ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2017年11月17日(金) 晴 

格別の予定のない日が久しぶりにめぐってきた。朝一番は、家内が駅前の英語サークルに出席するというので、送っていく。その帰りに、コーナンとロイヤルホームセンターをハシゴする。10月に植え付けたプランターのパンジーの一つが、根を張っていないので、補充の苗を求める。

ピッタリのものがなかったが、近いもの、似ているが花が小さい弱弱しい苗を複数購入して帰る。ToDoListにはやるべきこと満載だが、このタイミングで行きたいところが二カ所。神戸市立森林植物園の紅葉が見ごろと思われる。もう一つは近場の有馬瑞宝寺公園の紅葉。

紅葉写真が目的だが、もう一つの目的はバイク六兵衛号をたまにはエンジン回してバッテリーに充電しておくことにある。時間も遅かったので、瑞峰寺公園に決定。問題は駐車場(駐輪場)がないこと。ガードマンの目を掠めて路上駐輪とする。

人出はあまり多くないが、それなりに名所化している。やはり山門の佇まいが渋い。
e0083517_04371047.jpg
茶屋の緋毛氈もアクセント。
e0083517_04362937.jpg
ドウダンツツジの紅葉も今が見ごろ。
e0083517_04373404.jpg
狭い公園だが、近所では紅葉名所として誇れるスポットではある。
e0083517_04374911.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-17 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年11月16日(木) 晴 

仕事は神田界隈で午後の二時間半。午前中はフリーなので、遅い目に起きて新宿近辺を散歩。新宿駅を上から一ぼできるスポットができている。
e0083517_02550876.jpg
新宿に泊まるのはいつ以来のことか。
e0083517_02545961.jpg
午前中の時間の過ごし方としては、当然上野である。国立博物館の運慶展が、今お奨めらしい。上野駅で降りて北西に向かうと、木曜日の午前中なのに、すごい人出。やはり東京は凄いと思う。
e0083517_02552485.jpg
国立博物館に向かう人もはんぱではない。
e0083517_02562008.jpg
e0083517_02553600.jpg
上野の森美術館では、「怖い絵展」。上野駅構内の案内掲示板では、運慶が60分、怖い絵が80分の待ち時間とのこと。怖い絵は神戸で観たのでいいが、運慶も60分待ちはきつい。
e0083517_02560371.jpg
都美でやっているゴッホと西洋美術館の北斎ジャパネスク展をセットで観ることにする。
e0083517_02554960.jpg
ゴッホが日本の浮世絵を初めとする絵画や情景に憧憬を持っていたことは初めて知った。音声ガイドを聴きながら、いかにゴッホが日本の美術に影響を受けてきたのかをつぶさに観察できた。運慶と怖い絵の人気で、都美は空いているのではと思ったが、それなりに混んでいて時間がかかる。

予定の時間が来てしまい、神田の仕事場に余裕をもって向かう。初めてのクライアントで、グーグルマップに頼っていくが、道に迷い、已む無くタクシーに乗って探してもらうが、そのナビも不調。会社の営業担当にSOSを出して、交差点に迎えに来てもらいなんとか到着できたのは、開講予定の1分前。冷や汗ものだったが、メインの受講者も遅れたので、結果オーライ。

仕事は3時半きっかりに終わり、再度上野に向かう。フランスから観た浮世絵を午前に観たが、葛飾北斎にフィーチャーしたフランスやイングランドへの影響をテーマにした「北斎ジャポニズム」も合わせ観たい。
e0083517_02565322.jpg
こちらも音声ガイドに従い、北斎のモチーフや構図がどれだけヨーロッパの著名画家に取り入れられているのかが如実に展示されている。上野に近い仕事場のおかげで芸術の秋を満喫させてもらった。
e0083517_02570539.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-16 03:52 | 文化・教養 | Comments(0)
2017年11月15日(水) 晴 

大手銀行主催の無料セミナーを受講予定だったが、明日の講師業務の関係で前日夜から出てくるべしという要請があったので、セミナーは諦め午後から東京に向かう。まだ11月なのでイルミネーションはこれからかと思っていたが、新宿駅南口界隈はもう電飾が始まっている。
e0083517_02544222.jpg
打ち合わせを兼ねた飲み会の後は、二次会に流れ久しぶりのカラオケに興じる。こちらは明日の午後からの仕事だが、朝から仕事のある現役のみなさん、遅くまで付き合っていただき感謝である。

# by yellowtail5a01 | 2017-11-15 23:59 | 旅行・出張 | Comments(0)
2017年11月14日(火) 雨 

変則出勤日ではあるが、毎月第二月曜日は十三での予定が確定しているので、もはや変則ではない感のある火曜日。業務の方は、今気合を入れて取り組んでいるプロジェクトが、チームメンバーの若手社員が頑張ってくれており、順調に進んでいる感がある。これで、結果をしっかり出せればいいと思う。

朝から雨模様だが、雨ならではの珍しい光景にも出くわす。昼休みに海岸道路を歩いていると、ヒトデやフグを発見。おそらく釣り人が外道として釣り上げたのを道路に捨てたのだろう。晴れていればカラカラに乾いて見過ごすところだが、雨のおかげで生きているのかと思うほどリアル。
e0083517_04164715.jpg
ヒトデをここで観るのは初めて。
e0083517_04163670.jpg
雨だが、時化ではないので釣り船は出ている。帰港を急ぐ釣り船にカモメがまつわりついているというのは、きっと大漁だったのであろう。
e0083517_04170588.jpg



# by yellowtail5a01 | 2017-11-14 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年11月13日(月) 晴 

変則の月曜日。といっても第二月曜日は、十三歌会と定着して久しいので変則とは言えないかも知れない。昨日、しっかり声を出した翌日だからか、今日は比較的高いところまで声が出た気がする。

十三仲間五人でランチをして摂津本山に向かう。と言ってもわざわざ大阪を経由しなくても、阪急特急で岡本に行き、歩けば5分。梅田・大阪での乗り換えよりも効率的だ。

営業部門、国際部門、本社で組合役員をやっていたメンバーでの懇親会だが、今回は特別趣向で新明和工業㈱の社外役員をしているメンバーが段取りしてくださり、工場見学会。

防衛相御用達ということで、機密度の高い見学ということになる。工場内は撮影禁止で、せっかく本物のUS-2を遠目に見ることができたが、隠し撮りする勇気はない。模型や映像でUS-2の特徴をしっかり理解できた。

自衛隊の救助活動で日々活躍しているようだ。辛坊さんが東北沖でヨット遭難事故を起こした時も救援に向かったのはUS-2とのこと。3メートルの波で離発着が可能らしい。
e0083517_13172378.jpg
見学の後、天満橋までまた出直して夜の懇親会。いつもながらの顔ぶれだが、皆さんのスピーチを聴くのも楽しいものである。
e0083517_04075406.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-13 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年11月12日(日) 晴 

確か前回乗ったのは九月だったか。マネージャの職場後輩女子が四人ゲストで華やいだセーリングとなったのを記憶する。その後はOB/OG会や各種の同窓会・OB会が集中し、ヨットには行けなかった。

もっとも台風が連続でやってきてセーリングどころではなかった模様である。皆さんもひと月振りとのこと。まずは台風対策で補強していたロープ類の解除、畳み込んでおいたドジャー(風防)やビミニトップ(パラソル)を付けなおさないといけない。

艇は全く無事だったが、対策が不十分だった艇は帆がボロボロに破けたり、係留ロープが切れて損傷を受けたのもあったらしい。当艇も揺られて冷蔵庫の中がひっくり返っていたようで、いったんは開いたが二度目は引っかかってドアが開かなくなった。

少しだけ見学というHさんがアナゴのお土産を持ってきてくださり、そのアナゴを冷蔵庫に入れた後、ロックしてしまったので大騒動となる。Hさんは、見学だけということだったが、せっかくなので最短コースを機走でぐるっと回って初体験をしていただく。

Hさんをお見送りをした後、沖に向かうが、揺れる艇内キャビンでは作業も捗らず、今日は対策解除とあとはアナゴ酒盛りということになる。
e0083517_03214136.jpg
誠に立派な肉厚のアナゴ。日本酒が合いそうだが、今日は午後にコーラス練習が控えているので、日本酒は諦めスパークリングワインを少しいただくに留める。

一時半頃には解散となり、慌てることなく三宮に向かう。このところボイトレ指導者の先生がお休みなので、自主練習が続いている。新春懇親会が近づいてきたが、「この街で」と「芭蕉風」は大分仕上がってきた。

グループのテーマソングにしようと毎回取り組んでいる「デカンショ節」の仕上がりがなかなかである。



# by yellowtail5a01 | 2017-11-12 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年11月11日(土) 晴 

第二土曜日はいつもの通り、四時間コースのタイムを読む会だが、今日は終わりかけにスペシャルゲストを招いている。役員の一人、Kさんの永年来の友人がアメリカから来ておられるというので、少し顔を出してもらうことになった。

今日の記事は、ハリウッドお騒がせのワインスティーン氏について書かれた女性視点の記事数件。5ページもあるので、ただでさえ大変だが、これをN氏の仕切りの下、テキパキとこなし、4時半になる前に完読できた。
e0083517_03212515.jpg
それがよかったのかどうかは微妙である。ゲストが到着する4時半までに少し間隙ができ、それを潮時に帰ってしまわれた方が若干いらしたのが悔やまれるところである。

勉強会での疑問点を、未だに教師をされているというインテリ81歳のネイティブスピーカーに解説してもらうと、かなり疑問点が晴れてくる。30分はあっという間に過ぎ、恒例の二次会はやきとりのまさや西店。予約をしておいたのでゆったりと座れてよかった。ハードな一日だったが、全て目論んだ形でこなせてヤレヤレである。



# by yellowtail5a01 | 2017-11-11 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年11月10日(金) 晴 

いいお天気でゴルフ日和。産機時代の研究所のOBコンペに加えてもらっており、気楽なコンペのはずなのだが、相変わらずショットもパットも不調。特に寄せが悪い。せっかくコツをつかんだと思っていたのに、さっぱり。トップ・ザックリが交互に出る。

去年だったか、旧スポニチで一緒に回った女子プロから練習グリーンで特訓を受け、よくなっていたのが元の木阿弥。51-56で107は最近の定番スコアになってしまった。結果はまたしてもブービー賞。メーカーよりかは賞金が入る分ましか。
e0083517_03202636.jpg
お天気と仲間には恵まれて、気持ちよく楽しいゴルフラウンドではあった。これで優勝に絡んでワクワクするようなスコアが出たらどれだけ楽しかったものかと思われる。我慢の時か、或いははたまたゴルフもそろそろ潮時か。
e0083517_03203362.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-10 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年11月7日~9日(火~木) 薄曇り~雨~晴 

前々から家内にせがまれていた由布院温泉ツアー。体重減量が目標をクリアしたら実現しようと言っていたが、数年経ってもクリアできない。自分は結構好き勝手に一人で動いているので、ここは折れて計画することにする。

パッケージツアーは足の関係で無理なので、いろんな手段を考えたが、飛行機とレンタカーの組み合わせが一番楽そうである。飛行機はマイレージでカバーすると出費なし。レンタカーは熊本で借りて大分で乗り捨てると、乗り捨て料が加算され、割高だが一日1万円見当。

後は、宿をどうするかだが、これは家内の希望に任せ、初日の黒川温泉は抑えめに、二日目の由布院は少し豪勢にということで折り合う。

10時半出発のJAL機で熊本へ。途中瀬戸内海の景色が懐かしい。家島群島の西島がよく見える。
e0083517_00415260.jpg
熊本に着いて、即レンタカー。コンパクトカーを頼んでいたが、今回はマツダのデミオではなく、日産のノート。昨日的にはデミオに負けているが、コンセプトは自分の古いノートと共通点が多いので違和感がない。まずは、高千穂峡へ。

物心がついた頃に家に飾られていた額が高千穂峡だった。その幽玄な佇まいを一度自分の目で見たいと思っていたところ、チャンスがやってきた。ボートの値段は30分2000円。一人でも三人でも同じだ。家内は、階段を下りられないとのことでクルマで休憩。
e0083517_00423061.jpg
一人でボートに乗っている人は皆無。殆どはカップル。または、親子連れ、団体旅行者の男連れ。
e0083517_00434064.jpg
独りで気楽にカメラを撮りながら、幽玄の世界を目指すが、いかんせんボートが沢山出ていていいショットは撮り難い。
e0083517_00451201.jpg
それでも粘っていると、間隙を縫って静かなチャンスをとらえることができた。
e0083517_00523887.jpg
水の色が美しくて、やはり遠路来た甲斐があったと思う。
e0083517_00532533.jpg
これも阿蘇火山が何万年も前に噴火した時に残した自然の遺跡と思われ、柱状節理にも心を奪われる。
e0083517_02422873.jpg
いい時間になったので、一路黒川温泉に向かう。快適なドライブウェイだが、ところどころ震災の傷跡があるようで通行規制もある。予定通り五時過ぎには黒川温泉に到着し、露天風呂に入った後に早い目の夕食。
e0083517_02431594.jpg
熊本名物の馬刺しがたっぷりと付いているが、好み的にはどんなものか。ちょっともちもちしている感じが強い。あとから出てきたアジサイ牛の焼き肉がずっと美味しかった。
e0083517_02432691.jpg
黒川温泉名物の温泉手形をゲットして、近所の温泉巡りをする。三軒回ったが、最初に行ったいこい旅館の露天風呂が一番よかった。
e0083517_02434177.jpg
それぞれ個性があっていいのだが、最後に行った洞窟温泉は凄い個性の露天風呂であった。暗くて湯気が上がっていて写真が難しい。
e0083517_02441407.jpg
11月8日(水) 雨 

今日は、阿蘇山めぐりをしようと思ったが、生憎朝からの雨。
e0083517_02445608.jpg
朝食をゆっくりいただいて、今日の行動計画を考える。
e0083517_02444742.jpg
雨なので、九重山や大観峰に行っても何も見えないであろう。旅館の若女将の助言で、阿蘇火山博物館に行くことにする。ここなら雨を気にせずに学習もできる。阿蘇山、カルデラの歴史がわかり易く説明されている。
e0083517_02453267.jpg
来た道を引き返し、黒川温泉を掠めて由布院へ。ナビの設定を間違え少し余分なルートを走らされる。道中立ち寄った休憩スポット。お店はクローズドだが、トイレはあいている。
e0083517_02454232.jpg
チェックインタイムより早く旅館に着いたので、湯平温泉に出向く。温泉には入れないが、山頭火ミュージアムがあるというので、これはチェックしておきたい。高倉健・田中裕子主演の印象深い映画だった。その映画で知った山頭火だ。映画でも出てきた「分け入っても分け入っても青い山」は好きな詩。
e0083517_02465196.jpg
町並みもひなびた温泉ムード全開でいい感じだが、坂道が多すぎて家内には無理である。ここでも駐車場の車の中で待ってもらう。
e0083517_02473021.jpg
標高がそこそこあるのか、紅葉は由布院よりも進んでいるようで見頃である。
e0083517_02480274.jpg
由布院に向かうと、朝は全く見えなかった由布岳が頂上を隠して勇姿を現わす。
e0083517_02482487.jpg
繁華街の少しはずれにある由布院亭に無事チェックイン。まずは露天風呂を楽しむ。
e0083517_02484580.jpg
ここのいいところは、お風呂から出たところに東屋があり、ビールサーバーが置かれている。生ビールが飲み放題というのがいい。晩御飯は、少しはり込んだおかげか、なかなかのご馳走である。
e0083517_02485655.jpg
しゃぶしゃぶの後にまたご馳走が出てくる。
e0083517_02505414.jpg
食後も時間があるので、お風呂に入りたく成れば露天風呂に行き、出たところでビール。ビールを飲みたくなったら露天風呂に行き、帰りにビールを一杯飲んで、さらに部屋にカップを両手で持って帰る。

9日(木) 晴

ようやく晴れ上がった。昨日見られなかった九重連山、阿蘇山方面を目指すことにする。まずはこの界隈の観光名所、日本一という夢の大吊橋。遠景写真を撮るにとどめる。お金を払って渡る観光客は外国人が大半。
e0083517_03135767.jpg
正面から見るとつり橋には見えず、何かのモニュメント。
e0083517_03132907.jpg
九重からやまなみハイウェイを抜けて阿蘇に向かう。昨日火山博物館でカルデラの特徴をしっかり学んだので、実感が湧く。阿蘇五岳を展望し360度パノラマの楽しめる大観峰を目指す。駐車場から700メートルほど坂を上らないといけない。家内にどうする?と尋ねると、ここくらいは登るというので、手を引きつつ時間をかけて休み休み登る。
e0083517_03145008.jpg
頂上の三角点に立つと、見晴らしは最高だが逆光方向の五岳は靄の中。目を凝らして想像力を掻き立てると判別はできるが、写真には写りそうもない。北の空は青くまだ透き通っているのだが。
e0083517_03152271.jpg
どうやら阿蘇山、草千里には縁がなかったようだ。天気のいい方向に引き返す。高原大地を行くやまなみハイウェイはススキの原。途中停車して草原写真に夢中になる。
e0083517_03154836.jpg
外輪山のピークになるのだろう。駐車場があったのでトイレ休憩とする。ここからは九重連山の登山道の入口だ。
e0083517_03165593.jpg
さらに北上して長者原という少し賑やかなところで休憩。ラムサール条約登録湿地とある。阿蘇くじゅう国立公園内にあり、環境省の管轄。同じ湿原でも八幡平の危うい木道に比べると非常にしっかりしている。多様な植物、昆虫を観察できるらしいが、今は一面の枯れすすき原。
e0083517_03180300.jpg
くじゅう連峰をバックになかなかの風景である。
e0083517_03192131.jpg
遅い目の昼食は、団子汁をいただく。団子が入っていないなぁと後でおばさんに尋ねると、「何言ってんの、だんごいっぱい入ってたでしょう」とのこと。うどんのお化けのようなのをこちらでは団子と呼んでいるようだ。甲斐の「ほうとう」に似た汁であった。
e0083517_03190597.jpg
由布院でどうしても行きたかったのは由布岳を観ながら浸かる露天風呂。山水館という大きなホテルのお風呂がよさげで、家内がどうしてもここは行きたいとのことだったので、日帰り入浴として寄る。700円は相場より割高だが、さすがに眺めのいい露天風呂。泉質は単純泉のようでそれほど温泉らしくない。
e0083517_03194351.jpg
大分空港まで時間があるので、高速を通らず地道で由布岳の周りを縫って別府方面に。今度由布岳に会えるのは何時になるのだろうと旅情を味わいつつ別れる。
e0083517_03195582.jpg
余裕で大分空港に着き、ガソリンを満タンにして返却。500km強走って30リットル少々。普通のガソリン車でも燃費が改善されていることを実感する。

今回浸かった温泉は、宿のも含めて6カ所。露天風呂の景色や広さもあるが、一番温泉らしかったのは、黒川温泉の宿、美里だった。透明なお湯が多い黒川温泉だったが、ここのは薄い白濁、硫黄臭が微かにした。夕方と朝ではお湯の色が違って見えたのも珍しい。

介護旅行という感じがしないわけでもないが、温泉と撮影と運転とグルメ以外は何も考えることもなく、リラックスできたと思う。

# by yellowtail5a01 | 2017-11-09 23:59 | 旅行・出張 | Comments(2)
2017年11月6日(月) 晴 

急に寒くなってきたが、お天気には恵まれ、播磨灘も輝いている。10月末以来気合を入れて取り掛かっている海外プロジェクトに気合が入る。将来水平展開できると、相当な収益改善に役立てそうである。

晴れ上がると海も美しい。
e0083517_23190047.jpg
海も空も美しい。
e0083517_23204828.jpg



# by yellowtail5a01 | 2017-11-06 23:59 | 旅行・出張 | Comments(0)
2017年11月5日(日) 晴 

いいお天気が続く。今日は、娘宅に行って婿殿と家内の合同お誕生日会。二人とも10月なので、併せてやる習慣が定着。
e0083517_00404507.jpg
下の孫娘は、まだおねんねがほとんどだが目を開けていることも増えてきた。
e0083517_00402148.jpg
従姉妹のKちゃんがロンドンから贈ってくれたという可愛いつなぎ。愛用しているようだ。
e0083517_00403439.jpg
上の男の子アキ君はますます表情豊かで元気いっぱい。
e0083517_00411808.jpg
近所のジャパンに行くとジャパン音頭に合わせて踊り出す。面白い年頃になってきた。
e0083517_00414057.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-11-05 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年11月4日(土) 晴のち曇 

昨日の小学校同窓会が、一連のreunion関連行事では一番のビッグイベントであったが、それも無事終わりある種の達成感、安堵感があるが、この三連休のもう一つのイベントは家族関連。予定は変遷するが、明日のイベントに備えての準備に奔走させられる。そういう中で、書斎に飾ったダイモンジソウの花が咲いてくれて癒される。
e0083517_01422557.jpg
花弁が太い目なのがちょっと不満だが、紅鶴という品種に相応しくいい色である。枯らさないように日々の水遣りに注意しようと思う。

夕方からは、ホームパーティに誘われていたのでそちらに赴く。何ともありがたい企画である。美味しい手料理、ケータリングの本格的お料理が用意され、10人ほどの客の一人としてご馳走とワインにあやかる。
e0083517_01424578.jpg
4時頃からお開きの8時頃まで、ヴィンテージワインにご馳走をいただきながら、お喋りタイム。80代のホスト女性とそのお嬢さんに感謝。知的な会話、ときおりやや痴的な会話が弾む。世界一美味しい煮卵は、マダムのお手製。確かに美味しい卵だった。
e0083517_01430431.jpg
お嬢さんの労作のサラダも素敵なお料理だった。
e0083517_01432599.jpg
やはりアメリカ暮らしが長かったマダムならではのホームパーティ。お声を掛けていただけ、ありがたい限りである。



# by yellowtail5a01 | 2017-11-04 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年11月3日(金) 晴 

とうとうやってきた小学校同窓会。ほぼ想定通りの時間配分、内容で進行する。前回とほぼ同数の30名弱が集まり、メインの同窓会、続きの二次会に参集。プログラムの大半は近況報告。皆さん面白おかしくニ、三分で話をまとめられる。

特別のイベントらしいものはないが、三年振りの旧交を温めることができ、皆さんから世話役に対する感謝の言葉をいただき、世話役冥利に尽きる。中核となってプロデュースしてくれたS君には特に感謝。

早くから来て受け付け、会計の重責を担当してくれたSさん・Tさんの県西コンビ、その応援をしてくれたS先生、道案内に立ってくれたOくん・H君など、自発的に応援いただいた皆さまに深謝である。
e0083517_01295311.jpg
関東から5名、名古屋方面から2名も参加いただけありがたい。次回開催は、二年後の古希記念にすることが決まった。皆さん、元気に再会したいものである。全員記念写真を撮る。
e0083517_01530106.jpg
二次会にも大半の皆さんが流れ、自分としては全員の皆様と旧交を温めることができ、満足。二次会から参加いただいた方ともじっくりお話しすることができた。

三次会のカラオケは、残念ながら六人しか集まらずちょっと残念だったが、六人でマイクを回すことができた。最後まで付き合ってくださった皆さんに感謝である。

# by yellowtail5a01 | 2017-11-03 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年11月2日(木) 晴 

三連休前の木曜日は、天気予報通りの快晴に恵まれる。明日の第三回同窓会に先駆けて12人で恒例のゴルフ。今日は、スペシャルゲストして同級生のプロゴルファーT君とその友人プロY氏を迎える。Y氏は同窓生ではないが、おない歳。タイガーズで左腕をならした名ピッチャー。

このところゴルフラウンドが続いているが、いずれもいいお天気。その中でも今日という今日は、スタートからホールアウトまで一度も雲を見ない快晴。こんなのも珍しい。スタート前は皆元気。
e0083517_20325447.jpg
とにかく気持ちのいいお天気であった。
e0083517_20361964.jpg
ドライバーとフェアウェイウッドの当たりはよかったのだが、このところ傾向として、アプロ―チとバンカーで手こずる。ブルーティーから打ったという厳しさもあるが、このところの定着スコアとなった54-56の110をたたく。

同パーティで回ったK君が優勝。68歳とは思えない素晴らしい飛距離であった。
e0083517_20331866.jpg
女性陣にグロスで負けなかったのがせめてもの慰み。幸か不幸かブービーとなり賞金にはありつく。参加費がチャラになった計算だが、素直に喜べない。

# by yellowtail5a01 | 2017-11-02 21:05 | ゴルフ | Comments(0)
2017年11月1日(水) 晴 

いよいよ月替わりして霜月に突入。前半は特に忙しく、行事目白押し。皮切りに今日は朝7時過ぎに家を出て、京阪電車の門真市駅に向かう。守口市駅にはしばしば向かうが、門真市駅には何年振りか。

会社関連施設の松心会館というのがあり、ここの予約システムが今日から変更となり、来年10月の予約も今日ならできるとの情報を得た。世話役仲間のS氏と一緒に申し込みに臨む。

大勢の世話役の皆さんが、早朝より集まっている。平均年齢は70歳をこえているであろう。
e0083517_19210004.jpg
競合相手があれば、話合い、それで調整つかなければ抽選になるとのこと。幸い競合先はなく、無事予約完了。守口のホテルがいいか、少し安上がりの松心会館がいいのか、総合的に判断して結論を出したい。

往きはJR東西線で京橋乗り換え、門真市駅に来たが、帰りは少しルートを変更し、モノレールで万博公園駅に向かう。ちょうどコスモスフェスタの時期なので寄り道する。
e0083517_19213887.jpg
おりからフウ類が紅葉を始めており、秋のムード抜群。
e0083517_19215794.jpg
同じフウにも、アメリカフウとタイワンフウがあり、ややこしい。葉が三つに分かれているのがタイワンフウ、五つに分れているのがアメリカフウで、一般的にはカナディアンメイプルと呼ばれているようd。フウは漢字で書くと楓で、ますます混乱してくる。

コスモス畑に行くと、なんとなんと。花は例年のように可憐に咲いている。
e0083517_19223840.jpg
しかし、台風21号と22号によってコスモスは、ことごとくなぎ倒されていた。
e0083517_19222829.jpg
今年のコスモスフェスタは、無残に終わった。傷心モードで引き戻す。自然園の木々も枝が折れていたり、葉がいっぱい落ちていたが、人出が少ない分、静寂感を味わえた。
e0083517_19230473.jpg
千里中央で御堂筋線に乗り換え、昼前に梅田に着く。もう一つの目的は、3日の同窓会の終わりがけで予定している、大社小学校の校歌斉唱伴奏のCDが会場のプレーヤーとマッチするかの確認。

三年前の同窓会ではこれがうまくいかず、アカペラ斉唱を余儀なくされた。当日使用するプレーヤーで試験すると無事に音源として使えることを確認。

本日の目標を達成して、梅田で缶ビールを買って駅でいただく。効率よく活動できて、いい月朔日となった。




# by yellowtail5a01 | 2017-11-01 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年10月31日(火) 晴 

足掛け二年がかりで復活した入社同期会コンペ。話は昨年の六月に遡る。P社の株主総会に出席すべく大阪城公園駅を降りると、入社時本社配属仲間のS葉君にバッタリ会った。そこから始まった同期会復活プロジェクト。

今年の株主総会の日には、総会に出席した人、しなかった人、8人が京橋に集まり、十数年振りの本社48会を開催できた。そのときに、ゴルフコンペも復活しようということになり、旗を振ったところ、二組八人の参加を得て、今日のコンペ開催となった。

会場は、ずっとやっていた当時はP社グループ傘下のゴルフ場だったが、今はアコーディア系列になってしまった神戸パインウッズゴルフクラブ。佇まいは昔と何も変わっていない。現役時代の最後のコンペが2001年の春先だったので、実に16年振りとなる。
e0083517_18393735.jpg
朝方は寒かったが、10時頃には暖かいゴルフ日和。スコアはともかく懐かしい顔ぶれで、桜紅葉を愛でつつ、楽しい一日を過ごす。
e0083517_18394847.jpg
一応言い出しっぺとして、事務局ワークを引き受けるが、秘書や人事や多様な人材が多く、自発的に事務局支援を推進してくれるので助かる。表彰式の後、次回開催は半年後か、一年後かを打診しようとすると、「次回は温かくなってからやな」との声がでて、当然のことのごとく四月に決まった。

自分のスコアは52-60と最悪だったが、皆も似たようなものでちょっと安心する。しかし、ダブルペリアではハンディに恵まれずブービーとなる。事務局はやる覚悟はできているので、優勝幹事をサポートして次回は最低三組を目指したい。
e0083517_18400916.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-10-31 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年10月30日(月) 薄曇り 

朝よりも夕が寒い一日となった。先週は結局二日出勤したことになり、今日はその続きの作業に勤しむ。取りあえず契約案は完成できた。他の申請書類はこれからだが、出勤した日に着実に進めて行こうと思う。

海岸風景はすっかり冬モードで、寒々しい。というか実際に寒い。
e0083517_01305023.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-10-30 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年10月29日(日) 雨のち曇 

10月もいよいよお別れの時が迫ってきた。いい季節のはずが、ぐずついた天気が多い10月だった。今日も台風22号の影響で雨、風も強い。11月3日の小学校同窓会の最終打ち合わせで、梅田に向かう。世話役の相棒、S君と二人で最終の打ち合わせ。

イメージは大体固まった。三年ごとのの三回目の同窓会ということで、簡素化を図る。写真班、動画班は割愛し、記念写真は会場のプロに任せることにする。記念写真向けのスペースも確保されていることを確認する。
e0083517_02201910.jpg
問題は、ハービス大阪の会場に皆さんが迷わずに来られること。どうしても難しいところもあるので、案内係をお願いすることにする。
e0083517_02131534.jpg
2時には打ち合わせが終了し、強くなってきた雨の中を帰宅するが、ほどなく雨は上がる。台風の中心は紀伊半島の沖を通過中とのことだが、こちらは雨も風も収まり、台風一過モード。31日の会社同期会コンペ、2日の小学校コンペが続く。ニアピンフラグや賞品材料を買いに武庫川の向こう側のゴルフ5に出向く。

天候は回復方向だが、空模様は怪しい。黒い雲が速いスピードで南に流れている。
e0083517_02132322.jpg
R171を走るも黒い雲が流れ続けている。明日はスッキリと晴れてくれるのだろうか。まあ、明日の天気はどうでもいいが、31日と2日のゴルフ日は晴れ上がって欲しいものである。
e0083517_02135671.jpg
家内は、なぜかご機嫌斜めで家事ストライキ中。昨夜のジャズライブが原因か。面倒くさいので、夕飯は自炊。賞味期限が少し過ぎたトムヤンクンミックスを使って、スープ主体の夕飯とする。不可欠のコリアンダーがハーブプランターで育っていないので、買いに走る。。
e0083517_02141909.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-10-29 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年10月28日(土) 曇り時々雨 

家内の通院アッシーで早朝より高槻に向かう。往きは予定通り1時間少々で余裕で到着できるが、帰りはなぜか混んでいて二時間弱かかる。英語会には間に合うが、改訂名簿の準備などの作業もあり、バタバタで飛び出す。

今日は、自分が引っ張ってきたオブザーバー参加者もあり、その紹介もあり一層のバタバタ。メルケルの選挙戦略に関する記事だったが、ドイツ事情がわからないところもあり、結構難しい。
e0083517_01330694.jpg
三時からのユニーク英語は、「終戦のエンペラー」というアメリカ映画。ハリウッド映画だが、丁寧に作られていると思われる。こちらもいつもなら三回は観て行くのだが、今回は何とか一回観たきり。

マッカーサーの考えがよくわかった。史実としてすべて正しいのかどうかはわからないが、かなり忠実に作られているものとは思われる。残念なのは、小学校でも中高でも近現代史はほとんど習わなかった点である。

結局、太平洋戦争に絡む現代史は、小説や映画でしか知ることができない。フィクションなのか事実なのかの判断が難しい。

芦屋市民センターの4階はハロウィーンモード。手の込んだ飾りつけが出来上がっている。
e0083517_01355792.jpg
二次会は全員が鳥貴族に流れる。11人という人数の席は、いびつなレイアウトで不満が残る。コストパーフォーマンスは悪くないが、味の好みから行くとまさやに軍配が上がる感じである。

7時に二次会を解散し、有志で三次会のジャズライブに向かう。北野坂のレストランソネでの北浪良佳さんをきジャズファンの三人で聴きに行く。
e0083517_01362627.jpg
撮影は禁止されているが、一枚だけ隠し撮りさせてもらう。
e0083517_01361081.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-10-28 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年10月27日(金) 晴 

朝から歯医者さんの定期検診。昨日の同窓会でも話題になった歯の手入れの重要性。二ヶ月に一度の定期検診はこの歳になると重要なのであろう。

帰り道見かけた保育園の園児お散歩風景。12人の幼児に4人の保母さんが付いている。保育料も高くつくことだろうと思われる。しかし、保母さんの給与は安いのであろう。
e0083517_01104147.jpg
政治家は口を揃えて美辞麗句を語るが、本気はあるのかと娘の姿がオーバーラップする。

今日は、基本的にはフリーなのだが、明日の英語の予習が重い。しかし、その合間を縫って、英語仲間で絵を描いている人の作品発表会。一緒に観に行く仲間と三人で、先ずは芦屋ランチ。一番安いランチだが、お店の雰囲気はいい。
e0083517_01110017.jpg
オードブルの後は、スープかパスタ。パスタを選ぶ。
e0083517_01111805.jpg
メインは明石鯛のバルサミコ風味ソテー。食事をしながら会話は弾む。女性二人のマシンガントークにはついて行けないが、他愛ない話題の中で、少し考えさせられるテーマがあった。
e0083517_01112708.jpg
Kさんの心情として、最近このようなコミュニティ、そこでの集い、会食の機会がとても貴重に思われるとの感想。日々いろんな会合に顔を出すと新たな出会いもあるのだが、打ち解けるまでにはある程度の時間が必要。

現に今日集まった三人も、出会った当時からの仲良しというわけではなかった。五年、十年と月に一度同じ会合に集う中で、気心の許し合える仲間となれる。

人生の残された時間を考えると、そうそういつまでもコミュニティを拡大できるわけではない。今築いているコミュニティの大切さが実感されるという結論に三人で落ち着いた。

その中で、同窓会というのは時間を飛び越えて懐かしいコミュニティにワープできるので、やはり貴重な機会であることも意見が合う。

デザートとコーヒが付いて納得のランチとなる。芦屋市民センターの三階の展覧会場で、作者の解説付きで一通り回る。Yさんの技量も年を重ねるごとに上がっていることを実感する。
e0083517_01113958.jpg
「橋」というテーマで、Yさんが倉敷の橋を描いた作品が光っていた。

# by yellowtail5a01 | 2017-10-27 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年10月26日(木) 晴 

ニュースによると14日振りの秋晴れとのこと。関東から今日の日に二人のメンバーを迎え、東西対抗戦を実施。去年も東軍が勝ったが、今年も東軍の圧勝。ホームコースで開催しながらふがいない。
e0083517_00473882.jpg
何が悪いのかわからないが、上がってみると54-57の111。まあ、それが今の実力というものか。11月にかけていくつかのコンペを予定しているが、この分では大変なことになりそうである。

10月初旬に来たときにはまだ色づいていなかった10番ホールのメイプルが綺麗に色づいてきた。
e0083517_00475290.jpg
この10番のグリーンわきのメイプルは、本当に植栽としていいと思う。
e0083517_00544530.jpg
それにつけても悔しいのは、女性のTちゃんにグロスで負けてしまったこと。去年よりも飛距離が伸び、アプロ―チが寄り、パターが入るので、満身創痍の身としては致し方ないか。オリンピックもぶっちぎりトップとなる。情けない。
e0083517_00571810.jpg
スタートが比較的遅かったので、ラウンド終了後、サッサとお風呂に入り、夜の宴会に向かう。番狂わせだったのは、Tちゃんの宅急便の集荷時刻が過ぎていたため、明後日の次のラウンドのために今日中に発送手配しないといけないとのことで、バッグを三つ詰め込む。

トランクスペースでは到底入らず、後席の狭い方を倒し、3バッグを積み上げ、横の狭いスペースに男二人に座ってもらう。幸い二人ともスリム体型だったの収まった。3バッグと四人を乗せても年代物のノートはよく走ってくれた。

途中クロネコヤマトの集配センターに寄り道して、自宅のガレージにクルマを収めて、徒歩と電車で西宮北口のとおせんぼに。10分遅れになったが、無事宴会が始まり、ようやくビールにありつける。旨い!

# by yellowtail5a01 | 2017-10-26 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年10月25日(水) 雨のち曇 

本来であれば月曜日に予定していた東京出張。台風21号の襲来で、日曜の夜に延期を決定し、今日になる。月曜に決行していたなら、新幹線も遅れただろうし、都内の交通網も運休、遅延があったに違いない。

予め購入していた乗車券は有効期間が9日もあるので、問題ないが特急指定席券は変更しないといけないということで、延期が決まった日曜の夕刻にさくら夙川駅に行って、変更手続きをした。

まあ我ながら惚けているのか、変更手続きをしたのは往きの特急券のみ。帰りの分は全く意識の外であった。

少しハードルの高い許可申請の最初の相談として関係者四人で経産省に赴く。相談は小一時間で終わり、所期の目標は達成できた。今後の役割分担を確認して帰路に着く。

帰りの予約は18:00頃ののぞみにしていたので、東京駅のみどりの窓口で早いのぞみに変更してもらうことした。そこで指摘されたのが、「この指定は23日ですよ」とのこと。ハッとして初めて気づく。帰りの分の日にち変更をしていなかった。

中年の男性職員は、奥に引っ込み待つこと約5分。「変更させていただきます。」とのこと。一時は無効かと思ったが、只で変更していただけた。

職員同士のやり取りを小耳にはさむと、「月曜は運休じゃなかったよね」、「うーん、どうだろう」 奥に引っ込んだのは上司と相談したのであろう。

結果オーライだったのは、恐らく台風21号の影響での変更だから運休扱いとしてやろう、という判断だったのであろう。国鉄時代であればそうは行かなかったのだろうと思われる。民営化に感謝、感謝。

# by yellowtail5a01 | 2017-10-25 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年10月24日(火) 曇 

朝から家内の通院アッシーがあったので、その帰りに甲子園のコーナンに足を伸ばし、パンジーの仕入れに行く。@78円の苗は、台風の風で煽られたのか、苗に生気がない。諦めようかと思っていると、奥の方にあった@128円の苗はしっかりしている。

15株必要なので、約750円予算オーバーだが、今年の冬は意外に早い可能性があるので、早く植え込んで根を定着させないと厳寒期までにしっかり育たない可能性がある。

ついでにチューリップの球根を九球買って、パンジーの間に植え込む。三月にもなれば葉が現れ、桜の頃にはパンジーの合い間から頭を上げて開花する予定。パンジーとチューリップのカラーコーディネーションを考えたつもりだが、どんな結果になるか楽しみだ。

衝動買いしたのは、ダイモンジソウの紅鶴。何年か前に神戸市立植物園で購入したダイモンジソウが今年になってようやく開花し、感動を覚えたものの、その後急速に衰弱し殆ど枯れてしまった。酷暑が原因か。そこに500円弱で苗を見つけたので、即購入。

蕾が付いているので、とりあえずこの秋には咲くのであろうが、来年に咲かせる自信はない。目の行き届く書斎の机の上に置くことにする。
e0083517_00234694.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-10-24 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2017年10月23日(月) 晴 

当初予定では、経産省への相談案件で技術の人と東京出張予定だったが、台風21号が未明に東京襲撃とのことだったので、昨夕に延期決定の通知があった。

風雨が残っていれば、無理をして出勤することはないのだが、6時半に起きるといいお天気。風もそれほど吹いていない。電車運行が混乱していれば、無理はするまいと思うが、阪急はほぼ問題ないようである。駅前は昨夜の台風の爪痕が窺える。
e0083517_02032381.jpg
ショックだったのは駅前の大きなケヤキの木の枝が根元から折れて歩道を半分ふさいでいる。
e0083517_02033922.jpg
高速神戸までは順調。学生が全然いないのでいつもより空いている。しかし、高速神戸に着くとホームは人で溢れかえっている。JRが止まっているのであろう。山陽特急は10分の遅れだったが、遅れた分前の特急に乗れたので、東二見着はいつもと同じ。いつも通りに出社できた。

JRは相当混乱していたようで、京都方面から通勤している人は三時間以上遅れていた。経産省相談が繰り延べになったので、必要な書類の作成の時間が取れたのはありがたい。

台風の後の海は、流木やゴミで汚くなるものだが、海も空もいつも以上にスッキリしている。
e0083517_02035445.jpg
釣場になっている桟橋も賑わっている。皆さん、警報に関係なく出勤しているのだと思う。
e0083517_02041083.jpg
晴れているが空には雲が多く、陽光はその合間から降りてくる。なかなか印象的な空と海の風景。
e0083517_02043239.jpg
時間との戦いで、かなり集中して契約案と申請書案に取り掛かる。久しぶりの集中感を体感する。やり残し感はあるが、帰りの社用車の時間となったので、キッパリ切り上げ退社。

出張用のJRの切符は、往復割引を意識して明石―東京の往復割引を買っていたので、帰りは明石から新快速を使う。途中下車自由なので、芦屋で途中下車し、先週土曜日に行った焼鳥店に傘を忘れたので、その回収を図る。

傘だけピックアップするのも大人げないので、お店にブラっと立ち寄り、カウンター席に座る。すると、店長がさっそく「傘をお忘れでしたね」と持ってきてくれる。こちらとしては帰り際に傘のことを言おうと思っていたが、一本取られた気分。しかし、覚えてもらっていて嬉しい。

カウンターに座ったのは初めて。炭火焼を一手に担当している店長とやり取りしながら、日頃注文したことのない部位の焼き鳥を一本づつ注文する。メニューを見ながらソデ、ヤゲンナンコツ、セセリ、ボンジリ、ハツ、トリハラミを注文。

英語会の二次会で、このお店にお世話になりだして恐らく15年位になるが、いつも注文するのは定番ものばかりなので、今日は実験的に珍しいものをいただいた。最初に出てきたのはソデ。
e0083517_02045460.jpg
次にヤゲンナンコツとセセリ。
e0083517_02050477.jpg
ヤゲンナンコツは普通の軟骨よりも存在感がある。セセリはよく聞くが初体験。首周りの肉らしい。お次はボンジリとハツ。
e0083517_02051673.jpg
ハツはわかり易い。ハートの肉である。ボンジリはイメージが難しいが、脂の乗ったジューシーな部位である。
e0083517_02052531.jpg
最後に出てきたのはトリハラミ。腹筋の部位らしい。

どれも美味しかったが、鳥のホルモン焼きのような様相で、皆で来たときに受け入れらるかどうかは微妙である。キモ・スナズリも敬遠される方がいるので、徐々に取り込んでいこうと思う。



# by yellowtail5a01 | 2017-10-23 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年19月22日(日) 雨 

いよいよ台風21号が接近してきて、雨は上がりそうにもない。ひょっとして今日のOB会は中止という連絡がくるかと思ってメールボックスに注意しているが、連絡なし。10時半開場ということなので、9時半には家を出る。

駅に向かう途中に投票所があるので、投票を済ませていく。結果は予想されているので虚しいが、安倍批判票を入れる。野

党の離合集散でわけがわからなくなっているが、数年前に駅前で朝立ちをしていたH候補と話す機会があり、まともな応対だったので、この選挙区の中では唯一応援しようかなと思う候補である。

産機は、確かに自分が一番脂ののっていた30代後半から40代前半を過ごし、小さい社内分社ではあったが、トップからの信頼も得て、また若い部下にも恵まれて一番身を入れて仕事をできた時代である。

深夜残業、土日返上の苛酷な労働環境だったが、全く苦に思うことはなかった。その当時に真剣勝負でやり合った仲間、傷を舐め合った仲間が沢山いる。本社の法務部門とはまた違った懐かしい絆がある。

出席者185名とのこと。そのうち、顔と名前が一致するのはせいぜい三分の一。その中で、ある程度時間を取って喋ったのは25人だった。お互い知っているだけであればその倍は行けたと思うが、やはり気心相通ずるものがないと苦しい。
e0083517_03043304.jpg
以前はたまにしか参加しなかったこの会だが、懐かしさ以外に別の目的ができた。それは、OB会運営のノウハウを参考にすることである。去年から、出席者リスト、会計報告を含むプログラムレジュメを法務部門OG・OG会にも取り入れた。

この会も参加費@\5,000で豊中駅前のシティホテルで頑張っているが、繰越金の減少に歯止めがかからず、来年から会費値上げの宣言がなされた。法務部門もそろそろ限界か。

# by yellowtail5a01 | 2017-10-22 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年10月21日(土) 雨 

台風21号接近で秋雨前線が刺激されて終日の雨模様。出かけるのも億劫なところだが、今日は待ちに待った奇妙で貴重な会合。二年前にひょんなことから男女四人の会が成立し、お互いに相手三人のうち二人は旧知の仲で、一人とは初対面というものだった。

三回目を迎え、全員が旧友のような雰囲気となり、ニックネームで呼び合えある気の置けないお喋り会となっている。遠方から参加するメンバーの来阪時に合わせ、今日に会合を設定。今日のテーマは、ディープな大阪とお洒落な大阪というテーマ。自分はディープな方のランチ会を担当する。

ディープといえば、ミナミになるが、さらに足を伸ばしジャンジャン横丁の串カツ、だるまに案内することにする。「二度漬け禁止やで」という癖のありそうなお店だ。
e0083517_03030102.jpg
元祖店は、カウンター八席のみで土曜日だと一時間待ちとのことだったので、広いお店のジャンジャン店にする。幸い待ち時間なしで入れた。パン粉がキメ細かく、ソースの味もあっさりしていて、思っていたより優美な食べ物である。
e0083517_03024890.jpg
昼前からビールもいただいてほろ酔い気分。さすがに大阪らしく、呼び込むときの「いらっしゃいませー」から一転して、店員には「食うたら出ていけ」オーラが蔓延している。外に出ると、なるほどお店の前には雨の中、長蛇の列ができていた。

店を追い出され、傘をさして動物園のオーバーブリッジを渡って大阪市立美術館に向かう。一週間前からちょうど開催中のウォルトディズニーアート展を鑑賞。
e0083517_03210971.jpg
戦前に生まれたミッキーマウス、ドナルドダック、ダンボから直近の「モアナと伝説の海」までが年代を追って展示されている。小学校時代に学校で観た記憶のある映画「白雪姫」や大人になってから観た「101匹ワンちゃん大行進」、そして「美女と野獣」、「ライオンキング」、「アナ雪」、「モアナ」へと繋がる。

観ていないタイトルも沢山あり、機会があればまた観てみたいものである。美術館南のオープンスペースが芝生となり、緑が美しい。しかし、雨が激しく周辺にできているカフェに飛び込み、美術館内を歩き疲れた脚を休めつつ、お喋りタイム再開。

6時予約のディナータイムにはまだ少し時間があるので、その後は天王寺のジャンカラに流れ込む。1時間半は四人では少し短い目だったが、余韻が残る程度でちょうどいいのかも知れない。シニア割引を使えばリーズナブルなお値段。

夕食は、相棒がセットしてくれた北浜でのお洒落なレストラン。こちらも2000円少々でカジュアルコースをいただける。
e0083517_03031521.jpg
カルパッチョオードブルに始まり、サラダ、パンアソート、パスタ、肉料理、デザートにコーヒーがついてワインなどの飲み物込みでこの値段とはお値打ちである。

台風も接近しているようで雨脚が強くなってきたので、北浜で解散とする。11時半から8時まで、学生時代と現在を行ったり来たりワープしながらのお喋り全開で、今回もネーミングにふさわしい会合となった。この会が末永く続くことを祈る。

# by yellowtail5a01 | 2017-10-21 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年10月20日(金) 曇 

以前は毎年10月初めの神戸ジャズストリートの前夜祭に行っていたメンバーであるが、去年から高額の前夜祭を止め、別の形でジャズを楽しもうということになった。去年は10月末に淡路島にりかちゃんを招いてのイベントとなったが、今年はグレブルでのライブ出演があるというので、五人で訪ねる。

今日は東京から伊藤志宏さんというピアニストを招き、ピアノとボーカルのデュオ。想像通りグレブルは満席。りかちゃんもメジャーデビューからもうかれこれ10年か。CDも沢山出してスタンダードなジャズだけでなく、日本語の歌も独特の感性で取り入れている。
e0083517_02022677.jpg
今日のスペシャルサプライズプログラムとして、りかちゃんのリクエストでオーナーの安藤さんの飛び入りで、伊藤さんとピアノ連弾が実現する。これは特別に写真OKの許可が出たので、いい位置に移動して撮らせてもらう。
e0083517_02025873.jpg
珍しい連弾である。
e0083517_02031941.jpg
良質なジャズを聴いていると頭の中にドーパミンがジュワーと出ているような気がして、しあわせ感を実感する。耳からだけでなく、目からも良質なインプットがある。
e0083517_02034997.jpg
勿論、一緒に楽しめる仲間、美味しいおつまみ、お酒も応援してくれる。アンコールも楽しみ10時頃にはお開き。りかちゃんと伊藤さんに入ってもらい記念写真を撮ってもらう。
e0083517_02041524.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-10-20 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年10月19日(木) 曇ときどき霧雨 

娘と家内のコミュニケーションがうまくいっていなかったようで、昨日か明日に行く予定だった孫面会日が、今日になったようだ。午後三時に門真で別予定があるので、せわしないが慌てて天王寺方面にクルマで向かう。

二週間ぶりに会うと成長のあとがうかがえる。上の男の子は、ジグソーパズルのスピードが格段に速くなっている。完成するまで集中する力も進歩しているのがわかる。この子は天才なのではないかと思うが、この時期の孫を観ているジィジは大概そう思うらしい。

表情も多彩になってきて、ママが嬉しい顔は、怒った顔は、悲しい顔は、変な顔はと言っていくと、多彩な顔を作ってくれる。これは変な顔シリーズ。
e0083517_15072606.jpg
下の女の子は生後二か月を過ぎ、目がしっかりしてきた。しかし、まだコミュニケーションをとれるレベルには至らず、頼りない。
e0083517_15073785.jpg
12時半には別れを告げ、慌てて帰宅する。家にクルマを置いてJRで京橋へ、京阪に乗り換え門真市駅へ。松心会館という会社の施設の運用ルールが11月から変わり、法務部門OB・OG会を松心会館でできるかも知れない線が見えてきた。

ここならホテルと違い、会費5000円据え置きで継続できそうである。但し、10月の土曜日はいろんな事業場のOB会が集中するので、かち合ったら抽選になるようだ。ダメ元で申し込んでみようと思う。世話役相棒と会場見学、実施要領を施設の女性と打ち合わせ、イメージが固まってきた。11月1日の申込日に行って確定したいものである。

# by yellowtail5a01 | 2017-10-19 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年10月18日(水) 曇 

今日は朝から天王寺方面に向かうが、娘宅の予定及び交通渋滞で孫訪問が飛んでしまった。静かな水曜日となり、昼間は家でゴソゴソして夜は甲陽上ヶ原海に出向く。時々会う西宮市内在住の六人が集まる。孫の話と病気の話は禁止にしているが、ついついそちらに流れがちなのは致し方ない。

家を出る前に終盤の酔芙蓉の写真を撮る。蕾は悪そうな顔をしている。
e0083517_15064805.jpg
華が開くと優雅な白い花である。
e0083517_15063257.jpg
甲東園の小さなお店で他愛のない話をに二時間弱してお開きとなる。地元民のつながりというのもいいものである。

# by yellowtail5a01 | 2017-10-18 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年10月17日(火) 雨のち曇 

来週から三つのコンペないしラウンドが続く。ようやく去年来の膝関節の痛み、八月以来の胸筋の痛みが良くなってきて、本来絶好調のコンディションで昔懐かしいメンバーとのコンペに臨まないといけない。しかし、このところ不調で100を切れそうもないので、小学校の友人と気楽な練習ラウンド。

コースはそこそこ高級だが、今日は特別の格安日で昼食付8000円。不便もあるが、ラウンドする分には支障ない。
e0083517_15002969.jpg
ゴルフ場に向かう道中は激しい雨が降っていたが、天気予報通り着いた時には小降り、スタートするときには霧雨に変わり、それもすぐに上がり、レインウェアも傘もなしで回ることができたのはありがたい。
e0083517_14594778.jpg
まあ、お天気は文句をつけられないが、内容は文句をつけたくもなる。確かに長いホールが多く、スコアがまとまり難いが、それにしても53-58の111とは、今年最悪のスコアを記録する。
e0083517_15001851.jpg
それでも昼からは、青空も垣間見られる程度にお天気も回復し、小学校の友人の中高時代の友人という初対面の人とも打ち解けて回ることができた。
e0083517_15005058.jpg
まずは、26日の大学クラスメイツとの東西対抗ゴルフ、31日のP社時代の同期会の復活ゴルフコンペ、そして第11回を迎える小学校のコンペが11月2日に迫っている。いずれも世話役を買って出ているので、優勝しなくていいが恥ずかしくないスコアで回りたいものである。

# by yellowtail5a01 | 2017-10-17 23:59 | ゴルフ | Comments(0)