ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2015年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

2015年2月28日(土)晴

 春場所を前にしての年中行事となったが、ニュージーランド協会の定番行事となった朝稽古見学。今年は近鉄南大阪線の古市駅から少し離れた八角部屋での見学会。阿倍野橋八時集合ということで、家を七時前に出る。遅れる人もなく、ニュージーランド人も含め総勢20名で八角部屋を訪れる。
e0083517_23081585.jpg
 朝稽古見学はこれで三度目であるが、一番充実している部屋のようである。見学席もたっぷりと広い。神棚の横には横綱北の富士関、横綱北勝海関の写真が掲げられている。
e0083517_23084880.jpg
 いつもそうだが、立会で聞こえてくるぶつかりの生の音。これぞ朝稽古見学の醍醐味。幕下大岩戸(左)と三段目の北勝旺(右)のぶつかり。北勝旺は、会津若松の出身。将来の注目力士という予感が何となくあり、これを機会に応援したい力士の一人。
e0083517_23102783.jpg
 この部屋の筆頭力士は隠岐海関だが、出稽古で今日はいないとのこと。その他には幕内力士はいないようだ。BSなら早い時刻から相撲中継をしているので、幕下力士も観ることができるかもしれない。
e0083517_23125923.jpg
 大勢いた力士の中で、やはり気になる人もいるものだ。手前右の若い力士は甲斐。山梨の出身かと思ったが広島の出身。これで実力が伴って幕内に出てくるようなことがあれば、女性ファンが付くのは間違いのない甘いマスク。
 左は先輩格の朱雀、会津若松の出身。古武士然としていてちょんまげがよく似合う。見た目も取り口も寺尾のような雰囲気があり一番気に入った。

e0083517_23122830.jpg

 八角親方は元横綱北勝海。昔の雰囲気は残っているが、ジャージ姿で「早くしろ、この野郎」と檄を飛ばしながら、自分は柔軟体操。九重部屋から独立したとのこと。
e0083517_23121077.jpg

 最後は残った全員で柔軟体操。
e0083517_23131278.jpg
 11時には隣接の立派な食事処で早い目の昼食。ニュージーランド協会行事となるが、11時半に中座して芦屋に向かう。間に合わないかと思っていたが12時43分にはJR芦屋駅に到着でき余裕で間に合う。

 タイムの方はモジ首相率いるインドとアメリカの蜜月方向記事とギリシャやウクライナ問題に直面しつつも足並みの揃わないEU主要国の苦悩。それが世界経済後退のGround Zeroになるのでは、という短い記事二題。しかし、準備不足がたたり、満足なパーフォーマンスにはならない。

 法律英語は、映画鑑賞月であった。このところ、アマゾンで安いDVDを見つけていち早く購入するようにしているが、今回はアメリカの業者に発注してしまい、後から納期が間に合わないことを発見。あわてて市内の全つたやに行ったが、どこも貸出し中。仕方なく、つたやの郵送レンタルを申し込むが、届くはずのDVDが金曜までに届かなかったので、断念。映画を観ないままの参加となる。皆さんのディスカッションに全く参加もできず残念であった。


by yellowtail5a01 | 2015-02-28 23:59 | 外国語・教養 | Comments(11)
2015年2月27日(金)曇

 二か月強ぶりに御堂筋にあるクライアント企業に出向く。前回来た12月にはまだ銀杏並木は黄葉を擁していたが、さすがにすっかり冬枯れの様相。
e0083517_05315949.jpg
 旅行者の集団が通りかかるが、どう見ても中国からのグループ。春節はまだ終わっていないのか。
e0083517_05320775.jpg
 帰りのJR神戸線でもスーツケースを押しながらの中国人カップルが乗っていた。時代はこの二十年で大きく変わったという気がつくづくする。

by yellowtail5a01 | 2015-02-27 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2015年2月26日(木)雨のち曇

 出勤日ではあるが、終業後はスペシャルイベント。ヨットオーナーを中心に和学ならぬ洋学探訪は、イタリア文化会館主催の「われ、レオナルド」という公演。バレエのようなダンスのあとに、日本語とイタリア語での対話劇。
e0083517_02172577.jpg
 心斎橋大丸北館14階に劇場があった。270名くらいの小劇場だが、雰囲気はある。落語とは少し違う人種が集まっているようだ。イタリア語の堪能な人も相当いるようで、イタリア人との会話にはイタリア語が聞こえてくる。
e0083517_02180067.jpg
 で、見終わった後の感想を13回のレストラン街で遅い目の夕食をいただきながら意見交換するが、ストーリーをしっかり把握して楽しんだ人はいなかったようだ。

 絵画が最も優れた芸術だ、という主張があったように思われるが、モナリザの微笑に隠された秘密は結局明かされることはなかった。いや、読み取れなかっただけかもしれない。最後の晩餐については、レオナルドから詳細な説明があったが、テロップを追うのに必死で記憶には残りそうもない。

 まあ、不思議な異次元体験を只でできたという共通体験の思い出だけは残るであろう。


 

by yellowtail5a01 | 2015-02-26 23:59 | 文化 | Comments(0)
2015年3月25日(水)晴

 いいお天気といいたいところだが、相変わらずの黄砂模様。スギ花粉、PM2.5も混ざっていたら最悪である。

 次々回のTIMEを読む会の当番に当たっているので、今週末の土曜日には教材をコピーして皆さんに配布しないといけない。気安くお願いできるKさんに無理を言って、TIME誌を貸してもらうべく、夙川駅で待ち合わせ。

 それは2月23日号。最新の3月2日号が出ているはずだが、サブスクリプションを二月で止めたとのことで、もう届いていないとのこと。最新号を求めて西宮北口駅に行くが、構内のブックファーストでも扱っていないので、三宮へ。

 ようやく発見するが、何のことはない、同じイッシューであった。今回は合併号とのことで、3月2日イッシューはない。骨折り損のくたびれもうけとはこのことか。英語では、Great pains but all in vain.というらしい。一応韻を踏んでいる。

 合併号の中に面白い記事を発見。アメリカのことではあるが、これから長寿社会を迎えるというもの。TIMEを読む会のメンバーには受けそうなテーマなので、即決する。ああ、でもこの子はなんと可愛いのだろう。アッキー君、負けるな!
e0083517_20294894.jpg

 一息ついて三宮の三角公園(?)で缶ビールを飲みながら一息つく。
e0083517_20300359.jpg

 帰りは阪急の普通電車でのんびり帰る。住吉川を過ぎるときに浜手を望むと昨日と同様に黄砂で視界が悪い。
e0083517_20301354.jpg



by yellowtail5a01 | 2015-02-25 20:34 | 外国語・教養 | Comments(0)
2015年2月24日(火) 晴

 二週間前に家内の通院アッシーで行ったときに、大阪市内で駐禁を貼られ、大阪の公安委員会から弁明通知書というのが届いていた。要は罰金一万円を払えという内容。思い出すとムカつきがぶり返す。

 ネットでの振り込みやコンビニ決済も郵便局からの振り込みもできず、三時までに銀行窓口に出向く。中年の行員女性が「お気の毒でしたね」といつもより優しく接してもらっている気分で、少し心が晴れる。

 歳を取ってあまりいいことはないが、ほとんどの女性が年下となり、ちょっと優しくされると、なんとも可愛く思えてくることはメリットかも知れない。

 建石筋阪急高架下から甲山を仰ぐと明らかに黄砂の影響が認められる。
e0083517_16302051.jpg
 花屋さんの店先も随分春らしくなってきた。
e0083517_16303584.jpg
 近所の美容院の植え込みには見慣れない花が。
e0083517_16304513.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-02-24 16:31 | 自然・季節 | Comments(0)
2015年2月23日(月) 曇

 一週間ぶりの出勤日となる。メールボックスには結構沢山のメールが届いており、順次対応する。ややきつい目のタスクがある日の方が、緩やかな日より充実しているのは間違いない。少し残業時間に食い込んだが、今日片づけるべき課題を片付けることができ、気分よく帰宅する。

 電車の中で、昨日大阪湾を漂いながら交わした議論を思い出す。H氏が切り出した大和言葉の難しさに始まり、我々は誤った敬語を使っているのではないかという問題提起。目上の人に報告するときに、「ご報告します」というのは自分の行為について「ご」を付けるのは、間違った丁寧語、敬語ではないか。

 昨日、帰宅後ネットで調べた結果、新たな発見をした。「ご報告します」はOKだが、「ご質問します」はNGとのこと。いずれも行為主体は、部下である自分。自分の行為に「ご」を付けるのに違和感を覚える部分は確かにある。

 あるネット解説によると、「ご報告します」の行為主体は自分だが、その目的は相手のために行う行為なので、「ご」をつけてもいいが、「ご質問します」はダメとのこと。後者の場合は相手のためにする行為ではなく、自分のためにする行為だからと。実に微妙なところである。

 そのネット解説者のお勧めは、違和感なく「ご」を使うのなら、丁寧語、敬語ではなく、謙譲語として「ご報告いたします」や「ご報告申し上げます」とすれば違和感はなくなるというもの。それであれば、「ご質問申し上げます」もOKということになるのだろう。この辺りは、まさに日本語の難しさであり、洗練された側面であろう。

by yellowtail5a01 | 2015-02-23 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2015年2月22日(日) 雨のち曇

 もう一か月半以上も艇を動かしておらず、エンジンも回していないので、少しだけでも動かそうということになり、キャプテン以下クルーが集まり四人で出艇予定。ところがあいにくの雨模様。まあ、駅に集まるだけ集まって合議の上、乗るか乗らないかを決めようという気持ちで集合場所の阪神西宮に向かう。

 キャプテンははなから諦めモードで、「ほんまにハーバーに行くんかいな」とのことだったが、当初の予定通りたとえ30分でもエンジンを回して一回り機走しましょうということになる。ハーバーのボードウォークもしっとり濡れているが、これはこれで好きな情景の一つ。
e0083517_22322613.jpg
 手抜き準備でフェンダーもカバー類もまくり上げただけの格好でハーバーを出ると、雨は止んできた。沖合にはレース艇が多数出ているので、それを冷やかしに行こうということになり、遠目でレース見物。
e0083517_22325754.jpg
 レースは熱を帯びているようだが、こちらはワインを空けBGMを聴きながら世間話でまったりタイムを満喫。
e0083517_22342351.jpg
 マネージャが即席で用意してくれるつまみも珍味主体で白ワインによく合う。
e0083517_22331019.jpg
 結局、一文字防波堤の外をぐるりと回ってハーバーに戻るとちょうど昼過ぎ。赤ワインとカップヌードル、紅茶とケーキで解散時間までのんびりと過ごせた。ちょっとした息抜きには最高である。
e0083517_22333027.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-02-22 22:48 | マリンワールド | Comments(0)
2015年2月21日(土) 晴

 朝からいいお天気で古新聞やダンボール紙のゴミだしやら、家内の通院アッシーやなんやらで、午前中はあっという間に過ぎる。午後も確定申告の基礎データ準備にかかるが、なかなか進まない。

 夕方になり、車検に出していたバイクを引き取りに行く。途中、今どき珍しい踏切で待たされる。貨物列車の通過。
e0083517_0253670.jpg


by yellowtail5a01 | 2015-02-21 22:59 | ひとりごと | Comments(0)
2015年2月20日(金) 晴

 気持ちのいいお天気の日であるが、今日は愛知県の安城市に向かう。初めて訪問する企業での研修会に招かれる。米原ー関ヶ原もほとんど雪もない。伊吹山にはたっぷりの雪があるようだ。
e0083517_04334912.jpg
 名古屋から中央線でとなりの金山駅に行き、名鉄に乗り換え。慣れない路線はどれに乗っていいのかわからず、人に尋ねるより仕方がない。阪急梅田駅なども遠くから来た慣れない人には難解であろうから、これから尋ねられた時には丁寧に教えてあげようと思う。

 四、五年前は名古屋周辺の仕事が多くて、いろんな町に行った記憶があるが、久しぶりの感じである。安城市は全く初めて。
e0083517_04340194.jpg
 受講者は30名くらいで1時間50分の制約は厳しい。どうしても早口にならざるを得ず、メッセージがちゃんと届いているのか不安になる。まあ、こっちは時間との戦いで必死のパッチだが、聴いている方には長い110分だったのだろう。

 まあ無事に時間に収められたのでお役目御免。帰りも名鉄、中央線、新幹線を乗り継いで帰路に向かう。先日の三朝温泉からの帰りに、スーパー白兎に帽子を網棚に忘れてきたのだが、それが見つかって京都駅の忘れ物センターで保管しているとのこと。

 京都駅で特急券を放棄して途中下車し、引き取りに行こうとするが、場所が難解。駅北の東の端のすさんだ雰囲気のロケーションであった。
e0083517_04341892.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-02-20 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2015年2月19日(木) 晴

 お天気はもった。風がときどき吹きすさぶと寒いが、全般的には太陽のもとで気持ちのいいゴルフ日和に恵まれた。が、スコアはボロボロ。難しいコースに初めて挑戦というエクスキューズはあるが、今年最悪の106はいただけない。

 昨日の練習で不調だったドライバーのティーショットはまずまずいい当たりで、フェアウェーキープ率も高かったのだが、やはり鬼門はアイアン。ソケットが少なからずあり、まともに当たっても距離足らずに悩まされる。

 バンカーは二度だけだったが、まずまず結果オーライ。パターも後半盛り返し、オリンピックもー200円で済んだ。何が悪いかというとアイアンのセカンドとアプローチ。ここを改善できれば100を超えることはないはずなのだが。

 もともと接待用の法人向けゴルフ場とあり、施設は立派で落ち着きがある。
e0083517_19172087.jpg
 芝が枯れ切っていてアプローチが難しいのは皆同じ。
e0083517_19392504.jpg
 とてつもなく大きなバンカーもあり、出すのに5回もかかっている人がいた。自分でなくて良かった。
e0083517_19383754.jpg
 そのNさんのティーショットは華麗であった。距離もよく出ている。
e0083517_19390412.jpg
 ハンディ2を渡していたM嬢には往復びんたをくらい、ハンディが1に減る。次回は少し戦いやすくなるであろう。悔しいからという訳ではないが、モノクロになってしまった。
e0083517_19385359.jpg
 なんといってもシングル様は、午前は不調だったが午後は41で、焼酎コンペでのハーフベスグロタイ。
e0083517_19391529.jpg
 こちらは大叩きだったが、珍しい芋焼酎の一升瓶をゲット。ダブルぺリアにも恵まれず、ネットでブービーメーカーの30位。それでも数少ない一升瓶の賞品に恵まれ、それなりの嬉しさが残った。
e0083517_19173295.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-02-19 19:55 | ゴルフ | Comments(0)