ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2013年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2013年11月30日(土) 晴

 午後三時から梅田のHEPホールで劇団レトルトの公演。会社の若手女子が所属する劇団で、この数年欠かさず観に行っているお楽しみの一つ。  昼下がりの梅田に出ると若者が溢れている。こんな時間にHEP界隈に来るのも久しぶりである。
e0083517_02573705.jpg
 公演の方は、なかなか難解で、結局何が言いたかったのかはよくわからない。ただ、言えることは、お目当ての彼女の演技力は、着実に進化している。その確認ができただけで満足である。  夕方に終わったので、少しヨドバシカメラのカメラ売場をうろつき、各社の新製品を確かめる。残念なのはRICOHの存在感がすっかり薄れ、PENTAXも目立たない。RICOH殿お別れの時が近づいている感じは否定できない。  夕闇の迫る頃、ルクアの北面には大きな電飾クリスマスツリー。明日からもう師走である。
e0083517_02574837.jpg
 夙川に戻ってくると、ここにも今日からクリスマスツリー。戦後の荒廃した次期に、アメリカ人のオハラ夫妻がプレゼントしてくれたことに由来する。ご子孫が継続してくれているのか。嬉しい日米の絆の象徴である。
e0083517_02580204.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-11-30 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2013年11月29日(金) 晴

 いいお天気に恵まれフォトウォークを迎える。季節は紅葉に最適。人出が予想されるのでメジャーなスポットはなるべく避けて穴場を狙う。今日と住人のU氏がいてくればこそのフォトウォークとなった。

 まずは、北山通りからさらに北に入った妙満寺に向かう。北山通りは銀杏並木が続き、ちょうど見頃である。
e0083517_13424678.jpg
 妙満寺に行く途中、深泥ヶ池に寄る。何でも京都名物のジュンサイの産地だったらしい。今でも自生しているが、昨今のジュンサイは殆どが中国、韓国からの輸入物らしい。
e0083517_13443742.jpg

 妙満寺は総本山とあって広い敷地に手入れが行き届いている。楓の木はそれほど多くはないが、ちょうど見頃。比叡山を借景とした眺めも立派である。
e0083517_13450043.jpg
 境内にはインドから持ち帰ったような仏舎利塔があり印象的である。
e0083517_13453343.jpg
 手水鉢には波紋がうまくできるような演出がある。
e0083517_13455158.jpg
 お昼は、北山通りに戻って植物園の敷地をかすめるところにある"IN THE GREEN"というお洒落な感じのカジュアルレストラン。平日というのにぎっしり満員。並んでいる人もいたが、U氏が予約してくれていたので、スイスイと予約席に着ける。
e0083517_13461300.jpg
 午後は、もう一度岩倉方面に戻り、かの有名な実相院。京都を知り尽くし、行き尽くしているはずのU氏も初めてということで、混雑を覚悟してタクシーで向かう。
e0083517_13463712.jpg
 実相院といえば床紅葉がなんといっても有名だが、入口、境内、お庭のいずれも燃えさかる紅葉で美しい。観光客が多いのも理解できる。
e0083517_13470567.jpg
 メインのお庭は、枯山水に紅葉、それに比叡山の借景とあって豪華絢爛。
e0083517_13474746.jpg
 南天と紅葉のコラボも心憎い。しかし、帰りのタクシーの運転手にいわせると、金儲け主義一辺倒で最低の寺だ。坊主もいなけりゃ線香の香りを嗅いだこともない。」とコテンパン。狭い道路に観光バスを引き入れて、団体でごった返している様を見るとそれも頷ける。床紅葉撮影禁止は、混み合うのでわからなくもないが、空いたときにはいいのではないかと思う。
e0083517_13500923.jpg
 夕方、市内に戻り建仁寺に属する正伝永源院という小さなお寺を訪問。もともとは正伝院というお寺と永源庵というお寺が訳あって統合したものらしい。細川護煕元首相のご先祖のお墓もあるようで、細川家ゆかりのお寺でもあるようだ。
e0083517_13503712.jpg
 日頃は一般公開はしていないのだが、今年はこの時期だけ特別公開らしい。お部屋から眺める紅葉の庭が美しい。
e0083517_17304407.jpg
 夕食まで時間があるので祇園の宮川町をそぞろ歩く。お茶屋さんが軒を連ねるが、中には小梅などの源氏名が複数掲げられているうちもあり、置屋さんというのだろうか。この辺で粘っていれば、舞妓さんに出会えそうな気がする。
e0083517_13510067.jpg
 夕食会場は、四条大橋畔の東華菜館。四条大橋を渡るたびに目につく明治風洋館建物。中もレトロ気分一杯の北京料理店だ。鴨川を見下ろし、東山を望む最上階の窓際席はいい眺め。
e0083517_13514940.jpg
 フィナーレはライトアップ。メジャーな清水寺や高台寺も近いがごった返してそうなので、少し北に外した知恩院にする。
e0083517_13521147.jpg
 ライトアップ料金が800円にしては、少し物足りない。小物も飾られているのは、その穴埋めか。
e0083517_13523405.jpg
 池に映る紅葉は美しいものだが、ここのは少しライティングの工夫に欠けるところがあるようだ。
e0083517_13525725.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-11-29 23:59 | 写真 | Comments(4)
2013年11月28日(木) 晴

 徒歩にて通勤。恐らく今秋の見納めとなりそうな桜並木の紅葉に入れ込む。来週月曜は名古屋へ直行、次回立花出勤は二週間後となるので、恐らくその頃は木枯らしの風景であろう。
e0083517_02113303.jpg
e0083517_02114795.jpg
e0083517_02120262.jpg
e0083517_02121744.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-11-28 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2013年11月27日(水) 晴のち曇のち雨

 以前は毎週のようにやっていたホームコースの隠れ特訓であるが、主要メンバーが亡くなったり、海外に行ったり、再就職になったりで常連メンバーは四人になってしまった。それでも月に一度はニギリ有り、オリンピック有りのバトル対決を継続。もっとも気合いのはいるラウンドである。

 今日は、メインのオールドコースは某球団の納会ということで貸し切りに近い状態で、やや荒削りのニューコースでのバトルとなる。ドライバーが結構よくて、ラッキーにも恵まれイン45、アウト47の92はまずまず。

 付け焼き刃の練習の成果もあったのか、バーディも二つ出てオリンピックにも貢献。まずまず満足のラウンドとなった。それにつけても全山紅葉、もみじ全開という艶やかな風景の中でプレーをさせてもらった。
e0083517_03044721.jpg
e0083517_03050516.jpg
e0083517_03051936.jpg
e0083517_03053344.jpg
e0083517_03055059.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-11-27 23:59 | ゴルフ | Comments(4)
2013年11月26日(火) 晴

 昨日の東京出張は、久々のフルタイムワーク。7時新大阪発ののぞみに乗るべく、6時過ぎに家を出た。午前と午後に亘りぎっしりと会議を詰め込んだので、さすがに疲れた気分。昔は当たり前だったのだが。

 今日は、母の通院付き添い以外には予定もないので、明日の隠れ特訓ゴルフに備えて久しぶりの打ちっ放しに行く。こんな付け焼き刃では勝てないのだろうが、最低限の勘は取り戻しておかないとひどいことになる。

 アコーディア甲子園浜から望む六甲山にも秋の気配が濃厚になってきた。
e0083517_02474711.jpg
 この夏から秋にかけて楽しませてもらった酔芙蓉。いよいよラストの花となりそうである。
e0083517_02473510.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-11-26 22:59 | 音楽 | Comments(0)
2013年11月24日(日) 晴

 快晴に恵まれ伊勢の朝を迎える。昨夜からの参加者が10名、今朝からの参加が8名。案内役の元禰宜の方を加えて総勢19名の外宮・内宮特別ツアーが始まる。小学校遠足で内宮に来た記憶は微かにあるが、殆ど覚えていない。宿で枕投げをしたことや二日目が雨でがっかりしたことは覚えている。
 
e0083517_18162685.jpg
今日は快晴に恵まれ、まずは外宮の新宮での祈祷ををしたのち旧宮の敷地に入って間近に見学させていただく。せっかくの珍しいところに入れていただくが、撮影禁止なのが辛いところ。

 外宮参拝を終えてバスにて内宮に向かう。途中で予約していたお食事処で昼食をいただく。印象的だったのは牡蠣ご飯。プリッとした牡蠣とその香りの溶け込んだご飯が美味しい。
e0083517_18172427.jpg
 腹ごしらえをしていよいよメインイベントの内宮参拝。
e0083517_18174438.jpg
 五十鈴川を渡る橋の上から仰ぐ水面。52年前にも渡ったはずだが思い出せない。
e0083517_18175873.jpg
 川べりでちょっとした撮影会。ご一緒した中で唯一和服で参加のT女史にモデルになってもらう。以前にジャズ歌姫にモデルになってもらってやった撮影会を思い出す。
e0083517_18182615.jpg
 内宮参拝の後、同じように遷宮後の新宮と旧宮を見学。こちらは中には入れないが、その境目に立つと真新しい木の壁の新宮と20年の歳月を経た旧宮の差異が比較できる。
e0083517_18183986.jpg
 本日のメインイベントのお神楽見学は、板の間で正座して観る。思っていた以上に足が痛くなり、まるで拷問にあっている気分。早く終わってくれと念じつつの30分の長かったこと。

 痺れた足を引きずりつつ、内宮の境内を回って、帰路のバス停に向かう。バス待ちの時間の合間におかげ横町に出向き、赤福本店でお土産を買う。なかなか高感度お姉さんから買えたので、値打ちがありそう。どこでも売っている赤福だが。
e0083517_18191219.jpg
 おかげ横町は休日の心斎橋か銀座のような混雑で、遷宮効果がうかがい知れる。珍しい猿回しにも遭遇する。
e0083517_18193074.jpg
 宇治山田駅にて少し時間調整となったので、皆で駅前の寿司屋さんに行き、アルコール解禁とする。一品のあては、焼き蛤を選ぶ。
e0083517_18200219.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-11-24 23:59 | 旅行・出張 | Comments(4)
2013年11月23日(土) 晴

 今日は英語日。仕上げの予習をして臨むのはTIMEを読む会。今日は映画「プラトーン」や「JFK」で名前は聞いたことのあるオリバー・ストーンに関する記事。内容的には、ふーんという感じだが、せっかくなので彼の有名作をあらためて観て見たいと思う。

 後半の法律英語は、ピンチヒッターのVivian先生。5月以来二度目である。ブラジル人とは思えない綺麗な英語で早口でもかなりフォローできるのはありがたい。映画「エリン・ブロコビッチ」をテーマにディスカッションと先生の解説で二時間がアッという間に過ぎる。

 二次会は、初めての蕎麦屋さんで行う。料金的にはいつもとあまり変わらないので、果たしてどちらの満足度が高いのか。

 二次会終了後、難波に出て近鉄特急で伊勢に向かう。明日の伊勢詣でに向けて前泊となる。
by yellowtail5a01 | 2013-11-23 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2013年11月22日(金) 晴ときどき曇

 OB会ツーリングクラブの11月例会は日程が合わず欠席予定だったが、ツーリング予定日が今日に変更になったとのことだったので参加する。

 去年の4月に入会した新人が滋賀県在住。滋賀が二人となり、彼らが世話役となると滋賀方面が増える。集合地点までいくのに100kmも高速を走らないといけないのが辛いところ。しかし、このような機会がないとなかなか出向くこともないので、それはありがたく思っておこう。

 走ること自体が目的だが、せっかくの紅葉時分なので、湖東三山の名刹の一つ、百済寺を拝観する。「くだらじ」と読むのだろうと思っていると「ひゃくさいじ」が正解とのこと。広い境内は折からの紅葉三昧。
e0083517_08490011.jpg
平日というのに結構観光客が多い。しかし、さすがに外国語(中国語・韓国語)は全く聞こえてこなかった。
e0083517_08494913.jpg
 池には鯉が沢山泳いでいるが、結構でかいのもいる。あんぐりと開けた口をタイミング良く撮れた。
e0083517_08501650.jpg
 赤い葉、黄色い葉、彩なす山道は飽きない。
e0083517_22595832.jpg
 本堂は裏山の高いところにあるようで、ちょっとしたハイキングが始まる。
e0083517_23124192.jpg
 裏山には弘法大師ゆかりのハナノキがある。葉の形、色合いを考えると神戸市立森林植物園のハナノキとは別の種類のようである。
e0083517_22591927.jpg
 標高の高い本堂辺りにはまだ緑の楓が多い。これ如何に?
e0083517_23031649.jpg
 百済寺を後にして、昼食は彦根城近くの時代村的な通り。なんでも伊勢のおかげ横町を意識して町興しに行ったものらしい。レトロな街並み、商店、食べ物屋が軒を連ね、楽しい空間である。そこを闊歩する仲間は、あまり上品な感じではない。自分もその一員だが。
e0083517_23002030.jpg
 滋賀県北部は午後にわか雨と天気予報にあったが、それが当たりパラパラと降り出す。慌てて湖岸道路を一路南下。雨には殆ど遭わずに済んでよかった。
by yellowtail5a01 | 2013-11-22 23:59 | バイク | Comments(0)
2013年11月21日(木) 晴
 ラジオ体操に行く道はどんどん暗くなり、門灯がまだと持っている家が多い。体操をしている間にだんだん明るくなり、終わった頃に日の出を迎える。

 朝焼け写真を撮るというのは、これまでになかった体験である。また、冬に向かうこれからの特権のようだ。
e0083517_22312088.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-11-21 23:59 | 写真 | Comments(0)
2013年11月19日(火) 晴ときどき曇

 母の通院付き添いの日で時間が読めないが、10時過ぎには完了できた。愛用コンデジをCX6に変更してからというもの本格的な撮影シーンがなかったので京都方面に紅葉を求めて向かう。初めて訪れる山科の毘沙門堂は、山科駅から真北に緩やかな坂を上り詰めたところにあ
った。柿の実が秋の訪れを知らせてくれる。
e0083517_21203052.jpg
紅葉にはやはり少し早過ぎたか。
e0083517_21210438.jpg

男坂の下は古い楓の木が茂っている。

e0083517_21212658.jpg
山門(仁王門)を目指して男坂をのぼる。かなりの急坂である。
e0083517_21214628.jpg
 弁才天。灯台躑躅(ドウダンツツジ)がひときわ艶やかだ。
e0083517_21220734.jpg
 ここが一番の撮影スポットのようである。
e0083517_21222168.jpg
 夜はライトアップをしているようで、建物の中にも色んな灯籠が並んでいる。夜に来るのも一興かも。
e0083517_21223709.jpg
 帰り道は女坂。かなり緩やかな傾斜である。
e0083517_22442417.jpg
駅に行く途中、珍しい花を発見。後で友達に教えてもらったのだが、皇帝ダリアというらしい。
e0083517_21225776.jpg


by yellowtail5a01 | 2013-11-19 23:59 | 写真 | Comments(0)