まった「アラブの春」を重ね合わせたなかなか読み応えのある記事だ。

 知らなかったが、14世紀のモロッコからバテュッタという巡礼者が北アフリカから中央アジア、インド洋、そして中国まで旅をしたというストーリー。ちょうど元が広大な帝国を築いていた時代で、当時は素晴らしくグローバリゼイションが進んでいたらしい。
e0083517_6392777.jpg


 そして現代の中東はというと、当時のPax Islamicaにはほど遠く、個々の国のナショナリズムに支配され、欧米に著しく後塵をはいしてきた。今年の春からのArab Springにおいて、国境の概念は減少し、インターネットや衛星放送を通じたイスラム圏が若者を中心に形成されつつあり、バテュッタのころの連帯感が国境を越えて生まれつつあるとのこと。

 UAEのドバイにあるIbn Battuta Mallにあるという中国のジャンク船の飾り物の写真がインターネットで紹介されており、臨場感を味わえる。ドバイに行ってみたいものである。
e0083517_640187.jpg


 4時頃からいよいよ積乱雲に捕まったようで、雷雨に遭遇する。病院から直行だったのでバイクで芦屋に向かったのであるが、帰り時分は大雨。蒜山依頼の合羽を着てのライディングとなる。

 夜は、一ヶ月半振りの小学校ミニミニ同窓会メンバーでの飲み会。三人だが、他のお客さんを差し置いてのマイク争奪合戦となる。自分としては、それほどマイクに執着があるわけではないが、他の二人のペースについつい付和雷同してしまう自分が悲しくもあり、可愛くもある。
by yellowtail5a01 | 2011-08-27 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2011年8月26日(金) 晴

 昨日、一昨日とゴルフ三昧だったが、水曜を除き病院通いは続いている。退院もそう遠くはなさそうである。痛みは治まったようだが、格別の治療もしていないので果たして完治したのかどうか。また、再発するのではという不安もよぎる。

 インターネットで調べると椎間板ヘルニアの80%は保存療法(手術なし)で、軽減ないし治癒するとあるので、そんなものかとも思うが、以前と同じような生活パターンに戻ると再発の可能性が高い。

 そのあたりを退院するまでに主治医のドクターにしっかり聞いておきたいところである。いずれにしても、歩けるようになったみたいなのでいつまでも入院を続けているわけにもいかない。

 外は暑いがいいお天気。昨日、一緒に回った女子プロから終わりがけに受けたワンポイントアドバイスを試してみる。アイアンにおけるハンドファーストの維持である。力を抜くために手首ゆるゆるはいいのだが、その分ハンドファーストが崩れていたようだ。これを意識すると特にサンドやアプローチウェッジにおいて方向性の改善が見られた。実戦での効果測定が楽しみである。

 この辺りは快晴の暑い日だが、東の空には巨大入道雲が。あの下はゲリラ豪雨か。
e0083517_694715.jpg


 北西の空にも六甲山の上に大きな雲が被さっている。
e0083517_610666.jpg


 空気は澄んでいて見通しはいい。しかし、雲は巨大で、あまり見かけない光景である。
e0083517_6102241.jpg


 1.5時間打ち放題を終える頃には雲の色も黒くなり、あちらこちらで豪雨になっているのかも知れない。
e0083517_6103462.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-08-26 23:59 | 自然・季節 | Comments(2)
2011年8月25日(木)曇時々晴一時小雨

e0083517_138842.jpg

 天気予報では降水確率50~60%だったが、雨というほどの雨には遭わずにすむ。ミスト程度の小雨はちょっとあったが、傘をさすほどでもなく、ほぼ曇りで熱中症無縁の快適なゴルフ日和となった。小学校同窓会で約束をした第一回の関西オープンだ。

 とはいうものの蓋を開くと意外にゴルフ人口は少なくて、関東と名古屋からの参加者を入れても6人。何とか二組成立という状況。これでは関西オープンはおこがましいので、ジャパンオープンに名称変更する案も出る。

 会場アレンジをしてくれたT君の配慮で、最近プロになったという女子プロの仙波プロに加わってもらう。午前と午後で入れ替わり、ワンポイントレッスンもいただけるというありがたいラウンドとなる。

 午前中は、10数年ぶりの関西クラシック大洞コースでは昨日の延長戦上で苦労し、51。プロが入ってくれた午後は調子が上がり、バーディチャンスが再三訪れる。バーディは午前の一個だけだったが、おかげでパーをよく拾える。最終ホールで少してこずったが、43はまずまずの満足スコア。

 他のコンペとはまた一味違った楽しいコンペとなる。第二回も関西か関東でぜひ実現したいものである。

e0083517_1393128.jpg  小柄で華奢な仙波プロ。ドライバーはこちらが芯を食うとほぼ同距離だが、セカンドでは確実にグリーンを捉えてくる。

 フェアウェイウッドの正確さ、アプローチの確実性、パターの安定感はずいぶん参考になるが、やはり真似はできない。

by yellowtail5a01 | 2011-08-25 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2011年8月24日(水)曇りのち晴れ

 月に一度のペースで恒例となった水曜日のガチンコ対決ラウンド。気の置けない、かつ気の抜けないおじさん、おばさん対決だが、この回の楽しみは平日ということもあり、気に入ったゴルフ場を安く試せるという点である。

 今日は初めてのフォレスト三木。距離的には神戸北区、三木市のおなじみのゴルフ銀座界隈で一時間未満圏内である。フェアウェイもグリーンの芝生状況の美しくていいのだが、知らないコースをノーキャディで回るリスクが山積。せっかくのいいティーショットがOB になるという悲哀を少なくとも3回味わった。

 前半はオール負けであったがバーディが出たりでオリンピックでは一人勝ち状況。後半は少し持ち直すが、それでも鳴かず飛ばずでがっかり来ていたところ、先輩A氏の両足がこむら返りとなり、大騒動となる。マスター室から迎えに来てもらい、このホールは全員ギブアップ。三人で残り2ホールを回るが、気もそぞろとなり、今日はノーゲームとすることで全員合意。

 オリンピックとバーディが幻になってしまったが、損得勘定のプラスマイナスでは助かったと思われる。
e0083517_1405192.jpg

by yellowtail5a01 | 2011-08-24 23:59 | ゴルフ | Comments(2)
2011年8月23日(火) 晴のち曇

 娘が連休だというので戻って来るという。気ままな一人暮らしには少しアクセントに成りそうで歓迎なのだが、あいにくお互いの予定はすれ違い。唯一、今日の午後お互いフリーなので、久しぶりにポーアイ(註:神戸ポートアイランド)のIKEAで待ち合わせる。

 自分の方が少し早く着いたので、一回のカフェでホットドッグとドリンクサービス。なるほど賑わっているわけだ。冷房も適度に効いていて、このセットが150円。他ではあり得ない。ヤンママと子供達の天国である。
e0083517_23363895.jpg


 ここのIKEAに来るのは三回目だが、そのスケールはニトリの差ではない。巨大倉庫が圧巻である。
e0083517_23375557.jpg


 大きいものはウィンドウショッピングだけだが、可愛い小物、便利そうな小物は199円とか299円とかなのでついついいろんなものをショッピンバッグニ入れてしまう。

 夕方になったので帰ろうとすると、曇った空に入道雲。ちょっと珍しい自然現象と思う。
e0083517_23401141.jpg



 家に帰って今日の戦利品を確認する。娘と共同購入したアロマキャンドル。下からローズ・バニラ・シナモンを買って山分け。
e0083517_23415611.jpg


 その他、ガラクタを開けると小物が出てくる。ちょっとした床の掃除に便利そうなブラシ・チリトリセット。黄緑が新鮮。カラフルなクリップはシリアルの袋を閉じておくのに便利そうだ。アロマキャンドル用のガラストレーも山分け品。

e0083517_23425690.jpg


 今日の買い物の中で一番高価だったのは1400円ほどのクリップオン式のスタンド。ピッタリとベッドに収まる。
e0083517_23442531.jpg


 かくして夜はアロマキャンドル。グッスリと眠られそうだ。
e0083517_23465567.jpg

by yellowtail5a01 | 2011-08-23 23:53 | トレンド | Comments(16)
2011年8月22日(月) 晴

 出勤日は別に晴れなくてもいいのだが、今日は一日晴れ。水・木に取っておいて欲しいものである。とはいうものの晴れることがわかっていればバイク通勤が可能なので、帰り道に病院に寄るのも実に効率がいい。

 昨日よりもさらに痛みは収まってきたようで、今日は簡単なリハビリ歩行をしたとのこと。この調子なら月内に退院ということになるかも知れない。それならそれで出費も限定的なのでありがたいが、この症状は再発しやすいとドクターから脅されているので、しっかり直してからの退院が望ましい気もする。

 武庫川近くのポイントから南を望む。雲の気配はもう秋の感触。
e0083517_0543485.jpg


 帰宅してから買い物に行くが、時間も遅いので量は控え目に。新物のサンマが入荷していたので、一尾200円はどうだろうとも思うが、その新鮮さに魅せられて、塩焼きにする。
e0083517_054575.jpg


 サンマと来ればスダチだが、半分に切った残りは黒霧島のロックに。鷹の爪をあしらうといかにも夏向きでぴりっとしたドライさが嬉しい。
e0083517_0551191.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-08-22 23:59 | 自然・季節 | Comments(2)