ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2017年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2017年2月28日(火)晴

いろいろと変化の多かった二月も今日でおしまい。母を送ったことで5歳くらいは歳を取ってしまったような気分である。今日は娘と孫に会う癒しの一日。母の前夜祭の時にも会ったが、バタバタしていてほとんど遊べなかったので、今日は存分に遊ぶ。

ジィジはどうやら砂場遊びの友となっているようだ。風もなく、いいお天気なので近場の公園に出向く。CX-5を家に忘れ、スマホを娘宅に忘れたので仕方なくガラケーのカメラで撮るが、解像度が低くて物足りない。
e0083517_01055920.jpg

娘宅に戻って、持ってきたイチゴとケーキをいただく。バァバはイチゴのバァバになりつつあるようだ。
e0083517_00465987.jpg

閑話休題、気になっていたイカナゴ漁の解禁日は3月7日に決定したようだ。今年は禁漁という噂もあったがとりあえずは大丈夫そうである。三月七日以降は忙しくなりそうだ。そのためにも確定申告はそれまでに片付けておきたいものである。

by yellowtail5a01 | 2017-02-28 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月27日(月)晴

朝から快晴で気持ちがいい。近所の郵便局情報では、28日にイカナゴの試験漁があるそうな。大方の予想では去年に引き続き今年も不漁が予測されているようだ。まあ、キロ2000円までなら許容範囲と考えておこう。

近くの海岸ではワカメを採る人がこの季節多い。
e0083517_01240691.jpg
水も温んできたようで、春の海全開の模様である。
e0083517_01244140.jpg
水面に近づくと少し風景も変わる。遠く明石海峡大橋を望む。
e0083517_01242077.jpg
西は姫路方面。家島群島も近くに見える。
e0083517_01242975.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-27 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年2月26日(日)晴

葬儀社のサービスで葬儀後の事務手続きのカウンセリングというのがあるので、兄と二人で訪ねる。目的はきっと後の香典返しの営業や手続代行の営業目的だろうと覚悟していたが、意外に営業抜きで親身になって相談に乗ってくれるのでありがたい。

二時間くらいいろいろ教えてもらい、まだまだやるべきことがあることを痛感する。先日西宮ガーデンズで衝動買いしたルピナスともう一つの紫花。早く植え替えないといけない。
e0083517_18040747.jpg
こちらの名前はメモしておくべきであった。
e0083517_18042087.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-26 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月25日(土)晴

前回の11日は母の危篤状況となりドタキャンしてしまった英語会であるが、わずか二週間の間の変化の大きさに今更ながら驚く。タイムの記事は二本建てだったが、短い方のアメリカ建国以来の移民政策の記事が内容的にも英語的にも面白かった。
e0083517_00241598.jpg

ほぼ全容が解明されたと思われるが、二点ばかり討議対象になったが明確な結論に至ることができなかった点を残したのが残念である。こういう時にネイティブの助けが欲しい。

若手男性会員候補がオブザーバー参加してくださり、入会間違いないようだ。男性では間違いなく最年少。佐用町からとのことで、とてつもなく遠いので大丈夫かと思うが、たまに都会に出てくるのが楽しみとのことだったので、若いので大丈夫だろう。最年少といってもすでに準高齢者ゾーンには入っておられる。

三時からのユニーク英語は、映画「シャッターアイランド」。6,7年前の作品でデカップリオ主演。かつてここで扱った映画の中で最も難解なトリック映画であった。
e0083517_01245586.jpg
テーマが、第二次大戦中の戦争トラウマ、放火、子供殺し、妻殺し、暴力、ロボトミー手術、etc. 怖いシーンやサイコ場面満載で、正直言ってみたい映画ではないが、ディスカッションのためのネタには事欠かない。参加者はそれなりに盛り上がった感がある。
e0083517_01250728.jpg


by yellowtail5a01 | 2017-02-25 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年2月24日(金)うす曇り

孫に会いに行く日と予定していたが、娘の都合で延期となる。幸い時間ができたのでまだ不十分な明日の英語予習に充てる。タイム記事の方はほぼOKだが、ユニーク英語の映画がまだよく観れていない。"Shutter Island"という精神病監獄の映画だが、主人公(デカプリオ)の妄想と現実が最初から最後まで交錯していて、トリックだらけの映画である。

二度目の鑑賞の時間を取ることができ、大分解明できたがまだ不十分。そうこうして午後を迎えると、今夜のナレッジキャピタルのお誘いが入ってきた。急な話だが、只だし内容も天体に関することなので気分転換に梅田に出かけることにする。
e0083517_18043367.jpg

セミナーは7時から約一時間だったが、大きなディスプレイを屈指してしばし宇宙の旅を楽しむことができた。シリーズでつながるようなので都合が合えば次回以降も参加したいものである。

軽く一杯して帰ろうということになり、グランフロント7階の食堂街を回るがどこも長蛇の列。仕方ないので梅三小路の食堂筋に行くがここも一杯。アーケードを抜けたところのワインのお店を覗くと5分待ちで行けるとのこと。ちょっとイメージは違うがおっさん二人でベジ系ワインハウスのお世話になる。
e0083517_18044348.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-24 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年2月23日(木)うす曇り

昨日は変則だったが、急ぎの仕事があったので出勤日とした。今日はフリーとなるが松竹座の二月公演の安い切符があるというの午後から難波に出向く。この際ついでの用事をいくつか済ます。
e0083517_17545702.jpg
郵便局・銀行は阪神西宮駅に向かう途中で済まし、甲子園で途中下車。三月のオープン戦の引換券を友人からもらっていたので、入場券に替える。甲子園の西口改札も高校時代とはすっかり変わって綺麗になっていた。
e0083517_17544861.jpg
甲子園から難波に直行し、みずほ銀行を見つけて未照合の宝くじの照合換金に期待するが、末尾一桁以外はヒットなし。

声を掛けてくださった仲間と落ち合い席に着く。花道のすぐ横のいい席である。持つべきものは友達、格安でこんないい席をご一緒させていただき、ありがたいものである。
e0083517_17550501.jpg

出し物は「金閣寺」と「連獅子」。艶やかな舞台でお芝居見物という日本人の感性にピッタリの娯楽をエンジョイさせていただく。

難波あたりのお店はほとんど知らないが、ワインバー的レストラン”Buchon"というお店に連れて行ってもらい、軽く二杯ワイングラスを傾ける。
e0083517_17551778.jpg


by yellowtail5a01 | 2017-02-23 23:59 | 文化 | Comments(0)
2017年2月21日(火)曇

少し落ち着いたところともに時間があったので、映画に行こうかということになる。今やっている映画で観るべきといえばやはり「沈黙」をおいて他にない。

母の葬儀を通じて、あらためてキリスト教を近くに感じていたところなので、何か個人的に感じるものがあるかなと思ってしっかり鑑賞したが、キリスト教は本当に日本の民族、文化、感性に溶け込むことができるのだろうか、という前々からの漠然とした疑念が余計に強まった気がした。

平日の午後というのに西宮ガーデンズはよく賑わっている。シニアも多い。
e0083517_17471170.jpg





by yellowtail5a01 | 2017-02-21 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2017年2月20日(月)

母が逝ってからの一週間、バタバタとしてきたが、戻ってきていた息子も広島に帰り、以前の生活に戻る。母ロスというのであろうか。心の中にぽっかりと空洞ができたようでなんかポジティブに動く気持ちが起こらない。

幸い出勤日に当たっていて会社に行くと待ってくれている仕事が山積みで、それに掛かると気分転換になる。風は温かくなり春の気配がまた一歩近づいてきた。
e0083517_00501712.jpg
桜が咲くころにはポジティブ感を取り戻せているのだろうか。徐々に戻っていくことを期待する。
e0083517_00503168.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-20 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年2月19日(日)晴

身内の親戚が集まっている間に納骨式まで済まそうということで、11時に墓地に集合。簡単な礼拝をして、お墓の下に骨を埋める。やがて土に返って行くのだろう。
e0083517_00391761.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-02-19 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年2月18日(土) 晴

10時半から告別式ということで、9時に葬儀会館に出向く。昨夜の前夜式に来ていただいた方もあるが、今日のために来てくれる親戚、ご近所の方で席はほぼ満席となる。母も喜んでいることと思われる。

しかし、事務局担当としては昼食の数が足りるのか、余り過ぎることはないのかが気になる。失礼にならないように親戚の従兄妹に尋ねる。母方の親戚四人は、体調が不調ということで告別式ですぐ帰るとのこと。父方の親戚の一部も体調を理由に早く帰りたいとのこと。無理は言えない。

注文していた料理の数が四っつも余ることになるので、母が親しくしていたご近所の参列者に強引に声を掛けて焼き場への動向、精進上揚げの昼食に巻き込む。牧師先生にも声を掛けて参加いただく。

おかげで、余りは一つのみとすることができた。一つは影膳として母の写真の前に置く。


by yellowtail5a01 | 2017-02-18 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)