ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2014年3月31日(月) 晴

 月曜日はほとんど出勤日だが、明日が新年度初日ということで、振り替える。今日中にやろうとした計画はたくさんあるのだが、あまりにもいいお天気なので、東京のJRポスターでさんざん誘惑された十輪寺のしだれ桜を観んとて、ろくべえ号に跨り名神高速を疾走する。

 一時間余で到着。心配した駐輪場も手前のガードマンが連絡してくれていたようで、スムーズに狭い駐車場の一角に停めさせてもらう。以前に善峯寺に行ったときに前を通っているのだが、その時は意にも介さなかった十輪寺。一本の老木桜のおかげで素晴らしい名所となっている。
e0083517_044670.jpg

 樹齢二百年というから在原業平の頃にはまだなかったのだろうが、住職の解説では、「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」に由来するとおっしゃっているので、その頃にもいい桜の木があったのであろう。心境としてはピッタリの一首である。
e0083517_0442330.jpg

 件のJRポスターは、この辺りから夕景に撮ったものに違いない。
e0083517_0452498.jpg

 アップで迫るとまさに満開の花。
e0083517_045523.jpg

 こぼれるように咲き誇るとはまさにこのことであろう。
e0083517_0464053.jpg

 さらに小路を登りつめると塩竈というのがあった。業平が大阪湾から海水を取り寄せ、ここで煮詰めて焼塩を作ったらしい。もっともその目的は、思い人であった藤原高子が大原野神社に参詣するときに、ここで紫の煙をたなびかせ、想いを託したとある。
e0083517_0475688.jpg

 帰り道にもう一度裏山から桜を見下ろす。何度観ても飽きることはなさそうだ。願わくは、夕方までくつろいで夕日に染まったところを撮りたいものである。
e0083517_0471910.jpg

 せっかく近くまで来たので、1.6㎞足を伸ばして善峯寺にも参詣する。バイクでわずか三分ほどの上り坂だが、標高の差か、こちらの桜はまだ二分咲き程度。空振り気味ではあったが、スケールの大きいお寺である。
e0083517_0491581.jpg

 山門付近の濃いピンクの桜は六分咲き。
e0083517_0494135.jpg

 お土産にもらったのは、黒板に書かれた法語。しっかりと身につけて実行すべき事柄である。
e0083517_050933.jpg

 帰り道に長岡天満宮の桜をかすめる。半導体社勤務時代、終業後に職場メンバーでここに集い、八条ヶ池の畔で花見宴会をした頃が懐かしい。あの頃のみんなも元気にしている気がする。
e0083517_050342.jpg

 で、帰宅して夕方に消費税増税前の駆け込み買い出しに向かう途中、梅に鶯ならぬ名残梅にメジロを発見。いい声で囀っている。動画で撮れば音も拾えたのだろうが、スチル写真で我慢しよう。
e0083517_0505067.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-03-31 23:59 | 自然・季節 | Comments(6)
2014年3月30日(日) 雨のち曇り

 朝からの暴風雨。こんなきつい風の中で、ヨットを釣り上げることは可能なのだろうか、と心配しつつ新西宮ヨットハーバーに向かう。駐車場からハーバーホールに向かう僅かの間にも濡れまくり。

 いつもならオーナーの号令のもと作業に着くのだが、今日はオーナー不在。ベテランクルーの通称「提督」、H氏の指示のもとで、ポンツーン移動、上架回航を午前に予定。強風のもとでポンツーン移動も難行苦行であったが、こちらはなんとか一件落着。

 準備万端相整い、いざドックの方に回航とスタンバイしたタイミングでドックからの携帯が鳴る。風速15メートルで注意報が出ているので、風邪が収まるまで上架は延期。それでも30分ほどのロスタイムで移動となる。クレーンに釣ったままで、スクレーパーでの貝殻落としに小一時間。
e0083517_028312.jpg

 昼食の後は、選定塗料剥がしとプロペラの貝殻落としと研磨。例年はオーナーが自ら担当するが、今日はその役を引き受ける。
e0083517_035149.jpg

 曲面の金属面を回転グラインダーで研磨するのは、気を抜けない作業である。写真では居眠むっているようだが、たまたまのまばたきの一瞬である。ちょっとしたコツがいるが、やりだすと嵌りそう。オーナーが無口で集中しておられた心情がよく理解できた。
e0083517_0331478.jpg

 出来上がりはピッカピカで気持ちがいい。これで、エンジンの回転がスムーズに上がってくれればうれしい限りである。
e0083517_029436.jpg

Photo by Kimura Papa & ひーやんさん
by yellowtail5a01 | 2014-03-30 23:59 | マリンワールド | Comments(2)
2014年3月29日(土) 曇

 昨年からヨットメンバーで続けてきた古典芸能学習・体験シリーズの仕上げは、杉本文楽。ヨーロッパ公演で絶賛を博したという曽根崎心中の日本公演。和学学習の総仕上げとして、有志で鑑賞に行く。去年の四月にこけら落としとなった新フェスティバルホール。地下鉄からのプロムナードも雰囲気が出ている。
e0083517_1485267.jpg

 ホワイエの雰囲気もモダンになった。
e0083517_149590.jpg
 
 外観もすっかり様変わり。
e0083517_1493789.jpg

 で、肝心の曽根崎心中は二度読んでおいたので付いて行き易かったが、せっかくの語りの部分を十分聞き取ることはできなかった。日本語テロップを用意すべきと思う。
by yellowtail5a01 | 2014-03-29 23:59 | 文化・教養 | Comments(0)
2014年3月28日(金) 晴

 目が覚めると昨夜の酔いもすっかり抜けて、雲一つない青空がまぶしい。一月には南伊豆、下田探検をしたところであるが、今日は新横浜に行き、こだまで三島へ。そこから初めて乗車する伊豆箱根鉄道修善寺線。桜を求めて修善寺参りとなる。修善寺駅からタクシーで修善寺前に行き、今日の散策コースを決める。時間はあるので、無理のない範囲で貪欲なコースを選ぶ。
e0083517_294878.jpg

 まずは起点の修禅寺。名前だけは昔から知っているが訪れるのはもちろん初めて。
e0083517_2103911.jpg

 弘法大使の開闢らしいが、その後、源・北条の確執や仏教宗派の確執を経て今日に至っているらしい。
e0083517_211136.jpg

 修禅寺から桂川に下りてくると、足湯温泉。とっこの湯というらしい。
e0083517_2112344.jpg

 足湯をしている人も多いので、誘惑されかかるが、タオルもなく靴下を脱ぐのも面倒そうなので、パスする。入っていれば入ったでいいことがあったかもしれない。
e0083517_2114245.jpg

 案内に従って、指月殿に向かう。頼朝の子、頼家を弔って北条政子が建立したとのこと。ここの枝垂桜はほぼ満開模様で、来た甲斐があったというものだ。
e0083517_2115912.jpg

 せっかくなので、指月殿の裏から頼家の墓をかすめて登ること20分。いくつかの石碑を数えながら義経の像に辿り着く。頼朝に追われた義経は大陸に渡り、ジンギスハンとなったという伝説を表すかのような騎馬像で、その馬の容貌がいかにもエキゾチックであった。
e0083517_2121636.jpg

 登るときよりも神経を使う急坂を降りてくるとお土産物屋さんが立ち並ぶ観光道路。山の中だと思ったが、新鮮なカレイの一夜干しもある。
e0083517_2123436.jpg

 やがて、修善寺の代表的観光スポット、竹林の小径を抜ける。嵯峨野の竹林にははるか及ばないが、この緑の小路は心安らぐ。
e0083517_2125468.jpg

 桂川にはいくつもの朱塗りの橋が架けられており、いずれも恋愛成就が叶うとのこと。果たして自分にも効き目はあるのだろうか。
e0083517_2161131.jpg

 下から渡月橋、虎渓橋、かつら橋、カエデ橋と主だった橋を何度もわたる。
e0083517_2165095.jpg

 河原で見かけるのは黒っぽいが瑠璃色に光る鳥。ルリカケスかも知れない。
e0083517_221762.jpg
  お昼も過ぎたので、昼食タイム。やはり有名な十割そばと山葵であろう。朴念仁というお店に入る。
e0083517_22427.jpg
 窓辺の席の外は、先ほどの竹林の小径。
e0083517_2172790.jpg

 まずはご当地の地ビール、富士燦燦をいただく。なかなかのいいお味である。
e0083517_2174774.jpg

 お料理はおかみ一押しの天蒸篭そば。地元特産の桜エビの豪勢なかき揚げに十割そば。思ったよりかなり細麺である。
e0083517_218781.jpg

 デザートには、虎渓橋近くのソフトクリーム。おろし山葵と刻み山葵のピリ辛感がいい。
e0083517_2182843.jpg

 日も傾き、バスで修善寺駅に向かい、伊豆箱根鉄道で三島へ。よく歩いて、ほろ酔い気分で、微睡気分が心地よい。今度来る機会があれば、クルマで天城峠や西海岸、などもまわりたいものである。

 今日はありがたいことに終日雲一つない快晴が続いた。三島駅からも富士山が見える。
e0083517_2184319.jpg

 富士川鉄橋からも富士山がバッチリ。
e0083517_219510.jpg

 懐かしの浜松でひかり号に乗り換え、名古屋に差し掛かるころに日没を迎える。
e0083517_2191882.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-03-28 23:59 | 旅行・出張 | Comments(0)
2014年3月27日(木) 雨のち曇り

 各地から桜の開花宣言が出ている。去年よりかは相当遅いが、例年に比べると1日か2日早いらしい。昼前に家を出て東京に向かう。仕事は4時前から6時過ぎまでの2時間強。明日の予定はフリーなので、泊り前提で出てきた。

 久しぶりに高校の同窓と一献と考えていたが、キーパーソンが上海出張ということで、こちらは延期。まあ、酒場放浪記気分でどっかでやろうかと思っていたところ、ひょんなことで元の会社の後輩女子三名が20年ぶりにたまたま内幸町で女子会をするという情報をメールで得たので、それに合流させてもらう。

 一人は、かつては直属の部下だったこともあり、そののち対等の立場として張り合ったこともある同志の一人、Mさん。味方につけると心強いが、敵に回すと厄介な女史も昨秋で早い目の定年退職。素晴らしい再就職先に落ち着いたという噂と本人からの挨拶状をもらっていたので、お祝いをしたいと思っていたところ、渡りに舟の再会となった。

 アレンジしてくれたのも直属関係はなかったが、彼女の入社時の先輩社員として、かれこれ三十余年親しくさせてもらっているKさん。役員寸前のところに来ており、出世という尺度では自分なんか足元にも及ばない。しかし、彼女は昔ながらのサッパリした性格で先輩を立ててくれるところは、いつも好感が持てる。

 もう一人は、35年ぶりくらいの再会となる彼女たちの同期入社のひとりBさん。部署も違い、忘却の彼方となっていたが、顔を合わせば若かりし頃の思い出が彷彿としてくる。イタリアンのお店で、ワインも空くにつれ、ますます盛り上がり、他の客はすっかりいなくなったと思うと11時前。そろそろお店を閉めたいという空気はあるが、ママはゆっくりしてらしてとリップサービス。

 ホテルに着くと12時前となっていたが、若い(?)女性に囲まれ、楽しい時間を過ごした余韻を味わいつつ微睡に落ちる。
by yellowtail5a01 | 2014-03-27 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2014年3月26日(水) 雨

 天気予報通りの終日雨で鬱陶しいが、仕事日はこれで十分。落ち着いてデスクワークに励む。次年度の業務委託契約を正式に更新いただき、来年の出勤計画を予定する。ありがたいことである。

 立花桜の様子を見に昼休みに散歩すると、ここでも開花直前。蕾は目いっぱい膨らんでいる。次回の出勤日の4月1日には、6分以上咲いていることであろう。
e0083517_4214710.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-03-26 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2014年3月25日(火) 晴

 しばらく間隔があいたが、ラジオ体操に行くとやはり人が増えている。すっかり明るくなり寒さはどこかに消えた。
e0083517_494274.jpg

 名物の桜もまもなく開花模様で、気の早い木にはチラホラ咲きかけている。
e0083517_41098.jpg

 途中のお屋敷のしだれ桜がなぜかすでに満開模様。
e0083517_4111039.jpg

 来月早々にまた東京に出向いての仕事が二件入っているので、そのテキスト作りがプレッシャーである。おまけに今日は家内の通院日で午前と夕方の二回にわたるので、その合間を縫っての時間勝負のリサーチとテキスト編集。

 4時半には片付き、大阪市内に向かう。間もなく娘の誕生日なので、天王寺で花屋さんをやっているOB・OG会メンバーのお店に寄ってアレンジメントフラワーをピックアップしてから、娘宅に届ける。当日に食事会をしてハッピーバースデーを祝いたいところだが、生憎の東京出張。

 
by yellowtail5a01 | 2014-03-25 23:59 | 家族・交遊 | Comments(2)
2014年3月24日(月) 晴

 温かくなりお天気もいいのだが、春霞か、黄砂か。PM2.5も入っていると思うとマスクをしたくなる。しばらくはバイク通勤を楽しもう。
e0083517_3575244.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-03-24 23:59 | バイク | Comments(0)
2014年3月23日(日) 晴

 温かくなり絶好のお墓参り日和。家内の父母が眠る北千里にまずお参りし、帰り道に自分の方の墓にお参り。こちらは父と義姉が眠る。ついでに同じ墓地にある母方の親戚のお墓にもお花と線香をあげて、春の彼岸のお勤め完了。

 母の施設に寄って、しばし談話をしたり姉貴に電話をする。わかっているのかわかっていないのかは定かではないが、家内も含めiPhoneのスピーカフォンで四人で喋ると、母も嬉しそうに笑顔をこぼす。この瞬間だけはわかってくれているような気がする。

 「もう帰るん?」という母の声に後ろ髪をひかれるが、後の予定もあり、「また来るからね」となだめて、施設を出る。行き先は神戸で四月六日までやっているターナー展。それほど知っているわけではないが、港と夕景をモチーフにしたいくつかの風景が印象に残っている。

 てっきりハービスの県立美術館か王子公園の原田の森ギャラリーかと思っていたが、実は神戸市立博物館。初めてのところだが、ルミナリエで何度も横をかすめている博物館。問題は駐車場がないこと。仕方なく大丸の駐車場の最後尾に並ぶと30分待ちとのこと。それでも比較的スムーズに入ることができる。

 駐車場券をゲットするために遅い目のランチを大丸の食堂街でいただく。家内は3月1日に退院して以来のダウンタウンでの外食で、好きなパスタにありつけて上機嫌のようだ。こちらは財布を気にしながら控え目の注文となるのはいつものことか。

 ターナー展は、正直言って期待したほどではなかったが、何点かは予想通りの満足感を得られる作品を生で観ることができ、1500円の入場料はペイした。
e0083517_191448.jpg

 残念ながら海をテーマにした大好きな作品はカメラに収められなかったが、撮影可能なレプリカもさすがに迫力がある。これはバチカンの広場を見下ろす絵。10年ほど前に旅行したことを思い出す。
e0083517_19142962.jpg

 記念写真用の巨大なレプリカ。この一本松の作品が代表作ということだろうか。
e0083517_1914493.jpg

 街角では面白い光景にも出会う。コンデジのいいところは、運転しながらでも片手ですぐに撮れるところであろう。
e0083517_19152597.jpg

 ルミナリエ通りもこの季節は心安らぐ静かな通りである。
e0083517_19154011.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-03-23 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2014年3月22日(土) 晴

 春らしいお天気となり、気分は上々。英語会例会に気持ちよく臨む。といっても、午前中はキャサリン・ケネディ大使の記事とジョン・F・ケネディのプレスとの会合におけるスピーチと格闘する。イルカ追い込み漁において、少しヒステリックな対応をして、キャサリンに対する日本人の評価は相当落ちたようであるが、これまでの大使に比べると、まだ愛着感を感じる。

 とりわけ、目を引いたのは、昨年夏のワシントン大行進イベントでのスピーチで、日本の古い諺としてキャサリンが引用した、"The water flows on, but the river remains."というくだりである。「そんな諺ってあったっけ?」と思う。

 ニュアンス的には、方丈記の出だしの、「ゆく川の水は絶えずして、しかも元の水にあらず。」に近い。しかし、これは諺ではない。どのようなところから引用したのか、ちょっと謎めいている。意図するところは同じであろう。

 後半の法律英語のテーマは、映画、グリーンマイル。三時間の長編映画を気合を入れて二回も観られるというのは、勉強会のおかげと言うしかない。芦屋市民ホールにはもう木蓮の花が満開だった。
e0083517_18501582.jpg

e0083517_18502870.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-03-22 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)