ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2019年1月21日(月) 曇時々晴れ 

ブログ更新も捗らないくらい週末からの連続行事だったが、ようやく落ち着く。心静かに出勤する。ルーティンワーク以外にも何かと案件が出てくるのはありがたいことで、終日時間との勝負である。

さほど寒くもないが、風が強い。雲が早いスピードで流れ、海面も暗かったり、明るかったり。
e0083517_05535943.jpg
e0083517_05540818.jpg
帰り道、明石駅で途中下車し、駅ビル内の玉子焼き店に寄る。ここは初めてである。
e0083517_05542068.jpg
10個で640円は高い。魚の棚に比べればマシだが。タコも小さく、他の店に比べると見劣りがする。場所だけはいい。



# by yellowtail5a01 | 2019-01-21 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2019年1月20日(日) 雨のち晴 

このところ毎年参加している三宮生田神社会館での新春懇親会。
e0083517_04413801.jpg
コーラスグループSWINGに加入していなければ、毎年は来ていなかったであろう。会費も5000円から6000円にアップしたが、余興の出番があるので参加が必須となった。以前は参加しても知っている人が限定的で物足りなかったが、今では仲間が沢山できて実に居心地がいいコミュニティとなった。

まずは招待パーフォーマンス。今年は、チアリーダーグループである。
e0083517_04421392.jpg
阪神間で活動しているグループで、リーダーは、スタイル抜群、見目麗しいお姉様である。
e0083517_04420091.jpg
子供たちの元気いっぱいのパーフォーマンスに会場は湧く。
e0083517_04422583.jpg
孫のようなお嬢ちゃんたちのパーフォーマンスもいいが、娘のようなインストラクター達のパーフォーマンスもいいと思ったのは自分だけではないと思われる。
e0083517_04423712.jpg
懇親会食の後、やがてデザートが出てくる頃にコーラスグループの出番が巡ってくる。夕方にクルマで家内の見舞いがあるので、アルコールは控え目にしていたので、冷静に舞台に上がることができた。
e0083517_04434008.jpg
指導者の皆さんから、とにかく元気よく大きな声で、しかも強弱を意識して、との注文でフォルテ部分は思い切り声を張り上げる。

結果、去年よりも拍手が大きかった気がして嬉しいのは自分だけではなかろう。アンコールの声も上がり、準備していたアンコール曲も歌うことができた。

メンバーたちとカラオケスナックの二次会に流れたいところであるが、夕方に家内の入院先に出向き、メガネを届け、洗濯物を引き取らないといけないので、涙を飲んで皆さんと別れる。集合写真だけの参加となる。
e0083517_04435972.jpg

# by yellowtail5a01 | 2019-01-20 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2019年1月19日(土) 晴 

今日は松愛会関連の行事が二つかち合ってしまった。一つは、モーターサイクルツーリングクラブの一月例会。もう一つは、近隣支部である兵庫東支部から招待を受けたSWINGコーラスの演奏会。どちらにも出たいところであるが、ツーリングクラブの方は今月例会の世話役なので、当然こちらを優先することになる。

以前は千里の保養所にバイクで参集し、アルコール抜きの新年会が恒例であったが、去年は京橋でアルコール付きの新年会を催した。今年は、女性新メンバーのお店での二次会を前提に、心斎橋での昼食一次会開催を企図する。

ホテル日航地下の「きんのぶたプレミアム」というお店を紹介いただき、予約していたところ13名のメンバーに参加いただけ、賑やかな新年会となった。
e0083517_03101664.jpg
二次会にも10名が流れ、飲み放題、歌い放題で昼下がりの宴会が盛り上がった。
e0083517_03103394.jpg

# by yellowtail5a01 | 2019-01-19 23:59 | バイク | Comments(0)
2019年1月18日(金) 晴 

今日も朝からいいお天気。気温もそれほど低くないようだ。去年も同じような時期にここ八王子に来たが、その時は大雪で八王子駅前のバス停で、路線バスがスタックしていたのを思い出す。朝食は、ホテルの和食を注文する。プロが作る和食メニューはどんなものか。
e0083517_05104284.jpg
自分が作る朝食メニューと大差はない。玉子焼きは関東流の甘いバージョンで、京風の出汁巻には及ばない。納豆も少ないし、みそ汁も味わいが乏しいのは不満点。焼きのり、漬物、魚についているハジカミ生姜と大根おろしはグッド。しかし、1000円は高い。

午前の講義は、超短縮バージョンでタイムマネジメントに苦労する。午後は、久しぶりに虎ノ門のCISTECを訪問し、懸念情報検索のチェイサーシステムのデモをしてもらう。日頃お世話になっている方にも新年のご挨拶もでき、有意義に時間を使えた。

早い目に仕事が完了したので、寄り道をする余裕もあったが、週末の予定もあり、無理をせず早い目ののぞみに予約変更して帰路に着く。おかげで今日も富士山の雄姿を拝むことができた。夕陽による赤富士である。
e0083517_03095073.jpg

# by yellowtail5a01 | 2019-01-18 23:59 | 旅行・出張 | Comments(0)
2019年1月17日(木) 晴 

明日は、短縮バージョンの講義で正味一時間半のお仕事だが、微妙な午前の時間帯で、5時半に家を出れば間に合うが、この時季雪による新幹線遅延のリスクもあるので、前泊を承認される。おかげで二日仕事になるが、それはそれでありがたいことである。

昼頃に出発して東京に向かう。道中、今年初めての富士山を拝むがいいお天気で幸いだ。
e0083517_03093170.jpg
一人の夕食は寂しいので、気の置けない友人を引っ張り出して付き合わせ、安い回転寿司で済ます。腹いっぱい食って1000円でお釣りがくるが、生中が500円は相対的に高すぎる。

最近お気に入りの八王子駅から徒歩5分のやすらぎの湯ホテルにチェックイン。安くはないがリーズナブルな価格で、そこそこ広い部屋と岩盤浴付きの天然温泉が魅力である。一時間半かけてお風呂を楽しむと入浴前後で1Kg体重が減った。

# by yellowtail5a01 | 2019-01-17 23:59 | 旅行・出張 | Comments(0)
2019年1月16日(水) 曇 

朝一番から高槻に向かい、主治医の先生との面談。家内の容態は安定はしているとのことだが、必要なリハビリテーションができていないので、リハビリのできる病院への転院をすすめられる。確かにおっしゃる通りで、歩く能力を回復しないことにはどうにもならない。高槻は遠いので、西宮で探すことにする。高校同窓の先生に相談して糸口を得るが、果たしてどうなることか。

家内関係の手続きで市役所に出向く。クルマで行こうかと思ったがせっかくの歩くチャンスなので徒歩にて向かう。歩くと思わぬ被写体にも出会えるので、一石二鳥である。
e0083517_05571409.jpg
帰りには、Y!mobileに寄って安くなるプラン変更と日頃からわからない操作方法の指南を受ける。電池もあと半年は何とか持ちそうなので、保証を解約し毎月の料金を少しは安くできそうである。

夜は国立循環器センターのナレッジキャピタル。今日はコレステロールの話で、夕方から梅田に向かう。ヨドバシカメラの都内rに大きなビルができつつある。なんのビルなのだろう。
e0083517_05573629.jpg
で、今日の講師は40代の女性医師。メリハリとユーモアにあふれた語り口は参考になる。
e0083517_05574555.jpg
12月の健康診断でコレステロールが警戒域になっているので、関心を持って聞くことができたが、主眼は遺伝性疾患と新薬開発の動向に焦点を当てた専門的な話だったので、ちょっとアテが外れた。
e0083517_05575452.jpg
一般的な高コレステロールへの対処方法は、生活習慣改善で、血糖値対策と同じように食べ物と運動とのこと。意識しているつもりだが、より意識を高めて実践していきたい。


# by yellowtail5a01 | 2019-01-16 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年1月15日(火) 曇ときどき雨 

雨を覚悟で出勤する。メールを開くと急ぎの契約案件が入っており、その検討と翻訳に忙殺される。このような場合、週一出勤は厳しい。ルーティンの業務を片付け、担当者とのすり合わせのあと翻訳に掛かる。担当者が作った翻訳アプリの訳は全く役に立たない。

一から訳した方が早い気がするが、担当者がアプリ翻訳に手を加えた訳を修正する形で仕上げるつもりだったが、5時の時点で諦める。後半五分の一の一般条項まではカバーできなかったが、権利義務に関わる部分の訳とコメントは何とか完成できた。

グッドニュースは、次年度も業務委託を更新いただけることになったこと。お御籤が凶だったので心配していたがまずはよかった。

# by yellowtail5a01 | 2019-01-15 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2019年1月14日(月) 晴 成人の日

月曜日が祝日になることが多く、十三の歌会会場も正面ドアが閉まっているので裏口からの入門。英語会関係の新たなメンバーを迎える。今日は我がチームは5人と少ない。いつも通り、ボイストレーニングの後、10曲を元気よく歌う。歌うだけで相当な呼吸の量なので、健康にいいと思われる。

相棒のN氏は滋賀県のコンサートに向かい、自分は西宮北口の芸文センターの予定があり、恒例のランチは成立せず。キーボードの後片付けをして北口に向かう。

ジャズライブ仲間が紹介してくれたコンサートは、芸文センターの小ホールで。混声のアカペラコーラスで、素晴らしいハーモニーを奏でる。特に男声パートの音がくっきりと聞こえてくる。男声は八人で四部をきっちり歌い分けているのが聞こえてきた。自分の耳も少し良くなってきているのかな。
e0083517_05194109.jpg
アンコールの後、メンバーが通路を上がってきて、ホワイエに出て再度アンコール曲で観客を見送ってくれる。素晴らしい企画である。
e0083517_05200163.jpg
素晴らしい歌声、ハーモニーに魅惑されたあとは、洗濯ものを持って高槻の病院に向かう。元気に過ごしてくれているようなので、安心する。帰りはすっかり夜になったが、漆黒の空は星が良く見える。今度夜に来る時は、望遠鏡は無理にしても双眼鏡は持ってきたいと思う。

# by yellowtail5a01 | 2019-01-14 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2019年1月13日(日) 晴 

この上ない好天に恵まれ、早い目の9時に集合してショートセーリングに集う。この寒い時期に先週に続き二度目のセーリングにクルー5人が集う。風はほとんどないが、大阪湾をセールを揚げて漂う。万博予定地の舞浜方面を散策しつつ、宴会ボートとなる。美味しい白ワインでスタート。
e0083517_04392753.jpg
午後の予定があるので、早い目の帰港にキャプテン以下皆さんに協力してもらう。とにかくお天気がいいので気持ちがいい。工事中は目障りだったエクシブ芦屋も出来上がると、それなりにランドマークモニュメントになった感がある。
e0083517_01195197.jpg
今年はCaratQ号とどんなドラマが待っているのであろうか。年初の滑り出しは上々である。
e0083517_01202320.jpg
ハーバーハウスでは新年の餅つきをやっていて、ぜんざいや餅が振舞われていたが、急ぎ三宮に向かい本年初のSWINGコーラス練習会に向かう。

来週の新春懇親会で歌う予定の三曲を徹底的に練習し、その後は日頃はあまり参加しない二次会であるが、独り身ということもあり、お付合いする。

# by yellowtail5a01 | 2019-01-13 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2019年1月12日(土) 晴 

レーガン大統領からブッシュ大統領に代わった平成初期は、自分の仕事史の中では一番モティベーションの高かった時期であった。アメリカにもよく出張していたが、アメリカの政権についてそれほど関心はなく、パパブッシュがどんな活躍をし、どんな批判を浴びたのかもほとんど知らなかった。
e0083517_04225584.jpg
今日読んだ二つの記事は、いずれもニュートラルな視線で彼の功績を讃えていた。いい意味での愛国心に富んだ人物であったことはよくわかった。もっとも筆者の言いたいことは、ブッシュと比較して今の大統領はどうなんだ、という問いかけのように思われる。

難解な英文が多く、最後まで読み切れなかったし、解釈について意見が分れたまま持ちこした部分も少なからずあるが、ネイティブスピーカーの意見を確認してくれるメンバーができたので、やがて解明されることになる。有難いことである。

# by yellowtail5a01 | 2019-01-12 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2019年1月11日(金) 薄曇り 

片道30km強、一時間かけて見舞いに行っても特に何がどうってことはないのだが、洗濯代をケチったばかりに、洗濯ものの交換のために週二、三回は通わなければならない羽目となった。出来れば主治医がいらっしゃる水曜か土曜にしたいところだが、タイミングがうまく合わない。

まあ、道中のドライブでは昨日録音した「夢路より」の難解パートを繰り返し聴きながら、大きな声で歌えるのは車中ならではである。先日はライトアップのジャイアントホイールであったが、今日は黄昏時の観覧車となる。
e0083517_01535880.jpg

# by yellowtail5a01 | 2019-01-11 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年1月10日(木) 薄曇り 

早いもので、新年が明けてから一月の三分の一が過ぎる。三月初旬のステージに向けて、今年最初のグリー練習日。新たな課題曲の「夢路より」は、他のフォスター曲に比べてもすこぶる難しい。特に中間部のハーモニーは、各パートともこれまでにない難所が沢山ある。

三月の発表会までには何とかなるのであろうか。先生の指導を信じて付いて行くしかない。とにかく自分のパートであるバリトンの不規則旋律を繰り返し練習することだ。バリトンパートだけであれば何とか歌えるが、他のパートと一緒になると全く音程が取れなくなってしまう。

終わってからはいつもの喉の消毒会で小一時間を業平レストランで過ごす。一名新人が加わりそうである。これで自分が一番新しいの新入会員であったが、脱却できそうである。

十日戎なので、帰宅後夕食を済ませてから,去年の福笹を返しにえべっさんに向かう。平日ではあるが、十日戎とあり、大混雑である。
e0083517_03534223.jpg
初詣のときと比べると的屋の数が圧倒的に多い。ケバフのお店はトルコ人か。
e0083517_03524898.jpg
イカ焼きのいい香りが漂ってくる。
e0083517_03530139.jpg
今年よく目についたのは串焼き。お好み焼きのようなものを串に巻き付けて300円。
e0083517_03531253.jpg
子連れで頑張っている店もある。
e0083517_03533358.jpg
景気がいいのは、飾り物を売るお店。商売をしている人は大枚はたいて買って帰るのであろう。
e0083517_03532578.jpg
ずいぶん時間をかけて境内に入ってもなかなか進まない。鮎の塩焼きもいただきたいところだが、参拝を済ます前に食べる気にはならない。
e0083517_03535910.jpg
並んで並んでようやく本殿に近づく。まずは清め。ここも当然満員である。
e0083517_04190665.jpg
列に並んでから30分は経過したであろうか。ようやく本殿に近づく。
e0083517_03540908.jpg
今年二度目の参拝であるが、初詣よりもお賽銭を張り込み、感謝の気持ちで手を合わせる。福笹も例年は1000円であるが、今日は3000円を張り込み、可愛い福娘さんから受け取る。
e0083517_03542237.jpg
満を持して仕切り直しのお神籤を引く。なんと初詣に続き凶。嗚呼、今年は相当覚悟を決めてかからねばならないのか。初詣、十日戎ともに凶を引いたのは、我が人生で初めてのこと。
e0083517_03544616.jpg
初詣のときのメッセージも今日のメッセージも、良かれと思ってやっていることが人のためにならなかったり、自分のエゴに拠っていることがないか、反省しろということ。それにしても、病気:危ない、というのが気になるところである。

これだけの沢山の人出だが、知っている人に会わないものだと思っていたが、お神籤を紐に結んで射的コーナーを過ぎる辺りで知った顔に出くわす。なんと12月にヨットに参加してくれ、先日のヨット新年会にも参加して、カラオケで美声をさんざん披露してくれた大学三回生のF子ちゃん。お互いにびっくりぽん。

いつか孫たちを連れて来たいお化け屋敷。中に入ったのは何年前のことだろうか。自分の子供たちが小さい頃に入ったような気がする。
e0083517_03551012.jpg
いろいろな思い出を振り返りながらの今年の十日戎であった。

# by yellowtail5a01 | 2019-01-10 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2019年1月9日(水) 晴 

今年は新年早々いいお天気が続き、びっくりである。途中夕方に時雨た日もあったが、基本的にはずっと晴れである。大晦日と元旦は一人正月に感傷的な気分を味わったものであるが、大分慣れてきた。

家内が手配してくれていた芸文センターでのワンコインコンサート。チケットが一枚無駄になるので、クラシック通の友人達に声を掛けたがいずれも先約等で振られ、一人で行く。
e0083517_02282976.jpg
木管のクィンテット「ソノリテ」というユニットである。木管五重奏と言いながら何でフレンチホルンが入っているんだ、という疑問があったが、メンバーそれぞれの自己紹介もあり、納得のいく説明をいただいた。

木管と金管の違いは、楽器の素材ではなく音の出方の違いであると聞いて納得。フルートのように息の音で音を作るもの、クラリネットやオーボエ、ファゴットのようにリードで音を作るものが木管楽器。唇の振動で作った音を管で増幅するのが金管楽器とのこと。

従って、フレンチホルンは純然たる金管楽器だが、他の木管楽器との親和性がいいので、このユニットに入っているとのこと。納得の説明であった。好きな音色の楽器が奏でるハーモニーは美しかった。

午後7時からグランフロント梅田で開催されるナレッジキャピタルのセミナーまで時間があったので、西宮北口のイタリアンレストランで遅い目のランチを摂りながら英語の予習タイムに充てる。今回の二つの記事は、先般亡くなったパパブッシュに関する記事だが、難易度はかなり高い。窓の外を眺めると、先日まで工事中だったビルが完成している。12月に開業したらしい。
e0083517_02284044.jpg
夜のセミナーでは、誰か来ているかなと思っていたが、なんとヨットのキャプテン、マネージャ、クルーのHK氏も一緒となった。
e0083517_02285226.jpg
静脈から来る疾患の解説を国立循環器センターの先生が、初めはわかり易く、途中からかなり専門的な解説をしてくださる。
e0083517_02290633.jpg
脳梗塞や心筋梗塞は動脈から来るもので、テレビ番組でも取り上げられることが多いが、静脈からくる肺血栓症などはあまり取り上げられない。誰にでも前触れなく来る可能性があり、死に至る疾病とのこと。

動脈と静脈の機能、心臓の働きなど血液・血管の基礎を知るとともに、静脈系疾患の症状、予防法等を解説いただき、大いに参考になった。エコノミークラス症候群がなぜ起こるか、そのメカニズムと予防法もしっかり理解できた。
e0083517_02320675.jpg


# by yellowtail5a01 | 2019-01-09 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2019年1月8日(火) 晴 

芦屋グリークラブと十三歌会でお世話になっているF先生が、芦屋の老人ホームで慰問の会を永く続けておられるというので、仲間に誘われ、初めて参加させていただく。

この手の老人ホーム慰問はSWINGコーラスで二度体験しているが、今日のは少し様相が異なる。主役は先生一人で、後のメンバーはお手伝いである。歌集を配ったり、ページがわからない人がいれば、教えてあげたり、後片付けをする。

おかげで多くの先輩仲間に新年の挨拶をでき、先生の独唱も聴くことができてよかった。先輩メンバーの中には、どうみてもホームの皆さんより年上の人がいるのもご愛敬である。
e0083517_02275682.jpg
殆どお世話は出来なかったが、一緒に懐かしい唱歌などを後方で歌い、このような形の老老ボランティアもあるのだなと、心が洗われた気分である。
e0083517_02274064.jpg
洗濯物を届ける必要があったので、ボランティア活動終了後に高槻の病院に向かう。自動販売機でジュースを飲み過ぎていることを除けば、順当な入院生活を送っているようでホッとする。

西宮から高槻の山手まで順調に行っても60分。今日のようにラッシュ時にかちあうと75分コースで、慣れない夜間の運転は疲れる。以前はそんなことを思ったことなかったのになぁと歳を実感する。

救いなのはe-POWERのおかげで燃費が改善されていることである。冬場は燃費が悪くなると心配していたが、意外によく伸びる。往きも帰りもほぼ30km/lを記録した。前のNOTE号の約三倍。ガソリン代が三分の一で済む計算である。思い切って買い替えて良かったと思う。

万博のジャイアントホイールのライトアップも通りかかると写真を撮りたくなる。近くで観ればもっといろんな写真が撮れそうである。
e0083517_02280943.jpg

# by yellowtail5a01 | 2019-01-08 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2019年1月7日(月) 薄曇り 

新年早々バタバタと慌ただしい毎日だったが、はや七日。昨日買っておいた七草粥セットとパックライスで手早く作った七草粥だけを駆け込んで家を飛び出す。
e0083517_07111411.jpg
今日が昭和の最後の日に当たるそうだ。そういえば30年前の今日は、初めて本社から事業場に転勤した二カ月後に、正月2日から米国出張を命じられ、米国本社で業務を終えて、シカゴの研究所に挨拶がてら初めて寄り、夜に出向者のお宅に招かれた時に、天皇ご崩御のニュースを知ったのを思い出した。

昭和を過ごしたのが約40年、平成が30年か。その平成も間もなく終わろうとしているのかと感慨に耽りつつ、播磨灘沿岸散歩となる。
e0083517_07114483.jpg


# by yellowtail5a01 | 2019-01-07 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年1月6日(日) 薄曇り 

昨日の新年会に引き続き初セーリングとなり、九人が集う。天気予報では相当冷え込むとのことだったが、意外に寒くない気温であった。

シャンパン(スパークリングワイン?)、越乃寒梅、赤ワインと次々開栓されるが、夕方にはまた高槻までクルマで行かないといけないので、乾杯のみ軽く付き合い、後はノンアルで我慢する。

穏やかな海で緊張感もなく宴会艇で日永を過ごす。珍しいトリマラン艇(三胴船)が通り過ぎる。しかもクルーは女性陣。
e0083517_23183537.jpg
午後になると温度が下がってきたので、帰港。先だって台風で被害を受けたとおぼしきハーバーの防波堤がひどいことになっていた。
e0083517_23185900.jpg
今日は忘れずに記念写真を残す。
e0083517_23192093.jpg
いい気分転換になったが、その後高槻に向かう。ようやく入院事務手続きをすべて完了できてやれやれ。家内は落ち着いてゆっくり過ごせているようである。

# by yellowtail5a01 | 2019-01-06 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2019年1月5日(土) 晴 

予定していた通り、四週間ぶりの主治医の検診の日であるが、この一ヵ月で状況は急変。入院覚悟で出向く。ドクターと協議の上、今日から入院が適切であろうということになる。そのつもりで最低限の身の回り品等をクルマに積んでいたのは正解だったが、いざとなると洩れているものも少なからずあり、昼前にいったん帰宅し、追加搬入物をかき集めて再度高槻へ。

5時半から始まるヨット新年会に間に合うかな、と心配していたが、入院手続きで待たされたりして時間が切迫してくる。帰りは名神高速をぶっ飛ばして帰路に着く。
e0083517_03031853.jpg
西宮インターに着くころにはすっかり陽も傾く。
e0083517_03042649.jpg
慌てて着替えて梅田の会場に向かうが、15分の遅刻となる。それでも乾杯には間に合い、イタリアンの一次会と北新地での二次会に参加。初参加の人も四人と大勢のパーティとなった。老若男女が集まるパーティを主宰されるキャプテンは凄いとつくづく思う。

年代層も80代から20代前半まで。30代もいれば40代、50代もいて凄いレンジだと改めて思う。男性陣も女性陣も各年代が揃っていて、多彩なバックグラウンドの皆さん。朝から昼の重い気分を少し転換することができた。

二次会にも20人近い皆さんの参加で盛り上がる。去年までお世話になっていたラウンジが閉鎖されたので、そのママの紹介で前より広いお店で二次会。飲み放題、歌い放題で終電近くまで騒ぐことと相成った。
e0083517_03033049.jpg
ただうっかりしていたのは、一次会参加者全員の記念写真を撮るのをすっかり失念していた。


# by yellowtail5a01 | 2019-01-05 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年1月4日(金) 晴 

家内の緊急入院の退院日となるが、自分の胃潰瘍治療の薬をもらいに行くのに年越しとなってしまい、近所の掛かりつけの医院に9時前に行く。休暇明けということで案の定混んでいた。

胃潰瘍の薬はもらうだけなので、どうってことはないが、先日の定期検診の結果が、コレステロールと血糖値が要注意レベルになっていたので、健康診断結果報告書を提示して相談する。

コレステロールの方は気にするレベルではないので、せいぜいしっかり歩くこととの助言。血糖値は念のため採血してHoA1cを診ておきましょうとのこと。変な数値が出ないことを祈る。いずれにしても、運動不足気味と飲み過ぎに注意をしないといけないであろう。

家内の退院手続きの方は、面倒な事務手続きはあったが概ねスムーズにいく。ここも休み明けとあって、駐車場が満車で遠い駐車場まで行かないといけない。4泊5日の入院となったが、そこそこのホテル並みの請求書が回ってきた。致し方ない。

昨日の、「今年の目標」の項目で抜けていたのは自分の健康であった。例年誓っていて実現できていない節酒・休肝日と一万歩を目標としたい。実現は難しい気がするが。芦屋に行く時には、歩くようにすると一万歩は軽くクリアできそうであるが。

# by yellowtail5a01 | 2019-01-04 23:59 | 健康 | Comments(0)
2019年1月3日(木) 晴 

話す相手もなく一人で家にいると、落ち着かない。外に出て人と話したいという欲求に駆られる。そんなときの同窓会はいつも以上に嬉しいものである。昨年夏に全体同窓会で50名強が集まり、その五カ月後とあってか例年より集まりは悪い。16人となってしまい関東同窓会に人数で負けてしまうこと必至である。勝った、負けたの問題ではないが。
e0083517_22153548.jpg
このところホテル7階バーでの二次会はなくなり、その代わりに同窓生の一人O君が館長を務めている香櫨園の大谷記念美術館に足を運び、美術鑑賞するのが恒例となっている。去年は五人だったが、今年は四人となった。
e0083517_22155458.jpg
あまり有名ではないと思われる福田眉仙という日本画家の作品を中心にした展覧である。館長の解説付きで巡ると、また鑑賞視点も幅ができ、贅沢を味わう。手入れの行き届いた庭園散策もご一緒いただき、しばし凛とした冬の風情を楽しむことができた。
e0083517_22161847.jpg
この庭園でこの時期一押しの蝋梅が咲き始めたばかり。これから月末までが見頃とのこと。「日本画家 福田眉仙とその周辺」展と蝋梅セットで心静かに鑑賞するのはお奨めのコースである。
e0083517_22160323.jpg
さて、はや三が日も終わろうとしているので、今年の自分の目標を簡潔に整理しておきたいと思う。項目の順は思いつき順であり、絶対的な優先順位という訳ではない。

1.家族・親族
  同窓会の近況報告でも言ってしまったが、親の介護は全て責任を果たしたと安心したところだが、今年はいよいよ家内の介護を覚悟しないといけないことになりそうだ。これまでもカバーしてきたつもりだが、逆にカバーしてくれているところもあった。その比率が昨年末から急速に変化してきたのが案じられるところである。娘家族の孫には引き続き月一では会って、その成長を見届けるとともに、癒されたいものである。1月から九州に転勤となる息子のところにも一度は訪ねてみたい。

2.仕事
  これも同窓会近況報告で言ったことだが、6月に古希を迎えるにあたり、今の仕事をどうしていくのかというのは決意の年になるものと思われる。週一勤務のS社は年度末で契約更新いただけるかどうか、会社の判断にお任せさせていただこう。不定期の講師仕事は、まだ先輩諸氏もいらっしゃるので、70歳は気にせずに要請があればできるだけ応じて行こうと思う。

3.バイクツーリング
  仲間の最年長は80歳を軽くクリアされているし、クラブのメンバーの中では自分は上から五番目なので、まだまだ大丈夫とは思うが、各種趣味の中では怪我のリスクが一番高いのは事実。万一事故で入院したりすると介護もできなくなり、大きなリスクになるので、そろそろ潮時かも知れない。

4.合唱活動
  二年前から始めた松愛会兵庫西支部のSWINGコーラス、その直後に始めた十三の斉唱会、一年前から始めた老人グリーの芦屋コーロイグレコ。いずれもますます楽しくなってきている。これらは今後ますます注力していくジャンルとなる予感がする。加えて、以前に一度トライしたオカリナもまじめにやってみたい気がする。月謝を出してまで習う気にはならないが、自己流でやってみようかと思う。

5.英語会
  月二回の「芦屋タイムを読む会」、月一回の「ユニークな英語会」には可能な限り出席し、合唱活動と同等の精力を注ぎたいと思う。予習の質・量を早い時点で増やすことが相変わらずの課題である。

6.ヨットクルー活動
  今年は長期の沖縄遠征が予定されているが、家内の状況次第では、複数日に亘る参加は難しいことであろう。デイセーリングであれば参加できそう。こちらも安全面でのリスクがないではないが、バイクに比べるとずっと安全であることは間違いない。

7.ゴルフ
  去年は年頭の宣言として「100を切れなければきっぱりゴルフと決別する」と誓ってスタートしたが、なんとか初ゴルフで100切りを達成し、決別は避けることができた。しかし、年間通して振り返ると実に不甲斐ない実績である。半分以上が100越えである。ゴルフ自体を放棄するつもりはないが、スコアを競うコンペについては、今年納得のいく結果を残せなければ来年は辞めることにしたい。が、親交目的のゴルフはスコアを気にせず永く続けたいものである。各種同窓会ゴルフがスコアを競うものか、親交目的か、その判断は微妙である。

8.世話役活動
  法務部門OB・OG会、神大30クラス同窓会、大社小同窓会、会社同期会。少なくともこれらは中核的幹事を務めているので、いつも通り全力投球するしかない。それ以外の少人数会合も自分が言い出しっぺ的会合については注力していきたい。他に世話役乃至幹事が揃っている会合については、参加することを一義として可能な限り出席したいと思う。

9.ガーデニング
  このところプランターや鉢物の管理がほとんどできていない。ただ、人目につく道路沿いのプランターと門扉のハンギングバスケットだけは、なんとか維持している状況。本来であれば、玄関わきに気の利いた寄せ植えを飾り、二階バルコニーにゼラニュームを綺麗に飾りたいところだが、昨年夏の猛暑でゼラニュームは壊滅状態。春をターゲットに復活を果たしたい。ハンギングバスケットのノウハウは身についてきたので、ビオラが終る初夏には娘宅にベゴニアセンパーフローレンスのハンギングを届けようと思う。

10.フォト
  カメラは今は絶版となっているRICOH CX5に未だに頼っており、これが一番使いやすいと実感している。本格的な写真を撮るには不十分なのはわかっているが、スマホに比べるとやはりチャレンジのし甲斐があるのは事実。目的はブログ用なので、当面はこれで頑張ろうと思う。

何か洩れている項目もありそうだが、酔いも回ってきたので、これをもって今年の目標とする。


# by yellowtail5a01 | 2019-01-03 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2019年1月2日(水) 晴 

穏やかないいお天気が続く。午後に娘家族が尋ねて来るので、朝からあらためて室内掃除。夕食は外食だし、その前にも公園や西宮神社に行く予定なので、家に上がる可能性は少ないが、どんなことで上がるかも知れないので、年末にできなかった部分の掃除に励む。

昼過ぎに連絡があり、今から向かうとのこと。まずは、家の前でピックアップしてもらい病院へ。全員は病室に入れないので、娘と抱っこ紐のあかりちゃんと三人で病室へ。娘との会話に関する限り家内も冷静で、言葉が不自由な点以外は普通な感じがした。

見舞いの後は、あき君が買ってもらった凧揚げ(カイト)をしたいというので、安全に揚げられる新西ヨットハーバー前の公園に行く。凧揚げの記憶は60年前に遡る。その頃は、家の南の阪急神戸線の南側は、田んぼが広がりそこで凧揚げをしたものである。

糸をどんどん継ぎ足し500メートル位出したのを記憶する。しかし、その凧は失速して墜落したのを記憶する。その後の凧揚げ記憶は息子が幼児だった1988年頃か。南千里の公園でカイトを揚げたのを思い出す。娘はまだ用事でママとベンチに座っていた。それから約30年。ジィジとして凧揚げに付き合うが、あき君はすぐに凧には飽きたようである。

次の予定として西田公園と西宮神社を楽しみにしているようなので、まずは神社に参拝。駐車場に困りそうだったが、白鹿近辺の駐車場に空きがありそこから西宮神社に向かう。
e0083517_04472734.jpg
あかりちゃんは、おとなしくしているがあき君は、これしたい、あれしたいの連発で金魚すくいに始まり、6,7の遊戯をおねだり。自分が子供のころ、また自分の子供たちが幼かった頃ののこと、思い返せば時代は繰り返す。
e0083517_04474277.jpg
本殿参拝の後、皆でお御籤を引くと、あき君とパパは大吉で上機嫌。娘は末吉で微妙。で、自分はというと凶。これは辛いが、今年を暗示しているような気がしないでもない。十日戎に本番として引き直したいものである。

夕食までの時間に家の近所の西田公園に出向き、恒例の幅広滑り台。あき君はこれで4年目か。ずいぶんしっかりしてきた。孫の成長は早い。
e0083517_04481694.jpg
今年はほぼ一人で十分遊べるようになった。
e0083517_04482663.jpg
公園の後は、近所の牛庵にて食べ放題の牛しゃぶ。ばぁばは残念だが、五人でガッツリいただく。あかりちゃんは、前回のクリスマスに引き続きなついてくれているようで、ホッとする。
e0083517_04484296.jpg
皆を見送って自宅に戻ると静寂感に包まれる。宴のあとの虚しさは、子供の頃にも感じたことを思い出す。それは4日か5日頃に平常生活に戻ったときに感じたものだが。

# by yellowtail5a01 | 2019-01-02 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年1月1日(火) 晴 

朝からいいお天気の穏やかな新年を迎える。しかし、一人ではどうもお祝いをする気分にもなれない。作ってしまったおせち料理は食べないわけにいかないので、重箱はやめて大皿に一通り載せる。

お屠蘇は越乃寒梅2:本みりん1の割合に屠蘇散を昨夜につけておいた。いつもは家内任せだが、何事も経験である。白みそのお雑煮も初めて自分で作る。なんでもネットですぐに指南が出てくるので助かるが、日頃気付いていなかった家内の働きを改めて知る。
e0083517_16013683.jpg
また、この歳になると友人の中にも妻を亡くした人、夫を亡くした人も少なからずいらっしゃるが、元旦にはいつも以上に喪失感を思い起こされるのではないかと思いやられる。

まずは隣に住む兄貴に新年の挨拶に行く。母を亡くしてから隣に住んでいながら交流がほとんどなくなってしまったが、お正月くらいは自分からきちんと挨拶をしておきたい。

年賀状が届いてからそれを持って病院に見舞いにいこうと思ったが、10時を過ぎても届かない。諦めて手ぶらで見舞う。本人も階段の多い自宅より病院での生活に安心しているようだが、いつまでも救急病院にいるわけにもいかない。

いったん家に戻ると年賀状が届いていた。例年大体それぞれ同じパターンであるが、形式だけに徹している人、形式に一言コメントを添えてある人、写真や寸評で近況がわかる人、細かい字でぎっしりと思いの丈を書かれている人。

いずれも一枚一枚観ていて嬉しいものであることは違いないが、近況がわかり自分に宛てたメッセージが一言あるものが一番自分の感性には合っているようだ。

高齢を理由に今回限りで年賀状を止めると宣言される方、平成を最後に年賀状を止めるとの方、メール年賀に切り替えるとの方。いろいろある。自分もいつかはエンドにしたい気もするが、まだ早いかなというのが実感である。

中には還暦を契機に年賀状を廃止したが、古希を契機に復活するという友人もいた。歳をとることによる心境の変化も人さまざまと思い知る。

急いでチェックしないといけないのは、こちらが出していなかったのにいただいた方。これはすぐに返信しておきたい。去年新たに趣味の関係で知り合った人が3枚、以前やりとりをしていたけどここ数年お互いに途絶えていた人が2枚。すぐに返事を用意して郵便局に向かう。

郵便局本局に行ったついでに、西宮神社に参詣してみようかと足を向けるとなんと例年にない混み具合。十日戎ならいざ知らず、元旦でこんなに混んでいるのは初体験だろう。相当並ばないと入れそうもないので、今日は諦める。明日なら少しはマシだろう。
e0083517_16022754.jpg
あるネットニュースで読んだ神社参拝の常識というのがあり、神社参拝には正装していかねばならないとあった。しかし、西宮神社で見る限り正装している人は一人もいない。ジャンパーやカジュアルコートが当たり前。確かに伊勢神宮にお詣りに行く時にはドレスコードが指定されていたのを思い出した。

通り道でいつも感心する正月飾りのお宅の門前を撮らせていただく。門松としめ縄が上品に飾られている。ただ、それ以外のお宅ではしめ縄を玄関ドアに懸けている家は、せいぜい40%くらいか。
e0083517_16021281.jpg
昔はマイカーにもしめ縄をつけているのをよく見かけたが、注意して見ていてしめ縄をフロントグリルに付けていたのはたったの一台のみ。いつからこのようになったのであろうか。そういう自分も飾ったのは生涯で二度くらい。
e0083517_16025374.jpg
四月になれば新元号名が発表されるとのことだが、ますます西暦との換算や元号を越えた年数計算が難しくなりそうだ。今年が新元号1年、東京オリンピックが新元号2年、大阪万博が新元号7年となるのか。

役所関係書類も西暦に統一してもらうと有難いと思うが、世の中の意見はどうなのか。ネットで見ると意外なことに和暦派または和暦と西暦併記派が圧倒的に多いようである。元号を廃止する必要はないと思うが、何か合理的な解決策はないものか。

# by yellowtail5a01 | 2019-01-01 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年12月31日(月) 晴 

昨日は夜まで掛かったが、お煮しめを完成し、ブリの下ごしらえも完了して眠りにつくと、下の階からのドーンという音で目を覚ます。また、家内がひっくり返ったようである。幸い外傷はなかったが気が動転しているようで、明らかにいつもと様子が違うので、未明三時半頃に救急車をお願いし、いつもの近所の救急病院に搬送してもらう。

頭部のCTスキャンでは異常は見当たらないとのことだったので、当直ドクターはお引き取りくださいとのことだったが、不安なので取りあえず経過観察ということで入院をお願いした。病名はつかないのかも知れないが、家での再度の転倒のリスクを考えると取りあえず今日は入院が安心ではある。

昨日調達した食材が沢山あるので、仕方なく火を通すべきものには火を通す。こんなことなら調達するのではなかったと後悔するが、後の祭り。

午前と夕方に見舞いに行くが、本人は落ち着いてきたようで安心である。家内の入院による一人暮らしには慣れているが、大晦日を一人で過ごすのは初めてである。紅白歌合戦を見ながらいただく年越し蕎麦も一人では侘しい。
e0083517_00423240.jpg
元旦も、「おめでとう」という相手がいなくて始まるのは初めて。病院に行って挨拶することになるのであろう。しかし、お屠蘇も雑煮もおせち料理も一人でいただくことを考えると気の重い新年になりそうだ。


# by yellowtail5a01 | 2018-12-31 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2018年12月30日(日) 晴 

寒波が来ているようだが思ったほど寒くはない。年末恒例の買い出しに出向く。まずはCOOP。前のお琴の教室はお正月用の生け花教室に変わっている。
e0083517_00422189.jpg
時間のかかる干しシイタケは先に水に浸けておく必要があるので、まず干しシイタケをCOOPで調達し、水に浸けてからクルマで少し遠出する。

一つは今津のコーナン。まな板とタワシはおせち料理の前に更新する習慣が定着している。
もう一つはそのすぐ近所のスーパーマルナカ。いつの間にかイオンの傘下に入って久しいが、お店の雰囲気は変わっておらず品揃えがいい。

今年は息子も帰ってこないし、娘夫婦一家とも外食になる可能性が高いので、あまりやる気はしないが、最低限のおせち料理は作ろうと決意し、材料を買い揃える。

お煮しめは毎年の定番なので今年も自分が作ることにする。あとの自分の担当といえば、カズノコ、しめさば入り紅白なます、イカタラコ和え、ナマコくらいか。ブリの照り焼き、翁エビ、その他出来合いの黒豆、ゴマメ、棒鱈、蒲鉾、昆布巻き等の盛り付けは家内の担当。

ところが家内は体調不良のようで、マルナカに行くのもパスとのこと。仕方がないので一人で買い出しに行き、二人で食べられる必要最小限に絞る。それでも品数は多く、お屠蘇用の清酒もそれなりに張り込むと万札が飛んでいく。まあ、正月くらいは多少の散財は大目に見よう。

干しシイタケが柔らかくなったのを確認して夕方からお煮しめに掛かる。ブリやエビは「頼むで」と言っていたのだが,不調が続くようで台所に立つ気力はなさそうである。まあ、そのくらいはどうってことはない。ただ、お重への詰め込みはお願いしたいところである。


# by yellowtail5a01 | 2018-12-30 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2018年12月29日(土) 薄曇り 

例年余裕をもって年賀状を仕上げることはないのだが、今年は特に遅れてしまった。もっと早く着手しておけばといつも思いつつ、スイッチが入るまでなかなかその気になれないのが自分の弱点である。

去年は喪中通知だったので11月に終えて楽勝であった。その分、去年はほとんど受取もなかったので、勘が狂う。住所変更に対応できていないかも知れない。

年末の4日間はフリーなので、2日を年賀状作成に、その後の2日は掃除やおせち料理づくりに充てることにした。

裏面のデザインは家内と共通なので、写真と文言を家内の承諾を得て確定。昨日中に名簿整理を終え、夜を徹してプリンターフル稼働。新婚時代からしばらくは、プリントゴッコなるツールで印刷したもので、乾燥させる時間が必要だったが、今はプリンターにお任せで、用紙を補給するだけで裏表が完成するので楽ちんである。

昨夜から一言コメント記入に時間を費やす。大したメッセージではないが、大概同窓会やOB会、ゴルフの日程案内を伝達する機会となる。しかし、中には書くべきメッセージを思いつかない方もいる。いつまで年賀状を継続するのか、そろそろ検討するお年頃かも知れない。

日頃から会ったり、メールやラインで繋がっている人には年賀状不要という意見も聞く。年賀状でのみ存否確認をできる大切な友人や親戚には継続すべきと思う。しかし、メッセージにいろいろ書きたくなるのは、日頃から付き合っている皆さんとなり、年賀状パラドックスに陥りそうである。

何はともあれ丸一日かけてメッセージを書き終え、遠方から市内へと時差投函で夜にはすべて完了。元旦に届いてくれるのは半分もないかも知れない。

# by yellowtail5a01 | 2018-12-29 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2018年12月27日(木) 晴 

打ち納めをするのはずいぶん久しぶりな気がする。10年ほど前は年末に打ち納めと称してバトルゴルフをするのが恒例だったが、中心的存在だったA氏が他界されてからは、自然消滅となっていた。たまたま四人の予定が一致したので今日の開催となる。

結果は相変わらずのひどい戦績。大叩きはなかったがダボ、トリプルの連続で如何ともしがたい。57-57の114は本年のワースト記録かも知れない。ただ、お天気は上々で気持ちのいいラウンドとなったので良しとしよう。出費は痛いが。
e0083517_07083268.jpg
折りから山茶花と寒椿が咲いており、冬枯れの景色に華やかさを添えてくれる。
e0083517_07081702.jpg
途中、雨雲の通過で小雪がちらつくこともあったが、総じて青空がとにかく美しい一日であった。
e0083517_07084439.jpg
帰宅の頃には夕焼け模様で心が和む。
e0083517_07091968.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-12-27 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2018年12月26日(水) 薄曇り 

とうとう今年の最終勤務日となった。会社としては28日が最終営業日であるが、一足お先に年末年始休暇に入らせていただく。身の回りの掃除も一人ではなかなかできないので、いつも通りのルーティンで一日を務めあげる。

昼もいつも通り海岸散歩の日課となり、帰港を急ぐ漁船の曳き波が唯一の被写体であった。
e0083517_02062580.jpg
来年は3月末までは契約が有効だが、その後はどうなることやら。必要とされるのであれば、70の大台を超えても続けたいところではある。



# by yellowtail5a01 | 2018-12-26 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2018年12月25日(火) 晴 

十三歌会の月曜クラス、火曜クラス、金曜クラス合同の忘年会に今年も参加する。火曜日クラスの日程に合わされているので、月曜日クラスの自分としては早い目に着く。19階から眺める十三界隈の景色は悪くない。
e0083517_22351015.jpg
会費に見合ったお料理かどうかはわからないが、ビールと焼酎の飲み放題付で楽しませていただく。
e0083517_22352006.jpg
F先生ご指定の課題曲をテーブル毎に斉唱する。わがDテーブルは今年もまた男声ばかりとなったが、ピッタリのステンカラージン。力強く歌うことができたように思う。クリスマスソングの斉唱の後は、カラオケタイムとなり、知らない古い曲が続く。正確な平均年齢はわからないが、80歳位かも知れない。
e0083517_22354372.jpg
カラオケ嫌いの先生も一応歌っているようだ。
e0083517_22360585.jpg
二次会は一階のカフェでコーヒー、紅茶でくつろぐ。F先生とは席が離れていてお話しできなかったが、同じ空気、同じ時間を共有できて心安らぐ一日となった。




# by yellowtail5a01 | 2018-12-25 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2018年12月24日(月) 晴 

二つのクリスマスプレゼント、スモークターキーモモ、シェパードパイ、ビオラハンギングバスケットを持って娘宅へ。パパは仕事のようだが、5人でささやかなクリスマスランチとケーキタイム。

いつもママの抱っこ紐のあかりんが、ジィジが抱っこしても初めて泣かなくなってくれた。それには用意周到な作戦があった。まずはベビーボーロを遊びながらあげ、昼食時は食事やお茶をサーブすることにより、親近感を持ってくれたようだ。

おかげで抱っこしても泣かなくなり、体を預けてくれるようになった。パパ以外の男性で泣かないのは初めてとのこと。今度会った時もそうあってくれればいいのだが、まだ油断はできない。とにかくよく食べるので、食べ物でアプローチするのが効果的なようだ。
e0083517_00143182.jpg
あき君は以前に比べてお兄ちゃんらしくなってきた。聞き分けもいいし、一人で大人しく遊ぶことも覚えたようである。定番の近所の公園に虫を探しに行くが、さすがにこの時期は蚊も見当たらない。
e0083517_00144657.jpg
帰り道、コンビニに連れて行かれジュースを買わされるが、それで喜んでくれるのであればおやすいご用だ。ちょうど買い物帰りのママに出会い、ツーショット写真をママに撮ってもらう。いい写真が撮れた。
e0083517_00150182.jpg
帰るとアカリンは爆睡状態。起きている時も可愛いが寝ている時も可愛い。赤ちゃんの香がする。孫達が良くなついてくれて、ジィジ冥利に尽きるクリスマスイブであった。
e0083517_00151173.jpg
だいぶ前に植え込んだビオラのハンギングバスケット。苗はしっかり根付いているようだが、花付はまだまだ。春にかけて賑やかになってくれることを祈る。
e0083517_00152281.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-12-24 23:59 | 家族・交遊 | Comments(2)
2018年12月23日(日) 晴のち曇ときどき雨 

CaratQ号の2018年最終セーリングとあり、朝からハーバーに向かう。先週は20代前半のゲスト二名を迎え平均年齢がグッと若くなったが、今日はキャプテン、提督、マネージャ、自分の四人で平均年齢が20歳位増えた感じである。
e0083517_16051447.jpg
穏やかないいお天気で風はないが、セールを揚げていると僅かな風で静かに進む。
e0083517_16052518.jpg
海に出ている艇はほとんどないが、皆のんびりと楽しんでいるようである。今日のニューフェースは、サントリーの新製品、ノンアルビールのゴールド版。ホップアロマが効いていて口当たりがいい。しかし、沢山は飲めない気分。
e0083517_16053721.jpg
最後までほとんど無風の中をアルコールを全然飲まずに漂う。煙突の煙も一点の迷いもなく真上にたなびいていた。
e0083517_16055373.jpg
年明けには早々の新年会と初セーリング。帰港後ハルの汚れを綺麗にして、Carat号に感謝して年末の挨拶をして別れる。


# by yellowtail5a01 | 2018-12-23 18:07 | マリンワールド | Comments(0)
2018年12月22日(土) 曇ときどき雨 

10月初旬に開催した第19回OB会の反省会をしようということになっていたが、世話役メンバーの都合の合う日がなくて、現役組も合う日ということで今日の昼が設定された。

昼食を挟み二時間ほど落ち着いて会議できる場所がなかなか見つからなかったが、グランフロント梅田地下にある「世界のビール博物館」の個室を予約することができた。豊富なビールメニューがあり、呑み助メンバーはついついお代わりをして口が滑らか。

次回の開催日時、開催場所を確定し、今年の反省を踏まえた改善策を多面的に討議できた。来年は第20回という節目の会合になる。どんなメンバーにまた再会できるのか楽しみである。




# by yellowtail5a01 | 2018-12-22 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)