ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2014年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2014年2月28日(金) 曇時々雨

 暖かくなってきたのはありがたいが、お天気は悪く、しかも視界が効かない。PM2.5が浮遊している感じである。偏西風に乗ってやって来る隣国からの迷惑だけでもないようだ。雨の方が多少でも水滴に付着してくれるのではと期待する。

 昼休みに例のごとく、隣のフレンドマートに週刊誌の立ち読みに行くと、今日からイカナゴ新子が解禁とのこと。今年の値段はどうかと確かめると1キロ1280円。まずまずの平均的価格ではある。
e0083517_2213590.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-02-28 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2014年2月27日(木) 小雨

 年末に有効期限を迎えるマイレッジポイントがあったので、2月中旬の東京出張用に航空券に替えていたのだが、対象の研修生がいないということで、急遽中止とのこと。これは困る。行き先を変更できれば使い道はいくらでもあるのだが、伊丹ー羽田は変えられなし。有効期限も三ヶ月以内ということで後がない。

 無駄にするのも癪なので、自分の業務にはあまり関係が濃くないテーマだが、大学における輸出管理の在り方をテーマにした勉強会に出ることにする。まあ、全く関係ないわけでもないので、それなりに集中して考えることができた。昔の仲間とも再会する。予想外の再会もあり、まあ来た甲斐があるというものか。

 元締めの経産省の室長の特別講演もあり、少しアップデートできたか。しかし、国際競争力強化という観点からもっともっと海外に目を向けてもらいたいと思ったのは、自分だけだろうか。
e0083517_21155.jpg

 会場となった豊洲の芝浦工業大学。この辺りに来るのも初めてだが、数年前に来た月島からはほど近い海浜新興地域のようだ。
e0083517_2113658.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-02-27 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2014年2月26日(水) 晴

 高速なし、有料道路、有料トンネルなしで家から15分。一番近いゴルフ場は西宮カントリー倶楽部。他のゴルフ場に行くときに横をかすめたり、ど真ん中の道路を突っ切ることはしばしばあるが、なにせ関西一、二を競う名門コースとあって敷居が高い。

 現役時代にメンバー同伴ということで一度だけ回らせてもらったことがあるっきり。そんなコースが今週は西宮市民に解放されているというのでありがたい。キャディー付だが平日で15000円は安くはないが、お土産のツマガリの洋菓子、XXIOボール三個、昼食、ワンドリンク、パーティ飲食、豪華景品がついてこの値段は、旧スポニチでのMBSサーキットよりも割安感がある。

 このイベントを紹介してくれた西宮在住の英語仲間と一緒に申し込んだところ、抽選だったのかどうかわからないが、無事エントリーできた。早朝に着いた時にはかすみがちの朝日であった。夕刊で知ったが、PM2.5の注意報が出ていたとのこと。
e0083517_1204790.jpg

 7時50分からの開会式も終わり、9組目のスタート。時間があるので、練習場で打ちっぱなし。このボール代も一箱限定だがセット料金に入っているのは嬉しい。この頃には青空が支配して絶好のゴルフ日和となる。
e0083517_1225283.jpg

 二十年くらい前に初めて来たときも苦労したが、今日も苦労する。フェアウェイの幅はびっくりするくらい広くて、OBの心配は少ないのだが、距離もたっぷりとあり、砲台グリーンが多くておまけにグリーンが滅茶苦茶速い。直接乗ったと思ってもなかなか止められない。

 同伴パートナーとなったのは、我々より少し若いご夫婦。よく気が合って、初対面とは思えない楽しいゴルフとなった。
e0083517_1285512.jpg

 紹介していただいた友人とも日永楽しく過ごさせていただく。本当に友の存在はありがたい。声を掛けてもらわなかったら、こんないいイベントを知らないまま過ごしていたことであろう。日頃は見かけないアングルから見る甲山も悪くない。
e0083517_1332387.jpg

 結局、本年最悪の109と大叩きしてしまう。ぺリアの飛び賞にもありつけず無念の結果となったが、他の人のスコアも結構悪いのでちょっと救われる。また夏にもあるというので再チャレンジしたいものである。
e0083517_1365831.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-02-26 23:59 | ゴルフ | Comments(4)
2014年2月25日(火) 晴

 今日は病院デー。まずは母の通院付き添いであるが、骨粗鬆症対策のテリボンという注射のせいで、血圧が低下しているという施設からの報告があり、先生に相談するが、原因は特定できないとのこと。今日は注射を見合わせたが、来週にもう一度ビフォーアフターの血圧を測って原因特定することになった。まあ、無理をして続けることでもないように思われる。

 このところPCでラジオを気軽に聴けるようになった。大半はABCラジオの桑原征平さんや道場洋三さん、武田和歌子さん辺りが多いのだが、夜になるとFM Osaka。懐かしのジェットストリームが大沢たかおさんで復活している。

 それでもやはり、あの城達也さんの独特の語りとは比べられない。Utubeで探すといっぱい出てくる。懐かしのナレーション。「夜のしじまのなんと饒舌なことか」というフレーズだけはスッと出てくる。で、あらためて城達也氏の声を聞いていると、最近結構聴いているような気がした。

 で、ググってみると、彼はグレゴリー・ペックの専属吹き替え声優の一面もあったようだ。このところ法律英語で深く観た「アラバマ物語」、「紳士協定」でさんざん聴いていたわけである。昔のジェットストリームへの懐かしさが込み上げてきて、アマゾンで一枚CDを注文してしまう。

 閑話休題。先日、ハーバー近くのCOOPに寄ったところプレミアムモルツの6缶入りが1100円台でキャンペーン販売されていたので、思わず購入したところスピードくじがあり、ラストだったようでこれが当たりくじ。お姉さんが嬉しそうに進めてくれたわけである。庫山窯のプレートが当たった。
e0083517_2105288.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-02-25 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2014年2月24日(月) 晴

e0083517_2233372.jpg
 いいお天気の日。仕事の方は一段落して少し時間を持て余し気味ではあるが、当面の課題である韓国と米国の個別許可申請と日本の申請との差をリサーチする。韓国人のリエゾンの人に当局に電話してもらって調べるが、なかなか知りたいポイントには近づけないもどかしさがある。もっとハングルを極めておけばよかったとちょっと後悔。

 終業後は梅田に向かう。次回同窓会の会場決定が佳境に入ってきた。梅田の阪急系と新大阪のニューオオサカホテルに絞り込まれる。前者は時間が合わなかったので合流できなかったが、ニューオオサカには合流できる。

 同窓会パックに二次会もセットでき予算的にはいいのだが、会場の雰囲気が今一。三人合議の結果、見てくれのいい梅田阪急の会場に決定する。これで、日程と会場は決まった。あとは、どう盛り上げていくかが問題である。平均年齢65歳の面々が楽しめる趣向を考えたいものである。
by yellowtail5a01 | 2014-02-24 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2014年2月23日(日) 晴

 久しぶりに終日快晴の気持ちのいいお天気。暖かいというほどではないが、かなり寒さも治まり抜けるような空である。格別の予定はなかったので、家事デイに充てる。洗濯、片付け、プランター手入れ、水やり、それなりに片付いて気持ちがいい。

 家内はようやく点滴が外れて、お風呂にも入れるようになったとのことで、あれこれと持ってきて欲しいものがあるとのことなので、調達して届ける。退院は近いようである。

 この数年、二月のヨットセーリングが多かったのだが、今年は一度もなさそうである。和学講座や落語で皆さんと顔を合わせ、一緒に飲み食いはするのだが、ハーバーにはご無沙汰。ちょうど夕焼け時分だったので、ハーバーに寄ってみる。
e0083517_3192635.jpg

 やはりここの夕景は絵になると思う。
e0083517_3194524.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-02-23 23:59 | 写真 | Comments(0)
2014年2月22日(土) 晴

 前回は富山出張で欠席となった英語会であるが、今回は一通りの予習を終えて出席する。TIME記事の中でも難解なエッセィ記事は、オバマ大統領の一般教書演説について。骨のある英語だったが、疑問点がかなり解明される。

 二つ目のウクライナ記事は二週間前にこれを選んだ今日のコーディネーターは先見の明があったようである。ウクライナにとっては不幸なことである。ソチ五輪中ということで、ロシアの介入も控えられているようだが、五輪が終わるとどうなることやら。

 法律英語は、今回も映画ベースの勉強会。「紳士協定」というグレゴリーペックの反ユダヤ主義を正面から捉えた当時の問題作。制作は1947年でアカデミー賞を受賞しているが、日本での公開は40年後の1987年になってからとのこと。

 先生は、セルビア人の女性、ニニッツさん。ネイティブでもないのに英語も日本語も上手。しかも、日本の歴史や制度についてもよく勉強している。ブラジル人のアンジェリーナさんもそうであるが、本当にしっかりした女性が多いものだと感心させられる。

 閑話休題、去年購入した蠟梅がようやく六分咲き。この木は早く大きく育てて身長よりも高くしたいものである。
e0083517_365739.jpg

 木は小さいし、花の数も限られているが、香りは立派な蠟梅である。
e0083517_37202.jpg

 ビオラも大分綺麗に咲き出した。これからしばらくが楽しみの時期となりそうである。
e0083517_373556.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-02-22 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2014年2月21日(金) 晴

 久しぶりのヨットクルー仲間での落語観賞会。桂春蝶師匠の創作歴史落語の第二弾。第一弾は、特攻隊を扱った知覧物語であったが、今回はトルコが親日的になったという明治時代に起きたトルコ艦船エルトゥールル号事件。串本付近で座礁した時に、村民が自分たちの食糧を投げ打って、命懸けで60余人のトルコ人を助けたという史実。

 この話自体はおぼろげに知ってはいたが、時代背景や詳細は知らなかった。その約100年後のイランイラク戦争の時に、テヘラン駐在の日本人数百名の移送に、日本政府や日本航空がモタモタしているときに、トルコ航空が自国民の輸送を陸路に切り替えて、日本人の輸送のために振り替えてくれたというのは、知らなかった。

 落語というバーチャルな世界で、見事に目的は達成されたと思われる。
e0083517_2515498.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-02-21 23:59 | 文化 | Comments(2)
2014年2月20日(木) 晴

 本来なら落ち着いての出勤日でよかったのだが、母の通院付き添いがこの日しかなく、しかも予約が10:15。家内の見舞いもあるので、午前中に病院マターは集中して、午後からの出社に変更させてもらう。日を代えても良かったのだが、今日締め切りのアンケートがあったので、無理してでも期日に間に合わせたいと思う。

 結局、海外代理店に問い合わせていた質問状の回答は未着で、月曜日時点の内容でアンケート回答をメールする。まあ、やるだけのことはやった。回答したからと言って、願う方向に法令や運用が改正されることにもならないとは思うが、アンケートの機会を利用して要望だけは目いっぱい伝えておきたいものである。
by yellowtail5a01 | 2014-02-20 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2014年2月19日(水) 曇

 このところ隔年でTIMEを読む会有志でかにカニエキスプレスツアーを企画して、楽しませてもらっている。今年は、一番きりのいい8人という参加者を得て、JR尼崎からコウノトリ3号で天橋立に向かう。席を回転させると8人の共有スペースが生まれ、行きも帰りもおしゃべり三昧。とはいうものの、道中英語の勉強もありで、この会ならではの楽しいツアーとなった。

 約10年前、当時の職場のかに座仲間でちょうど同じような頃にカニツアーに来たことがあるが、町の様子や景色はほとんど変わっていない。なんか心が安らぐ町の景観である。違うのはカニ宿。10年前は文殊荘という海岸沿いの宿だったが、今回は少し張り込んで山の中腹の玄妙庵。眼下に見下ろす天橋立が、ロビーからも露天風呂からもお食事の個室からも展望できる。
e0083517_340446.jpg

 お風呂でほっこりと温まった後は、メインの蟹コース。茹でガニが豪華であるが、焼きガニもよかった。頼りないのは、カニ刺し。
e0083517_341159.jpg

 午後二時にはチェックアウトで追い出されるが、まあここは観光資源もあるのでそれはそれでいいのかもしれない。ここで働いているというアメリカ人のローレンちゃんも一緒に記念写真。なんでもハズバンドがこちらの学校で教師をしているので、ここで働いているらしい。英語会メンバーには嬉しい出会いとなった。
e0083517_3411917.jpg

 食後はお定まりのビューランドから股覗きで天橋立を眺める。
e0083517_3502693.jpg

 帰りの電車までの時間を散策、お土産でつぶす。橋立から玄妙庵を仰ぐと、なるほどいい場所に立地している。
e0083517_3422653.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-02-19 23:59 | 料理・グルメ | Comments(6)