ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

今月最後の東京出張は桜満開のラッキー

2018年3月28日(水) 晴 

同一クライアント訪問先としては、間違いなく一番回数が多い八王子方面のF社。東京の桜が満開ということなので、少し早い目に出発して午前中に前々から一度行きたかった井の頭恩賜公園を訪ねることにする。
e0083517_22130567.jpg
吉祥寺で降りるのも初めて。駅前は、普通に中央線沿いの駅前風景で適度にごちゃごちゃしているが、公園には古くからの自然が残っている。
e0083517_22072583.jpg
駅から少し下り坂を降りて行くと、大きな池の周りに桜が満開であった。
e0083517_22052175.jpg
池には手漕ぎボートと足踏みボートが用意されている。
e0083517_22044576.jpg
池の周りを時計反対周りで一周することにする。この季節に京都でよく見る白いアヤメに似た花を見る。しかし、名前が出て来ずイライラする。あとで検索するとシャガであった。
e0083517_22050554.jpg
とにかく桜は満開。ここに来るまでの車窓でもあちらこちらで満開の桜を観ることができたが、やはり花見を目的に訪ねた場所は格別である。
e0083517_22054567.jpg
当然のことながら聞きなれた中国語、韓国語も時折耳にするが、ここはアジア系は比較的少ないのではなかろうか。欧米系が相対的に多いように思われたが、観光客ではなく日本在住の外人さんが多いのではと思われる。
e0083517_22060370.jpg
年配者は湖畔のベンチでのんびりと。若者カップルは池の上から。
e0083517_22063738.jpg
みんな楽しそうである。昨秋に高千穂峡に行った時は一人でボートを借りて漕ぎだしたが、さすがにここではそれは無理。若者たちが楽しそうである。
e0083517_22065880.jpg
喧騒の湖畔から西の方に回ると静寂感が漂う。西の端から望む池の雰囲気はまた一味違った味わいがあった。
e0083517_22071295.jpg
吉祥寺から中央線に乗ろうとすると、ホームのエレベーターに長蛇の列ができている。バギーを押すヤングママが列をなしている。一回で二台しか入らないようで、最後尾のママさんがエレベーターに乗れたのは5分後位であった。子育て世代のママさんの苦労が、娘にオーバーラップする。
e0083517_22074062.jpg
仕事の方は、午後1時から4時までの三時間をピッタリ終えることができ、5人の受講者も最後まで熱心に耳を傾けてくれたので嬉しい。この研修施設の桜も満開から散り初めに掛かっている。
e0083517_22075844.jpg
新幹線車窓の富士山を期待したが、新富士駅手前の定番スポットは曇っていて撮れなかった。その前の横浜を過ぎた辺りから見える富士山は辛うじてレンズに収めることができた。
e0083517_22080879.jpg


by yellowtail5a01 | 2018-03-28 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)