ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2012年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2012年3月31日(土) 晴と雨と曇り 5811歩

 先週の土曜日もそうだったが、日が照っているかと思えば土砂降りになったり、ものの10分も降ると太陽が顔を出したり。今日の予定は、家内のアッシーとなっておりその合間に母の見舞い、昨日のスイング反省点の確認に上ヶ原の練習場に寄る。

いきなりの土砂降りかと思うと、
e0083517_9324572.jpg

太陽が射し込む春らんまん。
e0083517_933956.jpg

水溜まりだらけで、ボール落下地点で派手な水飛沫が飛ぶので、確認しやすい。
e0083517_9333411.jpg

ご近所の枝垂れ桜。例年ソメイヨシノの方が早かったはずだが、今年はこちら先行。
e0083517_9335440.jpg

しかし、手の届くところに枝垂れてくるお馴染みの木はまだ蕾である。
e0083517_934510.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-03-31 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2012年3月30日(金) 晴 強風 16140歩

 今週はなんだかんだで気ぜわしかったが、今日は来週の講義テキストを完成して送れば、家には一人きりだし、晴れて自由の身。昨夜、飲み過ぎ気味の頭ではあったがなんとかテキスト類を昨夜のうちに仕上げて深夜にメール添付完了。

 いつも通り6時50分に目を覚まし、まずはロータリーゴルフに電話をして、PRGコンペの仲間グループが二組プライベートで出走予定と聞いていたので、そこに空きがないかどうか確認。なんと一人空席があったので即予約を入れてもらう。

 慌てて家を飛び出すが、9時半スタートなので余裕がある。途中でダンロップの打ちっ放しに寄ろうかとも考えるが、そうすると少しタイトなので、直行してロータリーの狭い練習場で一篭だけ打つことにする。練習の感触は悪くないので、今日は久しぶりに90を切れるか、と淡い期待を抱く。

 ところが、実際にコースに出るとそうは問屋が卸してくれない。OBがあったわけでもないのに、ガタガタで午前のインコースは53。他責にするのは心よしとしないが、今日の風はあんまりだった。ベテランのシングルクラスの方も苦労していたので、少しホッとする。シングル氏曰く、「今日はハーフ5以上風でやられている。」

 とにかくパターでも傾斜よりも風の影響を考慮しないと狙えない。グリーン上でのフォロー・アゲンストの影響も滅茶苦茶大きい。午後は少し持ち直して45。コンペでもないので気楽であるが、バンカーが比較的うまくいったこと、狙ったパターがまずまず決まってくれたこと、ドライバーのフェアウェイキープ率が57%とまずまずだったことか。

強風写真というのはなかなか撮るのが難しいが、象徴的なのはピンとフラッグ。瞬間風速10メートルくらいじゃなかろうか。
e0083517_0565961.jpg

家に戻ってくると10日ほど前に娘の三木市在住記念に買ってきた枝垂れ梅が、急に満開となっていた。「梅は咲いたが桜はまだかいな」という都々逸か端唄を思い出す。
e0083517_057347.jpg

香りがいいので、しばらく部屋の中に取り込むことにする。来年もこの半分でも咲かすことができればお慰め。
e0083517_0572050.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-03-30 23:59 | ゴルフ | Comments(4)
2012年3月29日(木) 晴 7991歩

 ここに来て東京出張が建て続く。1月、2月は全くその機会もなかったのに、3月2回、4月2回。いつもなら前後の予定も入れて何とかゆっくりしてきたいところだが、今回はとんぼ返りとする。場所も大崎で、品川から一駅。

 9時過ぎに家を出て、戻ってきたのが7時前。電車の中の時間が往復7時間くらいなので、正味の東京滞在時間は3時間ほど。それでも一応仕事は片づいたので、良しとしよう。来月は、少し滞在型の出張としたいものである。

駅に向かう途中の木蓮の蕾もいよいよ膨らみ、二、三日以内には開花しそうな雰囲気。
e0083517_0384937.jpg

今日は大阪から東京までずっと快晴。こんな日も珍しい。まずは伊吹山がくっきり。
e0083517_039478.jpg

車掌アナウンスで車内ではシャッター音があちらこちらで響く。富士山も気恥ずかしいくらいくっきりと見える。
e0083517_0392825.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-03-29 23:59 | 仕事 | Comments(6)
2012年3月28日(水) 晴一時曇り 8678歩

 このところバイク通勤が定着していたが、今日は夜の予定が天満橋であるので、久しぶりに電車と徒歩で会社に向かう。例年3月初旬に顔を見せる土筆はどうなっているだろうと、見てみるともう充分伸びていた。
e0083517_828158.jpg

 桜の蕾、月曜から二日しか経っていないのピンクの部分が一段と大きくなっている。来週の月曜日には、チラホラと花を咲かせている木があるに違いない。
e0083517_8282525.jpg

 本年度の最終となる勤務日を終えて、いそいそと大阪に向かう。若かりし頃の職場の仲間での集い。夕陽に背中を押されて駅に向かう。
e0083517_8321654.jpg

 一番若い現役が、昇進し、二番目に若い現役が少し早い目の定年退職を迎えるとのこと。久しぶりのダベリングで昔話、噂話、自慢話に花が咲く。
by yellowtail5a01 | 2012-03-28 23:59 | 自然・季節 | Comments(3)
2012年3月27日(火) 晴 7853歩

 1月のツーリング例会になぜか参加できなかったので、3月はぜひにと思っていたが、土曜日に設定されてしまったので、英語会と重なりあえなく3月も欠席。ところが、先週土曜日は大荒れの天気となり、直前の金曜日夕刻に順延となった。予備日が今日だったのはラッキー。心おきなく参加できる。

 9時半に神戸のHATプロント(コーヒーショップとガススタンドの併設)に集合して、長田から山道を取りしあわせの村をかすめ、神戸北町、淡河、吉川を経て三田の有馬富士記念公園。さらに北上して永沢寺で昼食となる。

何度も行っている永沢寺だが、新しいことを知る。大したことではないが、その読み方が二通り有り、「ようたくじ」というのと「えいたくじ」である。ローマ字表記も場所によって異なる。で、ソバ屋のお姉さんに確認すると、お寺の名前は「ようたくじ」、地名は「えういたくじ」とのこと。なぜそうなったのかまでは解明できなかった。

ここは六月後半の花菖蒲が一番有名。その前の5月の芍薬も名所である。さらに、水芭蕉が三月下旬から四月上旬にかけて咲くとのことだったので、期待したが今年はまだまだとのこと。今咲いているのは名残の椿くらいである。
e0083517_18533948.jpg

予定変更で少し人数が減ったが、6人6台が集い、気持ちのいい早春の田舎道を駆け抜ける。幹事さん、ありがとうございました。
e0083517_18535686.jpg

 4月末には一泊二日の総会があるので、こちらは英語会とかち合うが、ツーリング優先とせざるを得ない。そして、おそらくまた5月例会の担当となりそうなので、今からコースを考えておかなければならない。

 去年は、ノルウェイの森のロケ地となった砥峰高原(今年は平清盛のタイトルバック)、一昨年は奈良から和歌山の白崎海岸、その前は篠山、その前は鳥取県境の天滝、その前が瑠璃渓から大回りの六甲山縦走。次がもう六回目になるのかと思うと歳月の速さを感じる。
by yellowtail5a01 | 2012-03-27 19:13 | バイク | Comments(2)
2012年3月26日(月) 晴一時小雨 5489歩

 三月も残すところあと僅か。会社の中も年度末を迎えどことなく気ぜわしい。来年度の契約更新が完了し、一息つく。

 例年なら桜がチラホラとなり桜フォトの開始の頃だが、今年はやはり大分遅れている。先週の木曜日に比較すると蕾の膨らみは少し前進し、先端にはピンクの気配が感じられる。昨日、今日の肌寒さが遠のけば開花が進みそうだが、この寒さが続けばさらに遅れそうである。
e0083517_361596.jpg

 先日来、夕方の西空が気になっていた。二つの惑星、おそらく金星と土星が異常接近していたのだが、いつの間にか最接近を過ぎて、離れ始めていた。今日観ると、その間に三日月が入り込み、ほぼ一直線。滅多に見かけないプティ天体ショーとなる。

手持ちで(ガードレールの上に置いて)撮ると三日月が半月に見える。(CX5)
e0083517_3125458.jpg

簡易三脚(ゴリラ)を柵に巻き付けて撮ると少しマシか。手ブレよりもフォーカス性能の問題かも知れない。
e0083517_3101324.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-03-26 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2012年3月25日(日) 晴 12651歩

 例年、この時期、ヨットの上架とメンテナンス。蛎殻落としと船底塗装のやり換えである。去年は、蛎殻落としは自分たちで、塗装は業者に依頼したが、今年は全てオーナー以下クルーでやろうと言うことになり、8時半から6時までかけて予定作業を完了。

全員つなぎにゴーグル、マスク、軍手で完全武装。放射能は特にないが、塗る船底塗料は毒性ガスを伴うようである。
e0083517_2165766.jpg

一応作業前に記念写真。
e0083517_2172214.jpg

まずは古い塗料をサンドペーパーで落とす。
e0083517_2182042.jpg

オーナーはプロペラをきれいに磨く。
e0083517_218512.jpg

乾いたところで塗料塗り。不自然な姿勢での作業には結構辛いものがある。一度塗って、昼食後3時から二度塗り。
e0083517_18474380.jpg
5時前に本日の作業を完了し、ワインで乾杯して解散する。
e0083517_2192330.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-03-25 23:59 | マリンワールド | Comments(4)
2012年3月24日(土) 雨時々曇時々晴 6219歩

 本当に変なお天気の一日であった。朝起きたときは晴れているかと思うと、一転俄に曇り雨粒が落ちてきたかと思うと、土砂降りになったり、晴れ間が出たり、安心するとまたパラパラと降り出したりで、落ち着かない。傘を忘れなければいい。

 で、1時からのTIMEを読む会は、ロシアのプーティン関連記事と日本のエレクトロニクス産業の凋落についての記事であった。前者は、ロシア中間層を中心とする国民の反発にも関わらず大統領に返り咲いたプーティン氏が、今後どのような方針で臨むかによって、彼が名声を残せるか腐敗にまみれた独裁者として終わるかきまるというもの。

 もう一つの記事は、日本のエレクトロニクス産業が、サムソンとアップルに敗北して要るにも関わらず変化を実行できないという課題をNECを例に取り扱ったエコノミスト誌の記事であった。いずれも英語的にはさほど難解でもない。もう少しはご縦のある記事がいいのか、このレベルがいいのか、参加者の意見を聞きたいところである。

 三時からの法律英語は、まず年次総会。会員の減少に歯止めをかけ、新規会員の増加を期待するためになにをなすべきかを討議する。難解なテキストを変更するという案もあったが、テキストは温存して扱い方に工夫を付けていこうと言うことになった。
by yellowtail5a01 | 2012-03-24 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2012年3月23日(金) 雨

 今日は天気予報通りの終日雨。家内の親戚筋の老夫婦が義父の墓参り、義母の仮祭壇へのお詣りに来るというので、千里山に出向いての対応となる。これまで、付き合いのなかった道の老夫婦との付き合いというのも骨の折れる話だが、家内から頼まれた以上、出迎え、墓参、昼食、マンションでの受け入れとことごとく付き合うことになる。

 賀状交換すらしたことのない遠い親戚に付き合う意味があるのかどうかわからないが、これも何かのご縁と言うことか。若い頃なら到底無理だったと思うが、歳の功というか適当に饒舌に話を合わせている自分に人生の長さを感じる。
by yellowtail5a01 | 2012-03-23 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2012年3月22日(木) 晴のち曇 5691歩

 週末は前線が近づき雨とのことだが、今日は持ちそうなのでバイクにて通勤とする。歩数を稼げないと言う問題はあるが、もう朝夕でも身を切る寒さということもなく、バイクシーズンの到来を感じる。

 韓国旅行や娘の引っ越し手伝いで、前回の出勤日から10日ぶりの出勤となってしまう。インターバルがこれほど空いたのはGWや盆暮れを除けば、この6年間で初めてのことであろう。おかげでプロジェクトものもルーティンものも仕事が溜まりまくり。朝一から終業までてんてこ舞いとなるが、それはそれで快感でもある。昨夜はかなり睡眠不足なのだが、眠くなる暇がないのはありがたい。

 隣のマンション工事も10日経つと目にも変化の様相である。三階部分のフロアができつつある。
e0083517_0442817.jpg

 ついこの間まで紅葉を楽しんだ川沿いの桜もいつの間にか冬芽が生長し、まだ色づいてはいないが、蕾が膨らみつつある。陽春は近い。
e0083517_044442.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-03-22 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)