ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2016年5月31日(火) 晴

 今日は全くのフリーデイ。しかし、ToDoListを見るとやるべきことがたくさんある。全部は無理かもしれないが、頑張ることにする。

 まずは自動車税の支払い。バイクは4000円で済むが、クルマはもう10年も経っているのに34,500円。銀行でおろしたお金を郵便局で支払う。

 家に戻ってからは家内のアッシー。まあ約束していたから文句はない。それでも時間ロスであることには違いない。

 午後は、永らく楽しませてもらったパンジーのプランターの片づけ。予想通りツマグロヒョウモンチョウの幼虫を発見。三つあるプランターのうち、端っこが劣化して破損している一つを幼虫孵化用に定める。

 他の二つは、パンジーを根っこから引っこ抜き、土に交じっている細かい根を丹念に取り除く。殺生は避けたいが見えていない幼虫はどうにも致し方ない。

その後は、熱帯魚水槽の水の入れ替えと水草トリミング。月に一度のルーティンワークとなった。今のところ死亡魚も出ずに元気に泳いでくれている。暑くなってきたので水温冷却用のファンも大水槽、小水槽ともにセットする。これで記録的な暑さになるというこの夏を乗り越えたいものである。

 先日、小学校の同窓生が我が家を訪ねて来たときに褒めてもらった門扉周辺の寄せ植え。褒められるとやはり嬉しくて手入れにますます気合が入る。ベゴニアボールも少し育ってきて我ながら美しくなってきた。
e0083517_22352788.jpg
 去年通販で購入したカシワバアジサイ。地植えにしたらもっと成長するのだろうけど植える場所がない。せっかく挿し芽で増えてきているので、嫁ぎ先を考えていたところ、少なくとも二か所は引き受けてもらえそうである。花が咲き始めてもう一カ月近くになるが、下の方からピンクがかってきた。そろそろお終いか。
e0083517_22355171.jpg
 今日の最大の家事イベントは、玄関の照明の電球交換。吹き抜けになっていて、高所に上らなければならない。脚立を家内に抑えてもらって、物入れの上部によじ登っての作業。こういうことをしていて転落死する老人がいるのだということを実感する。

 阪神大震災で割れたのを交換して以来初めて、四つのまん丸の硝子の照明器具の掃除と電球交換。無事片付いてヤレヤレである。
e0083517_22360700.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-05-31 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2016年5月30日(月) 曇りのち晴れ

 ヨット遠征に始まり、同窓会ゴルフやその他の懐かしいイベント、初コーラス、ジャズライブ、クラシックコンサート等々、楽しいことてんこ盛りだった充実の五月も終わろうとしている。

 延べ何人くらいの人と話をすることができただろう。そのようなデータは考えたこともないが、今月は多かったと思われる。老化防止には間違いなくいいと思われるが、やはり出費も多くなる。そこが辛いところではあるが、細々と続いている仕事のおかげである。

 今日は今月最終の出勤日。検診日でもあった。尼崎から加古川の管轄に移り、やることはほぼ同じだが、派遣された医療職員の数がやたら多いなぁと感じた。

 会社に出てくると職場も現場も若い人が多いのもいい。自分を採用していただいた当時の社長、現相談役を除いては、いつの間にか役員の皆さまも全員自分より若い人ばかりになってしまった。10年の重みを感じる。

 昼休みにいつものように海岸に出ると、初めて蒸し暑さを感じた。いつも寄る桟橋に来る人の数が増えているようだ。タコが回り始めているのだろうか。
e0083517_07033809.jpg
 漁師の船も作業中で、目印を引き上げて籠をチェックしているようだ。
e0083517_07030930.jpg
 籠の中にタコツボが入っているのか。どう考えても効率の悪そうな漁法に見える。
e0083517_07032091.jpg
 一旦引き上げた籠をまた戻したり、あらたに籠を下して目印を立てているのも観察できた。
e0083517_07032880.jpg
 わかったことは、海にいっぱい浮かんでいる竿に旗付きの目印付きの発泡スチロールは、真下にロープが下りているが、横には結んでいないので、かなり接近しても大丈夫そうだということである。標識と構造についての確実な解説情報が欲しいところであるが・・・

by yellowtail5a01 | 2016-05-30 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年5月29日(日) 曇りのち雨

 予定のない日曜日。豊中は岡町にあるさくらの庄兵衛さんからコンサート案内が来ていた。ピアノとオカリナのデュオだけなら食指を動かすわけでもなかったのだが、演奏曲の一つにカッチーニのアベマリアが入っていた。

 4月のイタリア歌曲のコンサートで、千賀先生がソプラノ独唱されたのに涙が出てきた。CDでの森麻季さんのはもちろん素晴らしいが、生で聴く迫力は格別であった。ヴァイオリンソロでも生で聴いてみたいものだが、その機会は先に取っておくとして、オカリナも似合いそうだ。
e0083517_22333764.jpg
 たくさんのオカリナを使い分けての演奏。大概はアルトオカリナ(黒)とソプラノオカリナ(白)の使い分けだが、写真左の茶色いオカリナはトリプレットとかいう三連式オカリナ。音域の異なるオカリナ三本を一本にまとめたもの。

 というのもオカリナの音域は1.5オクターブとのこと。これでは演奏できる曲に限りがある。一番軽快なのはソプラノ。ちょうどピッコロのようなイメージ。アルトが一番落ち着く感じ。

 写真右上の一番大きいのはコントラバスオカリナ。確かに低い音が出るが、息の量が足りにくい感じで実用性はなさそう。ベージュのはそれより少し高いのでバリトンオカリナか。これも軽快さに欠けて実用性は低そうだ。

 アーティスツの紹介が遅くなったが、オカリナ・サクソフォンの森下知子さん、ピアノ・編曲担当の大島忠則さんの「デュオ・タント」。あとでわかったがお二人はご夫婦。

 インターミッションでは、お茶と柿の葉寿司もふるまわれ、日曜の曇り空を旧家の庭を眺めながらまったりと過ごす。オカリナをかじったことのある家内も喜んでいたようなので、良しとしよう。
e0083517_22330751.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-05-29 22:50 | ジャズ・音楽 | Comments(0)
2016年5月8日(土) 曇り時々雨

 今日は英語デイ。タイムを読む会の方は出席者10名という低調。記憶にある限りではここ二、三年で最小参加者と思われる。少人数が故のいいところもあり、ナチス戦犯裁判に関連して日本の戦中戦後の状況や今後の政治の在り方など、話は脱線しっぱなし。たまにはこのようなおしゃべり会もいい。

 法律英語改めユニーク英語会も記録的最小参加者の勉強会となる。新人オブザーバー女性を入れても5人。話題はビットコインであるが、正確な内容を知らないので、議論について行けない。

 夕方からの予定があるので、フライイング気味にユニーク英語を退席して甲子園口に向かう。アートスペース萌芽でのミニコンサートにタイムの会の音楽愛好家5人が集う。

 ヴァイオリンとピアノの演奏会。クライスラーを中心に耳に懐かしい曲のオンパレード。谷口朋子さんは、東京芸大、大学院修士課程修了後、フランクフルト音楽大学をご卒業。その後ドイツで演奏活動を続けられたのち帰国。現在は神戸市室内楽合奏団でヴァイオリン奏者としてご活躍。
e0083517_23050759.jpg
 ピアノの福田絵麻さんは神戸女学院ご卒業後パリ・エコールノルマル音楽院デュプロマ終了され神戸でご活躍中。神戸フォーレ協会会員とのこと。フォーレの若い頃の作風と年老いた頃の作風はずいぶん異なるとのこと。ピアノソロもフォーレの曲とピルエネの曲があり、こちらも迫力があった。写真を撮れなかったのが残念。

 本編のプログラムもよかったのだが、アンコール曲のフォーレの「夢の後に」と「チャルダッシュ」を生で聴けたのには感動。前者はチェロ曲として、後者はヴァイオリン曲として、いずれも最も好きな曲である。

 声を掛けた英語会の音楽愛好家の皆様にも今日のミニコンサートとアートスペース萌芽での展覧会は楽しんでいただけたようで、演奏会終了後の懇親会にもお開き近くまで談笑いただき、ホッとする。
e0083517_23051981.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-05-28 23:59 | ジャズ・音楽 | Comments(0)
2016年5月27日(金) 曇りのち晴れ

 昨夜来の雨もすっかり上がり、安心して会場のアイランドリゾートゴルフ三田に近所のK君と一緒に向かう。遅れる人もなく12人余裕で集合してスタート前の記念写真。これがないと出席者の確認が難しくなる。
e0083517_23532609.jpg
 コンディションとして悪くないし、ついてくれたキャディさんも恐らくシングルレベルの中年男性キャディ。的確なアドバイスももらったので、いつもよりいいはずなのだが、結局50-53で103。12人中グロスで5位、ダブルぺリアのネットで8位でちょっとがっかり。

 いろんなコンペに顔を出しているが、この居心地の良さは何だろう。間違いなくOne of the Best。小学校時代の共通の思い出以外には何のしがらみもない気楽さ。実に愉快である。
e0083517_23535648.jpg
 山の頂上に位置するこのコースは、風が吹き抜けて涼しい。夏向きのコースだ。
e0083517_23533628.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-05-27 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2016年5月26日(木) 曇りのち雨

 明日の小学校ゴルフに向けて東京からの遠征組を迎える。前夜祭もあるのだが、昼間の女子会的ランチ会合もあるので、近所の男子友達と二人で出させてもらう。

 苦楽園でランチを楽しんだ後、四人で宝塚の奥にある植花夢というガーデンに向かう。紹介してくれたのは東京から参加のYさん。灯台下暗しというところである。いろんな植物があり楽しめるガーデンである。
e0083517_04255852.jpg
 美しい花が満載である。派手な外来系も多いが、しとやかな日本固有種も豊富だ。どちらかというとシモツケのような素朴な花が好きだ。
e0083517_04135950.jpg
 とはいっても、デルフィニュームのようないかにも外来種という美しい花も好きだ。要は好きなら何でもいいと言う節操のなさか。花と女性は異なるが・・・
e0083517_04282595.jpg
 前夜祭のある西北のカプリシカに向かう頃には、お天気が下降線。しかし、早く降って低気圧が通り過ぎてくれれば、明日のゴルフは晴れそうである。

 雨が激しくてお店での記念写真を撮るのを忘れたが、駅について思い出し、九人の記念写真となる。
e0083517_04145119.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-05-26 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2016年5月25日(水) 曇り

 天気予報では雨が降り出す予定だったが、ずれ込んでいる。早く降ってくれて明日、明後日に降らないでほしいものだ。窓の外には荒れた海が見えるが、今日は集中して翻訳にいそしむ。夕方には完成して定時退社で社用車に乗れた。

 とりあえず今週の業務は完了。明日からは楽しいイベントが連続。とりあえず明日は小学校同窓会コンペの前昼祭と前夜祭。金曜はコンペ。優勝しなくていいが、納得のいくプレーをしたいものだ。

 土曜日は英語会で予習に拍車をかけないといけないが、比較的短い記事なので何とかなるであろう。それよりもビットコインがテーマの法律英語の予習の方が手間取るかも知れない。

 土曜の夜は、甲子園口アートスペース萌芽でのミニコンサートに。英語会関係の音楽愛好家に声を掛けたところ四人のご賛同をいただき楽しいイベントになりそうである。
e0083517_06160424.jpg
 日曜日も昼下がりのミニコンサート鑑賞になりそうだ。オカリナで大好きなカッチーニのアベマリアを聴けるというので豊中に出向くことにしたところ、家内も行くというので映画以外での久しぶりの同伴行動になる。心穏やかに鑑賞したい。

 先月にOB会コーラス部の先生も出演した兵庫県立美術館でのイタリア歌曲コンサートで、その先生がソプラノ独唱したそのアベマリアには涙が溢れた。オカリナでも涙が溢れるかどうか。何をイメージするかによるのだろう。

by yellowtail5a01 | 2016-05-25 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2016年5月24日(火) 晴のち曇

 自分の予定としては午後二時に歯医者の予定があるだけだが、家内が半年ぶりの外反母趾のフォロー通院で武庫川の大学病院に通うというので、送り届ける。

 歯医者までの空き時間を有効活用すべく、コーナンに寄ってパンジーの後のプランタープランをイメージする。夏場はやはりペチュニアが良さそうだ。ただペチュニアと言っても一株75円のものからサントリーの一株300円超の高級品種まで選択肢が多い。今日のところの一番候補は、大株仕立てのサフィニアマックスか。
e0083517_23285451.jpg
 サフィニアでも他の選択肢もあるので、今日のところはイメージ作りで終える。

 家内の帰宅が昼過ぎにかかりそうなので、昼食当番を引き受ける。ベランダに設けたハーブプランターも育ってきたので、バジルとイタリアンパセリを使うことを主眼に置き、タコとトマトのリングイネに決定。
e0083517_19071397.jpg
 調理用に使った白ワインを飲みたいところだが、午後2時の歯医者を考えるとここは自重する。その歯医者の方は、来週がとりあえず完成となりそうだ。保険が効く範囲だが、まとまった出費になりそうである。

 今日の処置は簡単に終わったので、庭の手入れ、購入した苗の植え付けなどガーデニングアフターヌーンとする。二階の出窓に春先に植えたゼラニュームカリオペダークレッドはよく育ってきた。花穂も次々と上がってきてイメージした形に近づきつつある。
e0083517_19070023.jpg
 先日届いた同じくカリオペのピンク系を6号鉢に植える。こちらは将来的には8号鉢くらいの大株仕立てにしたいものである。
e0083517_19074718.jpg
 昨日届いた苗は、香りばんまつり。けったいな名前である。二週間ほど前に近所のガーデニング友達のおばさんから教えてもらった木。とりあえず6号鉢に植え込んだが、大きく育つと楽しみである。
e0083517_19073488.jpg
 去年通販で購入したカシワバアジサイも、今年になって立派な花を咲かせてくれている。
e0083517_19072392.jpg
 アーモンドの苗は、8粒とも発芽したのだが、一番最後に発芽したのはなぜか枯れてしまった。同じ条件なのに何がまずかったのか。それでも後の7粒は今のところ順調に育っているので、見守りたい。
e0083517_19075739.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-05-24 23:51 | ガーデニング | Comments(0)
2016年5月23日(月) 晴

 海辺の風は思ったより涼しく感じていたが、さすがに今日あたりは相当気温も上がっているのであろう。外に出ると動かなくても汗ばむ。船着き場の釣り人も常連が来ているようで、たまに竿が曲がるところをみると釣れているようだ。
e0083517_13323137.jpg
 のんびりした気分で職場に戻ると皆さん、草むしりタイム。班に分けて担当が決まっているようだが、自分は編成に入っていないようだ。昔はそういう活動が好きだったが、自分からやらせてくれとも言えないので、デスクで仕事をする。

 帰り道、オトギリソウを発見。これはヒペリカムヒデコートであろう。やっと覚えた。
e0083517_13324534.jpg
 これが咲きだすと梅雨入り間じか、バラも咲く。いつも帰り道に散歩した大枝公園を通ることもなくなった。そう思うと立花、武庫之荘界隈も懐かしい思い出となる。

by yellowtail5a01 | 2016-05-23 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2016年5月22日(日) 晴

 去年の秋から始まった変則同窓会で四人が集う。二人づつ別の高校の同窓で、全員がそれぞれそのうちの三人は昔からの知り合い、一人は去年秋に初めて会ったというちょっと変わった顔ぶれである。

 岡山から来阪中の一名の予定に合わせ、今日に設定された。昼に梅田に集合し、まずはブリーゼブリーゼの香港飲茶。お手軽価格でランチをいただけるのがいいところ。初めて気づいたが地下通路からのエントランスの床はアートになっている。
e0083517_02071627.jpg
 言われなければ気が付かないが、やり直しの東京オリンピック・パラリンピックエンブレムに選ばれた野老(ところ)朝雄氏がデザインした床らしい。

 飲茶ランチの目玉の一つは、中国茶の曲芸給湯。小さな茶碗に入っているのは薬草か。
e0083517_02072823.jpg
 いろんな角度で遠いところから狙いを定めるのだが、極めつけは背中越しのパーフォーマンス。背の高いイケメン青年。言葉に不自然さがあったので、「香港人?」と尋ねると「大連からです。」との返答が戻ってくる。好青年であった。
e0083517_02073686.jpg
 とりあえずブリーゼビルの33階に上って梅田界隈の眺望を楽しむ。
e0083517_02074680.jpg
 タクシーで天六に移動し、大阪暮らしの今昔館へ。自分は二度目だが飽きない。着物の予約システムが変更となり、着物での記念写真を撮れなかったのが残念である。
e0083517_02080305.jpg
 今昔館を後にして、日本一長い商店街という天神橋筋商店街を一丁目から四丁目辺りまで歩き、次の目的地である四橋筋にタクシーで向かう。軽くお茶した後に肥後橋近くのフェスティバールというカジュアルビアレストランで夕食。そして定番のカラオケ。

 五月晴れの日曜午後一杯を飲み、食い、喋り、歩き、学び、歌いで、50年の歳月をワープした気分に浸る。名残りは尽きないが、10時過ぎに再会を期して解散する。行き帰りに前を通ったJR西口から阪神に抜ける地下通路の壁画。顔が七つ描かれているというが、六つしか確認できなかった。
e0083517_02081806.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-05-22 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)