ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2016年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2016年8月31日(水) 晴

 二年弱にわたり息子が同居していた間に、熱帯魚水槽を復活した。彼が小学生の頃に、熱帯魚水槽を子供部屋に置いたのが影響したのか、一人暮らしを始めてから、相当入れ込んだようである。

 水草を繁茂させるためには、外部フィルターとCO2添加が必要で、彼がセットアップした水槽があるのだが、転勤で島根県に引っ越した昨秋以来、全面的に引き継いだ。

 餌やりや水替えはどうってことはないのだが、CO2関連はさっぱりわからない。そのCO2が6月頃にトラブルを起こした。一つは、ディフーザーというガラスの発泡器具の目が詰まったので、メンテをしようとすると、誤って割ってしまった。

 目が詰まっていたせいか、ボンベとディフューザーを繋ぐパイプが外れ、ガス漏れを発生して大きなボンベのガスが漏えいして空っぽになったのが、7月頃か。

 しばらく放置していたが、さほど変化はなかったのだが、八月に入って急に水草が枯れ出し壊滅的状況となった。久しぶりにアミーゴという鳴尾のペットショップに行き、応急処置をするべくCO2セットを購入する。大枚12,000円は痛いが背に腹は代えられない。
e0083517_03235267.jpg
 小型の専用ボンベを使うとボンベ代が馬鹿にならない。息子が調達してきたビール用の大型ボンベを再充填して何とか安くあげたいものである。

 鳴尾に行ったついでに甲子園浜に足を伸ばし、明日のゴルフ対決に備え、少し練習する。娘夫婦と住之江の打ちっ放し行って以来、約一カ月ぶりの練習だが、当たりはよくない。明日のガチンコ対決が危惧される。

 それはそれとして空も澄んでいて、泉南から和歌山、そして淡路島方面まで続く山影を確認することができる。
e0083517_03241176.jpg
 阪神高速湾岸線の西宮大橋も六甲山をバックにくっきりと輝いている。秋が近づいて来た。
e0083517_03235977.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2016-08-31 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年8月30日(火) 晴

 東日本、北日本は台風10号襲来を迎え大変なようだが、関西は相変わらずのいいお天気。朝から近所の医院、芸文センター(ワンコインコンサート)への送り、夕方は大阪市内の医院への通院。三回に分けてのアッシーサービス。まあ、暇があるから文句も言わず付き合う。

 待たされ時間の合間を見計らって、ロイヤルホームセンターに行くと欲しいものがいろいろある。苗関係ではハゲイトウのいいのが280円くらいで売られていたので、赤系とトリコロール系をゲットする。苗は、これと思った時に買わないと、二度と同じものは出回らない気がする。

 家内がワンコインコンサートに行っている間に、テラコッタ鉢を用意して植え込む。小さな紫系ケイトウ、緑の葉物、白のペンタスをあしらい、少し寂しいがオリジナル寄せ植えの完成。
e0083517_03242326.jpg
 季節の移ろいは早いもので、夕方に大阪市内にクルマで出向くが、5時前なのに暮色が迫る。もう半月ちょっとで秋分の日を迎えるのだ。
e0083517_03225318.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-08-30 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2016年8月29日(月) 雨

 迷走台風10号のおかげか、あるいははたまたその迷走の原因となっているかもしれない日本海西部の低気圧のおかげかわからないが、土曜の夜辺りから過ごしやすくなってきている。しかも、今日は激しくはないが終日の雨で大地も潤ったことであろう。

 暴風や大雨の傷跡をまた襲われそうな東北・北海道、極地豪雨のあった西日本には申し訳ない気分だが、ここでは恵みの雨のように思われる。

 もっとも終日の雨で、海岸散歩もできず、オフィスから窓越しに海岸線を眺める。風はなくていつもより穏やかな表情の海だった。
e0083517_23374472.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-08-29 23:44 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年8月28日(日) 晴

 格別の予定のない日曜日を迎えたので、映画と母見舞いの日とする。今の時期気になる映画といえば、後妻業の女とシン・ゴジラ。家内は大学の友達と後妻業を観に行く予定なので、シン・ゴジラにする。
e0083517_23520186.jpg
 CGを使いまくったこの手のアクション映画は、苦手なジャンルだが、ゴジラはちょっと気になる。子供の頃に観たゴジラのイメージがあるからか。

 リアルなCG画面に圧倒されるが、ストーリーとしては政府や官僚機構や外交政策に対する斜視的視線と自衛隊に対する礼賛的視線が交差しており、制作者の意図がどこにあるのか曖昧感を感じた。まあ、娯楽映画として割り切ればいいのかも知れないが。

 昔のゴジラのストーリーは全然思い出せないが、見終わってゴジラに対する同情のような感情が残ったのは、何となく記憶している。今回のゴジラは無機質な感じがした。憎しみをもつ理由もないが、同情的になる感情もなかった。

 それにしても封切直後でもないのに、全席満員で人気の高さを実感できる。

一階のイズミヤでは、サントリーのプレモルの即席屋台が設けられていた。200円で生ビールを飲めるのはありがたい。シネコンで買うと720円。持ち込みは禁止らしいので、胃袋に収めてから行く。これなら文句ないだろ!
e0083517_23520817.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-08-28 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2016年8月27日(土) 晴

 いよいよ今年の八月も大詰め。少し風に涼けさを感じる。6時半に起きて、もう一度タイム記事を眺めるが、不可解なところは不可解。骨のある記事といえばそうだが、内容にあまり関心を持てないところが、入り込めない原因か。
e0083517_04271855.jpg
 この記事は、8月8日号に載っていたものだが、この時の表紙は内村の鉄棒の写真。日本人がタイムの表紙を飾ること自体が稀だが、開会式前の発行でありながら、内村を持って来たタイムの思い切りに拍手。
e0083517_04271133.jpg
 パート2の「ユニーク英語会」は、映画の回。課題映画はスピルバーグの2005年作品、「ミュンヘン」。実話に基づいて脚色されているとのことだが、なかなか見ごたえのある秀作。二週間ほど前に二度観たが、だいぶん忘れているので、昨夜遅くに通しで復習。

 映画としても出来栄えがいいし、パレスチナ問題を考えさせられる点においても、興味深い映画であった。
e0083517_04272862.jpg
 勉強会の後は、ユニーク英語会の暑気払い会。会長お奨めの南芦屋浜の春水に出向き、お風呂を楽しんだ後の宴会。お風呂に一時間かけたこともあり、お開きが遅くなり、恒例のカラオケはパス。せっかく新人会員を迎えたことなので、できればお風呂よりもカラオケで懇親を深めたかった。

 ところで、木曜日に山陽電車で隣り合わせになった白人女性の写真が見たいというリクエストを複数の友人からもらった。タイム誌の検索をしていると、たまたま編集長のNancy Gibbs氏の写真が出てきたのだが、ハッとした。歳は二回りくらい違うが、イメージ的には実に近い。ということで、とりあえず参考引用しておきます。
e0083517_04275007.png

by yellowtail5a01 | 2016-08-27 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2016年8月26日(金) 晴一時雨

 二週間たっぷりの予習時間はあったのだが、予習が進んでいない。日頃予習に充てる時間は、家内の通院付き合いの待合室、帰りの通勤電車タイムなのだが、付き添いはこのところ二度パスしており、帰りも明石で空いた席を見つけると、どっぷりリラックスタイム。

 途中でちょっと目を通しかけたが、アメリカ選挙戦とロシアのハッキングに関する記事で、さほど興味をそそらないのも事実である。後がないので、昼前から図書館に出かけて集中しようとするが、なかなか入り込めない。自習室は中高生が一杯でほぼ満席の状況。その分、エアコンの効きも悪い。

 目的達成できなかったが、諦めて帰路に就く。入道雲が発達しつつあるが、いいお天気である。
e0083517_02083029.jpg
 夜は、グランフロント大阪北館一階でいろんなテーマで講演会が開催されている「ナレッジキャピタル超学校」の宇宙シリーズの最終回。
e0083517_02085835.jpg
 JAXAの広報担当職員からのレクチャーであった。
e0083517_02091008.jpg
 断片的にニュースなどで見聞きしている日本の宇宙探査プログラムを体系的に学ぶことができた。国際的な探査競争における日本の位置づけ、予算のレベル、日本の強み弱みなどを短時間で知る。

 探査から実用化、実用の目的も平和的利用から軍事的利用まで幅広そうである。もっとも後者についての説明はほとんどなく、仕事柄物足りないものがあった。三日地球の写真は初めて目にしたが、夢のある宇宙風景だ。
e0083517_02091930.jpg
 誘ってくれた千里民博仲間のH氏、A氏と帰りに居酒屋に付き合いたかったが、明日の予習の残り、ユニーク英語会の映画鑑賞仕上げも残っているので、一人家路を急ぐ。

 大阪駅北の荒野だったこの付近もグランフロント以降、本当にきれいな街並みとなってきた。この地上スペースは冬にはスケートリンクに違いない。
e0083517_02092667.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-08-26 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2016年8月25日(木) 晴

 朝の通勤電車でちょっといいことがあった。ときどき見かけるそれなりに若くて美しい白人女性とたまたま高速神戸からロマンスシートで隣同士になった。というか、彼女の隣の席が空いていたので自分から選んで座ったのだが。

 とはいうものの見ず知らずの女性に声を掛ける勇気もなく、高速神戸からしばらくは新聞を読むことにする。須磨を過ぎたあたりで一通り読み終わり、カバンに新聞を片づけて、少し手持無沙汰。

 隣の彼女はスマホをいじくっている。このまま一言も声を掛けずに東二見に着いてしまうと後悔しそうな気がして、タイミングをみて”Hi!"と声を掛ける。こちらのトークにそれなりに受け答えはしてくれるが、明らかに乗り気ではないようだ。

 少し白けてきたところで、イヤホンを取り出して、「ごめんなさい、ちょっと勉強することがあるから」と言ってイヤホンを付けてしまった。アチャーであるが、スマートなかわし方だなと感心する。

 やがて東二見に到着し、席を立とうとすると彼女イヤホンを両耳から外して、目線を合わせて笑顔で、”Have a nice day."といってくれた。 年齢は自分の半分もいっていないくらいだが、大人だなぁと感心する。気分よく会社に向かう。
e0083517_01331585.jpg
 このところ空気が澄んでいるようで、家島もくっきり。
e0083517_01304100.jpg
 近場の岸壁も工事中にもかかわらず、相変わらずタコ釣り師たちでにぎわっている。
e0083517_01302181.jpg
 南淡方面の島影もうっすらと見える。
e0083517_01302966.jpg


by yellowtail5a01 | 2016-08-25 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2016年8月24日(水) うす曇り一時雨

 春先はそこそこ賑わった講師仕事だが、六月以降閑古鳥。地元大阪でのお声が掛かり、朝から出向く。

 昼過ぎには無事完了し、ついでに本町にあるカシオのサービスセンターに寄る。10年位前に購入した少し高級な電波腕時計のベルトが不調。先日神戸でドレスウォッチの革バンドは交換したが、普段使いにはマッチしないので、安いクォーツ腕時計をアマゾンで買ったのだが、ベルト調整が難しいので持っていく。
e0083517_01293205.jpg
 窓口の対応は大変良くて、電波腕時計は預けることになるがベルト修理と蓄電池交換で値が張りそうである。まあ、連絡をもらってから最終どうするか考えよう。

 遅い目のお昼をバーガー店でいただく。仕事のあとのカールズバーグもあっさりして旨い。
e0083517_01294644.jpg
 午後の時間があるので、そのまま三宮に足を伸ばし散髪をして帰る。センター街商店街を少し歩く。学生時代は狭い商店街だったが、広くなって久しい。知り合いにすれ違わないかと淡い期待を抱くが、もうそれはあり得ないだろう。
e0083517_01295209.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-08-24 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2016年8月23日(火) 晴

 関東は台風のもたらす風雨で大変みたいだが、関西は暑すぎることを除けば、いたって平穏な日々が続く。今日は、ほぼ一カ月ぶりの孫との対面日。

 七月に行ったときに初めてはっきり「ジイジ」と言ってくれたが、覚えているのか娘が仕込んだのかはわからないが、久しぶりの対面にもかかわらず、最初からニコニコ顔で迎えてくれる。

 娘が、「ジイジ、好き?」と振ると「ウン!」と応える。それだけでなんか気持ちが明るくなってくる。
e0083517_02363935.jpg
 動作も俊敏になってきて、次から次へとおもちゃを出して来ての運動会。
e0083517_02362648.jpg
 まだしばらくは相手できそうだが、五年後くらいになるとついて行けるかどうか。
e0083517_02361303.jpg
 その頃にはこの子に妹ができていれば、なおいいなぁ。
e0083517_02365485.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-08-23 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2016年8月22日(月) 晴

 なんだかんだ言いながら熱中してきたリオオリンピックも終わり、祭りの後の淋しさ、郷愁がほんのり漂う。ブラジル流にいうとサウダージということになるのだろうか。

 行ったことのない国だが、ボサノバもサンバもしっくりと合うので、ブラジルは好きな国の一つだと思う。同じラテン音楽でもマンボやルンバ、メレンゲよりもボサノバがいい。

 午後から大阪営業所に出張で慌ただしいが、昼休みの海岸風景は、この夏一番の澄んだ空だった。この海域にもサウダージを感じる。
e0083517_02382328.jpg
 明石海峡大橋が、夏なのにくっきり見える。
e0083517_02384332.jpg
 漁船の姿もしっかり捉えることができる。
e0083517_02383442.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2016-08-22 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)