ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2016年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2016年7月31日(日) 晴

 うーん、暑すぎる。しかし、神戸は生田文化会館での桂吉弥独演会に行く予定をしていたので、正午過ぎに出かける。汗が噴き出すが、仕方がない。夙川の駅前には夏のシンボル、百日紅が美しく咲いている。
e0083517_00582055.jpg
 この木は毎年季節を感じさせてくれる貴重な存在だ。
e0083517_00583356.jpg
 開演時刻の20分前に生田会館のホールに着くとすでに満員盛況。後ろの席しか空いていないので、已む無く後ろから3列目の席に着く。
e0083517_00574893.jpg
 思っていたより広いホールで、結構な観客数である。吉弥さんは、かつての朝ドラ「チリトテチン」のイメージと、最近では土曜日午前の朝日放送ラジオで桑原征平さんとの掛け合いトークでおなじみだが、高座を聴くのは初めて。
e0083517_00584443.jpg
 餅屋問答は、誰かの演目で一度聞いたことがあるが、吉弥バージョンもなかなかのものであった。

 おおとりの百年目は、米朝師匠の名演を耳にタコができるほど聞いているので、どうしても比較してしまうが、よく頑張っておられたと思う。他のちゅん助さんやそうばさんも古典落語ばかりの正統派の演目ばかりで、好感が持てた。



by yellowtail5a01 | 2016-07-31 23:59 | 娯楽 | Comments(2)
2016年7月30日(土) 晴

 昨夜は、ビールに始まり、赤白ワイン、そのあと芋焼酎の珍しいのをゲストが持ち込んでくれたおかげで、すっかり出来上がってしまい、せっかくの花火タイムは椅子で眠りこけていたようである。

 それでも1時にはシャワーを浴びて寝床に転がり込んで、7時にルームメイトのアラームで目を覚ますまで熟睡。飲みすぎたのは焼酎主体だったので、ハングオーバーはない。

 午後に仕事があるというアメリカ人ゲストをバス停に送り、レンタル寝具の精算、お借りした別荘の清掃を終えて、まずは伊弉諾神社を参拝。古事記の世界は詳しくないが、国造りの原点らしい。君が代にでてくるさざれ石も祀られている。
e0083517_00551187.jpg
 そのあと、淡路島の産んだ歴史的人物、高田嘉兵衛記念館を訪ねる。全く知らなかったが、優れた外交能力を持った人物で、ロシアとの対立と友好の礎となった人物らしい。
e0083517_00553366.jpg
 昼食は、ここのレストランでハモ尽くしをいただく。
e0083517_00554185.jpg
 午後は県道31号を一路南下し、波浮まで行って沼島汽船に乗り沼島に渡る。限られた滞在時間で目指すスポットは二つ。港と反対側の上立神岩と国造りのシンボル、おのころ神社である。
e0083517_00563541.jpg
 なるほど、神立神岩はなかなかの絶景である。30分の登りの下りの道のりを歩いた甲斐があった。
e0083517_00561155.jpg
 いったん港に戻って再度山道を登り、おのころ神社へ。こちらは正直言ってさほどの感動には至らなかった。しかし、途中で見たタコツボには、離島の情緒を感じることができた。
e0083517_00564419.jpg
 かくして、一泊がけの大人のBBQ&古事記ツアーは夕方に解散となった。来年もしようという声があったが、どうなることやら。

by yellowtail5a01 | 2016-07-30 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2016年7月29日(金) 晴

 今の芦屋英語会の前身である遠矢英語会時代のメンバー中心に17年ぶりの淡路合宿が企画された。首謀者は自分ではないが、先輩の熱意にほだされ、実行委員を引き受ける。

 BBQは、学生時代からやっていたし子供が小さいころはファミリーでも定番だったので、任せておけというモードで、買い出しから炭火おこし、焼き加減担当を一手に引き受ける。おかげで、皆様には「こんなにバーベキューが旨いと思ったのは初めて」と称賛いただけると嬉しいものである。

 とはいえ、買い出し、下ごしらえ準備にご協力いただいた女性陣のおかげであり、感謝の心である。
e0083517_00543377.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-07-29 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2016年7月28日(木) 晴

 春先からプレレクチャーを二回観てきたオペラの本番がやってきた。映画のDVDも事前に鑑賞していたので、ストーリーはばっちり頭に入っている。ただし、映画はメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」だったので、馴染みのある旋律が多かったが、ブリテンの旋律は馴染みが薄い。
e0083517_00512086.jpg
 開演は午後2時だったので、午前中は昨日に続きプールサイド読書、お昼に出かけて昼食ののち観劇を予定する。
e0083517_00520708.jpg
 昼食は、お気楽なイタリアンランチ。でも、ここは便利で手軽でそれなりに美味しいので定番である。冷製カッペリーニをいただく。
e0083517_00520056.jpg
 緞帳には大きなシェークスピアの顔。開演の期待が盛り上がる。
e0083517_00521573.jpg
 幕間が二回あったが、ホワイエは賑わう。知っている人に会うかなと思いつつシャンパンに並んでいると三人の知り合いを確認できた。
e0083517_00523469.jpg
 感想としては、主役のハーミア役のClare Preslandさんが前の公演でねん挫したとのことで、公演中止も考えたが、演出を変更しての実施という佐渡さんの冒頭説明もあった。松葉杖を使っての熱演で、ほとんど違和感はなかった。

 


by yellowtail5a01 | 2016-07-28 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2016年7月27日(水) 曇りのち晴れ

 月曜以来、天気は崩れ模様だったが、今朝には回復してクマゼミの合唱となる。その分蒸し暑くなる。外出予定はなく、家内もチャイナペインティングで10時過ぎから夕方までお出かけなので、自由な時間の過ごし方を考える。

 大した用事はないのだが、三カ月ぶりに予定される8月初旬の講師業務のテキスト調製と庭の手入れ以外に格別のタスクはない。家でエアコンをつけてテレビかパソコンの前で過ごすのもつまらなく思える。そうだ!プール行こう!

 去年は二回行った苦楽園の樋の池プールに自転車で出向く。65歳以上の高齢者市民は、500円の入場料免除。免許証を提示するとフリーパスだ。
e0083517_04121141.jpg
 と言って泳ぐのが目的ではない。目の保養も全く期待できない。少し水に浸かってあとは日焼けサロン。ボーっとしていても手持無沙汰なので、ある小説を持っていく。

 以前からの反省として、絶対的な読書量が少ない自覚がある。それでも最近は通勤時間が長くなったので、スマホの電波が途切れる三宮から明石までの地下区間・辺境区間はもっぱら読み物。朝は必然的に新聞。夕方は本を読む。どうしても池上彰や佐藤優の時事解説本が多くなる。

 中高同窓の友人には何人か相当な読書家がいて、学年同窓会掲示板で書籍紹介や読後感がよく掲載されている。その一人、東京在住で弁護士をやっている友人が紹介してくれていた、「下ネタの品格」という面白い対談集からたどり着いたある女流作家の小説。買うだけ買って未着手だったが、プールサイドで読みだすとその世界に没頭する。今までに疑似体験したこともない世界。

 プールで遊ぶ子供の歓声と蝉しぐれを耳に感じながら半木陰で小説の世界に入り込めるというのは、なかなか上質な時間の過ごし方だと思われた。文庫本だが上下巻あり、読み切れるかどうかわからないが、心に残るものがあればまた紹介したい。

 忙しく飛び回ってばかりのアオスジアゲハがすぐ近くの地面に止まった。この青はサントリーのコーポレートカラーの由来か。美しい色である。
e0083517_04122156.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-07-27 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年7月26日(火) 雨

 梅雨に逆戻りしたような雨空。午前中に懸案の家事事項を済ませる。母の介護保険限度額通知が届くのが遅れて、施設からも督促を受けていたのが、ようやく先日届いたので持っていく。

 ヤレヤレと思いきや、ケアマネージャから「限度額が引き上げられていますね。月に2,3万円は高くなりそうです。」 「えー、なんも状況変わっていないのになんで引き上げられるんですか。」と不満げに尋ねると、「ご不信があれば市役所に確認されるといいですよ。」とのこと。

 家に帰って早速市役所の担当課に電話すると、「国の制度変更でそのようになりました。」とのこと。「えー、そんなん聞いてへんし」と不満を述べるが、「市といたしましては国の制度変更に従うしかありませんので」と丁重な返答。

 これ以上やりあっても仕方ないので、矛を収める。春先に65歳以上で無税の人には3万円が配布されるとのことで、確かに母の口座にも振り込まれていたが、その代わりに年間で30万円以上もも負担増させられるとは騙された気分になる。

 少し暗い気持ちになるが、午後の歌の練習会に機嫌よく出かける。8月初旬の英語暑気払いでの秘密の余興出演に、役員の皆様から声が掛かり出演することになった。その練習会を芦屋在住メンバーのお宅で開催することになったのだ。

 練習は真剣に、合間と終わってからのお喋りは、いろんな話題に飛び知らないことも知れて面白い。「何もお構いしないから」と言われていたので、気楽にお邪魔したが、4時過ぎに引き上げようとすると、軽いものつくるから一杯やっていって、とのご厚意に甘えることとなった。ますます楽しい雨の午後となった。

by yellowtail5a01 | 2016-07-26 23:59 | 音楽 | Comments(2)
2016年7月25日(月) 曇り

 経産省への報告書も完了して、一段落となる。とりあえずは年中行事の一つを終えて、明日から月末まではのんびりさせてもらう予定。

 昼休みにいつもの釣りスポットに行くと、タコツボにタコが入っていたようである。ここでタコの現物を見るのは初めてである。
e0083517_00135800.jpg
 小ぶりで可愛らしいタコだが、釣り人は今シーズン七杯目とのこと。やはりこのシーズンは明石ダコの季節か。沖合の漁師船もにぎわっている。
e0083517_00183264.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-07-25 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2016年7月24日(日) 晴

 本来なら6月末に自分の誕生会をしてもらう予定だったが、なかなか都合が合わず、一カ月遅れの今日になる。小さい子の成長は早く、一か月半も開くとその変化に驚かせられる。

 まず、言葉がずいぶんはっきりしてきたこと。足元もずいぶんしっかりしてきた。なによりも感動したのは、三時間ほど遊んだあと、ようやく「ジイジ」とはっきり言葉に出てきたこと。今度会った時にすぐに出るとは思えないが、存在を認識してもらったことは素直に嬉しい。
e0083517_00224328.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-07-24 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2016年7月23日(土) 晴

 二週間ぶりの英語日。今日はタイムとユニーク英語の二本建て。タイムの記事は二題。一つは、マルセイユで起きたロシアとイングランドのフーリガン暴動事件について。200人くらいのロシア人が何千人ものイギリス人を叩きのめしたのは、ロシアの意図に基づくものではないか、という見立て。何が真実かはわからないが、さもありなんというところか。

 もう一つの記事は、アメリカにおける銃社会の規制の在り方を医療に例えて改善するというアプローチ。ここまで来れば、アメリカ人もまともに取り組まなければいけないと思うが、そう簡単にはいかないのか。トランプが大統領になれば、さらに悪化することは確実だろう。

 ユニーク英語会のテーマは、Brexitについて。いろんな角度からディスカッションが弾む。今後どうなるのかを考えると、UKにとっても他の国にとってもいいことは何もなさそうである。

 いつもの二次会に流れ、ビールで喉を潤し、7時前に解散する。今日は芦屋花火大会。連れがあれば、そのまま南芦屋浜に向かいたいところだが、付き合ってくれるメンバーもいないので、帰途につく。駅では花火大会モード。
e0083517_03242036.jpg
 さくら夙川に着くころにはそらも群青色になりつつある。今年も花火とは無縁の夏になりそうである。
e0083517_03243811.jpg
 

by yellowtail5a01 | 2016-07-23 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2016年7月22日(金) 晴

 七月の出勤日も今日をいれてあと2回切り。月末までに国に提出しないといけない報告書がまだ未完でやや焦るが、自分の担当外のところでデータがまだ出てきていないので、ここは祈る気持ちで待つしかない。週明けには発送できるだろう。

 夏らしい瀬戸内風景となり、昼休み散歩も新鮮な気持ちで臨める。海辺なのに赤トンボが乱舞している。
e0083517_22364949.jpg
 飛び回るトンボをレンズに捕えるのは至難の技だが、下手の鉄砲数打ちゃ当たるというもので、何とか収める。
e0083517_22362709.jpg
 防波堤の上を歩くお姐さんは、なぜか今日は道を歩いている。前は黒髪のロングだったが、短くて赤っぽい。同一人物なのかどうか、少し気になる。
e0083517_22361257.jpg
 その向こうに見えるのは、家島群島。この夏遠征でも横を通る予定だが、その時に自分が乗っているかどうかは未定。安芸の宮島には参加できないが、呉から室津のナイトクルーズのレグには参加。そのあとは仕事予定次第となりそうだ。

by yellowtail5a01 | 2016-07-22 23:59 | 仕事 | Comments(0)