ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2016年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

2016年9月30日(金) 晴れのち曇り

 いよいよ九月も最終日を迎えた。明日は、長らく準備してきたOB・OG会の開催。先輩世話役の皆様から若手(といっても前期高齢者三人)が引き継ぐ形で準備してきた。

 明日の進行のことを考えると落ち着かないのではあるが、全く関係のない行事が二つ。一つは、産機時代と半導体時代にたまたま一緒になった年上同期(修士と学部卒の差)のT氏が主宰する「知財パラダイムシフト」をテーマにしたイノベーションセミナー。

 司会を担当するのが業界団体に出向して事務局長を務めている後輩のKさん。これは参加しないと罰が当たるとの思いでいち早く参加申し込みをしていたものである。

 もう一つ被ってきたのが、シニアコーラスの全国大会。神戸文化ホールであるというので、午前中の可能な時間だけ覗くことにする。
e0083517_23014916.jpg
 自分の所属しているOBコーラスグループも参加資格はあるのだろうけど、実力は全然及びそうもない。しかし、世間のレベルを確かめておこう興味本位で聴きにきた。二月に一緒に入会した人も来ていた。玄関先では出場グループが準備体操。年恰好は我々とほぼ同じと見受けられる。
e0083517_23015950.jpg
 トップバッターは、枚方から参加の女性コーラスグループ。あでやかなコスチュームでシルバーとは思えない。
e0083517_23022594.jpg
 二番バッターは神戸市北区の男性グループ。どうやらさっき玄関先で準備体操していたグループだ。
e0083517_23023498.jpg
 午後のセミナーに移動するぎりぎりまで6グループのパーフォーマンスを聴いたが、やはり皆さん上手いと思う。素人耳で採点したら、やはり高得点をつけたいグループとダメ出しをいっぱいできそうなグループもあるが、いずれも我がOBコーラスよりレベルが高いと認めざるを得ない。

 高速神戸から十三、南茨木、万博記念公園で乗り換えて阪大千里キャンパスに向かう。途中、エキスポランド跡地の巨大観覧車が完成しているのを発見。この夏休みに営業運転を開始しているはず。とにかく回転はしていた。

 観覧車 回れよ回れ 想ひ出は 君には一日 我には一生 の歌を思い出す。熱く教えてくれたA氏は去年の秋に天に召された。
e0083517_23051392.jpg
 阪大キャンパスの銀杏会館というホールで行われたイノベーションセミナーは、盛況だった。講演者達の論旨に100%賛同できるわけではないが、ユニークな切り口から現状の知財行政、司法制度への痛烈な批判には共感できるところが多かった。


by yellowtail5a01 | 2016-09-30 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2016年9月29日(木) 雨のち曇り

 出勤日だが、朝一番の予定は大阪営業所に出向いての電話会議。8:15には顔を出したいが、それでもいつもよりはゆっくり目の出発。昨夜、遅くまで録画番組を観ている家内に、「明日も出勤やから、早よ寝て朝は頼むで」といったが、虚しい。

 自分で起きないのが悪いので人のせいにはできず、朝食抜きで駅に向かう。相変わらずの重たい空模様。雲がカトリック教会の尖塔に被るくらい降りてきている。
e0083517_23013201.jpg
 時間通りに新大阪には到着できたが、いきなりの大雨。3分ほどの道でズボンまで濡れてしまう。会議は小一時間で終わり、明石に出社。新快速は座れて快調だが、山陽に乗り換えるのが面倒。しかも、直通特急が出たところで普通に乗らされる。

 取かかっている英文契約ドラフトが少し捗った。ボリュームのある新規ドラフト作成は久しぶりで、気合が入るが、フレーズがなかなか出てこない。退化しているようだ。それでも久しぶりに没頭すると、断絶されつつある脳細胞が少しは復活できそうな気もする。

 夜はお声のかかっていた梅田でのジャズライブに。このところご無沙汰だったが、朝のむしゃくしゃを解消のためにもこれはいいリフレッシュである。

by yellowtail5a01 | 2016-09-29 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2016年9月27日(火) うす曇り

 昨日は東京仕事が入ったので、明石は振替出勤日となる。彼岸も過ぎてずいぶん過ごしやすくなったなぁと思ったのもつかの間。この蒸し暑さはなんだ。

 今日は本来は家内の通院アッシー日だったが、行けないので一人で行ってもらう。その代わりに夕食は勝手にしてとのこと。明石で途中下車するか、舞子にするか、元町にするか、三宮にするか。選択肢はいろいろあるが、一人ではどこに行っても盛り上がらないので、東二見駅前の「味はイチバン、店員オバン」がキャッチフレーズの卵焼き店、てんしんにする。平均年齢70歳は下らない四人のオバンが明るく迎えてくれる。
e0083517_01202767.jpg
 並みの玉子焼きと焼きそばにすると少しボリュームがありすぎた感じだが、久しぶりに美味しかった。寒くなってくるとまた一層恋しくなってくることであろう。

by yellowtail5a01 | 2016-09-27 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年9月25日(月)曇り

 前回の東京出張時には、電車の乗り換えでしくじり、目的を達成できなかった「しな水」。今日の仕事は午後3時半スタートなので、早く出発すればゆっくりと見て回れそうだ。

 なんといっても「水族館ガール」で何度も出てきたイルカショーは必須。新幹線品川に10:15頃に着き京浜東北線を一駅乗って大井町へ。迷わず無料シャトルバス乗り場に向かう。家族連れの多いこと。といっても孫連れのシニア夫婦、孫とママとシニアの組み合わせが多い。

 イルカショー会場は、想像していたより遙かに狭い。遠足児童で満席状態。
e0083517_03195973.jpg
 狭いプールで飛び上がったイルカがコンクリートに激突しないかと心配するが、そこは慣れたもの。
e0083517_03213200.jpg
 C1ジャンプに近いトルネードジャンプもあったが、二頭並んでの演技が多かった。
e0083517_03215701.jpg
 高い位置のボールをつつくハイジャンプも見事に決まり、拍手喝采。あの巨体でよくあそこまでジャンプできるものだ。
  
e0083517_03204449.jpg
 イルカショーが終わって15分後にアザラシショーがあるというので、そちらに移動。ここも低学年児童でごった返している。ここのショーはアシカでなくアザラシである。その違いを初めて知る。
e0083517_03224832.jpg
 いくつかの特徴があるらしいが、①アシカの耳は耳たぶがあるが、アザラシは穴が空いているだけ(お姉さんの右指辺り)。②アシカは陸上で移動するときは前足を使うが、アザラシは芋虫のように身体全体で這う。③泳ぐときもアシカは前足を使うが、アザラシは後ろ足を尾びれのように動かして泳ぐ。少し賢くなった。
e0083517_03231537.jpg
 後は館内を見学する。ここ「しな水」の特徴はトンネル水槽であろう。アザラシプール、大水槽ともトンネルからふんだんに観察できる。
e0083517_03232659.jpg
 子供は大喜び。ママはカメラで追いかける。
e0083517_03234459.jpg
 大水槽のトンネルも迫力がある。
e0083517_03241373.jpg
 ロケ記念のコーナーもあり、出演者のサイン入り色紙が。
e0083517_03243007.jpg
 ここでも人気は、ニモとドリーである。しかし、なぜか同じ水槽にはいない。
e0083517_03244929.jpg
 実際は共生しているのだろうか。クマノミとナンヨウハギは。
e0083517_03252704.jpg
 小さな生き物では、クリオネが可愛い。
e0083517_03251460.jpg
 迫力があるのはサメ。
e0083517_03255673.jpg
 遅い目の昼食を併設のレストランでいただく。アナゴとアサリのむき身の丼物をいただく。この組み合わせは確か深川飯。ここでは品川飯と表示されていた。タレの味付け少しごま油が効いているのとノリがふんだんに付いていたところが差異か。席からの見晴らしはいい。
e0083517_03260653.jpg

 もう少しゆっくりするゆとりがありそうだが、二回目のイルカショーを観ていると遅くなるので、後ろ髪をひかれつつ、しな水を後にする。
e0083517_03261818.jpg
 帰りは大森海岸駅から京急で品川に戻り、新宿へ。プラプラと歩いて目的の高層ビルに向かおうとするが、いい加減なナビゲートで地下道を進むと都庁近くに出てくる。舛添騒動から小池劇場に激変し、中で働いている都職員の皆さんは、どんな思いなのだろう。
e0083517_03264301.jpg
 約束の3時15分より少し前に待ち合わせ場所に到達。6時までの2時間半、一人の受講生にノンストップで喋り捲る。しゃべっている方は眠くならないが、聴いている方は大変だろうと同情する。よく最後まで付き合っていただいたものだ。

by yellowtail5a01 | 2016-09-26 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2016年9月25日(日) 薄雲り

 今年も大学のクラスメイトから招待状をもらった西宮混声合唱団の定期演奏会。都合のつくときは例年、アミティホールに来ているが、今年は少し違った観点から演奏会を楽しませてもらえた。

 一緒に行く予定だった家内が体調不調だったので、一人で出向く。よく聴こえる席と思い、前列のやや右の席を選ぶ。男性パート、特にベースパートをしっかり聴きたいと思う。
e0083517_23270032.jpg
 耳を澄まして聴くと、去年までは感知できなかったハーモニーやノイズが聞こえてきた気がする。
e0083517_23265069.jpg
 貢献できそうであれば、この合唱団に参加させてもらうのも一つの選択枝か。

by yellowtail5a01 | 2016-09-25 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2016年9月25日(土) うす曇り

 第四土曜日とあり、タイムを読む会とユニーク英語会の二部構成。タイムの方は、ショートコラム三つ。二つはUberにかかわるコラム。日本では東京で一部実験的に導入されているだけらしいが、アメリカではUberの普及は相当なもののようだ。

 Uberドライバーが乗客について、五段階評価を都度行い、それがビッグデータとして集計されると、人間性の度合いが客観的な数値として現れるとのとこ。
e0083517_23263649.jpg
 もう一つのテーマはアメリカにおける自動運転自動車の開発状況。UberグループやGoogleがずいぶん先行しているらしい。思っているより早く自動運転時代が到来しそうである。

 第二部のユニーク英語は、センター試験の英語にスピーキング要素を取り入れるという改革をめぐり、日本の英語教育の課題と改善方向についての議論。

 我ながら情けないことだが、12歳から英語学習を始め、以来55年。一度たりとて手を抜いたことはない。いや、むしろ高校卒業以降は、日々真面目に英語に取り組んできたつもりだが、英語力の弱さには、情けない。

 我々が育った時期の英語教育メソッドが悪かったのか、自分の学習方法に誤りがあったのか、海外生活経験をできなかったのが、問題だったのか。考えさせられる一日であった。

by yellowtail5a01 | 2016-09-24 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2016年9月23日(金) 薄曇り

 連休明けの火曜日は台風16号直撃の恐れからあっさりと出勤をパスしてしまった。その振替で出勤する。同僚に「台風はどうだった?」と尋ねると、「肩透かしでしたね」とのこと。まあ、年寄りは無理をしないということで許されるであろう。

 晩夏とは思えないほど海上の見晴らしがよくて気持ちがいい。小豆島が近くに見える。最高峰と見えるのは星ゲ城山であろう。標高816メートルとあるので、六甲山よりは低いが摩耶山より高い。
e0083517_23241844.jpg
 明石海峡大橋方面もよく見渡せるが、こうしてみるといかに海上の浮遊物が多いことか。垂直に仕掛けが垂れ下がっているだけと思わるので、走行にはそれほど支障はないと思われる。
e0083517_23240618.jpg
 南東の角に行くと潮通しがよさそうである。ここに釣り人が集まるのがわかる。
e0083517_23242860.jpg
 ベイトフィッシングもあれば、ルアーフィッシングもある。
e0083517_23243762.jpg
 昼下がりにこの近所の友人からメールがあり、月下美人が咲きそうだからあげる、とのこと。断る理由はないので最寄りの駅でいただく。
e0083517_23250792.jpg
 
一時間半ほどして帰宅すると、月下美人がちょうど咲いた。
e0083517_23253924.jpg
 初めて実物を見るが、8時過ぎに咲いた花は日付が変わるころにはもう萎れかける。
e0083517_23254983.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-09-23 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2016年9月22日(木) 曇り時々雨

 このところ空模様は冴えない。キャプテン以下クルーが四人そろうので、出航することは決まっていた。ゲストの予定もお二人あったようだが、それぞれご都合が悪くなったようで、コアメンバーのみのセーリングとなる。
e0083517_02035789.jpg
 結構な風が吹いていたので、行先は定めず風任せと雨を避けながらの大阪湾セーリングとなる。雲の量は多いが、水平線の見晴らしはよく、遠くまでよく見える。須磨や淡路島、明石海峡大橋がこんなにくっきり見える日は少ない。
e0083517_02042173.jpg
 四人でワインボトルが三本空いた。泡、白、赤とマネージャ準備の肴に合わせていただく。8人くらいになるとほとんど一口しか当たらないが、四人だと結構飲みごたえがある。
e0083517_02044661.jpg
 時間はたっぷりあるので、一文字防波堤を大回りしてからまた西に東に風任せで彷徨う。陸上では雲と雨の関係が見えないが、360°パノラマの海上では、どこが降っているか一目瞭然。雨を避けて進路を採る。
e0083517_02052487.jpg
 沖合に泊まっている見慣れない作業船。何をする船なのだろう。
e0083517_02045804.jpg
 南芦屋浜に建築中の会員クラブ建物も骨格ができてきた。景観的には反対だが、街がゴージャスになりそうな予感がする。
e0083517_02051608.jpg
 うまく雨を避けてセーリングを楽しんだのだが、ハーバーに帰り着く直前に少しシャワーに遭遇する。まあ、ほとんど濡れることもなく、着岸でき、あとはキャビンに潜り込んで酒盛りの続きとなる。

 ここでうれしいサプライズ。キャプテンのお友達のMさんが愛犬のキアラちゃんとともにお土産持参で来艇。ジャズ羊羹という珍しい沖縄のお菓子。ドライフィグが入っていて上品なお味。
e0083517_02054782.jpg
 着いた直後は落ち着かなかったキアラちゃんだが、しばらくするとすっかり寛いで、キャプテンテーブルの上でお昼寝。可愛いヨークシャーテリア。
e0083517_02060371.jpg
 雨も上がり、後片付けをしてバスで帰ろうとしていると、クルマできていたMさんが三人を駅まで送ってくださることになる。ゴージャスなBMWだった。
e0083517_02061970.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-09-22 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2016年9月21日(水) 曇り一時小雨

 かねて予定していた打ち合わせ会。出席者は去年より若干増えて、現役の皆様約7名を加えると71名。少しにぎやかになりそうである。会場であるホテルの担当者とも打ち合わせるが、キチキチの会費予算で飲み放題をつけるとどうしても食事にしわ寄せが来る。

 実際、飲み食いよりも懐かしい仲間とのお喋りに夢中になっている間に、二時間が過ぎてしまうものだが、アンケートを取るとやはり食事の改善の期待が多い。

 席の決め方も抽選方式ではなく、皆さんに席を選んでいただく方式に変更。OGの皆様には好評をいただけそうな気がするが、全体としてはどうなんだろう。やってみないとわからない。課題があれば、元に戻すなり、改善を考えるのみだ。

by yellowtail5a01 | 2016-09-21 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2016年9月20日(火) 雨

 どう考えても台風の影響が出そうで、警報も出ているので下手をすると帰社時に電車が運航見合わせになり帰れなくなる可能性をイメージする。7時半時点で決断をして、今日の出勤は金曜日に振り替えとしてもらうべく、連絡。

 玄関先の鉢類やハンギングも風に当たらないところに移さないといけない。金曜日に予定していた家内の通院アッシーも今日に変更。

 満を持して台風迎撃態勢を取ったが、結果的には空振り。雨も風も大したことはなく、夕方には雨も上がった。まあ、結果オーライとしよう。ちょっと釈然としないところも残るが・・・

by yellowtail5a01 | 2016-09-20 23:59 | 仕事 | Comments(0)