ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2017年7月25日(火) 曇 

年に一度の年中行事となっている発明審査委員会。トップの揃う御前会議だが、運営主体者から助言的立場になっている。気は楽なはずだが人に任せるというのも、別の意味で気を遣うものである。

経産省への提出資料も無事発送完了したようで、懸案だった七月の業務は完了。しばらくはマイペースでいけそうである。

終日曇り空であったが、夏の到来を感じさせるのは夙川駅前の百日紅。庭のある家に住めたらぜひ植えたかった樹木の一つ。
e0083517_16210665.jpg
和洋中の雰囲気を兼ね備えた珍しい花木である。花も上品で花期長く、幹の風合いも滑らかでいい。駅前ではあるが身近に愛でられるのはありがたいことである。
e0083517_16211808.jpg
今日は土用丑。帰り道にCOOPに寄るとうなぎの垂れ幕が出ており、いつもより心もち安い価格設定。はり込んで国産の大振りうなぎを買って帰る。肝がなかったのは残念だったが、うな丼とちょっと気合を入れて作ったうざくでいただく。写真を撮り忘れたのが悔やまれる。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-25 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年7月24日(月) 薄曇り 

月曜日は出勤日が定番だったが、今年度になってから柔軟性が増し、今日は自由日。9時からテレビにかじりつく。家内の通院アッシーやCOOP買い物の時間を除き、NHKをつけっぱなし。

このやり取りで決定的な結果にはならないのだろうが、答弁の言葉遣い、所作によって、誰が嘘をついているのか真実を言っているのかは、ポリグラフを付けなくても明らかである。

三時に国会中継が終わって屋根裏の書斎に行くと38度まで室温は上昇している。窓を全開しておけばもう少しましだったのだろうが、閉めたままにしていたのがまずかった。

なるべくエアコンは一カ所限定にしているが、背に腹は代えられず三階のエアコンもつける。新婚の時にマンションにつけたエアコンを引っ越し時に屋根裏に移設したものだが、購入以来38年になる。

毎年一番暑い時にはほぼ毎日運転しているが、故障もせず稼働してくれている。ナショナル製品の耐久性にあらためて感謝。
e0083517_00162972.jpg
しかし、省エネ性能という点では今のエアコンに比較するととんでもなく悪いものと思われる。7月、8月、9月の電気代請求が恐ろしいことになりそうである。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-24 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2017年7月23日(日) 晴 

先週の日曜日に芸文センターに家内と観に行った佐渡裕プロデュースのオペラ、フィガロだが、ストーリーがイマイチすっと腑に落ちない箇所が少なからずあった。

特にACT4冒頭のバルバリーナが探し物をしている場面。なんとなく観ながしていたが、頭の中できちんと繋がらなかった。あらためて昔のDVDで詳細を確認すると、伯爵夫人とスザンナが画策した誘惑の手紙に刺したピンが鍵。

DVDを観てみると気が付かなかった細かい演出が理解できてきた。もう一度観ればより深く鑑賞できるだろうと思い、ダメもとでヨットのマネージャに「ドタキャンがあればよろしく」と相談すると運よくチケットをゲットできた。しかも、いい席。
e0083517_00412552.jpg
全てがわかったわけではないが、第三幕から第四幕、そしてフィナーレに繋がるストーリーは、先週はもやもやとしていたところがスッキリと腑に落ちた。なにかの批評に書いてあったが、「まず、一度観てください、そして100回観てください。都度新たな発見があります。」なんとなくわかる気がした。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-23 23:59 | 文化・教養 | Comments(0)
2017年7月22日(土) 晴 

いいお天気が続くが、暑い暑い。これから八月にかけてもっともっと熱くなるのかと思うと気が遠くなりそうである。子供の頃にはこんな暑さはなかったと思う。

ブランチ、といっても朝昼兼用の食事で和食だが、パックライスをチンしようとするとパッケージのフィルムが敗れており微かに青かびを発見。すぐにCOOPに持っていくと店長さんが対応してくれ、丁重に5個入りの新品に交換してくれる。ちょっと得した気になるが、クレーマーと思われたのなら不本意である。

そんなことでバタバタしていると昼になって、家を飛び出す。タイムは、小難しい記事で、アメリカのカトリック神学校の話。完読はできなかったが、権威主義のカトリック教会の聖職者も世代交代を迎えて変化が多いようである。

後半のユニーク英語のテーマは、2020年から導入される小学校5年、6年の英語授業の義務化。韓国や中国と比べても圧倒的に負けている英語力を向上させたいという政府の方針でもあるのだろうが、そう単純な話ではなさそうである。

まず、小学校の先生が今更英語を教えるのに必要なスキルを獲得できるのか、小学校で英語を学んできた生徒が中学に行って、中学の英語教師は対応できるのか、等々課題は山積のようである。面白いテーマであった。

11人が二次会に流れ、ビールをいただきながら英語、日本語混じりの懇親会。こんなことをやっていても日常会話はできても、論理的なディスカッションやディベートになるとお手上げなのが情けない。

中学の頃からペンパルに興味を持ち、実際にいろんな国のペンパルと手紙で交流し、大学以降は毎晩英語学校に通って頑張ったつもりだし、社会人になってからも仕事で英語を毎日使い、定年後も使っているがこの程度。語学教育とは何なのかとつくづく考えさせられる。

今日は、二次会の後に三次会をセット。ジャズライブに行きたいという声があり、家の近所のピアノバーを予約。二度目の訪問だが、落ち着くライブハウスである。
e0083517_03025161.jpg
芦屋は花火大会の日だった。浴衣姿の若い子たちが南芦屋浜に向かうのを見るのも心躍る夏の日だが、永らくご無沙汰の芦屋花火である。
e0083517_03021093.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-22 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年7月21日(金) 晴 

 梅雨明けも確実となり、セミが賑やか。朝の比較的涼しいうちに家内の内科医院通院。帰宅後は英語予習に集中。図書館に行くのが正解だが、その道中を考えると家の食卓でやるのが一番。

 タイム記事とユニーク英語の課題に取り組むことになる。それでも頑張っていると朗報も入ってくるもので、8月1日に芸文センターの小ホールでのコンサートの割安チケットの案内をもらう。二つ返事で乗る。当日は昼間はゴルフ予定だが、二毛作日として楽しみである。
e0083517_03214073.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-21 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年7月20日(木) 晴 

 梅雨明け宣言も出たようで朝から快晴。関東出張が入ると出られないので参加保留にしていたところ、心優しい三人が他のメンバーに声を掛けずに枠をキープしてくれていた。出張キャンセルが決まり連絡したら、すぐにエントリーしてもらった。心優しい友達とも思うが、鴨葱を期待されている気がしないわけでもない。
e0083517_21574345.jpg
 暑いと言えば暑いが、このくらい晴れ渡ると気持ちがいい。甲山の裏で少し標高もあり、日陰に入ると爽やか。
e0083517_21573337.jpg
 前回プレーしたのが6月9日なので約40日振りのラウンド。しかもその間、一度も練習に行っていないので本当に久しぶりだ。怖々のインスタートだったが、アプローチとパットが冴え、午前の第17ホールまでで5オーバー。40台前半が出るかと思いきや、18番で池に二回も捕まり、3パットして痛恨の5オーバー。万事休す。それでも46はまずまずのスコア。

 より暑くなった午後のアウトコースは、だんだん疲れが出てきたのが一つ、欲が出て来て力みが入り、ショットもパットも悪化。それでもなんとか49で上がれたので合計95。年間平均目標なので文句はない。

 ニアピンは一つも取れなかったが、12ヤードの下りパットが入って金メダル、8ヤードの下りが入って銀メダル。銅もあり、鉄多数でオリンピックも勝組につくことができた。横握りは僅かだったが収入があり、満足のゴルフとなった。

 今日学んだ教訓:前日の練習は行かない方がいい。ラウンドは間隔をあけた方がいい。六甲カントリー、ありがとう!
e0083517_21581559.jpg


# by yellowtail5a01 | 2017-07-20 22:29 | ゴルフ | Comments(0)
2017年7月19日(水) 晴 

 相変わらず暑くて昼間出るのは億劫だが、夕方から出かけるので、OBOG会や小学校同窓会の名簿整理、メールアドレス準備、往復はがき手配に勤しむ。しかし、なかなか思うようには進まないものだ。

 夕刻が迫り家を出る時間が近づいてくる。ヨット関連の応援団が20名ほどで木曜の公演を聴きに行くので、そちらで大勢で行こうと思っていたところ、関東出張の可能性が出てきたので、水曜日に変更してもらった。出張はキャンセルになり、木曜に変更したかったが間に合わず、一人で今日行くことになった。
e0083517_01452048.jpg
 「落語で伝えたい思いシリーズ第5弾、茶粥屋奇譚」。これまでの春蝶さんの創作シリーズは、「エルトゥールル号」や特攻隊員をフィーチャーした「知覧物語」、現代の音楽をテーマにしたネタ、直近の沖縄決戦を描いた「ニライカナイで逢いましょう」とすべて何度か鑑賞してきた。

 いずれも感動の涙を誘う秀作だと思われるが、落語という伝達手法とのマッチングがベストかと問うと、新しいジャンルとしては素晴らしいが若干の違和感はぬぐえなかった。

 しかし、今回の「茶粥屋奇譚」は、人情物の古典かと思わせられるほどよくマッチングしていた思われた。
e0083517_01455763.jpg
 席は、三列目左端の方だったが、よく見える席で何度か目が合った。高座からは逆光で見えにくいとは思われるが、認識していただいていたであろうか。
e0083517_01455078.jpg
 終演後、表に出て挨拶をしておられたので握手をして絶賛のコメントを伝えて帰路を急ぐ。早い目の夕飯を家で済ませてきたのでJR東西線の最寄りのJR大阪天満宮駅から一本で直帰できるのはありがたい。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-19 23:59 | 文化・教養 | Comments(0)
2017年7月18日(火) 曇りのち雨のち曇 

 三連休明けの出勤日。といってもそれは世の中の話であって、週一出勤の自分にはあまり関係ない。今年の梅雨の最後の降雨か、10時頃から空が黒くなってきて雨が降ったが、昼には上がっていた。

 降雨のおかげで少し気温が下がったみたいで、昼休みの海岸散歩も気持ちがいい。早朝からのタコ釣から帰ってきたと思われる乗合船、カモメがまとわりついているところをみると、それなりの釣果があったのだろう。
e0083517_01444133.jpg
 南東の角まで行くと風が強い。ときたま波がしらが立つのだが、そのタイミングを撮るのは難しい。
e0083517_01442523.jpg
 日頃は見かけないフナムシがコンクリートに群がっている。人の気配を感じるとすごいスピードで逃げるのだが、なんとかとどまってくれた奴もいたので、写真に収める。金属的な光沢があり、なかなか美しい自然の造形だ。
e0083517_01441358.jpg
 仕事の面では、今日は勝負日であったが、輸出管理の提出資料も知財委員会の準備も定時内に完了でき満足の一日となった気がする。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-18 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年7月17日(月) 海の日 薄曇り 

 海の日なので、沖合に出てセーリングでもできればいいのだろうが、土曜日に出た疲れ、日曜日のオペラの余韻、あれもこれもしないとという焦燥感もあり、結局日長エアコンの効いたリビングでテレビを視たり、フィガロのDVDを聴きなおしたりで、非生産的な一日を送る。

 会社のOB/OG会の案内状発送、小学校の第三回学年同窓会の案内状の発送が今月末にかち合い、両方の準備が気になるし、八月初旬の大学のクラス会、九月に予定している入社当時の先輩との会合、六月から始めた会社の同期会コンペの段取り。メールがあるので、連絡は昔に比べると楽だが、混乱してくる。

 週末の英語会二つの予習もこれから追い込み、8月初旬のタイムを読む会暑気払いの人数確認や役割分担も詰めないといけないし、8月8日と10日の講師仕事の準備も掛からないといけないが、なかなか手が付かない。

 世の中には夏休みの宿題を早くから着手して余裕で二学期を迎える人種と、八月末になって追い込みをかけることになる人種がいるようだが、自分は明らかに後者である。残念だがこの癖は一生治らないようである。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-17 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年7月16日(日) 晴 

 以前は藤沢の姉が神奈川県民ホールで九月にオペラに市民参画していたので、年中行事で横浜に通っていたのだが、一昨年でそれも引退したので、今や定例オペラは兵庫県立芸文センターの佐渡裕プロデュースの夏のオペラのみ。

 今年は「フィガロの結婚」で面白そうだ。DVDを予め購入しておさらいをしておいたおかげで、大人数の登場人物の関係、複雑なストーリーをほぼ事前にインプットできていたので、初めてのフィガロだったが、余裕で楽しむことができたと思う。
e0083517_22403712.jpg
 春先から芸文センターへのアプローチはフィガロ一色だったが、いよいよ昨日から次の日曜日まで、連続の公演となる。今日のは外人バージョンだったが日本人バージョンも鑑賞したい気がする。12,000円をダブルで払うのはちょっときついか。

 今日もらったパンフレットにある登場人物相関関係図をもっと早くゲットできておればもっと楽しめたものと思われる。
e0083517_22401490.jpg
 いずれにしてもこれまで観てきたオペラの中で、「カルメン」に匹敵する見ごたえのあるオペラであったと思う。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-16 22:41 | 音楽 | Comments(0)
2017年7月15日(土) 晴 

 今日は純粋なクルーとしてのヨット参加。クルー仲間の二人が属する文具業界での昭和25年生まれ組の会の皆さんのイベントでヨットにご招待。人数制限ギリギリだが、事前準備と皆さまを送り届けた後の回航要員として参加する。

 幸いお天気は申し分なく、風もやや強い目の16ノットくらい吹いている。昨夜の深酒がたたって体調は万全ではなかったが、無事役割を果たせたようである。
e0083517_00175960.jpg
 平均年齢66歳くらいのシニアゲストが7名だったが、酔う人もなく無事予定通りの快適セーリングを終えることができた。
e0083517_00182019.jpg
 送り届け先は、南芦屋のベルポートハーバー。初めての着岸だが、ハーバーのか係員の態度も横柄でいい感じではない。バカでかいエキシブの建物も景観破壊の何物でもない。
e0083517_00184043.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-15 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2017年7月14日(金)晴 

 ヨットライフを紹介してくれた昔からの遊び仲間のH氏と、その古い友人で最近もろもろの勉強会でご一緒する機会が多いA氏と三人で神戸のジャズライブに行こうという計画が持ち上がったのは、六月。しかし、自分の予定が合わず流れたのだが、今日に再設定。

 H氏が感動したという石川武司さんのピアノをバックに、神戸が産んだ歌姫の一人、北浪良佳ちゃんが歌う。ベースもドラムお馴染みのユニットである。
e0083517_04001434.jpg
 良佳ちゃんのライブも久しぶりだが健在である。
e0083517_04003037.jpg
 A氏は千里まで帰らないといけないので、セカンドステージが終わったところで失礼することにする。休憩室で休んでいる良佳ちゃんを引っ張り出し、記念写真に付き合ってもらう。
e0083517_04004978.jpg
 初めてPanasonic Lumix TZ90をライブで試してみるが、まずまずというところか。ソネは早い目に退出したが、三宮の駅前に掛かるともう一軒ということでホブゴブリンに寄ることになる。やはり神戸の夜に来ていただいた以上は、ここは外せない。
e0083517_04564923.png

# by yellowtail5a01 | 2017-07-14 23:59 | 音楽 | Comments(2)
2017年7月13日(木)晴 

 気になっていたゼラニュームの挿し芽。プランターの際に挿しておいたものが大きくなってきたのでポリポットに挙げないといけないなと思いつつ放置していたが、ようやく着手できた。多少面倒な作業だが、これ以上大きくなると根も張ってしまい収集が取れなくなりそうである。
e0083517_10335555.jpg
 ポリポットに根が定着したころには嫁ぎ先を探さないといけない。夕食は何にしようかと迷うが、COOPに立派な舌平目が並んでいたので、即決する。正価のものと赤札のが混在している。迷うところだ。確実に今夕戴くのなら安い方がいいが、万一持ち越すと気持ち悪い。結局正価のを二枚ゲット。

 予定通り夕食とすることができやれやれ。よく考えると明日は外食予定。選択肢は今夜しかなかった。春先にも一人で作ったが、その時のレシピはシンプルに薄力粉のみのムニエル。今日は少し変化をつけて、薄力粉の後ときたまごに浸けてからパセリ入りパン粉。ちょっとフライに近づく感じか。結果的にはシンプルの方がよかったと思う。
e0083517_09351008.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-13 23:59 | ガーデニング | Comments(0)
2017年7月12日(水) 薄曇り 

 個々の仕事に関しては今月はテンパっている。輸出管理と知財関連の一大イベントが同時にやってきた感じ。本来は、後者は六月で済んでいる予定だったが、社長交代や担当替えのの影響があったのか、今月にずれ込んだ。

 荒っぽい対応になるが、どちらも今日できることは今日中に済ませるように踏ん張る。おかげで、定時退社は無理となり、退社はいつもより1時間遅れとなる。残業手当がつくわけではないが、今日中に片付けるべきことは片付ける。路線バスで西二見に向かうことになるが、おかげで日頃は見られない景色に出会えるのはラッキー。
e0083517_13015237.jpg
 昼間の景色はさほどいつもと変わらないが、ぼんやり霞んでいるのはちょっと目を引く。
e0083517_13014333.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-12 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年7月10日(月) 晴 

 6月度は変則参加となった十三の歌会であるが、今日は本来の月曜コースに出席。まとめ役のN川さんが業務のため欠席なので、グループでは黒一点となる。大きな声で二時間歌ってランチタイム。女性四人に囲まれてハッピーなランチとなるが、適当にイジられ、適当に大事にされ有り難いことではある。

 昼下がりに暑い中を家にたどり着くと、もう外には出たくないモード。折から閉会中国会審議の中継。これを見だすとやめられない。午前の衆議院のはわからないが、参議院でのやり取りを見るだけでも、前川前次官のぶれない答弁に比べると、萩生田官房副長官、山本大臣、文科省の役人の答弁は聞くに堪えない。「記憶にございません」で済まされるのがむかつく。
e0083517_13010513.jpg

 

# by yellowtail5a01 | 2017-07-10 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年7月9日(日) 曇りのち雨 

 先週に続いてセーリング予定だが、天候不順で朝から雨がパラつき、艇を出すのは控える。台風3号の対策をしていたので、その解除をすることと夏遠征の打ち合わせが今日の主たる目的。キャプテン以下、クルー4人が集まり遠征計画の確認となる。
e0083517_19563002.jpg
 高知方面への外洋遠征プランもあったが、途中参加のしやすさも考慮されてか、瀬戸内海クルーズとなる。強いて目玉といえば、村上水軍の記念館訪問というところか。用意されたスパークリングと白ワイン、昼食材料はヨットハーバーのオーナールームにていただくこととなる。オーナーズルームのベランダから西を望むと、エクシブの建物が完成に近づいており、新たな景観を作り出しつつある。
e0083517_19565533.jpg
 昼過ぎに解散となり、バスにて阪神西宮に向かう。バス停近くのヒペリカムの植え込みにセミの抜け殻を発見。まだ梅雨の真っ最中なのに大丈夫なのという感じ。湿度が高いと羽根が乾ききらないのではないかと、老婆心ながら思う。
e0083517_19570362.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-09 19:57 | マリンワールド | Comments(0)
2017年7月8日(土) 薄曇り 

 雨模様ではなく有り難いが、メッチャ蒸し暑い。朝から家内の通院に付き合い高槻の山奥の病院に向かう。主治医の先生は火曜日に大阪市内の病院にも来ておられ、どちらに行ってもいいのだが、大阪市内に夕方に行くのは到着時間が読めないことと駐車場で苦労することもあり、高槻の山奥は距離的には遠いが、このところ開拓した裏道ルートを使えば約一時間の行程。今後もこちらにすることにする。

 運転は退屈だが、ラジオの朝日放送を道中聴けるのが楽しい。往きは中邨雄二のサクサク土曜日が面白い。アシスタントの林智美の切れのいいトーク、噛み乍らも頑張っている桧山進次郎にも好感度を覚える。

 診察は、どうですかというカウンセリングだけで、頼りない気もするが止めるわけにはいかないので、二、三週間のインターバルで続けることになるのであろう。帰り時分は、「征平・吉弥の土曜も全開」。こちらもテンポがよく下ネタ有りで笑いながらの運転となる。

 昼前に帰宅し、昼ごはんの準備は近所のCOOPで調達。巻きずしと付け合わせのヒジキとカボチャの出来合いのものを買ってきていただく。慌てて食べて飛び出す。今日は四時間コースのタイムを読む会。お題は、「プーチンチルドレン」である。

 何とかチルドレンと聞くと古くは小沢チルドレン、小泉チルドレン、最近では安倍チルドレン、直近では小池チルドレンを連想するが、ロシアのプーチンチルドレンの概念は全く逆であることがわかる。すなわち20年弱続いているプーチン政権しか知らない若者がSNSを通じて、ロシアの支配階級の腐敗に気づき、プロテスト運動に目覚めているとのことである。

 そういえば、加計問題について、前川前事務次官が記者会見で言っていたが、「古今東西の歴史をみれば、権力は腐敗するというのは必然である。」が如実に表れているのがロシアの実態であろう。
e0083517_22071606.jpg
 結構長い記事だったが、三時間半で完読できて早い目に解散となり、二次会には待ち時間ができてしまうので解散となる。嬉しかったのは、前回の出席者が21名、今日はそれを上回る22名。1名のみの欠席となった。教室の収容者の関係で定員を25名と決めているが、あと二人も埋まりそうな気配。

 今日は4時間があったが、二人には訳をする順番が回ってこなかった。記事の区切りの采配を人数に鑑みて途中でコーディネーターが修正してくれればよかったのだが、進言を聞き入れてもらえなかったのが唯一の悔やみである。いつの日か会員全員が参加するような勉強会の日が実現することを祈る。あと二つある空席が埋まることも楽しみの一つだ。

# by yellowtail5a01 | 2017-07-08 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年7月7日(金) 薄曇りの七夕 

 今秋は油断している間に土曜日の4時間コースのタイムを読む会が迫ってきた。チラッとは見ていたが、プーチンチルドレンということであまり興味がわかなかった。夕方には懐かしい先輩との飲み会が入っているので、なんとしても昼間に片付けないといけない。家では絶対気が散るので、図書館に出向く。

 図書館前の並木道にはタイサンボク。白い花が満開の様子。英語ではマグノリアという木蓮と同じ呼び名になるが、木蓮は桜が咲く前の早春の象徴、こちらは真夏の前の白い大輪の花。同種なので似ているっちゃ似ている。
e0083517_23532933.jpg
 平日の昼間ということで図書館は空いているが、それでも老若男女が熱心に勉強している姿をみると、こちらも頑張ろうという気持ちになってくる。取りあえず一通りの単語チェックと難解部の抽出はできた。あとは難解部をどこまで精査できるか。

 先輩との飲み会の前にもう一つ用事がある。不調のインターフォンを購入したエディオンに修理を依頼したのが昨日。修理には時間がかかるとのことで、具合が悪いと思われる外部子機を交換してもらったのはいいが、家に戻って試してみるとやはり不調。昨日対応してくれた女性のチーフは、今日は2時からというので、2時を目指して室内機ももっていく。

 昨日、最初の対応が官僚的だったので、少し気色ばんで「これって欠陥品じゃないの」と突っ込んだのがよくなかったのか。穏やかに言ったつもりだが、クレーマーと思われたかもしれない。今日は、呼び出してもらっても「商談中なので、別のものが応対させていただきます」とのことで、むくつけき中年の強面男性社員が出てくる。

 現物の室内親機、室内子機、屋外子機を全部持って行って実験してもらうと、総入れ替えしないと動作しないことが判明。8月でメーカー保証が切れる直前だったが、総入れ替えに応じてもらい、一件落着。これで宅急便のお兄さんに迷惑をかけることも減る。いろいろあったが、エディオンの保証対応は非常に良いと思われた。

 予定通り4時半に家を出て西宮北口に向かう。約束は5時であったが、10分前に改札に向かうともう来ていらした。行く店はその時点の気分で決めようということになっていた。お洒落アイリッシュバーもいいが、やはりビールに焼き鳥ということになり、鳥半にする。

 5時の開店と同時にカウンターに座り、久しぶりに(といっても二月の共通友人弔問以来だが)旧交を温める。おかげでいろいろと情報交換もでき、ちょっと面白そうな計画の実行作戦を相談することができた。



# by yellowtail5a01 | 2017-07-07 23:59 | 外国語・教養 | Comments(2)
2017年7月6日(木) 晴 

 北部九州地方は、大雨が続き大変な状況が朝のニュースで伝えられるが、なぜか阪神地方は穏やかな梅雨の隙間の晴。朝からM病院の整形科外来に向かう。思い返せば膝痛に悩んでいた正月に、高校同窓会新年会で近況報告でそんな話をしたら、「一度うちに来るか、いい整形の先生がいるぞ」とのことだったので、藁にすがる思いで行ったのは正月明け。

 精密検査を受け、三つの治療法を勧められ実行してきたところ、一月後には歩行の際の痛みは緩和され、二月後にはゴルフも回れるようになり、四月にはほぼ復帰することができた。月一ペースで受診を続け、様子を診ていただきヒアルロン酸の注入をしてきてもらったが、今日を持って治療完了。

 まだ多少の違和感は残るが、「痛みを感じなければしっかり歩いて筋肉を鍛えること、家でもリハビリトレーニングを継続して筋肉や筋を鍛えることが、膝への負担を軽減する」とのこと。名医を紹介してくれたY院長にも報告して謝意を述べる。有り難きかな同窓生である。

 一週間前に苗を買ってきてプランターに植えこんだペチュニアが花を咲かせだした。植え込み直後に全ての花を摘み取って9日目。新しい蕾が一斉に咲きだした。梅雨明けには立派な株に育ってくれることを祈る。
e0083517_21081846.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-06 23:59 | 健康 | Comments(0)
2017年7月5日(水) 小雨のち曇 

 月火と予定があったので、水曜日の出勤としたが先週から数えるとずいぶん空いてしまった。今月は忙しいのだが、飛び込みの仕事もあり、あと4回で二つのビッグイベントこなせるか。やや緊張の七月になった。

 午前中は小雨模様であったが、昼休みには雨も上がり、散歩を兼ねた海岸視察。岸から比較的近いところで遊漁船がのどかに止まっている。半夏生が過ぎたこの時季の狙いは当然明石ダコであろう。せっかく毎週見かける風景なので、一度海から眺めてみたいものである。
e0083517_22081833.jpg
 しかし、釣りを楽しむには、ゆったりした気分でやらないと楽しめないと思う。あらためて、今年の前半を振り返っても、当面やるべきことがいっぱいある割に、サクサクと片付いてゆかないことが多い。自分の処理能力が低下してきているのか、意欲が低下しているからか。仕事も世話役的活動も自身の身の回りの用事、趣味・遊びの世界、etc.

# by yellowtail5a01 | 2017-07-05 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年7月4日(火) 曇りのち雨のち曇

 楽しみにしていた能勢カントリーでのSS会だが、昨夕に早く中止連絡が届いた。台風がくるので、中止との事務局判断は大正解であった。朝方こそそこそこのいいお天気だったが、11時過ぎ頃から雲行きが怪しくなり、1時過ぎには吹き殴るような雨になった。
e0083517_22215893.jpg
 おかげで洗濯、掃除、片付けが捗る。退院後の家内の調子がまだよくないので、台所も基本的には自分の担当が続く。暇があるといろいろなレシピにチャレンジできるので、却っていいのかも知れない。これが普通と割り切ったら腹立つこともなくマイペースで食べたいものが食べられるので、恵まれているのかも知れない。
e0083517_00112912.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-04 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2017年7月3日(月) 晴 

 本来なら出勤日であるが、週一出勤に変わった今年の四月からは自由度が高まり、その点ではあり難い。収入が減ったのは有り難くないが。で、今日は午後三時から元町の生田文化会館でのコーラス部練習会。

 新しい課題曲の二曲に専念する。「芭蕉布」は比較的易しそうだ。「この街で」は高音パートが難しそうだ。今日で三回目だが、パート練習を始めると大分ハーモニーの構造がわかってきた気がする。
e0083517_22214235.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-03 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年7月2日(日) 晴 

 このところ外食宴会飲み会が続いていたので、のんびりしたい日曜日。キャプテンは不在だが、クルー四人の都合が合い、大阪湾デイセーリングとなる。新西宮ヨットハーバーのゲストバースには、巨大なヨットが停泊。
e0083517_01491948.jpg
 釣られて観に行くと白石康次郎氏のSpirit of Yukoh号。今日、明日とセミナーやパーティが予定されている。本人も近くにいてご挨拶をする。
e0083517_01465134.jpg
 それにしても巨大なヨットである。幅も広くてよくこんな大きな船を一人で外洋を休みなく操縦できるものだと感心させられる。
e0083517_01481989.jpg
 お天気は上々で、適度な風もあり、大阪湾を南下する。行く当ては特にない。
e0083517_01494903.jpg
 沖合ではレースを開催中で、邪魔にならないように気を遣いながらコースを取る。
e0083517_01501947.jpg
 雑節の半夏生に当たっているので、マネージャはタコの蒲鉾やタコ天を持ってきてくれた。スパークリングでの乾杯の後は、冷酒となり、これがよく回る。ラット担当のH氏に全てを任せ、しばし後の三人はシエスタタイム。心地よい揺れに任せて微睡むひと時は、至福のひと時。
e0083517_01505046.jpg
 陽も傾きかけたので、帰港を目指しつつ遅い目の昼食。冷えた冷ややっこにはウィスキーの水割り。
e0083517_01512301.jpg
 唐揚げとサラダも用意いただき、ありがたくいただく。
e0083517_01515496.jpg
 港に戻り、後片付けをしてクラブハウスへ。シャワーを浴びるとスッキリする。合流したキャプテンとマネージャは白石氏のパーティに出席とのことで、我々はバスに帰路に就く。バス停近くに見事なアガパンサス群落。これが今年の見納めになるであろう。
e0083517_01523366.jpg


# by yellowtail5a01 | 2017-07-02 23:59 | マリンワールド | Comments(2)
2017年7月1日(土) 薄曇り 

 三日連続の京橋となる。今日は、30代の七年間を過ごした組合活動時代の仲間との7年振りの同窓会。先輩、同僚、後輩、とそれぞれ思い出が凝縮した仲間たちである。昔のビデオや写真も紹介されて、若かりし頃の記憶が蘇る。

 長い会社生活の中で、一番純粋な気持ちで使命感に燃えることができた30代であったような気がする。当時、新入社員直後で無理やり執行委員に引っ張り込んだ二十歳そこそこのOちゃんが、今や部長として活躍しているなど、みんなそれぞれ輝いていて嬉しい。
e0083517_00491943.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-07-01 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年6月30日(金) 曇 

 梅雨らしいお天気だが、出掛ける頃には雨も上がりありがたい。今日は、10月7日に予定している法務部門OB/OG会の世話役会議で梅田に参集する。ヘッドのT野氏は体調が優れないので欠席、事務方筆頭のS子氏は所用で欠席。

 残った六人でプラニングを討議する。一番の重要事項は、会費の値上げを今年に実行するか、多少の繰越金を使いもう一年持ちこたえるか。難しい選択である。以前に比べると事務経費はかなり切り詰めてきているが、残るは往復はがき代をどうするか。ハガキの値上げもあり、馬鹿にならない。メールで済ませられるところはメールにしようということになる。

 メールにすると事務方を担当する若手三人(といっても67歳前後)の負担が増えそうだが、背に腹は代えられない。課題は山積しているが、7月中には案内状ないし案内メールを出さないといけないので、忙しくなりそうだ。

 梅田の会議が終わり、京橋に向かう。昨日のP社同期会に参加できなかった東京のK井君が、今日は大阪出張で来ているとのことだったので、京橋で一献傾けることにする。退職後、別企業の役員として7年目になるらしい。いろいろと違った世界の話を聞かせてもらう。若いころから同期としての付き合い。この歳になると一層有り難さを感じる。

 よく考えれば、昨日も京橋、今日も京橋、明日は明日で組合活動の本社支部時代の合同同窓会。三日連続の京橋というのも偶然とはいえ、奇遇である。
e0083517_00051730.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-06-30 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年6月29日(木) 曇 

 また株主総会の日が巡ってきた。今年は終わってからのお楽しみがある。昭和48年同期入社の集いを復活しようという企画。去年の総会でたまたま顔を合わせた本社配属以来の友人のS君にばったり会い、総会後京橋で昼食を共にしたのがきっかけとなり、来年も会おうということになった。どうせなら同期の連中に声を掛けて、昔よくやった48会を復活しようということになった。

 結局、連絡がついて集まったのは8人。現役時代の最盛期には20人位集まった記憶があるが、復活第一回としては上々である。一人はちょっと早く退席したが、残った七名で記念写真。老けたと言えば老けたが、十数年前とのギャップはほとんどない。
e0083517_23315861.jpg
 総会の方は、例年と変わらず12時までの時間を質問に宛てて無事シャンシャンシャン。株価もこのところ上昇傾向で、可もなく不可もなくというところであろうか。
e0083517_23314790.jpg
 大阪城を見下ろすアサヒビール系のスカイレストランは、7月末で閉店とのこと。次にまた新しいレストランができるのかも知れないが、よく使ったお店が姿を消すのは寂しい。
e0083517_23321003.jpg
 三時前には皆さんと別れ、梅田から阪急で京都に向かう。五月末に訪れて空振りだった建仁寺の両足院の半夏生を見届けたい。着いたのは4時過ぎ。4時半で受付終了だったので、ちょうどいいタイミングであった。
e0083517_23332638.jpg
 あらためて半夏生の花、葉をじっくりと味わうことができた。
e0083517_23321947.jpg
 なるほど半化粧というのも頷ける。
e0083517_23325029.jpg
 穂状の花はいかにも控えめで、受粉のために昆虫を呼ぶために葉が白く変色し、花のように目立つようになった自然の摂理が伝わってくる。
e0083517_23324183.jpg
 それにしても花見小路はすっかり外人通り。中国語、韓国語、スペイン語、英語が主流で、日本語が聞こえてくるのは稀であった。
e0083517_23333533.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-06-29 23:48 | 友人・交遊 | Comments(2)
2017年6月28日(水) 晴 

 6月2日の日ハム交流戦で友人と甲子園球場に応援に行った。9回表に逆転をくらい、最悪の観戦となったが、その日に愛用のコンパクトデジカメ、RICOHのCX5を紛失した。すぐに阪神電鉄の落とし物センターに連絡し、警察署にも届出をしたが、三週間待っても出てこなかった。

 西宮警察署から電話があり、見つかったとのこと。慌てて甲子園球場に向かうと、ちゃんと落とし物コーナーに届いていた。6月2日に甲子園球場にも連絡しておけばよかったのだが、てっきり阪神電車以降に紛失したものと思い込み、阪神電車と警察にしか連絡しなかった。それでも、ちゃんと連携してくれるとは、日本の警察は大したものである。

 その間、不良品のCX6や別のCX5を騙し騙し使っていたが、やはりピントが甘いショットが多くて使い物にならないので、新しいコンデジを購入した。PanasonicのDC-TZ90を大枚はたいて購入したが、まだ使いこなせていない。CX5が戻ってきたら、やはりこちらの出番が増えるであろう。嬉しいような、無念なような。

 当日撮った写真も戻ってきたので、遅ればせながらの紹介となる。ラッキーセブンの風船飛ばし段階では勝利を確信していたのだが・・・
e0083517_00572190.jpg

 

# by yellowtail5a01 | 2017-06-28 23:59 | 写真 | Comments(4)
2017年6月27日(火)曇 

 前回はいつだったのか。確か五月八日。久しぶりの十三ユニゾン歌会に変則日程参加。たまたま仲良しメンバーの四人が今日で一致し、第4火曜日のクラスになだれ込んだので、教室は満杯。多すぎると、いろんな人がいていいのか悪いのか。

 悪いのは、先生の解説中にKYぶりを発揮してマイペースで歌う輩が二人。かなり高齢者なので、注意するのもはばかる。先生も、あえて注意しないようだ。いい面では、後ろの席に着いた人が、ご近所斜め向かいのおじさん。まあ、おじさんといっても一回りは上の人生の先輩。こんなところでお会いするとはお互いに奇遇を讃えあう。

 シャンソンやロシア民謡を二時間思い切り歌うと、喉が痛くなる感じ。仲良し四人組でのランチとなったので、これまた二時間半お喋りタイム。朝から喉を酷使した一日となった。

# by yellowtail5a01 | 2017-06-27 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年6月26日(月)曇 

 今日は誕生日当日。とうとう68歳になってしまった。ようやく父の享年をクリアすることができた。自分の父親の享年をクリアするとホッとするという声を時々聞くが、なんとなく実感する。

 出勤日であるが、いつも一緒に社用車になる役員の皆さんは今日は挨拶回りらしく、一人で送ってもらう。有り難いことではある。今日はルーティンな仕事中心でゆったりした一日となったが、来月は少し手間のかかる年中行事的業務がつづくので、週一回でうまく回るのか少し心配である。

 帰り道、知り合いのお宅の庭の月下美人が、昨日から咲き始めたとのことで、昨日と今日の夕刻にお庭を開放して鑑賞会をしているとのこと。昨日は九輪も一斉に咲き、その匂いが部屋の中まで漂ってきたのとこと。

 今日の開花は一輪のみ。訪問者も4名のみ。昨日は大勢集まられたようだ。滅多に観られない月下美人の開花の様子を友人達と一緒に楽しむ。月齢が新月らしくて月光は望めない。陽が沈み始める7時頃から急速に蕾が膨らんできた。
e0083517_02000296.jpg
 予想通り八時には満開となり、独特の香りがひろがる。
e0083517_02002732.jpg
 ふるまわれた冷酒や梅酒がよく回ってきて、お喋りに花が咲く。

# by yellowtail5a01 | 2017-06-26 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年6月25日(日) 雨のち曇 

 父の日と誕生日祝いを兼て娘一家がお祝いをしてくれるというので、家内ともども娘宅に向かう。二ケ月も間が空くと昭くんの成長は著しい。4月末の時も成長のあとを実感したが、今日はその語彙の拡張と反応の速さを如実に感じた。見た目にはさほど変わらないが、子供の成長スピードに驚かされる。

 誕生日プレゼントにはサングラス、父の日としてビール詰め合わせを贈られ素直に嬉しいものである。婿殿とも久しぶりにいろいろ話をできて心が和む。
e0083517_23352135.jpg
 昭くんの成長のあとを如実に感じたのは、絵本読みの時であった。これまでも行くといつも「これ」と言って絵本を持ってくるのだが、集中力がなく途中で自分で勝手にページをめくったり、飽きて台所のママのところに行ったりすることが多かったが、今日は結構長いストーリーを最後まで集中していた。

 それと2歳になる頃までは、ジィジ・バァバとセットで呼ばれていたものだが、今日は「おじいちゃん」、「おばあちゃん」と呼んだり、「ジィジ」、「バァバ」と使い分けができるようになったのは驚きである。

 一番の驚きは、お土産に持って行ったサクランボを気に入ったのだが、パパが手を出すと、「あかん!」と言って独り占めしていたのだが、「バァバに一つどうぞとあげてね」というと「どーぞ」と素直に聞いてくれた。単なるものへの執着でなく、状況に応じて判断し、対応できるようになったと思うと嬉しい。
e0083517_23353360.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-06-25 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)