ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2016年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2016年12月31日(土)晴

年末近くまで仕事が入ったり、予期せぬ母の入院でバタバタした年末だったが、平穏に大晦日を迎えることができた。今日の役割は、主に玄関から外回りの整頓と掃除。

ポーチ付近に並べている鉢物が無造作に増えていて、鉢の間には落ち葉がいっぱい散乱。鉢をすべて移動して清掃にかかる。季節外れのアジサイやカシワバアジサイは、いったん軒下に移動する。

手入れをしていてあらためて目についたのは、ダイモンジソウ。数年前に神戸市立森林植物園で見つけて買ってきた株だが、大きくもならず、花もつけず、でも枯れもしないで生き残ってくれている。
e0083517_23073592.jpg
ガーデニングを趣味の一つと自認する者として、ぜひ花を咲かせたいものである。

今年の春先から二階の窓際バルコニー用として通販で買ったゼラニュームのカリオペ。ダークレッドという品種は、旺盛な生命力で挿し芽でずいぶん増やすことができたが、ローズスプラッシュというピンク系の株は、なかなか芽が伸びず挿し芽もままならない。

それでも8号鉢に植えた株は、順調に育ち冬にも花を咲かせてくれている。この花の色は捨てがたい。
e0083517_23074656.jpg
おせち関連の当番のお煮しめ、出汁取りは昨夜のうちに済ませておいたので、母の様子を見に行ったあとは、大晦日にしては比較的のんびり過ごさせてもらう。

振り返ってどんな年だったのだろう。大きな変化はなかった。強いて言えば、コーラスという新たな趣味が増え、カラオケが減ったということか。それと、11月以来の膝の痛み。これだけは早急に解消したいものである。


by yellowtail5a01 | 2016-12-31 23:29 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年12月30日(金)晴

昨日は自室の整理に終日を費やしたが、今日はおせち料理材料の買い出し、ニトリでマット類の買い物、コーナンで寄せ植え用の葉ボタン。コーナンの苗売り場はほぼ終わっていたが、帰り道の花屋さんで一応素材は揃った。

今年は娘夫婦は元旦に戻ってくる予定だが、お祝いは家でするとしても夕食は外食予定。息子が戻ってくるのは10日頃になりそうなので、おせち料理は例年の半分の量を目安とする。

市内で一番品揃えのいいスーパーマルナカに午前中に行く。さすがにいろんなものが揃っていて、お買い物リストの品が全部揃う。とりわけ、海老が気になっていたが、元気な活けのクルマエビがてんこ盛り。大分県の姫島産と思っていたが、宮崎産だった。まあ、大同小異。
e0083517_20454050.jpg
帰りに母を見舞うが、スヤスヤと眠っていた。痰のからむ音も少し減ってきたようで、ちょっと安心する。予断は許さないが年末年始はクリアできそうな気がする。

by yellowtail5a01 | 2016-12-30 20:57 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年12月29日(木)うす曇り

親戚及び家内関係の年賀状も昨日で全部出状したので、やれやれ。今日から年末家事にかかれる。一応分担を決め、家の中の共用スペースは家内、外回りは自分。もちろん自分の部屋は自分でやる。あと、おせち料理は頑張るとのことなので、お煮しめのみ担当することにする。

朝一番に母の病院の保証金支払いや健康保険証、その他の受給証明書の提出作業がある。しかし、後者は特養の方で直接やってくれるそうなので、少し楽である。相変わらず喉に痰が絡んだ呼吸音で、心配ではあるが、よく眠っているので様子を見るしか寄り添いようもない。

自分の部屋の散らかり具合を整理し始めると、とても一日では無理。取りあえず溢れかえっている仕事関係の書籍類を古くなったものから処分に回す。パソコン関係書籍やソフトもWINDOW10以外のものはすべて処分。

少しスッキリしてきた。家内は午前はしんどいと寝ていたが、昼から台所の掃除にかかった様子なので、ホッとする。その分、「夕食の準備はやって」とのことなので、引き受ける。

最近不足しがちになっている野菜をふんだんに食べられて、手軽に調理できる八宝菜とする。味付けはクックドゥにお任せでそこそこ行ける。
e0083517_21160698.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-12-29 21:16 | ひとりごと | Comments(2)
2016年12月28日(水) 晴

気持ちのいいお天気だが、寒くなった。冬らしくていいのだろう。
e0083517_02304770.jpg
海上も晴れ渡り、凛とするような寒さで気持ちがいい。最終勤務日とあってルーティンの業務が終わると後は書類整理や大掃除で終業を迎える。オフィスも机も一年経ったが、日頃目の届かないところに少し埃が溜っている程度で、掃除もすぐに終わった。

ゆったりと退社時刻を迎え、挨拶をして退社。朝から寒さの戻りを感じたが、日没後は一層冷え込みが感じられる。

by yellowtail5a01 | 2016-12-28 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2016年12月27日(火) 曇・雨

急な要請だったが、年明け早々に現地に赴任する人がいるとのことで、お馴染の大崎の企業に出向く。品川から一駅なので楽勝。それでも早く着いたので、ビルのフリースペースで年賀状の一言メッセージに没頭する。図書館代わりに使っている受験生が周りに多い。
e0083517_02580738.jpg
例年ギリギリになる年賀状投函だが、遠方宛先を優先してコメントして出すことにしている。市内は一番後回し。関東に知り合いが多いので、そちらが最優先となる。昨夜、ホテルの机で大分捗ったが、残りを片付ける。

おかげで一部を除き、東京で投函することができた。これで元旦配達はOKだろう。

無事仕事も終え、帰りの便に急ぎ羽田へ。強風の影響で到着便が遅れているようで、空港は折からの帰省客で大混雑。
e0083517_02584023.jpg
予定のフライトもその影響を被って、到着は一時間ほど遅れたが、無事大阪空港にランディング。西の空が怪しい。
e0083517_02585711.jpg
五時過ぎには帰宅でき、母のいる病院に向かう。格別の変化はないが、点滴で抗生物質も投薬されているようで、少なくとも悪くはなっていないようだ。担当看護師が変わるのは病院では仕方がないことなのであろう。

by yellowtail5a01 | 2016-12-27 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2016年12月26日(月)うす曇り時々小雨

午後から三宮で知り合いのお嬢様のヴァイオリンコンサート。去年も声を掛けていただいていたが、出勤日の調整がつかずパスとなった。今年は早くに調整し、満を持して参加予定だったが、思うようにいかないものである。

先週に病院で検査をしてもらって、大したことはないと診断された母だったが、今日施設に訪ねると担当看護師が深刻な表情。水分は少し摂れているが、食事は一切受け付けず流動食も摂れていないとのこと。

病院への入院はなるべく避けたいと思っていたが、このまま食べられない、飲めない状態が続くと命に関わるとのこと。医師の意見を聞くべく、急遽再度の検診に病院に向かう。医師の見立ても同じで、この状態では点滴で水分や最低限の栄養を補わないと危ないとのこと。

急遽入院手続きに移る。CT検査結果でも肺炎の手前であることが確認された。夕方には無事入院手続きも完了し、施設から日用品を運び込む。点滴の効果がすぐに表れたのか、顔色も表情もよくなった気がする。取りあえず一安心で引き揚げる。

こんな時に限って夜からの出張仕事が被っており、7時前には出発。空路で東京に入る。窓から夜の鳥瞰写真を撮る。
e0083517_02492092.jpg
前回と同じ品川駅前の品川プリンス系のビジネスホテルに泊まる。コンサートは残念だったが、今日入院を決断して結果オーライだったと思う。

by yellowtail5a01 | 2016-12-26 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2016年12月25日(日) 晴

クリスマス三連休が連日の忘年会になるとは予測していなかった。夜はいなくて申し訳ないが、昼間は家事や年賀状準備などに勤しんでいるので、大目に見てもらおう。今日はヨットグループ忘年会だ。

夕方から淀屋橋のスパニッシュレストランに向かう。春先か夏に別のグループの会食で使ったお店だ。黄昏時の御堂筋イルミネーションがどぎつくなくて美しい。
e0083517_02475780.jpg
ハムやパエージャもいいが、やはり南蛮焼きの有頭海老が一番の好物である。
e0083517_02483851.jpg
恒例の全員記念写真を撮れなかったが、20人くらいの大パーティとなった。
e0083517_02481639.jpg
よく考えると自分だけ写っていなかった。
e0083517_02482681.jpg
お決まりのコースで二次会は、新地のスナックへ。今年は少しおとなしかった気もするが、被り物をかぶっての歌合戦。コーラスを始めてからカラオケが苦手になっている。

 コーラス調で「赤鼻のトナカイ」と「きよしこの夜」を十三歌会仲間のHさんと二人で合唱したが、まずまず息があっていたようで嬉しい。夜は更け行き終電少し前の電車で無事帰宅。それなりに疲れる。

by yellowtail5a01 | 2016-12-25 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2016年12月24日(土) 晴

夕刻より守口に向かう。法務と知財のOBと現役混じりのミニ同窓会。6人の予定が4人になってしまったのはちょっと残念だが、11月中旬に亡くなられた共通の先輩U氏を偲んで、献杯でスタートする。

守口の元禄堤に位置するお店はまだ新しいようだが、なかなか本格的な割烹料理。お酒もしっかりいただいてもリーズナブル。守口はサンヨーもなくなり衰退気味かと思いきや、こんなお店が増えているようで捨て置けない。

各お料理のネーミングがなかなか洒落ている。一番感動したのは、お吸い物。薄氷越し海老と蕪のお吸い物。透き通るくらい薄く切った蕪がまるで薄氷のよう。
e0083517_11401352.jpg
おつくり盛り合わせも関西では珍しい金目鯛の炙り刺身。他の素材も見た目にも綺麗で美味しい。
e0083517_11402360.jpg
5時半から8時前までビール、焼酎、熱燗、冷酒とたっぷりいただいて出来上がる。
e0083517_11405328.jpg
 〆は今日の世話役であるKさんのご主人の営むバーに流れ、上等のウィスキーをいただく。これだけチャンポンすると帰りが危ない。それでも京阪、JR東西線を乗り継ぎ、無事迷うことなく帰宅することができた。

by yellowtail5a01 | 2016-12-24 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2016年12月23日(金) うす曇り

びっくりするほど暖かだった昨日と打って変わり、冷え冷え感が戻ってきた。それでも例年のこの時期に比べると温かい方であろう。

P社入社直後の新入社員研修工場実習の三か月を共に過ごして以来、定年するまで親交の深かった三人組であったが、年齢は一番若いK君が定年退職の一年後に他界したのが東北大震災直後の五月末だった。

あれから早5年半が経過している。一周忌の後にご自宅を訪ねお線香を上げさせてもらってからも四年強がたっている。格別の家族ぐるみの付き合いがあったわけではないが、お互いに家族で家に招いての交流もあった。

未亡人となってしまった細君は元気に過ごしているのだろうかと11月にS君と会った時に、話題にあがり、K夫人を引っ張り出して三人でのプチ忘年会をしようということになった。

落語好きだったK君を偲んで、天満天神繁昌亭で昼席をたっぷり見た後で、天神橋筋商店街界隈の居酒屋さんで忘年会。
e0083517_15015051.jpg
K夫人は、すっかり元気になっておられ、間もなく高齢者に仲間入りとのことだが、仕事に交友に旅行に自由気ままに毎日を謳歌しておられる模様。

一周忌の頃とは見違えるほど表情も生き生きしていて、元気いっぱいによく喋り、よく笑い、よく食べ、よく飲む。反ってこちらが元気のおすそ分けをしてもらった気分。

五時の開店とともに宴会を始めたので、七時半にはお開きとなる。腹ごなしに南森町から御堂筋に向かった散歩し、もう一軒どこにしようということになる。

梅新交差点は、南方面は柔らかいイルミネーション。
e0083517_15020102.jpg
 一方、北方面はブルー系の発光ダイオード。こちらは寒々しくてあまり好みではない。
e0083517_15225427.jpg
解散するには早いので、安上がりで気楽なカラオケとする。自分もコーラスを始めてからずいぶん足が遠のいていた久しぶりのカラオケだ。

クリスマスイブイブということで、たくさんのクリスマスソングを三人で斉唱し、童心に戻ることができた。落語といい、カラオケといい、自分の土俵に引っ張り込んだ感がしないでもないが、バイバイするときに「楽しかったわ、またやりましょう!」と意見が一致したのでよかった。

by yellowtail5a01 | 2016-12-23 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2016年12月22日(木) 曇り時々雨

SWINGの練習日だが、同じ日に先生のリサイタルがプレラホールで開催されるので、練習場所をプレラホール6階の音楽室に移し、午前中の練習とする。西宮北口から徒歩2分くらいでこんな便利な練習場所があるとは驚き。垂水や長田、兵庫よりもありがたい。
e0083517_23584866.jpg
大半の皆さんが午後のリサイタルにも行くので、大勢で入れるレストランを探し団体席を作ってもらう。道路を挟んだ北側のなでしこビル8階の野菜中心のフランス料理。穴場のようである。ほとんどが女性客。綺麗なランチだが、ちょっと物足りないかも。
e0083517_23592922.jpg
千賀先生のステージは真っ赤なドレスでいつもと雰囲気が違う。さすがに現役プロのソプラノ歌手で、いくつかのオペラからの有名曲を堪能させていただく。
e0083517_23585796.jpg
参考になったのは、若手テノール歌手の土井淳平氏。どうすればあのような透き通って伸びのある声がでるものか。アンコールではデュオで美しい曲が披露された。曲名はわからなかったが、後から調べると「Time to say goodbye」に違いない。
e0083517_23591820.jpg
 



by yellowtail5a01 | 2016-12-22 23:59 | 音楽 | Comments(0)