ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

イカナゴが終わったら筍の季節がやってきた

2018年3月17日(土) 晴 

昨日の寒い雨模様とは打って変わり、いいお天気でまた春の気温。朝から高槻の病院、高速をぶっ飛ばして戻り、昨日のS病院にとんぼ返り。幸い経過は順調で心配はいらないようだが、完治まで何か月かかることやら。その間大人しくしてくれておればいい。

昨日行けなかった散髪と三宮でのプリント業者に寄る。明日のSWINGコーラスで新人に渡さなければならない選曲集のコピーである。

今年のイカナゴは昨日で終わったようである。昨日、売れ残ったパックを見るとずいぶん大きくなってとてもくぎ煮を作る気にはならない大きさであった。今年は出遅れたが、それでも若干は煮ることができた。

そうこうしていると筍が並んでいる。旬のものなので、とりあえず小ぶりのものを買い、出掛ける前に茹でる。
e0083517_00353464.jpg
スパッと切り落とした先端部の文様が季節感を呼び起こす。糠を入れて1時間ほど茹でて、それから出汁や調味料を入れた鍋で40分ほど煮詰め、ワカメを入れて、山椒の葉を散りばめて完成。
e0083517_00361377.jpg
歯応え、お味も我ながら上出来と思われた。近所のお宅の桜も開花を始めたようである。
e0083517_00350821.jpg


by yellowtail5a01 | 2018-03-17 23:59 | 料理・グルメ | Comments(0)