ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2014年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2014年7月31日(木) 晴

 早いもので七月も今日でおしまい。週間天気予報では雨マークがついていたので、却って涼しくていいんじゃないかと高をくくっていたロータリーゴルフでのダブルコンペ。幸か不幸か天気予報は見事に外れ、朝から快晴の真夏日となる。

e0083517_22595002.jpg
 二か月に一度やっているPRG会とゴルフ場のシニアレディズコンペがかち合う。というか、ゴルフ場イベントに合わせてPRG会を設定している。昼食・ワンドリンク付きでしかもラウンド後の飲み放題付会食が付き、おまけに上位および飛び賞の賞品が結構確率高く当たる。

 しかも今日は隠れ特訓仲間の四人で回らせてもらい、ガチンコ対決もついてくる。スコア的には最近の平均的スコアで、51-46の97。課題はいろいろあるが、やはりラウンド不足というのが一番の不調原因であろう。

 ハンディ15のPRGコンペは14人中の10位ということでさえないが、飛び賞の1000円がついてきたので良しとしよう。シニアレディズは隠しホールが結構うまく入り、73人中の7位。完熟マンゴーをゲットしてお土産となる。
e0083517_23001205.jpg
早くいただいた方がよさそうなので、夜に息子も戻ってきて三人で分ける。久しぶりだったので切り方をネットで確かめ、無駄のないように包丁を入れる。
e0083517_22584292.jpg


by yellowtail5a01 | 2014-07-31 22:59 | ゴルフ | Comments(0)
2014年7月30日(水)晴のち曇

 今日は1時半からP社本社に集合して、OBOG会の案内状送付作業。定刻の10分前に着いたが、もう皆さん作業を開始しておられる。歳をとると集合時間の前倒し傾向があるのは、いつも感じるところだが、せめて作業スタートは定刻まで待ってほしい。若輩者の自分が遅刻したような気分になる。

 それにしても本社の風景は、41年前に入社した時からほとんど変わっていない。強いて言えば、ソテツの丈がかなり高くなったことか。国道一号線から構内に入って正面に見える第二別館。いろんな思い出がよみがえる。
e0083517_01100566.jpg
 右手を向くとエジソンはじめ科学者達の像の向こうに中央研究所。今はどう呼ばれているのか知らないが、この風景も41年前と寸分違わない。
e0083517_01101505.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-07-30 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2014年7月29日(火)晴

 今週は仕事が昨日のみなので、ゆったりと過ごせそうである。とはいうものの毎日なんかかんか入っているので、まったくフリーという訳にもいかない。それでも気分はずいぶん気楽で精神衛生的にはありがたい。

 ラジオ体操散歩も毎朝とはいかないが、行けるときに行くという気楽さがいい。帰り道を気ままに散歩コースを選択するのだが、まだまだ歩いていない道がたくさんある。今朝は比較的よく通る越木岩筋を南下する。
e0083517_03162990.jpg
 サーティワンアイスクリームのお店は20年以上前からあるが、デザイン的にも昔のままである。娘が小学校低学年だったころ、土曜日になるとワンツーステップという教室に娘のお友達ともどもお迎えに行ったものだが、この近くを通りかかると「サーティーワン、サーティーワン」というシュプレヒコールに遭い、寄り道散財させられたのが、昨日のことのように思われる。その娘が来年早々には母になるという。

 散歩は空間的にも移動するが、時間的にも頭の中でトリップをしている感じがする。もう一つの効用は、家に戻ってきた後、水やりや花がら摘みの時間をしっかり取れることである。

 毎年夏のプランターにペチュニアを植えることが多いが、今年はこれまでになく美しく咲き誇ってくれている。イメージしていた通り、プランターからハンギング状態となっている。
e0083517_03163799.jpg
 これは毎朝の水やりと花がら摘みのおかげであろう。特に花がら摘みは例年植え込み直後はするものの、花の数が増えてくる夏場には諦めモードで放置することになるのだが、毎朝10分くらいの時間をかけると、確実に咲き終えた花がらを摘むことができる。

 どんな花もそうなのだろうが、結実すると子孫繁栄のお勤めを果たしたと安心して、養分を花よりも実の方に送ることになるのだろう。その実をすべて摘むとプラントは危機感を感じて次から次へと花を咲かせて実を残そうとする。ある意味残酷な仕打ちではあるが、人間にとっては花がら摘みは大事な日課である。

by yellowtail5a01 | 2014-07-29 23:59 | ひとりごと | Comments(12)
2014年7月28日(月)晴

 電車通勤とするが、少しは過ごしやすい気がする。週末明けのオフィスは朝一番はまだ熱気がビル全体に残っている感じであるが、一時間もすると冷房がしっかり効いてきて快適である。

 昼休みに外に出るとやはりそこは灼熱地獄。溶けてしまいそうな暑さである。朝は大合唱をしていたクマゼミだが、昼間は静か。脱皮して七日間という命を必死に生きている気がして、もののあわれを感じる。それに比べると人間が生きる70年、80年というのはとてつもなく長いものだと改めて実感する。
e0083517_03152294.jpg
 夕方になってもやはりそれなりの暑さ。ホームはオープンで冷房とは無縁であるが、新快速が通り過ぎるとその風で一瞬涼しく感じる。
e0083517_03160036.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-07-28 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2014年7月27日(日)曇一時雨のち晴

 久しぶりに空に雲が拡がりいつ雨が降り出してもいいようなお天気となった。映画の新作がいくつか来ているので、自分的には「ゴジラ」であったが、家内はゴジラには興味がないようで、ジブリ映画の「思い出のマーニー」となった。
e0083517_04315975.jpg
 これまでのジブリ映画も殆ど観ているので、異存はないところである。しかし、観客席は女性が圧倒的に多い。それも若い女の子の姿が目立つ。男性客は2割いるかどうか。

 予告編で感じた通り、マーニーの存在が現実的ではなく、その正体を推理していくというパターン。終盤で展開が速くなるが、意外性もあって楽しめた。終盤はなかなかの感涙もので、エンディングロールが完全に終わるまで、誰一人立ち上がる人がいない映画というも珍しい。
e0083517_04321678.jpg

 宮崎監督ではないが、米林監督の描く映像、音楽ともさすがジブリ映画のDNAが受け継がれ、映画館で観る価値がある。メインテーマ曲の旋律がアルハンブラの思い出。タルレガの世界に憧れていた高校生の頃を思い出す。エンディングのプリシラ・アーンの静かな曲も余韻があってとてもよかったと思う。
e0083517_04320889.jpg
(Photo from free site)

by yellowtail5a01 | 2014-07-27 23:59 | Comments(4)
2014年7月26日(土)

 今日は芦屋が熱い。タイムを読む会と法律英語の二本建て。夜には、法律英語の暑気払いパーティ。それぞれの予習の仕上げが残っているが、朝一番は元気にラジオ体操散歩に向かう。しっかり体操すると朝から汗が流れ落ちる。

 クルマやバイクではよく通る夙川沿いの並木道だが、歩いて通ると新たな発見がある。その一つは松の木注意。気が付いていなかった。
e0083517_00172547.jpg
 もう一つは、お年寄り横断注意。この存在は知っていたが、イラストまでは見えていなかった。いつの間にか自分が注意される側に入ってしまっているのだろうか。いつも横断するが、まだそう思いたくない。
e0083517_00173807.jpg
 タイムの方は、ヒラリークリントンが六月に出版したという"Hard Choices"という回顧録に対するJoe Kleinの論評記事。相当予習にも時間をかけたつもりだが、難解すぎた。皆様も同様だったようで、二時間かけても2ページを完了できなかった。

 法律英語の方は、Scott先生から宿題が出ていた。兵庫県と西宮市を有名にしてしまったあの野々村県会議員についてのディスカッション。メンバーの何人かは西宮市民で、怒りの声が多い。いざ意見を述べようとするとボキャブラリーと構文力の不足を痛感する。その点やはり海外生活の長かった皆さんやガイド通訳の皆さんは、スラスラで羨ましい。

 予習と本番を入れるとほぼ八時間の英語漬けでクタクタになった脳を癒すのは、暑気払いパーティ。お酒とお料理とおしゃべりであっと言う間にお開きの時間が迫る。

 お店を出るころにはドーン、ドーンと花火の音。芦屋浜での花火大会がクライマックスに近づいているのだろう。ここ数年、英語と花火がかち合い、花火には行けていない。ヨットからワインを飲みながらの花火鑑賞も格別だが、ここはやはりこちらを優先せざるを得ない。
e0083517_00184208.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-07-26 23:59 | 外国語・教養 | Comments(4)
2014年7月25日(金)晴

 このところのカンカン照り続きで、朝夕にたっぷりと水をあげないと草花たちは青息吐息。特に素焼きの小鉢類は渇きが激しい。なかでもアサガオはバランスを考えて7号鉢にしたのはいいが、水の吸い上げも相当なようで、すぐにからからになっている。

 大輪を目指して摘芯を繰り返してきた浅鉢となるといっそう渇きが早いのだが、今朝この鉢にようやく第一号開花を発見。形は少しいびつだが、江戸紫の名に恥じないいい色合いに仕上がっている。
e0083517_03141631.jpg
 歩くのも億劫なのでバイク通勤を選択するが、歩くも地獄、乗るも地獄の猛暑日。朝はまだましであったが、夕方はアスファルト道路が一層熱くなっていて、まさに灼熱地獄。

 こんな日の夕食は、よく冷やした素麺か冷製パスタが最高なのだが、麺類自粛中の家内に別メニューを頼むのも忍ばず、自作となる。残っていたカッペリーニとオイルサーディン缶をメインにサラダほうれん草のみ買い足して、フルーツトマトは収穫していた自作トマトを4個使う。皮は固い目だが、甘さは絶品。カラスの餌食にはさせたくない。
e0083517_03143019.jpg
 味付けは、刻みニンニクとクレージーソルトと仕上げの醤油のみで、なかなかのいいお味。唯一の反省点は、ニンニクを生のまま使ったので、少しトゲがある。時間はかかるが、オリーブオイルで炒めて、アリシンを香り立てたのを充分冷まして使うと、もっと風味があったと思う。まだ、パスタ、サーディン、フルーツトマトが半分残っているので、サラダほうれん草を見つけたら再チャレンジしたい。

by yellowtail5a01 | 2014-07-25 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2014年7月24日(木)晴

 いよいよ本格的な夏到来。明日が天神祭の本番だが、祇園祭から天神祭の頃の暑さは如何ともしがたい。

 業務日程の調整がつかず、半ばあきらめていた今日のイベントだが、幸い八王子出張が今月はキャンセルとなり、なんとか玉突き式調整で今日の古典芸能&誕生会に顔を連ねることができるようになった。

 去年に続き二度目の松竹座公演。11時開演の昼の部だが、相変わらずここは賑わっている。
e0083517_23452070.jpg


 マネージャの尽力で花道沿いの一階席を格安手配いただき、ありがたい。オペラグラスなしでも仁左衛門や橋之助、菊之助などの表情までよく見える。

e0083517_23453435.jpg

 幕間のお弁当を挟み、11時から3時過ぎまで、三題の演目を楽しむ。同じ古典芸能といっても能や文楽に比べると格段にわかりやすくて楽しめる。若い頃から接する機会はたくさんあったのに触れずに来たのはもったいなかった。

 誕生会の予約時刻まで、少し間があったので百貨店の涼しいところで時間を潰して天満の鰻屋さんに向かう。バースデイケーキならぬバースデイう巻にローソク付きで出てきたのには驚いた。
e0083517_23473613.jpg
 堂島川北岸も整備されてボードウォークができ、そこに洒落たカフェが立ち並んでいる。皆さんは飲み直しのようであったが、日本酒を久しぶりに飲みすぎた自分は酔い覚ましタイムとなる。
e0083517_23481291.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-07-24 23:58 | 文化 | Comments(0)
2014年7月23日(水)晴

 ほぼ一週間ぶりになったが、ラジオ体操散歩に出向く。夏休みになったせいか、老人に混じって子供たちの参加も増えているようだ。当然その親も参加して、ずいぶん年代層が拡がったイメージである。

 クマゼミ合唱はますます佳境となり、盛夏を嫌でも感じさせらる。七、八日しか生きられないセミを思うと不憫な気もする。
e0083517_01203504.jpg
 7年も地下生活を送ってきたことを考えるとますます愛着を感じる。

e0083517_01204604.jpg
 仕事の方は、まずまず順調に終わり、乾いた喉をビールで潤す。東梅田界隈の懐かしのキリンビアカフェのYamatoを訪ねると、さすがにこの時間帯は客はまばら。カニサラとゴボウサラダのペアをあてに、ハーフアンドハーフが喉にしみる。
e0083517_01205943.jpg


by yellowtail5a01 | 2014-07-23 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2014年7月21日(月)晴

 腰の重かった気象庁もようやく近畿地方の梅雨明け宣言。まあ、別にどうでもいいのだけれど、素人目にも先週の木曜辺りで梅雨は明けているのは明白だ。

 小学校の友人で、50年振り学年同窓会仕掛け人の一人であったN君が、咽頭癌治療で入院中とのこと。一段落したとのことで、もう一人の仕掛け人のS君と連れもってお見舞いに行く。

 思ったより元気そうに見えたが、やはり痛々しい。喉への放射線投射で、声が出にくく、喋ると痰が湧いてくるようだ。しばらく療養すると患部も回復して退院できるということなので、それに期待したい。同窓生もこの年代になっているので、お互い他人ごとではないなと思い知らされた気分である。

 帰りに梅田に出て軽く一杯。ミュンヘン北大使館でのどを潤す。
e0083517_01212591.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-07-21 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)