ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2015年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2015年3月31日(火)春霞

 昨日の後半は書ききれなかったので、少々続きを。醍醐寺を後にして宇治市街の方に南下し、ネットで見つけたもう一つの桜名所、宇治市植物公園に寄る。まずは蝶というレストランで遅い目のランチをいただく。雰囲気は六甲山高山植物園のレストラン、エーデルワイスに似ている。
e0083517_22135392.jpg
 腹ごしらえをして、まずは桜エリアに赴く。
e0083517_22144708.jpg
 夜は今日までライトアップしているというご自慢の枝垂れ桜。樹齢はそれほどでもなさそうだが、美しく咲き誇っている。ここは植物公園というだけあってほとんどの樹木にラベルが用意されていて、名前と簡単な解説がある。一番気になったのは、ジンダイジアケボノという調布市の深大寺植物園オリジナルの桜とのこと。見た目の区別は難しい。
e0083517_22152314.jpg
 それ以外にもいろいろな桜の木が植えられていて、学習になる。もう一つ気になったのは、サクラ‘アーコレード'というイギリスでの交配種。
e0083517_22163939.jpg
 近くで見るといっそう華やかなピンクが魅力的である。
e0083517_22165773.jpg
 公園内には、水が効果的に使われていて、豪快なカスケードや
e0083517_22171809.jpg
 味わいのある噴水もある。
e0083517_22180000.jpg
 早咲きチューリップも輝いており、
e0083517_22174226.jpg
 自分の大好きなハウチワカエデの木の下には自然の実生苗が育っている。土ごと持って帰りたいところだが、それはルール違反。自重する。
e0083517_22182064.jpg
 さらに温室の中は常夏モードで、見慣れない花に遭遇する。このヒヤシンスのような花は、ペトレアウォルビリスというメキシコ原産のつる性植物。藤色が上品である。
e0083517_22191177.jpg

 西日に映える赤い熱帯植物にも目を魅かれたが名前のチェックを怠ってしまった。
e0083517_22192765.jpg

 彫刻なども飾られており、足の便は悪いが、なかなかいいスポットである。混雑もなさそうなのでモデル撮影会をするなら最適と思われる。
e0083517_22194538.jpg


by yellowtail5a01 | 2015-03-31 23:59 | ガーデニング | Comments(2)


2015年3月31日(火)春霞

 いいお天気なので、少し遠出の花見として、行ったことない醍醐寺を選択。お花見スポットランキングでは関西トップである。名神高速で行くと1時間くらいで行けそうだが、案の定迷う。宇治方面の地形が頭に入っていないのと、ナビに慣れてしまった感覚がよくない。バイクにナビを付ければ解消できるのだが。

 醍醐寺周辺はやはり思った以上の大混雑。クルマは渋滞で駐車場待ち。その点、スイスイと行けて南門に二輪駐輪場があり、楽をさせてもらう。この門から醍醐寺のサクラが始まった。

e0083517_22111247.jpg
 とにかく境内が広い。天龍寺以上かもしれない。拝観料が三カ所に分かれていて、一か所なら600円と普通なのだが、二か所セットで1000円。ボッタクリの感じがしないわけではない。それでも、枝垂れ桜を中心とする桜は、人気スポットだけのことはある。
e0083517_22112853.jpg
 あいかわらず中国語がよく聞こえてくるが、女性は見た目では区別がつきにくくなってきた。この和服グループも中国人かと思ったが、日本語だったのでなぜかホッとする。
e0083517_22115832.jpg
 あちらこちらに枝垂れ桜の大木がある。
e0083517_22121647.jpg
 いろんな種類があるが、木によっては吹く風に花吹雪の模様。欧米系の若者は短パン・Tシャツが多い。日本人はまだ早春の装束がおおい。五重の塔辺りは意外と静か。
e0083517_22131271.jpg
e0083517_22125716.jpg
 二か所の拝観券を使ったので、引き揚げることにする。塀の外からも桜、桜である。
e0083517_22133950.jpg
 帰り道に宇治市植物公園に寄ることにする。ここも京都の桜名所ランキングで出てきたものだ。


by yellowtail5a01 | 2015-03-31 23:58 | バイク | Comments(3)
2015年3月30日(月)晴

 今週は変則勤務日となったので、フリーな月曜日となる。今の会社に勤め出した頃は、火・木の出勤日としていたが、月曜に変えて久しい。体も月曜日は出勤日と記憶していみたいで、勘が狂う。

 処置中の歯科医で今日は型取り。一週間後には出来てくるようである。それまでは、ザラザラした仮の整形歯に甘んじなくてはならない。

 二軒目はかかりつけの内科系医院。市から案内をもらっていた肺炎球菌予防接種。インフルエンザの予防接種は長らくやっていないが、今回は65歳には市からの補助があり、通常7000円のところが4000円。それでもいい値段だが、期限ぎりぎりでやってもらうことにする。

 帰り道は、花見散歩。桜谷町を経由するが、桜は少ない。母校の小学校に植えられた桜くらいだ。
e0083517_22103178.jpg
 西田公園では保育園の子連れかヤングママの子連れか。以前はおじさん目線だったのが、いつの間にかジイジ目線になっている自分を発見。
e0083517_22101091.jpg
 春休み中とあって、朝から小学生たちが講演で遊んでいるのも平和で健全でいい。
e0083517_22101850.jpg
 昼前に帰宅し、今日の計画である紫陽花の差し芽の植え替え作業。去年にトリミングした時に差しておいた芽のいくつかが定着したようなので、これを鉢に上げる。ピンク系のダンスパーティはまだまだ小苗だが、6鉢もできたので育つのが楽しみである。花が咲けば貰い手もつくであろう。カシワバアジサイは歩留まりが悪く、3鉢がせいぜいであった。

 予定作業を終え、家内が行きたいと言っていたディズニー映画、「イントゥ ザ ウッズ」を観に行く。
e0083517_22104643.jpg
 いろいろなおとぎ話をミュージカル仕立てでごちゃ混ぜにした大人向けのおとぎ話である。いろんなテーマが盛り込まれているようだが、言いたいことがわからない。森という非日常の世界が何を象徴しているのか、気になるところではある。


by yellowtail5a01 | 2015-03-30 23:59 | 健康 | Comments(0)
2015年3月29日(日)曇のち雨のち曇

 格別の予定のない日曜日だったが、ラジオ体操には行く。今週さぼったのは木曜日のみか。まずまずの滑り出しである。この季節は、一日毎に桜の開花状況が変わるので、値千金。体操会場は四分咲か。
e0083517_00431559.jpg
 房によっては八分咲きといってもいい。
e0083517_00433141.jpg
 苦楽園橋から甲山を仰ぐ定点観測ポイント。ここはまだ一分咲。
e0083517_00434590.jpg
 ニテコ池北をかすめて震災記念公園に向かうと枝垂桜が満開。このベンチでコーヒーを飲みながらスポーツ新聞を読むのが楽しみな季節になってきた。明日も日刊スポーツが楽しみである。三連勝のタイガーズと三年ぶり優勝の笠りつ子だ。
e0083517_00435916.jpg
 帰りのコ池には鴨がチラホラ。平和な朝を感じる。
e0083517_00450829.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-03-29 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2015年3月28日(土)晴 

 今日は英語漬けディとなるが、言っても気が楽である。タイムの記事は短いしさほど難解でもなく電気に関する話題で比較的得意ジャンル。あとの法律英語はおどろおどろしい淡路島で起こった殺人事件がテーマだが、いろんな角度から考察していくとそれなりに勉強になるものである。

 芦屋も来週の週末は桜祭り。昨日、今日の温かさで蕾が膨らんでチラホラ咲き出しているので、来週末は満開であろう。4月5日に恒例の法律英語会のお花見会があるが、初体験のボランティア活動の説明会とかち合っている。

 桜の花芽も膨らんでいるが、駅から市民センターに向かう途中のユリノキ並木も新芽の季節。これは二週間後には確実に葉として生い茂っていることであろう。ベイビーは人間でも動物でも植物でも絶対的に可愛いものである。
e0083517_10372316.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-03-28 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2015年3月27日(金)晴

 仕事の関係では、いよいよ2014年度も大詰めを迎える。講師業務も今年度の最終回を迎えて、都内に出張。日帰りではあるが、仕事の正味時間は夕方の2時間程度なので、都内のお花見と旧交を温める機会を画策。

 お花見のターゲットは、昨秋から行きそびれている六義園。八百屋お七で馴染み深いこの界隈だが、駒込駅で降りるのは初めて。駅から徒歩二分で染井門。桜も紅葉も綺麗らしい。桜には少し早すぎたかと思われるが、名物の枝垂れ桜は九分咲でちょうど見ごろであった。
e0083517_10295816.jpg
 昭和30年代に植樹されたもので樹齢はそれほどでもないが、高さ15メートル、幅20メートルに育っている。
e0083517_10305797.jpg
 結構な人出で、女性が目立つ。中でも目立っていた写真愛好家女性を発見。
e0083517_10311852.jpg
 自撮りをしているので、一人かと思ったがお連れがいた。
e0083517_10303219.jpg
 山手線の内側の都心にこんなに広くて、静寂で、緑と水の豊かな庭園があるのかと思うと、徳川250余年の偉大さをつくづく感じる。
e0083517_10314187.jpg

 話は前後するが、お昼は品川でランチ。中高同窓の仲間も65歳になって暇が出来そうと聞いていたので、何人かに声を掛けるが、三月末まではフルタイム勤務という人が多い。唯一、職場が品川のT君が昼の時間を取れるとのことだったので、品川駅前の「ツバメ」という洋食レストランに連れて行ってもらって旧交を温める。

 このレストラン、昔の特急ツバメの食堂車に由来するらしく、ずいぶんお洒落な雰囲気である。12時前に入ったので並ばずに済んだが、出るときには列ができていた。値段もリーズナブルで味も抜群。いいお店を教えてもらった。前菜に出てきたトマトのファルシーサラダは、見た目も食感も抜群。
e0083517_11072214.jpg
 メインとしてオーダーしたサーモンのソテーも醤油味に仕上がっていて旨い。もっとも看板メニューはハンバーグらしい。
e0083517_10321368.jpg
 仕事の方は予定通りスムーズに終わり、青山から東京駅に向かう。夜は八重洲さくら通りで小学校のプチ同窓会。主役のN君が急遽弔事で欠席となったが、U君とH君が駈け参じてくれて、9時ののぞみ号ギリギリまで食べ、飲み、語る。

 二人とも同じクラスになったこともなく、四年前の第一回学年同窓会までは、子供の頃の顔をおぼろげに覚えている程度だったが、再会して以来何度も杯を汲み交わす間にすっかり竹馬の友の心情となった。さくら通りは四分咲きか。
e0083517_10325091.jpg
 またまた時間が前後するが、今日は朝の夙川から道中、東京と一日快晴に恵まれた。伊吹山の雪はどんどん解け始めている。
e0083517_10285101.jpg
 富士川を渡るころには車内アナウンス。「左手に富士山がみえます」とのアナウンスがあるときは、よほどの自信車窓の時に限られるようである。
e0083517_10290429.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-03-27 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2015年3月26日(木)晴

 このところいいお天気が続いている。ラジオ体操は四日目にしてパス。目は覚めたのだが寝起きが悪い感じで二度寝をしてしまった。夜にワインセミナーが控えているので、少し身なりを整えて出勤。
e0083517_00240543.jpg
 お昼休みに立花桜の様子を見に行くが、まだ蕾の域をでない。次回出勤日の4月1日には五分咲きを越えているころだろうか。
e0083517_00233328.jpg
 夕日が照らすJR線路沿いを歩いているとかなり伸びた土筆が絵になっている。柵を乗り越えて低いアングルで撮りたいところだが、自重して柵の上から撮ることになる。
e0083517_00235277.jpg
 心斎橋のコロッセオというイタリアンがワインセミナー会場。初めて行くお店。それほど大きくはないが、落ち着いた雰囲気である。ヨット関係の総勢九名で参加するが、セミナーよりもお喋りに花が咲く。でも、ワインとお料理のコラボはしっかりと楽しませてもらう。

 最初は、フリウリグラーヴェソービニョンというサッパリした白に合うリコッタチーズ入りのタルト。この時期、イタリアではパスクアという復活祭で振る舞われるタルトらしい。
e0083517_00244246.jpg
 お次はランブルスコ レッジャーノ イルカンパノーネ セッコという珍しく辛口の赤のスプマンテ。今まで味わったことのない印象的なお味。甘くないのがいい。合わせる料理はサルシッチというソーセージを入れたリゾット。ラディッキオという添えられた野菜も初めてのお洒落野菜。
e0083517_00251549.jpg
 三番目は、ラツィオ ロザート アルビオラというロゼワイン。少し淡白過ぎて好みではないが、色は美しい。合わせたお料理はハリイカとチコリアのソースのキタッラパスタ。なんのこっちゃらサッパリわからない食材の名前が続く。でも、美味しいパスタであった。
e0083517_00252935.jpg
 トリはバルバレスコ ソリバサリンというピエモンテ州の代表的ワイン。これはやはり美味しい。仔牛とアスパラガス、スカモルツァのソテーというお料理との相性抜群。
e0083517_00254393.jpg
 本当に美味しいマリアージュを楽しむことができた。九月にはピエモンテ州ワインをフィーチャーしたセミナーがあるそうなので、ぜひ来たい。


by yellowtail5a01 | 2015-03-26 23:59 | 料理・グルメ | Comments(0)
2015年3月25日(水)晴

 このところいいお天気が続き、寒いが空も晴れ渡っている。三日目となるが気持ちよくラジオ体操散歩に向かう。ちょうど6時半頃に太陽が横から射して、体操する人の影を対岸に映す。これから汗ばむことになるのであろう。l
e0083517_20422539.jpg
 夙川公園のサクラはあと一週間というところであろうか。蕾は日に日に膨らんでいる。
e0083517_20423886.jpg
 今日は東コースをとる。ニテコ池はキンクロハジロ天国。
e0083517_20432495.jpg
 初めて会ったのは昆陽池だが、以来愛着の湧く渡り鳥である。
e0083517_20440150.jpg
 カイツブリのように水中に潜って捕食しているのであろう。潜る直前の躍動感をレンズに収めることができた。
e0083517_20425399.jpg
 池の周りのサクラは、早咲きのものがもう満開モード。大社中の女子生徒が笑い転げながら通学している。
e0083517_20441829.jpg
 すっかり見慣れた億ションが水面に映る景観は悪くない。
e0083517_20443490.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-03-25 21:19 | 自然・季節 | Comments(0)
2015年3月24日(火)晴

 いいお天気が続き、ラジオ体操二日目も順調に出向く。今日の帰りは苦楽園西コースとして、ローソンでコーヒーを買ってのんびり散歩して帰る。帰着は7時半少し前。マッサンを観てから百名山も観る。

 玄関から家内の大声。「熱帯魚の水槽から水が漏れているけど放っておいていいの?」 「ちょっと水を入れ過ぎたから周りに飛び散ってるんでしょ、後で拭いておくから、静かにして」とちょっと喧嘩モード。百名山が一息ついたので、見に行くと水槽が壊れていた。水はほとんどなくなっていて、僅かな水たまりに魚がピチピチ跳ねている。

 すわ一大事、息子を起こして救出作戦に当たる。幸い発見が早かったので、ある程度救出できたが、犠牲者も出た模様。

 近所のホームセンターが開くの待って、取り急ぎ小型水槽を購入して救出した魚を入れる。救出できた連中は皆元気のようであった。
e0083517_20413555.jpg
 数えてみると、希少種のナノストムスエスペイは5匹全員救出成功。グリーンネオンは6匹中4匹を救出。グローライトテトラは5匹中4匹を救出。オトシンは見つからなかった。あとエビ類と貝類は総数は把握していなかったが、それぞれ4匹、3匹を回収。

 息子が休みの日だったことと時間がちょうど起きているときだったので、不幸中の幸いでマジョリティを救出できた。深夜や出勤日の昼間だったら壊滅的だったに違いない。阪神淡路大震災の朝を思い出してしまう。あの時は水槽ごと落下して手の施しようがなかった。それに比べれば、今回はなんとラッキーなことか。

 オリンピックフィッシュといわれるナノストムスエスペイが全員元気でいてくれたが、何と言っても嬉しい。下のスマートな魚である。上はグローライトテトラ。
e0083517_20414911.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-03-24 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2015年3月23日(月)晴

 10月半ばくらいからさぼっていたラジオ体操を再開することにする。健康のためでもあり、お花見のためでもある。
e0083517_20190024.jpg
 チラホラではあるが、ニテコ池周辺は開花が始まっている。
e0083517_20182771.jpg
 ラジオ体操をして、散歩をすると気持ちがいい。健康のためにもなるべく継続したいものである。



by yellowtail5a01 | 2015-03-23 23:59 | 健康 | Comments(0)