ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2015年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2015年11月30日(月) 晴

 出勤ルートは阪急・山陽を乗り継ぐが三度目は少し遅い目に出る。9時始業になったので助かる。8時50分に着けば十分である。三度目だからまだ新鮮味があるが、10回を超えるとこの風景も飽きるかもしれない。大橋は太鼓橋となっていて登りがきつい。
e0083517_00303827.jpg
 西の船泊を仰ぐと順光で煌めいている。
e0083517_00305190.jpg
 東を仰ぐと逆光で海が輝く。
e0083517_00311218.jpg
 昼休みも海と戯れる。テトラポッドを下って水際に行くと磯の生き物に巡り合える。残念ながら名前は不詳。そのうちにわかることだろう。
e0083517_00312037.jpg
 
 南方向を仰ぐと今日も釣り人がいた。
e0083517_00313467.jpg
 昼間は結構急ぎの用事が舞い込んだりでバタバタするが、帰りは少し寄り道をして玉子焼き店に寄る。明石と言えばこれである。俗にいうタコ焼き。
e0083517_00314974.jpg
 おつゆにつけていただくこの明石焼きは大阪では味わえない。帰りは明石で途中下車してJR新快速で帰るのがどうやら正解のようだ。玉子焼きの美味しい店も開拓しないといけない。
e0083517_00315861.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-11-30 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2015年11月29日(日) 晴

 九月ころに高校同窓有志と会った時に落語の話が出て成立したアミティホールでの落語会。桂米團治をトリとする米朝一門会である。
e0083517_02051892.jpg
 朝日放送が主催のようだが、米朝師匠が健在な頃から朝日との関係は深かったような雰囲気が感じ取られる。前座は若手の桂慶治朗の「子褒め」、桂そうばの「親子酒」、桂南天の「一文笛」。いずれも何度も聞いているネタである。

 中入りを挟んで桂紅雀の「宿替」。これは枝雀の弟子らしい演出だが、枝雀にはまだまだ及ばない。大トリの桂米團治は「蔵丁稚」。これは初めて聞くネタだった。米團治の歌舞伎修行には目を見張るものがあった。
e0083517_23450482.jpg
 落語会がはねてからは、近所の鳥半へ。まずまずリーゾナブルな値段でなかなか美味しいものを出してくれる。アボカドユッケも逸品の一つ。
e0083517_02053007.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-11-30 02:24 | 友人・交遊 | Comments(0)
2015年11月28日(土) 晴

 今日はタイムと法律英語の日だったが、わけありで梅田に出向く。高校友人の昔の憧れの人が見つかり、その再会の仕掛人としての役割に徹する。憧れの彼女は現在岡山在住だが、おでん、だし巻き、焼き鳥が好物というので、友人が探し出してくれたお店がグランフロントの久というお店。

 その後は、カラオケボックスがいいということで、DDハウスのビッグエコーに流れ込む。仕掛人として盛り上げないといけないので、慣れないチャレンジ曲も含めて頑張る。
e0083517_01482294.jpg
 昔は苦手だったカラオケも小学校同窓会を始めてから一皮むけた感じがあり、人生の楽しみが増えた感じがする。誘ってくれる友人、デュエットに付き合ってくれる友人に感謝である。

by yellowtail5a01 | 2015-11-28 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2015年11月27日(金) 晴

 昨日と打って変わっての快晴。新宿6丁目のしがないホテルに泊まったが、目覚めると窓から見えるのはまたまたドコモビル。こんな中国的パクリ建造物は好まないが、これだけ目に入ってくると少しは親近感が出てくる。
e0083517_02402449.jpg
 今日の仕事は午後に中野界隈であるので、午前中はフリー。友人から勧められていた永青文庫の春画展鑑賞が午前中の目的。ホテルの従業員に聞くと、ここから早稲田方面に行くにはバスしかないとのこと。乗り場は日清食品前。きれいなビルである。
e0083517_02403313.jpg
 20分ほどバスで行くと終点早稲田で降ろされる。歌で馴染みの深い神田川を渡って永青文庫に向かう。
e0083517_02404962.jpg
 地図で見ると平坦と思っていたが、この辺りは高台。胸突坂という急坂を登る。前を行く女性も春画展にいくのだろう。
e0083517_02410258.jpg
 細川護熙元総理が擁する永青文庫。大英博物館初め海外の美術館から今回集めた春画展である。
e0083517_02413598.jpg
 歌麿、北斎はじめ著名な画家の春画満載。
e0083517_02411688.jpg
 精緻な肉筆画を次から次へと見て回ると頭がクラクラしてきそうだが、来場者の皆さまはフェルメールの展覧会を観るのと同様に列を守り、静かに鑑賞されている。女性客が約四割というのが想定外であった。

 春画を堪能した後は、この界隈のもう一つの目的地。それは朝ドラ関連名所になりそうなポン女キャンパス。別にどうっていうことはないのだが、通ってくる女子学生を観察しているとさすがに皆さん賢そうで真面目そうな感じであった。
e0083517_02414672.jpg
 初めての土地をスマホの地図だよりで歩いて地下鉄を乗り継いで午後の仕事場に向かう。中野富士見駅に着くと、またまた神田川に遭遇。大分上流になるせいか川幅は狭くなっている。
e0083517_02415630.jpg
 よく見てみると水質はきれいだ。透き通っているし、梅花藻のような水草が清流にたなびいているのがわかる。
e0083517_02420493.jpg
 午後の仕事も無事に終わり、急いで八重洲に向かう。小学校同窓会関東メンバーの五人が集まってくれている。少し遅れたので乾杯を待たせてしまったが、いつもの水喜で鍋を囲む。
e0083517_02421132.jpg
 帰りの新幹線を乗り損ねるわけにはいかない。それでも市西出身の同期の姉妹がやっているという銀座のスナックに行こうということになり、食事もそこそこにタクシーで銀座に移動。噂の姉妹を紹介してもらい、慌てて二曲歌って失礼する。東京駅は諦め、品川に向かうと1分前にホームに着き、滑り込みセーフ。寝て帰る。

by yellowtail5a01 | 2015-11-27 23:59 | 旅行・出張 | Comments(0)
2015年11月26日(木) 雨のち曇

 名古屋の丸の内という初めての地で一泊する。アパリゾートホテルは大浴場があり、快適であった。ホテルを出るまでは順調だったのだが、地下鉄を乗り継いで金山から常滑線に乗ろうとしているときにトラブル発生。名鉄が人身事故のためダイヤが乱れているとのこと。危なかったがなんとか9時のスタートに間に合う。

 仕事は予定通り午前中に片付いたので、次の目的地の東京に向かう。仕事は明日の午後なので、今日の午後から約一日フリータイムがあるのはありがたい。新横浜から菊名に行き、東急東横線で渋谷へ。重たい鞄をコインロッカーに預けて、初めての明治神宮参拝とする。原宿駅から神宮入り口に向かうと四時前で閉門ギリギリだった。
e0083517_02372368.jpg
 訪問観光客は白人が目立つ。アジア系もいるが、ここでは白人系が優勢。おそらく日本情緒を求めてやってくるのであろう。
e0083517_02374438.jpg
 もう終わりがけだが菊花展もやっている。ゴージャスな白菊を発見。
e0083517_02375700.jpg
 外人に混じって七五三参拝の家族連れも見受けられる。
e0083517_02382001.jpg
 厳粛な明治神宮とモダンで趣味の悪いドコモビルの対比が何とも言えない。
e0083517_02383849.jpg
 趣味の悪さはともかくとして、この界隈ではまぎれもなくランドマークとなっているのは否めない。
e0083517_02390778.jpg
 代々木駅前からもその存在感に圧倒される。エリオット・ネスが出てきそうな雰囲気を醸し出している。
e0083517_02392414.jpg
 夕食は東横沿線在住の友人が付き合ってくれることとなり、渋谷にそびえる東急系のセルリアンタワーホテル。
e0083517_02394076.jpg
 待ち合わせのロビーもクリスマスモードは当然か。
e0083517_02395374.jpg
 最上階のバーからは渋谷スクランブル交差点も眼下に見下ろせる。
e0083517_02400242.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-11-26 23:59 | 旅行・出張 | Comments(0)
2015年11月25日(水) 薄曇り

 夕方から金曜夜までの名古屋、東京巡業に向けて忙しい。まずはJR切符の手配。今回は変則になるのでジパングクラブを使って最安値を狙う。協力的な窓口担当者に恵まれかなり割安に上がったので、東京での宿泊代は十分カバーできる。

 再検診結果を聞きに行くために徒歩で医院に向かう。途中安井小学校の校庭に紅葉を見つける。今年は珍しく一度も紅葉フォトに出向いていない。もうどこも終わっているかもしれない。
e0083517_03110247.jpg

 再検診結果は、大した問題はなかったようだ。依然γGPT値は100を超えているので要注意だが、アルコール以外の要因は考えられないようなので、休肝日の設定を奨められる。次回検査は忘年会、新年会が過ぎた1月中旬以降となる。

 昼前からOBOG世話役会の打合せのため、梅田に出向く。これまで引っ張って来てくれた一回り以上上の先輩たちから徐々に若手の我々がバトンを引き継いでいく方向が確認された。課題はいろいろありそうだ。

 皆さんと別れてから梅田での用事を済ます。一つは回収しそこなっていた配当金の受取り。これは信託銀行でないとできない。僅かだが3000円と少し臨時収入があったので、今日から売り出しの年末ジャンボ宝くじに充てることにする。
e0083517_03111415.jpg

 夢は夢として年末までの楽しみとしておこう。阪急百貨店横は例年通りのクリスマスモード。
e0083517_03112502.jpg

 ショーウィンドーにはメルヘンな飾り付けがされるのも例年通り。
e0083517_03113916.jpg

 影絵も斬新で楽しい。

e0083517_03114907.jpg

 そうこうして夙川に戻ってくるとここにもクリスマスツリー。この季節を実感させられる。
e0083517_03115872.jpg

 夕食を済ませ予定通り名古屋に向けて出発となる。

by yellowtail5a01 | 2015-11-25 03:10 | ひとりごと | Comments(0)
2015年11月24日(火) 曇

 皆さんはこの三連休をかなり潰して休日出勤で引っ越しの片づけをしたようだ。ずいぶん職場らしく落ち着いてきている。電話が新しい機種に入れ替わっているので、その使用説明が朝礼代わりである。しばらくは戸惑うことが続きそうだ。

 昼休みに海岸に出られるのが楽しみである。
e0083517_00165661.jpg
 それにしても帰り道は、どっぷり日も暮れ寒くなってきた。コートを引っ張り出すのも間もなくというところか。


by yellowtail5a01 | 2015-11-24 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2015年11月23日(月) 曇りのち雨

 出雲に転勤していった息子が、ほぼ一か月ぶりに戻ってくる。梅田で友人の結婚式に出席するという。これは以前から決まっていた予定だが、似たようなことがかち合う。藤沢の姉の高校の友人が急逝したとのことで、神戸の有名な教会で告別式に参列とのこと。三連休の中日とありホテルも取るのも難しいので、泊めてくれないかとのこと。

 いつもなら二つ返事でOKだが、ちょうど外壁塗装工事の最中で、泊まってもらうべき和室には、出窓の大型プランターが所狭しと退避中。屋根裏の自分の書斎になんとか収容できそうなので、泊まってもらう。

 二人きりの静かな毎日にようやく慣れた頃だったが、昨夜から四人で酒盛りをしたりで、急ににぎやか。老人二人暮らしになりつつ我々にとって、これも家族の楽しみである。朝食をともにして、それぞれ結婚式、葬式に出かけて行ったので、アンテナ工事を完成させる。
e0083517_23350625.jpg

 足場がなければ勾配の急な今の屋根はとても登れないが、足場のあるうちにトランシーバー用のディスコーンアンテナを設置する。屋内へのケーブル取り込みも昔のテレビアンテナ同軸の穴を使って無事OK。
e0083517_23351678.jpg

 どれだけ使うのかはわからないが、このチャンスを逃しては一生このアンテナは立てられないので、念願成就で嬉しい。
e0083517_23352393.jpg


 工事完了はいいのだが、同軸ケーブルをトランシーバーのアンテナ端子に接続する部品がないとどうしようもない。コーナンプロに出向いてベテラン社員を捕まえて相談するが、探している部品はない。「日本橋のパーツ屋でも当たれば」とのことだが、それも頼りない。尼崎大物駅近くの無線ショップに出向き、相談すると目的に適う部品があった。小さな部品なのに2300円とは恐れ入った。

 久しぶりに尼崎ドライブとなったので帰りに、テクノランドゴルフ練習場に寄る。カードは残っていたが、とうに有効期限が過ぎていて、ためていたサービスポイントは消えているが、残高は新カードに継承できるとのこと。
e0083517_23353260.jpg

 甲子園浜にアコーディアの練習場ができるまでは、毎週のように通った練習場。懐かしさがこみ上げる。ここで週一でレッスンプロに教わったこともあった。結局、役に立っていないなぁと実感。それよりも悲しいのは、近所のプラズマテレビ工場の夢の跡。主だった看板は取り外されていたが、目立たない西面の看板は残されていた。取るなら全部取った方がいいよと言いたくなる。
e0083517_23354053.jpg


by yellowtail5a01 | 2015-11-23 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2015年11月22日(日) 薄曇り

 今日は、ヨットオーナーの同期生五人の方をお招きしてのゲストセーリングにクルーとして参加。マネージャと二人だけだとマネージャがギャレーワークに専念してもらえない可能性があり、下手するとパニクるところであるが、クルーH氏も参加いただけることになり、心強い。

 コースは勝手知ったる北港ヨットハーバー往復。時間が読めるのとポンツーンに停めてゆっくり昼食できるのが良い。途中、停泊中の大型貨物船のそばを過ぎて、ゲストの皆さまにも非日常性を感じていただけたものと思われる。
e0083517_06412060.jpg
 帰りには程よい風が吹き出し、エンジンを止めて緩やかで静かなセーリングで西宮YHに向かう。いずれも大企業の偉いさんを経験してこられた77歳の皆さまだが、ラット(操縦舵輪)の順番が回ってくると真剣な表情で舵捌きに集中されている姿は、少年のような瞳で微笑ましい。オーナーは余裕で丁寧に操縦指南か。

 西宮に戻ってデザートをいただき一日を締めくくる。
e0083517_06413707.jpg
 阪神西宮に戻ると夕方。そろそろ今年もクリスマスの季節に入った。
e0083517_06411312.jpg



More
by yellowtail5a01 | 2015-11-22 23:59 | マリンワールド | Comments(4)
2015年11月21日(土) 晴

 午前中に家内通院アッシーのついでに自分の検査結果も聞こうとするが、土曜日午前の町の医院は、子供たちでいっぱい。自分のことは日を改めることにする。

 その後、コーナンプロに行ってアンテナ取り付けに必要な小物類を買い集める。コーナンでも相当な品揃えだが、プロ店にいくとなお多い品揃えの中から目的の商品を探し出さなければならない。ネットのモノタロウの方が探しやすいかもしれない。

 夕方になって大谷記念美術館に行く。高校友人から招待券を二枚いただいていたので、家内と覗きに行く。松谷武判画伯という西宮在住の国際的な画家とのこと。
e0083517_17501123.jpg
 しかし、抽象的な画風はなかなか馴染めない。ボローニャ国際童話原画展のときの混雑に比べると嘘のように静かである。しかし、来訪されている方は、一人で静かに鑑賞されている老婦人が多く、世界の違いを感じる。
e0083517_17502194.jpg
 ふつうは撮影禁止のところが多いが、係の人に尋ねるとフラッシュはだめだけどフォトはOKとのこと。プロモーションビデオで放映されていた制作過程そのものが作品となっているもの。意味は不明だが芸術の香りはする。
e0083517_17503688.jpg
 帰る段になって館長である友人が顔を出したので、お礼としばしの立ち話。彼は松谷氏が売れていない昔からの知り合いらしい。パリで花開き、今ではその作品にオークションで億円の値が付いているとのこと。そういわれるとそのように見えてくるから不思議である。要は自分の目は審美眼でなく、先入観に左右される節穴かと思い知る。
e0083517_17504519.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-11-21 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)