ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2013年12月31日(火) 晴

 いよいよ本年も最終日。クルマを洗ったり、バイクを磨いたりしながら2013年を振り返る。取り立て大きな変化のあった年ではないが、自分を取り巻く環境も少しづつ変化しているのは事実。誰もいつまでも同じ処に留まっていることはあり得ない。

 お節料理の目途もついたので、夕方に師走最後の町の様子を見に散歩に行く。えべっさん界隈は露店の準備が忙しそうである。それにしてももう夕方なのに空きスペースがあるのは、暴対方の影響か。
e0083517_01012175.jpg
 広島焼きのお店は健在なようだ。キャベツのスライサーでいつものおばちゃんが材料仕込み中。
e0083517_01003059.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-12-31 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2013年12月30日(月) 晴

 株式市場は、今日が納会。11時半でおしまいと思っていたら、結果的には午後三時まで場は開いていたようだ。今日から7日も休場となるので、とりあえず今持っているポジションの半分は手じまうことにしたが、午後三時の終値はさらに高くなっていた。まあ、それはしかたないが、情報不足が悔やまれる。

 今日からは、お節料理。まずは、出汁を取ることから始まる。一番だし、二番だし、それぞれ2リットルを作る。お煮染め類の煮物をつくっているとすぐに二番だしが、なくなる。もう一度くらいつくらないといけないかも知れない。

 お煮染めの楽しみは、レンコンと人参の飾り包丁である。人参は梅模様。
e0083517_01062889.jpg
 レンコンは、ダリアのような花形か。
e0083517_01064184.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-12-30 23:59 | 料理・グルメ | Comments(6)
2013年12月29日(日) 晴

 足が痛い、腰が痛い、風邪をひいたとむずかる母を見かねてか、娘が年末大掃除の手伝いに来てくれた。これはほんとうにありがたい。お節の買い物やコーナンでの日用品の買い物も一人では大変だが、相棒がいると助かる。

 リビング、廊下、トイレ、玄関と休むこともなくよく働いてくれる。車の運転も任せきりだが、ずいぶん上達している。「おっくん(亭主)は、ええゆうてんの?」と尋ねると、「パワーアップしたあっちゃんを見てもらってき」とのことだったらしい。確かにパワーアップしている。我が娘ながら惚れ直す。

 順序不同だが、朝の散歩帰りの街灯と三日月のコラボ。
e0083517_00091195.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-12-29 23:59 | 家族・交遊 | Comments(2)
2013年12月28日(土) 晴

 12月後半は結構仕事が詰まり年賀状の予定が狂う。クリスマス前の連休に名簿整理はできていたが、肝心の裏面のデザインが決まらない。結局、昨夜来完徹でフォーマルとカジュアルを仕上げる。

 ゆとりはないが、朝の散歩、ラジオ体操は欠かさない。初氷発見。
e0083517_23545663.jpg
 ニテコ池越えの北の山にはうっすら初冠雪を確認する。冬だ。
e0083517_23550943.jpg

 で、今日はそのままプリンターで裏表の印刷、そして一言メッセージ。300枚近くの全部に一言書くのが、楽しみでもあり、苦痛でもある。昼過ぎから赤ワインを開けて飲みながらのメッセージ作成。面倒だけど、年に一度、その人と向き合っている感じがする。これが年賀状の醍醐味か。
e0083517_23552522.jpg
 朝の九時から夕方の六時までかかる。近畿以外の遠距離は優先して西宮本局に持ち込む。係りの人に「元旦に届く?」と尋ねると、「25日までなら元旦に届きます。」と民営化しても相変わらずのお役所仕事調。

 阪神西宮に行ったついでにブックファーストに寄り、お目当ての本を購入。
e0083517_23554308.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-12-28 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
 
2013年12月27日(金) 晴

 最終日に出勤するのは何年振りか。このところカレンダーの都合でタイミングが合わなかったような気がする。通勤途上はヒペリカムヒデコートの常緑の葉に置きまどわせたる白露。風雅である。
e0083517_23130217.jpg
 せっかく内部監査を25日で完了したので、最終日にはなったが、社長報告までしておくと気持ちよく新年を迎えられそうである。

 昼一番に報告を済ませると後は書類の整理、お掃除で夕刻を迎える。以前は部屋に呑み助がいて、お歳暮に届いた缶ビールで終業後に祝杯を上げたものだが、最近はそのような心遣いをする人がいないのがちょっと淋しい。

by yellowtail5a01 | 2013-12-27 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2013年12月26日(木) 曇のち雨

 景色が抜群にいいという東條パインバレー。以前の名前はタイガーズゴルフ倶楽部らしい。阪神タイガーズ御用達だったのかどうかは知らないが、インターから近くて便利なロケーション。一見トリッキーそうなホールもあるが、OBはそれほど気にならない。

 すり鉢型のレイアウトが多く、接待ゴルフ用なのかなぁという気がする。距離は結構しっかりあって、簡単にパーオンできそうなホールは少ない。ショートも半分は170ヤード超クラスの難ホール。なかなか難しい。

 午前はなんとか47でまわり、まずまずであったが、午後からは恐れていた雨が前倒しでやってきて、レインウェアでもこもこのゴルフとなる。集中力を欠き52を叩く。なんとかギリギリ二桁に収められたのは嬉しいが、ニギリもオリンピックも持ち出しでさんざんな目に遭う。

 綺麗なホールの写真を撮ろうとカメラはスタンバイしていたが、スルーザグリーンではそんな余裕もなく、雨模様では感動のシーンもなかった。結局バブリーなクラブハウスが一番印象的な風景となった。
e0083517_23380183.jpg
 せっかくの美しい情景も雨が降ると7割ダウン。
e0083517_23381539.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-12-26 23:39 | ゴルフ | Comments(2)
 
2013年12月25日(水) 晴

 いつもの会社の方は、昨日で終わってもよかったのだが、一箇所だけ内部監査未完のところがあり、なんとか年内に社長への報告を済ますには、そこの所長の都合で今日しかなかった。9時から1時間のみ出勤する。

 一旦家に戻り、スーツに着替えて本年最終の講師仕事に淀屋橋に出向く。秋口は少ない目だったが、12月に入って東京3回、関西3回月きに6回は過去にない最高記録となった。ありがたいことではある。

 夕方に淀屋橋で自由のみとなったので、昨夜ご一緒したクラシック愛好家のN氏のお薦めの大阪倶楽部というホールを探す。御堂筋の二筋西を北上すると、なるほど名前にふさわしいレトロな建物が見つかった。住友が中心となって立ち上げた明治時代の大阪財界の社交場としてスタートしたらしい。

 いまでのその機能を果たしているようだが、ときどきオープンな音楽会も催しているという。好きなプレーヤーが来れば一度いってみる価値がありそうだ。
e0083517_19273091.jpg
 なかなか味わいのあるこの建物は、大正時代に再建されたものらしい。
e0083517_19294542.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-12-25 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2013年12月24日(火) 晴

 お天気はいいが、一段と冷え込み通勤路はコートを着ていても寒い。それでも早朝散歩に慣れてきたせいか、例年ほど寒いとは思わない。

 昼間はもう少しで終わる内部監査の報告書づくりで追われるが、終業までに一通り格好を付けて会社を飛び出す。クラシックファンの英語仲間から誘われたクラシックのクリスマスコンサートが三宮であるという。なんでも元西宮芸文センターの楽団メンバーで今はフリーで活動中という29才の美形チェリスト。

 チェロは、「風のガーデン」や「北の国から」ですっかりファンになっているので、渡りに舟とばかりに乗ったものである。家でのクリスマス夕食はもう済ませたので、動きやすい。

 相棒にお任せ気分で軽く夕食を一緒にしたあと会場に向かう。なんとなんと12月に入って二度も行っている英国風パブ「ホブゴブリン」と同じビルの最上階である。大きな窓で見晴らしのいい会場は席数にして30席くらいか。詰め込めば40人以上のパーティもできそうな空間。
e0083517_01051663.jpg
 グランドピアノ置いても狭く感じないステージになっている。どうやらクラシック専用のミニホールのようである。客層も下の英国パブやジャズライブハウスとはまったく異なる。自分としてはあまり居心地がいいとも思えないが、相棒は芸文の定演会員でPAC楽団については詳しい。

 チェロは奥田なな子さん、伴奏ピアノは鈴木華重子さん。
e0083517_01054122.jpg
 一部は純粋クラシック。ベートーベンのチェロソナタ三番。
e0083517_01061527.jpg
 長い目のインターミッションを挟んだ後はクラシック的クリスマス曲集。コスチュームも少し変わる。
e0083517_01081059.jpg
 芸文時代の仲間のヴァイオリン、ビオラ、トランペットも加わる。ヴァイオリンは高山佳南子さん、トランペットは林辰則さん、ビオラは相棒は知っていたがフライヤーには載っていなくて不明。
e0083517_01073133.jpg
    高山さんは小柄で童顔で可愛いタイプ。他の演奏者は皆さん大柄で圧倒されそう。
e0083517_01083195.jpg
   ビオラの方も現役の芸文PACメンバーとのこと。
e0083517_01092282.jpg
 最後は、やはり芸文PACメンバーでクラリネット奏者のカルメンさんが飛び入り。クラリネットならぬ鈴とタンバリンでクリスマスムードが盛り上がった。お陰様で上品で優雅なクリスマスイブを楽しむことができた。
e0083517_01094086.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-12-24 23:59 | ジャズ・音楽 | Comments(0)
 
013年12月23日(月) 晴

 年の瀬も押し迫り、いよいよ年末モードに近づく。年賀状が気になる時季になったので、まずは名簿整理。去年は喪中で飛んだので、整理するにはいいタイミングかも知れない。しかし、一人筒吟味していくとなかなかカットできないものである。それでも心を鬼にして、切るものは切る。新たに増える人もあるので、ある程度の大胆さは必要であろう。

 名簿整理の後は、裏面の試行錯誤。一律で行くには抵抗感がある。やはり、先輩とか今もお世話になっている目上の方には、それなりの礼を尽くそうとするとフォーマルなデザインになる。一方、友達感覚の人には、くだけた感じの方がよさそうである。結局、2パターンを用意することになるのであろう。早く仕上げたいものである。

 夕方にCOOPに買い物に行ったときに路端で見つけた美容院の花壇。この可憐な花の名前はわからない。
e0083517_22291703.jpg
 こちらは金魚草。金魚草といえば黄色やオレンジ色が多いが、真っ白なところがここのオーナーの趣味が光る。後ろの小さい花の名前はからない。今度通りかかったときに尋ねておこう。
e0083517_22302451.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-12-23 22:33 | ひとりごと | Comments(0)
 
2012年12月22日(日) 晴

 どうやら今日が冬至らしい。一番暗いはずの早朝に夙川公園に向かう。日曜とあってか人影は少ないが、それでもいつもの半分くらいの人は来ているようだ。早足で歩いていってしっかり体操すると汗ばむ。ユニクロのウルトラライトベストのおかげもあると思われる。
e0083517_23303217.jpg
 体操が終わる頃には空が白んでゆく。そしてニテコ池に到達する頃には十分朝である。ニ池のカモの数はますます増えて、目視で数えると85羽強になっていた。
e0083517_23305490.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-12-22 23:32 | 自然・季節 | Comments(0)