ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2017年1月22日(日)曇り時々雨

格別の予定のない日曜日だったので、家内のリクエストに従い映画を観に行く。但し、いつもの西宮ガーデンズではやっておらず松竹系のMOVIXを探すと、JR尼崎駅前のCOCOEのシネコンでやっていた。

西宮ガーデンズの雰囲気とは少し違うが、映画館そのものは広くて立派であった。
e0083517_01461832.jpg
キネマ旬報誌でグランプリを取ったとのことなので、これは見ておきたい。去年の夏に訪れた呉が舞台になっており、なんとも懐かしい。軍港呉に対する米軍の執拗な攻撃、広島への原爆投下など暗い時代だが、一市民の感覚、一女性の目線で戦時中をリアルに描いているのはさすが。

「あまちゃん」以来ののんちゃんの声も効果的で、いい映画だったと思う。「君の名は」と比較するとどちらが優秀なのかは意見が分かれそうな気がする。


# by yellowtail5a01 | 2017-01-22 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2017年1月21日(土)晴

一月例会は、このところ千里の保養所で昼食懇談が定着している。少し変化をつけて、万博跡のエキスポシティのエスニックレストランでの開催も検討し、皆様に諮ったところ「どちらでもいい。」という回答が多かったが、「静かなところがいい」という意見もあり保養所に決定。

12時には10名全員が参集し、レストランにて定食ランチ。コーヒー付きで1190円は予定通り。他のお客はほとんどいなく、貸し切り状態。各自の近況報告、今年の抱負を語ってもらう。自分も含めて健康に関する近況報告が多いのは、仕方のないことか。それでも皆さん、バイクは行けるところまで頑張りたいという点では共通している。
e0083517_01381423.jpg



# by yellowtail5a01 | 2017-01-21 23:59 | バイク | Comments(0)
2017年1月20日(金)曇時々氷雨

朝から母の荷物の引き取りで特養に出向く。結構な量の衣類やこまごました身の回り品を大中小の段ボール箱に収めて持ち帰る。兄貴もよく頑張ってくれて順調に作業は捗った。もうここに戻ることはないのかという実感がひしひしと湧いてくる。丁重にお礼を言って施設の人に別れを告げる。

お昼に芦屋の友人宅に赴く。英語仲間有志でのパーティに招かれていた。名目はタイムを読む会の前会長の慰労会。次期会長の自分の激励会も兼て招待いただいたのだろうと思うが、そのような触れ込みはなかった。まあ、それはいい。

主催者は、80歳を軽くクリアされた芦屋マダム。英語仲間9人でのホームパーティだが、マダムの手料理とケータリングの英国料理で豪勢なパーティとなる。
e0083517_05425287.jpg

左のコッテージパイはシェパードパイとも言うようで、イギリスの定番料理らしい。珍しく美味しいイギリス料理の数々をいただく。マダム自家製の手料理も美味しい。
e0083517_05420838.jpg

手製ムースも春を先取りしていい感じ。
e0083517_05431471.jpg

自分が持って行ったモロゾフチョコセットもカラフルでよかった気がする。
e0083517_05432523.jpg

余興もあって、南京玉すだれ。
e0083517_05435556.jpg

正午から四時前まで時の過ぎるのも忘れ、食べて飲んで喋って笑って、上質な時間を持たせていただき、マダム及び仲間に感謝。

夕方に帰宅途中で、例年咲く近所の蝋梅がもう咲いていた。うちの鉢植えは蕾はあるがまだまだ。種類が違うのか。
e0083517_05443297.jpg

六時過ぎに着替えて梅田に向かう。桂春蝶師匠の新しい創作作品の初演にヨット仲間と行くことになっていた。
e0083517_05445099.jpg

「落語組曲」、「知覧特攻隊」、「エルトゥールル号」に続く落語で伝えたい想いシリーズ4は「ニライカナイで逢いましょう」。副題は「ひめゆり学徒隊秘抄録」。やはり涙が溢れてくる戦争伝承の落語。重いがいい話であった。

# by yellowtail5a01 | 2017-01-20 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年1月19日(木)晴

永年お世話になっている関東クライアント様の予定が入り、日帰りの東京。膝の調子が悪くなければ、この季節ならではの訪問地、ミニ新年会を画策したいところであるが、足に自信がないとどうも消極的になっている自分を感じる。雪の心配もあるので、余裕をもって新大阪から新幹線。
e0083517_05105788.jpg
道中の伊吹山。月曜日は雪空で皆目見えなかったが、今日はOK。
e0083517_05111199.jpg
富士山辺りは曇気味だが、ほぼ全容をレンズに収められた。
e0083517_05113467.jpg
目的の駅前の吉野家で昼食。写真通りの牛すき定食が出てくるのが嬉しい。
e0083517_05114803.jpg
クライアント様側の業務効率化の要請があり、一切合切の設営・準備をこちら一人で担当することになる。接するのは受講生のみ。気楽といえば気楽だが、パソコンやプロジェクタがうまく行かなければどうしようと不安もある。早い目に着いて準備完了。二名の受講生も20分も早く来たので早速スタートし、終了時刻も10分ほど早くなる。

新横浜で早いのぞみに予約変更を試みるが、すでに満席。予約したのぞみまで30分以上も時間つぶしするのも嫌なので、早いのぞみの自由席にチャレンジ。座れなければ予約車を待つつもりだったが、列の三番目で2号車に乗り込むと三つだけB席が空いていて座って帰れる。ラッキーであった。年始のおみくじの大吉が効いているのか。




# by yellowtail5a01 | 2017-01-19 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年1月18日(水)うす曇り

母が年末に入院してから25日が経過した。主治医の見立てでは嚥下能力の回復が難しいとのこと。そうなると特養との契約上、キープしている部屋を明け渡さなければならない。その最終確認を兄弟そろって主治医を訪ねて行う。兄も納得したようで、夕方に退所手続きを行う。部屋に残っている荷物の引き取りは、金曜日とする。

4年半になるのだろうか、お世話になった特養にもう戻ってくることはないのかと思うと胸が痛む。施設の皆さまには本当によくしていただいた。感謝の気持ちで退所の挨拶をする。

家に戻ることもできず、施設に戻ることもできなくなり、これで病院から追い出されると困るが、いつかは療養型病院への転院勧告も覚悟しなければならない。救いなのは、特養にいた時よりも点滴で命をつないでいる今の方が、顔色もよく覚醒時間が長く、表情も反応もいい点である。この状態が一日でも長く続いてくれることを祈る。
e0083517_06011088.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-01-18 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2017年1月17日(火)晴

阪神大震災からもう22年か。年月の感覚がうまく働いていない気がする。ずいぶん昔のことのようにも思えるが、つい先だってのことのようにも思える。はっきり言えることは、あの時の自分は45歳であったということ。一番脂がのっていた頃なのだろう。

まさか膝に水がたまったり、不自由になるなんて思っていなかったが、現実に膝が不自由になると急に老け込んだ気がしてしまう。M病院への二度目の通院。九時の予約だ。目的は、二つ目の治療法のインソール製作。その前にY先生に診てもらい、二度目の膝の水抜き。量は前回の半分とのこと。ヒアルロン酸注入もあっという間に終わる。

まだ痛みが残っているが、ずいぶん歩くのが楽になってきた。捻じると痛いのでゴルフはまだ無理。しかし、普通に歩いたり階段の上り下りはずいぶん楽になった。心が折れずにすんでいる。

11時からは母の今後の治療方針を主治医と詰めるべく、兄と一緒に病院に行き、まずは嚥下訓練をしてくれているトレーナーの人の話を聞く。ゼリーであれば大分の見込めるようになってきた。しかし、食事を摂るところまで回復できる見込みは薄いとのこと。特養施設に戻れる可能性は薄くなってきた。

夕方は家内の通院アッシーで大阪市内に向かう。三カ所の病院巡りの一日となった。何れもクルマがあるから効率的に回れるが、高齢者の事故増で免許を取り上げられたら大変である。



# by yellowtail5a01 | 2017-01-17 23:59 | 健康 | Comments(0)
2017年1月16日(月)大阪晴、京都雪、名古屋晴、東京快晴

この週末は、今年一番の大雪だった。名古屋に向かう新幹線は案の定30~40分の遅れ。計算していたので、余裕で名古屋に着く。せっかくE席を確保できていたので、車窓撮影に講じる。

まずは茨木市界隈。遠くの六甲山系は砂糖を振りかけたような山肌を遠景できるが、フィールドの雪は皆無と言っていい。
e0083517_02000196.jpg
高槻辺りからフィールドにも白いものが目立ち始め、山崎にかかるころには雪景色。
e0083517_02002123.jpg
京都駅は真っ白の世界で雪が降り続いている。
e0083517_02002918.jpg
滋賀にかかるとますます雪が深くなり、彦根辺りは銀世界。
e0083517_02004105.jpg
やがて名古屋駅に到着し、相棒と落ち合って営業所に向かう。歩道に雪が残っているが、気温が少し上がっているようで凍結状態ではないのが救いである。名古屋での仕事を一時間で終え、東京に向かう。富士川から富士山を望む。
e0083517_02010390.jpg
新富士からの定番アングルは健在である。
e0083517_02012632.jpg
東京での三つの仕事を5時までに終え、夜は一年前に関東に転勤してきた同志と一献傾ける。昼間できない情報交換の場として貴重である。7時半ののぞみ号に間に合うように7時過ぎにお店を出て、JR馬喰町駅から東京駅に向かう。見てしまった。ずいぶん地価の深いところにある馬喰町駅だが、線路の横から水が滝のように滴っている。大丈夫かな。
e0083517_02014144.jpg


# by yellowtail5a01 | 2017-01-16 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年1月15日(日)晴時々雪

雪がちらつくのは今年初めて。相変わらず寒い中を三宮は生田神社に九時半着を目指して出向く。年に一度の松愛会兵庫西支部の新春懇親会。

去年のこの会でSWINGというコーラスグループがあることを知って二月から参加した合唱隊。今日は舞台に立つことになる。
e0083517_01023073.jpg
まずはゲストの津軽三味線グループのパーフォーマンス。お正月らしい景気のいい演奏で幕開ける。
e0083517_01024263.jpg
その後会食、懇親が続いた後に出番が回って来る。メンバー全員、お酒も回っていて緊張感はほとんどないようだ。舞台の上から写真を撮る余裕もあった。
e0083517_01025681.jpg
指揮者のM氏の自己評価は81点とのことだったが、反省点が多い。一番気になったのは、声を張り上げすぎ。特に「野に咲く花のように」は爽やかに優しく歌うべきものだが、ボリウムあげっぱなしの合唱となったのが悔やまれる。

生田神社も寒さの中で凛としたたたずまいであった。
e0083517_01031614.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-01-15 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年1月14日(土)晴

昨日よりさらに寒い。しかも風が半端でない。市民センターに到着する寸前、西風に身体ごと吹き飛ばされるかと思った。体重は十分あるのでその点安心だが、風を受ける表面積も増加しているのかと思うと不安になる。

今年最初のタイム勉強会で、四時間コースだが中休みに30分を取って新年茶話会。ケーキとお茶で新年の談笑タイムである。実は、年末の総会では、役員の負担軽減のために廃止するのも選択肢、という提言もあったが、結局新役員四人の合意で実施することになった。

今日は新年度の会費徴収で新会計担当はてんてこ舞い、ケーキの手配、配膳で両副会長も張り切ってやってくださる。自分は、コーヒー、紅茶、お茶の買い出し。といってもロビーの自販機で買ってくるだけだが、18本をそれぞれの好みで買い分けるの結構大変。若手男性二人が応援してくれて、スムーズに運ぶ。

結果として、この新年会イベントは実施してよかったと思う。慣れない新役員としての初仕事で、年末からメールで打ち合わせつつ準備してきたが、これはチームワーク醸成に大いに役立ったと思う。

記事の方は、年末発行のタイム誌のThe Person of the Year。トランプ氏である。
e0083517_01015945.jpg
Better or Worse, the person of the year was Donald Trumpというのが編集長のNancy Gibbsの結論だったようである。
e0083517_01021068.jpg
完読はできなかったが、無事本年第一回勉強会も終わり、二次会の焼き鳥へ。しかし、今日は親戚関係の予定があるので、パスと思っていたのだが、女性5人、男性4人が二次会参加とのこと。6時までに帰ればいいので、乾杯だけ、ということで合流。後ろ髪を引かれつつ中座となる。

# by yellowtail5a01 | 2017-01-14 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2017年1月13日(金)晴

寒くて震え上がるが、いいお天気が続く。朝はコートを着て、マフラーをして手袋をしても震え上がったが、昼休みには陽光のおかげで風さえ避ければ散歩に十分。膝の具合も少し良くなりつつあるようで、海岸散歩は厭わなくなった。

小豆島の見える東南角まで行くと、姫路港を出港して南に向かう自動車運搬船。形が美しいとは思えないが、日本の輸出産業の象徴のようで頼もしい。
e0083517_01425588.jpg
南西の風が強くて波が荒いが、ウサギやヒツジが跳ねるほどではない。
e0083517_01430785.jpg
冬至からまだ一か月も経たないが、日の入りは確実に遅くなってきている。東二見駅に着いた時点では残照が残っていた。
e0083517_01431703.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-01-13 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2017年1月12日(木)晴

高校同窓会で久しぶりに会ったY氏が院長を務める病院できちんとした診断を受けることになった。レントゲンもいろんな角度から撮られ、その次はMRI。初めての体験である。膝だけなので、言っても閉塞感は感じないし、音がうるさいだけか。脳のMRIは大変だろうと想像する。

何度か診察室に通い、診断を聞くと軽い半月板損傷とその下の骨の挫傷とのことであった。やはり水が溜まっているようで、それは抜いたほうがいいとのこと。

テキパキと治療方針を説明いただき、三つのアプローチが必要とのこととなった。まずは、膝にたまった水を抜き、ヒアルロン酸を注入。これは血液検査と同じようなスピードで完了。二つ目は、靴の中敷き(インソール)。来週月曜日に業者に依頼することとなった。三つめはリハビリ。

さっそくリハビリに予約してもらって、指導を受ける。右膝を庇って無理な姿勢で歩いているので、右足の筋肉が落ちてきているとのこと。正しい歩き方の訓練も必要のようだ。取りあえず家で毎日できるリハビリ訓練要領を教えてもらう。

三つの補助器具が必要とのことで、後でスポーツ店で買い求める。小さめのジムボール、足に括り付けるウエイトベルト、適度な伸縮性のあるエラスティックベルト。〆て5000円強となるが、使いこなして、膝の痛みが取れれば安いものである。
e0083517_00300075.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-01-12 23:59 | 健康 | Comments(2)
2017年1月11日(水)晴

昨秋に出雲から広島に転勤となった息子が久しぶりに帰ってきた。神戸に出張予定があったのにひっかけて昨夜戻ってきた。今日は休暇を入れているようで、母の見舞いとえべっさん詣でに一緒に行く。

えべっさんは空いていたのでスイスイと本殿に行けお参りを完了。おみくじは、正月に大吉が出たのでもう引かない。息子は引いたが、これも大吉。しかも五番で全く同じ。気分よくそれぞれ縁起の笹を買って帰ることにする。

目の付け所は親子共通のようで、一番感じのいい巫女さんのところに行く。意見は一致した。こんなガールフレンドでも見つけて連れて帰ってくれればと思うが、口には出せない。
e0083517_21390348.jpg
赤門と北門の間の塀の内側では、毎年恒例の猿回し。申年が終わってしまい残念そう。それでも直立して挨拶できるニホンザルはなかなかのものである。
e0083517_21392556.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-01-11 23:59 | 文化 | Comments(0)
2017年1月10日(火)晴

皮肉なもので野外活動(セーリング)を計画した日曜日のみ終日雨で、昨日からまた青空が戻った。今日もいいお天気。海が恨めしい。南西の風が強く、風自体は寒くない。むしろ心地よい強風だ。南西に向かう船は波飛沫を上げて喘ぎながら走っている。
e0083517_00470760.jpg
北東に向かう船は、追い手に帆かけてシュラシュッシュッという感じで快走している。
e0083517_00473776.jpg
釣り人もちらほら。ガシラでも釣っているのであろう。
e0083517_00474578.jpg
年末までは賑わっていたコンクリート桟橋も釣れなくなったのか、今日は一人のみ。
e0083517_00471984.jpg
相変わらずの風景だが、退屈をしない昼休みではある。
e0083517_00480234.jpg


# by yellowtail5a01 | 2017-01-10 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2017年1月9日(月) 晴時々曇

今年初めての十三歌会。先生も元気に新年初めてのボイストレーニングに熱が入る。一人では決して出ないような声が、この教室では出るのが不思議である。

今日も馴染のある懐かしい歌を大きな声で斉唱できた。二時間声を張り上げて歌うというのは、健康法としてもきっと優れたものであろう。

終わった後は今日集まった仲間四人で十三の割安ランチ。この界隈には庶民的なお店が沢山あるので、食べログでの人気店巡りをする流れになっている。ランチの内容もバラエティを楽しめていいが、二時間の苦行(楽行)の後のお喋りタイムが癒しとなる。

今年も第二月曜日は、楽しい歌会を継続できそうである。普通の生活ではなかなか横隔膜を使うことはないが、歌う時には鍛えられる。笑ったり、慟哭するときにも横隔膜が駆使されるが、できれば歌と笑いで横隔膜を使いたい。

夙川駅の裏改札から降りてみる。本線から甲陽園線に分岐する線路のカーブにノスタルジックなものを感じる。
e0083517_00015636.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-01-09 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2017年1月8日(日) 雨

悪い予感が的中。天気予報通り、今年初めての雨。それも氷雨。せっかく新西宮ハーバーにクルー・ゲスト併せて10名が集うが、雨の上がる気配もなく、雨脚は強まるばかり。

出航は諦めて、キャビンでの新年会となる。スパークリング、白、赤、ウィスキーとどんどん出てくるので飲みつぶれたいところだが、午後のコーラス練習のことを考えるとそうもいかない。ほどほどに抑えて2時前のお開きを迎える。
e0083517_03032101.jpg
午後三時ちょうどには三宮100番という練習会場に着き、来週に控えた出番に向けて、最終練習。三曲歌う予定だが、最初の「野に咲く花のように」が難しい。課題はわかっているのだが、克服しきれないまま本番を迎えざるを得ない。

指導者の千賀先生の指導も鞭が入るが、5時にて時間切れ。あとは出たとこ勝負。「富士山」と「故郷」はそれなりにまとまるものと思われる。
e0083517_03033295.jpg
練習が終わってからは恒例の飲み会。新年会ということもあり今日は参加する。

# by yellowtail5a01 | 2017-01-08 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年1月7日(土)うす曇り

相変わらず膝に痛みが走り、出かけるのが億劫である。昼下がりソファにゴロンとなっていても膝や筋肉に違和感があり気持ち悪い。昼下がりの窓を見ていても虚しいばかり。
e0083517_03082507.jpg
来週木曜日にはもう一度仕切り直しで、整形の先生に診てもらうことにした。高校同窓生の院長先生に相談したおかげである。夕方が近づき、少し気を取り直して、出かけることにする。

先日の同窓会で、中学校の講堂を建て替えるということだったが、その後どうなってんねん、という声もあったので現状視察にクルマで出向く。昨年四月には、旧講堂の最後の見納めということで何人か集まったが、一年も経ない間に新講堂はほぼ完成していた。
e0083517_03083627.jpg
とはいえまだ最終の仕上げ段階で、おそらく春の入学式までには完成して、この階段に新入生が並んで記念撮影を撮るのであろう。昔の階段より幅があって記念写真向きである。

これですべての建物は建て替えられてしまい、往時の面影をたどれる建造物はなくなってしまったが、正門だけは入学した時のままのようである。
e0083517_03090433.jpg
それと西のグランドに行ってみるとこれも昔の風情がそのまま残っている。わずか三年間だったが、ここで鍛えられた思い出が断片的に思い起こされる。
e0083517_03091920.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-01-07 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年1月6日(金)うす曇り

元旦以来穏やかないいお天気が続いていたが、少し雲が出てきて寒くなった。一月上旬としてはこれでもマシなくらいである。スキーにも行かなくなって久しいので、積雪の情報にはとんと関心がなくなった。

今年は、家内とカニ温泉小旅行を約束している年だが、雪の心配がなければクルマで、雪があればJRかバスでとなる。できれば露天風呂に浸かりながら雪見酒が理想であるが、なかなかそのような状況に恵まれた記憶はない。

一番雪の多そうな二月上旬に城崎か湯村方面、或いは北陸方面はどんなものだろう。雪を求めるのなら神鍋かハチ高原の民宿もありかなと思うが、そうなるとクルマで行かざるを得ない。

昔はゲレンデエキスプレスと呼ばれたスバルレガシー四駆で、深い雪道を求めて走ったものだが、ノーマルタイヤのノートでは雪道は敬遠せざるを得ない。やはり電車かバスに頼らざるを得ないか。

夕方になって、少し膝の調子が良くなった気がするので、自転車で夙川駅前に買い物に出向く。黄昏の空にカトリック教会の尖塔が頭をのぞかせている。

物心がついた頃に日曜学校に通ったことを思い起こす。大学時代もプロテスタント系の英語学校に四年も通ったが、宗教には縁がなく今日まで生きてきた。家族は皆クリスチャンだが自分はどうするのだろう。元気な間にそろそろ方向付けをしないといけないか。
e0083517_01011707.jpg
南西の空には金星。月との競演は終わってしまった。
e0083517_01010592.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-01-06 23:59 | 旅行・出張 | Comments(0)
2017年1月5日(木)晴

初出の日となる。45年ほど前、新入社員の頃は初出の日は楽しみだった。講堂で社長訓話があった後は職場で金粉入りの酒と寿司やつまみが用意され、振り袖姿の女子社員がお酒を注いでくれ、飲みたいだけ飲んで11時前にはお開きで、皆で京都に繰り出し、振り袖女子社員をモデルに撮影会。

そんな良き時代が10年強続いたが、いつの頃からか初出の日から一日仕事となり、振り袖もなくなった。効率は良くなったのだろうが、情緒がなくなった。

今の会社も同じ。総合朝礼で社長訓話の後は、普通の業務。振り袖なんかあるわけもない。似合いそうな女子社員がいっぱいいるのに、これは残念だ。

新年最初の播磨灘撮影。
e0083517_00150951.jpg
エレベーターホールには、ちょっと張り込んだであろうと思われる生け花。きっと社長夫人が朝早く来て活けられたものと思われる。
e0083517_00151881.jpg
新年早々それなりに忙しくて、バタバタするうちに終業を迎える。帰宅後家に上がらずクルマで病院に向かう。幸い母の病状は快方に向かっているようで、痰の量が減っている。かといって退院できるのかというとその見通しは立たない。本人が痛がったり、苦しんだりはしていないのでこのまま様子を見るより仕方がない。

録画しておいた「べっぴんさん」を夕食前に観る。近江の実家での重苦しい空気だが、曾祖父の残した家訓が押し入れから出てくる。
e0083517_00152703.jpg
言い得て妙である。我々も尽きるところは、ここに落ち着くのかと思われた。

例年であれば、1月2日に新年の目標を書いていたが、今年は少し遅ればせであるが、あらためて整理しておきたい。

1 健康 
  なんといっても膝の不調を直さないことには、ゴルフはもとより、バイク、ヨット、フォトフォーク、旅行、散歩などあらゆる野外活動に大いなる支障をきたす。

2.家族
  孫に会いに行くのはクルマで行けば問題はない。問題はいかにその時々の表情を写真収められるか。ひょっとしたら秋口には二人目の孫に恵まれているかもしれない。家内とは孫訪問と映画鑑賞を唯一の共通行動として、バランスが保たれている。

3.仕事
  明石の会社は、四月から12年目に突入する。思いもしなかった長居となっているが、まだ期待されることがあれば継続したいものである。勤務形態は変化しても続けられる間は全力投球したいものである。もう一つの講師仕事もポツポツ予定が入っているので、こちらも心を込めてお役に立ちたいものである。東京に行く機会が多いのがありがたいことである。

4.英語
  タイムを読む会の会長をまた引き受けることになった。三度目である。奉仕活動そのものはいとわないが、その分毎回の予習も性根を入れて頑張らないといけないのがプレッシャーである。副会長・会計を引き受けてくれたお姉さま方のパワーをお借りして、最低でも去年並みのパーフォーマンス、できれば+アルファのパーフォーマンスを実現したい。

5.野外活動
  ゴルフ・ヨット・バイクツーリングが、主だった野外活動であるが、いずれも膝が悪くては満足のいく活動は期待できない。まずは膝の回復を第一義とする。

6.合唱
  現在正式に加盟しているのはOB会の兵庫西支部のSWINGのみ。任意で月曜日の十三歌会。これを拡張するかどうかが問題である。本格的な西宮の合唱団に加盟するか、十三の延長線上のこじんまりした芦屋の合唱団に加盟するか、或いははたまた両方チャレンジするのか。

7.ガーデニング
  去年から力を注ぎ始めたハンギングバスケットであるが、植え付けや手入れの作業はしゃがまないとできないことが多い。ここでも膝の不調が効いてくる。

8.コミュニティ
  上記の活動以外のコミュニティとしては同窓会。これは大事だ。小学校学年同窓会及び有志懇親会、中高同窓会、大学クラス会、予備校仲良し会、会社に入ってからのそれぞれの時代・職場及び組合活動での同窓会が結構たくさんある。気持ちよく参加できるものはどんどん参加したい。

9.フォト
  写真なら何処でも撮れるが、フォトウォークとなるとやはり足腰が勝負。

仕事にしても趣味にしても付き合いにしても、健康があってのこと。健康を何よりも大切にして、この一年を過ごしたいものである。



# by yellowtail5a01 | 2017-01-05 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2017年1月4日(水)晴

明日からいよいよ出勤日。といっても明日行くと次は月曜日。スローなペースが続きそうだが、「一月は行く」という言葉があり、振り返ると慌ただしく過ぎていきそうな気がする。

年末に見損なった「海賊と呼ばれた男」を観に行く。家内は大学の友達と先に観に行ったので今日は一人。一人のいいところは席を採りやすいところである。

うーん、感想はというと予想通りのいい映画だった。随所で涙腺が緩む場面が散りばめられている。しかも、女はほとんど出てこない。登場人物としては、綾瀬はるか演じる妻のユキとその姪の娘(黒木華)のみだ。とことん男くさい映画だが、全く違和感なくかつ退屈せずに140分間入り込めるというのは素晴らしい映画だと思う。
e0083517_23573126.jpg

# by yellowtail5a01 | 2017-01-04 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2017年1月3日(火)晴

三が日ともいいお天気が続く。ヨットの初セーリングと同窓会がかち合う。例年なら初セーリングは4日でうまく振り分けられるのだが、今年はなぜかかち合う。大事なゲストがあって手が足りなければハーバーに向かわなければならないところだが、今日は若手も多いようなので、問題なし。

JR芦屋駅前の竹園ホテルでの宴会は、毎年大体同じ。メニューも顔ぶれもそれほど変わらない。変わった点といえば、会費が去年より1000円アップしたこと、スピーチが長くなった人が多いことくらいか。
e0083517_11404280.jpg
全員のスピーチが終わるころにはお開きの時刻となり、席の周りの人以外とは言葉を交わせなかった人も多い。食べながら席で談笑する時間、スピーチを聴く時間、動き回っていろんな人と談笑する時間。この割合を、3対5対2くらいにすればいいのかなと思われた。

以前は大半の人が上の階の二次会に流れたので、そこでいろんな人と談笑できたが、いつからか二次会はなくなった。その代わりに大谷記念美術館を訪ねるという流れができた。有志六名でタクシーで移動。
e0083517_11414166.jpg
昨日から出勤している館長のO君を訪ね、解説を聞きながら展示作品を鑑賞しようというものである。「日本画にみる四季のうつろい」という展示がなされていた。日本画に造詣の深い皆さんにはおなじみの作家の名前なのだろうが、知らない名前がほとんど。

掛け軸が多かったが、もしかける場所があれば掛けたいなと思ったのは、山元春挙という作家の「雪渓遊鹿図」という作品。(西宮観光協会HPより引用)
e0083517_12073847.jpg
ブラブラと香枦園駅まで歩き、そこで皆さんと別れる。さらに歩いてさくら夙川駅に。膝が痛む。駐輪場に停めていた自転車をピックアップして、西宮神社に初詣に寄る。
e0083517_11423071.jpg
三日目の夕暮れ時でずいぶん空いている。お参りもおみくじもすいすいと進む。
e0083517_11441410.jpg
おみくじブースもより取り見取りで気に入った巫女さんのところで神籤を引く。
e0083517_11433525.jpg
例年いいくじを引けず引き直したりするが、今回は大吉。「おこたらず業をつとめて身をたてし 人のさかへはひさしかりけり」。

喜び事 多い、家業 盛んになる、病気 すっかり治る、争い事 利がある、縁組 相性が良い、なくし物 見つかる、開業移転 始めて良い、方角 東南が良い。関係のなさそうな項目もあるが、病気がすっかり治るというのが一番心強い。なんとしても膝の痛みを克服したいものである。



# by yellowtail5a01 | 2017-01-03 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2017年1月2日(月)晴

穏やかなお天気が続く。今日は、格別の予定なし。例年の正月であれば、時間ができれば京都に行ったり、近所を散歩したり、少なくとも地元の西宮神社に初詣をするところだが、膝の痛みのため歩くのが億劫だ。

母の見舞いも歩いても15分そこそこだが、クルマで行く始末。このような状況が続くのはまずい。まずは膝の回復を第一義としたい。

我が家というか親の代から、正月の雑煮は元旦白みそ、二日からはおすましと決まっている。
e0083517_01144393.jpg
京都の老舗の割烹、瑞氣で教わった一番出汁の取り方に沿って年末に用意した一番出汁でお吸い物。日高昆布と鰹節の味が濃厚に絡み、我ながら旨いと思う。これぞ日本人としての喜びの一つだ。

年末ぎりぎりに仕立てたハンギングバスケット。正月らしく葉ボタンとビオラやシクラメン、シロタエギク、アイビーをあしらった和洋折衷。もう少し育ってくれるとそこそこサマになりそうである。
e0083517_01151621.jpg
短い散歩で近所に行くと、最近オープンしたケーキ屋さんがもうオープンしていた。なんとなく気を引かれ店に入る。ケーキの種類は少ないが、綺麗なケーキやタルトが並んでいる。
e0083517_01153035.jpg
店主と思しき女性に尋ねると、もともと芦屋のダニエルで働いていて去年独立したとのこと。ダニエルなら間違いない。いちごのショートケーキとモンブランをひとつづつ買って帰る。
e0083517_01154445.jpg
思いがけぬアフタヌーンティとなり家内も喜んでいたが、歩いて1分のところに美味しいケーキ屋さんができたのは嬉しい。店名のポワリエというのはフランス語で「洋ナシの木」という意味らしい。

スペインのタパス料理のお店「タパタパタパス」、フランス風のパン屋さん「フリアンド」。この界隈が面白くなってきた。あとイタリアンができれば最高なのだが。

# by yellowtail5a01 | 2017-01-02 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2017年1月1日(日)晴

皆さま、すがすがしく新年をお迎えのことと存じます。今年もなにとぞよろしくお願い申し上げます。

早く目覚めれば初日の出を採りに行こうと思っていたが、目覚ましを仕掛けていた5時過ぎには起きられず、気が付くと7時過ぎ。もうお日様は上がってしまっているので、断念となる。

今日のメインイベントは、娘家族が午後に来るので、それに備える。大晦日までに念入りに掃除はしたつもりだが、改めて見ると埃が残っているところや、ランプシェードの拭き残しなどがあり、お祝いをした後に雑巾がけ。

10時過ぎには年賀状が届く。このデジタル時代に昔ながらの風習がいつまで続くのかと思うが、これはこれで大切な文化なのだろうと思う。ただ、いただいた年賀状を見ていくと、大きく分けて三種類に分類されるようだ。

裏面のデザインは、人さまざまで伝統的な既成の図柄とあいさつ文のもの、オリジナルなデザインのもの、自分の思いを長々と文章で伝えるもの、写真とメッセージで近況を伝えるもの、etc. それはそれぞれでいいのだが、一番注目するのは自筆のメッセージの有無。

印刷だけでメッセージがないもの、「お元気ですか」とか簡単なありきたりの一言、メッセージ性の強いコメント。せっかくだからメッセージ付きがありがたい。

ひょっとしたらメッセージのない賀状は、こちらが出すから返事を書くのが面倒なのでノーメッセージで元旦に届くように出されているのか、大量の賀状を出すのでいちいちメッセージを書いておれない人もいるのだろうと思われる。

自分としては、賀状を出すというのは、自分の人生のそれぞれの局面でお世話になった人、心が通じ合ったと思った人、一方的に惚れ込んだ人、今親しくお付き合いしている人、今後ともずっと友達でいたい人に出状していると思う。

一方的な思い込みで出状して反って迷惑になっているケースも無きにしも非ず。その辺りは今後整理・淘汰していきたいものだが、その見極めがなかなか難しいと思われる。

そんな思いを馳せながらいただいた賀状を読ませていただいていると昼も過ぎ、孫がやってくる時刻となった。

どうやら砂遊びに付き合ってくれるジィジとして定着しているようで、「お砂に行こうか」と声を掛けるとテンションが上がってすぐに近所の公園に行くことになる。

広い砂場はあるが、興味は滑り台に移ったようで、子供用の滑り台と昔からある幅広の滑り台に熱中する。この幅広の滑り台は、娘や息子も小さいころに連れてきた頃と変わっていない。
e0083517_02224827.jpg
砂場の小さい滑り台も気に入ったようである。
e0083517_02221325.jpg
さんざん公園で遊んだあと、一緒に病院に母を見舞う。五人目のひ孫を認識してくれたのかどうかはわからないが、少し顔色がよくなっていた気がした。

# by yellowtail5a01 | 2017-01-01 23:59 | 家族・交遊 | Comments(4)
2016年12月31日(土)晴

年末近くまで仕事が入ったり、予期せぬ母の入院でバタバタした年末だったが、平穏に大晦日を迎えることができた。今日の役割は、主に玄関から外回りの整頓と掃除。

ポーチ付近に並べている鉢物が無造作に増えていて、鉢の間には落ち葉がいっぱい散乱。鉢をすべて移動して清掃にかかる。季節外れのアジサイやカシワバアジサイは、いったん軒下に移動する。

手入れをしていてあらためて目についたのは、ダイモンジソウ。数年前に神戸市立森林植物園で見つけて買ってきた株だが、大きくもならず、花もつけず、でも枯れもしないで生き残ってくれている。
e0083517_23073592.jpg
ガーデニングを趣味の一つと自認する者として、ぜひ花を咲かせたいものである。

今年の春先から二階の窓際バルコニー用として通販で買ったゼラニュームのカリオペ。ダークレッドという品種は、旺盛な生命力で挿し芽でずいぶん増やすことができたが、ローズスプラッシュというピンク系の株は、なかなか芽が伸びず挿し芽もままならない。

それでも8号鉢に植えた株は、順調に育ち冬にも花を咲かせてくれている。この花の色は捨てがたい。
e0083517_23074656.jpg
おせち関連の当番のお煮しめ、出汁取りは昨夜のうちに済ませておいたので、母の様子を見に行ったあとは、大晦日にしては比較的のんびり過ごさせてもらう。

振り返ってどんな年だったのだろう。大きな変化はなかった。強いて言えば、コーラスという新たな趣味が増え、カラオケが減ったということか。それと、11月以来の膝の痛み。これだけは早急に解消したいものである。


# by yellowtail5a01 | 2016-12-31 23:29 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年12月30日(金)晴

昨日は自室の整理に終日を費やしたが、今日はおせち料理材料の買い出し、ニトリでマット類の買い物、コーナンで寄せ植え用の葉ボタン。コーナンの苗売り場はほぼ終わっていたが、帰り道の花屋さんで一応素材は揃った。

今年は娘夫婦は元旦に戻ってくる予定だが、お祝いは家でするとしても夕食は外食予定。息子が戻ってくるのは10日頃になりそうなので、おせち料理は例年の半分の量を目安とする。

市内で一番品揃えのいいスーパーマルナカに午前中に行く。さすがにいろんなものが揃っていて、お買い物リストの品が全部揃う。とりわけ、海老が気になっていたが、元気な活けのクルマエビがてんこ盛り。大分県の姫島産と思っていたが、宮崎産だった。まあ、大同小異。
e0083517_20454050.jpg
帰りに母を見舞うが、スヤスヤと眠っていた。痰のからむ音も少し減ってきたようで、ちょっと安心する。予断は許さないが年末年始はクリアできそうな気がする。

# by yellowtail5a01 | 2016-12-30 20:57 | 自然・季節 | Comments(0)
2016年12月29日(木)うす曇り

親戚及び家内関係の年賀状も昨日で全部出状したので、やれやれ。今日から年末家事にかかれる。一応分担を決め、家の中の共用スペースは家内、外回りは自分。もちろん自分の部屋は自分でやる。あと、おせち料理は頑張るとのことなので、お煮しめのみ担当することにする。

朝一番に母の病院の保証金支払いや健康保険証、その他の受給証明書の提出作業がある。しかし、後者は特養の方で直接やってくれるそうなので、少し楽である。相変わらず喉に痰が絡んだ呼吸音で、心配ではあるが、よく眠っているので様子を見るしか寄り添いようもない。

自分の部屋の散らかり具合を整理し始めると、とても一日では無理。取りあえず溢れかえっている仕事関係の書籍類を古くなったものから処分に回す。パソコン関係書籍やソフトもWINDOW10以外のものはすべて処分。

少しスッキリしてきた。家内は午前はしんどいと寝ていたが、昼から台所の掃除にかかった様子なので、ホッとする。その分、「夕食の準備はやって」とのことなので、引き受ける。

最近不足しがちになっている野菜をふんだんに食べられて、手軽に調理できる八宝菜とする。味付けはクックドゥにお任せでそこそこ行ける。
e0083517_21160698.jpg

# by yellowtail5a01 | 2016-12-29 21:16 | ひとりごと | Comments(2)
2016年12月28日(水) 晴

気持ちのいいお天気だが、寒くなった。冬らしくていいのだろう。
e0083517_02304770.jpg
海上も晴れ渡り、凛とするような寒さで気持ちがいい。最終勤務日とあってルーティンの業務が終わると後は書類整理や大掃除で終業を迎える。オフィスも机も一年経ったが、日頃目の届かないところに少し埃が溜っている程度で、掃除もすぐに終わった。

ゆったりと退社時刻を迎え、挨拶をして退社。朝から寒さの戻りを感じたが、日没後は一層冷え込みが感じられる。

# by yellowtail5a01 | 2016-12-28 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2016年12月27日(火) 曇・雨

急な要請だったが、年明け早々に現地に赴任する人がいるとのことで、お馴染の大崎の企業に出向く。品川から一駅なので楽勝。それでも早く着いたので、ビルのフリースペースで年賀状の一言メッセージに没頭する。図書館代わりに使っている受験生が周りに多い。
e0083517_02580738.jpg
例年ギリギリになる年賀状投函だが、遠方宛先を優先してコメントして出すことにしている。市内は一番後回し。関東に知り合いが多いので、そちらが最優先となる。昨夜、ホテルの机で大分捗ったが、残りを片付ける。

おかげで一部を除き、東京で投函することができた。これで元旦配達はOKだろう。

無事仕事も終え、帰りの便に急ぎ羽田へ。強風の影響で到着便が遅れているようで、空港は折からの帰省客で大混雑。
e0083517_02584023.jpg
予定のフライトもその影響を被って、到着は一時間ほど遅れたが、無事大阪空港にランディング。西の空が怪しい。
e0083517_02585711.jpg
五時過ぎには帰宅でき、母のいる病院に向かう。格別の変化はないが、点滴で抗生物質も投薬されているようで、少なくとも悪くはなっていないようだ。担当看護師が変わるのは病院では仕方がないことなのであろう。

# by yellowtail5a01 | 2016-12-27 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2016年12月26日(月)うす曇り時々小雨

午後から三宮で知り合いのお嬢様のヴァイオリンコンサート。去年も声を掛けていただいていたが、出勤日の調整がつかずパスとなった。今年は早くに調整し、満を持して参加予定だったが、思うようにいかないものである。

先週に病院で検査をしてもらって、大したことはないと診断された母だったが、今日施設に訪ねると担当看護師が深刻な表情。水分は少し摂れているが、食事は一切受け付けず流動食も摂れていないとのこと。

病院への入院はなるべく避けたいと思っていたが、このまま食べられない、飲めない状態が続くと命に関わるとのこと。医師の意見を聞くべく、急遽再度の検診に病院に向かう。医師の見立ても同じで、この状態では点滴で水分や最低限の栄養を補わないと危ないとのこと。

急遽入院手続きに移る。CT検査結果でも肺炎の手前であることが確認された。夕方には無事入院手続きも完了し、施設から日用品を運び込む。点滴の効果がすぐに表れたのか、顔色も表情もよくなった気がする。取りあえず一安心で引き揚げる。

こんな時に限って夜からの出張仕事が被っており、7時前には出発。空路で東京に入る。窓から夜の鳥瞰写真を撮る。
e0083517_02492092.jpg
前回と同じ品川駅前の品川プリンス系のビジネスホテルに泊まる。コンサートは残念だったが、今日入院を決断して結果オーライだったと思う。

# by yellowtail5a01 | 2016-12-26 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2016年12月25日(日) 晴

クリスマス三連休が連日の忘年会になるとは予測していなかった。夜はいなくて申し訳ないが、昼間は家事や年賀状準備などに勤しんでいるので、大目に見てもらおう。今日はヨットグループ忘年会だ。

夕方から淀屋橋のスパニッシュレストランに向かう。春先か夏に別のグループの会食で使ったお店だ。黄昏時の御堂筋イルミネーションがどぎつくなくて美しい。
e0083517_02475780.jpg
ハムやパエージャもいいが、やはり南蛮焼きの有頭海老が一番の好物である。
e0083517_02483851.jpg
恒例の全員記念写真を撮れなかったが、20人くらいの大パーティとなった。
e0083517_02481639.jpg
よく考えると自分だけ写っていなかった。
e0083517_02482681.jpg
お決まりのコースで二次会は、新地のスナックへ。今年は少しおとなしかった気もするが、被り物をかぶっての歌合戦。コーラスを始めてからカラオケが苦手になっている。

 コーラス調で「赤鼻のトナカイ」と「きよしこの夜」を十三歌会仲間のHさんと二人で合唱したが、まずまず息があっていたようで嬉しい。夜は更け行き終電少し前の電車で無事帰宅。それなりに疲れる。

# by yellowtail5a01 | 2016-12-25 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2016年12月24日(土) 晴

夕刻より守口に向かう。法務と知財のOBと現役混じりのミニ同窓会。6人の予定が4人になってしまったのはちょっと残念だが、11月中旬に亡くなられた共通の先輩U氏を偲んで、献杯でスタートする。

守口の元禄堤に位置するお店はまだ新しいようだが、なかなか本格的な割烹料理。お酒もしっかりいただいてもリーズナブル。守口はサンヨーもなくなり衰退気味かと思いきや、こんなお店が増えているようで捨て置けない。

各お料理のネーミングがなかなか洒落ている。一番感動したのは、お吸い物。薄氷越し海老と蕪のお吸い物。透き通るくらい薄く切った蕪がまるで薄氷のよう。
e0083517_11401352.jpg
おつくり盛り合わせも関西では珍しい金目鯛の炙り刺身。他の素材も見た目にも綺麗で美味しい。
e0083517_11402360.jpg
5時半から8時前までビール、焼酎、熱燗、冷酒とたっぷりいただいて出来上がる。
e0083517_11405328.jpg
 〆は今日の世話役であるKさんのご主人の営むバーに流れ、上等のウィスキーをいただく。これだけチャンポンすると帰りが危ない。それでも京阪、JR東西線を乗り継ぎ、無事迷うことなく帰宅することができた。

# by yellowtail5a01 | 2016-12-24 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)