ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

芦屋イグレコと梅田ナレッジキャピタルの日

2018年8月2日(木) 晴 

八月に入っても暑い日が続く。そろそろ暑さに身体が慣れてきてもよさそうだが、今年は異常なのか。昼間に歩くと汗が噴き出す。汗をふきふき芦屋市民センターに向かう。二週間ぶりのグリークラブ練習。英語の課題曲が三曲あり、暗譜するのが大変だ。

そんな中、F先生の暗譜方法を教えてもらった。歌詞を部屋のドアに張り付けておいて、前を通るたびに復唱するというやり方。さっそく取り入れて、まずはBattle Hymn Of The Repablicの英語歌詞を張り付ける。部屋を出るたびに目に入るので、有効な方法だろうと思う。

夜は7時から梅田グランフロントでのナレッジキャピタルで開催の脳梗塞講義の第二回目。早い目に梅田に移動し、真夏の大阪駅時空の広場で一杯やろうかと思う。しかし、ここは吹き曝しで、熱風が漂っている。
e0083517_01220703.jpg
どうせならとグランフロント北館一階のナレッジカフェで、ビールをいただきながら土曜日のタイム記事の予習の続きに取り組む。

今日のナレッジキャピタルは、実際に脳梗塞症状を確認した場合の対処方法と治療方針。片側顔面異常、言語異常、認知異常、視野狭窄、強度の頭痛を認識したら直ちに救急車を呼び、国立循環器センターに行ってもらうのがベストとのこと。

もっとも時間が勝負なので、近場で信頼できる病院があれば、そちらに向かうのがベターらしい。西宮市内ではどこになるのだろう。脳外科に強い協立病院、兵庫医大付属病院、県立病院、市立病院などは大丈夫だろうか。私立の明和病院、笹生病院はどんなものだろうかと思いは巡る。

ベストはやはり国立循環器センターのようである。その中でも第一人者のYドクターが先端治療をわかり易く説明くださる。発見が早ければ、CT/MRIで脳梗塞が確認できればt-paという血液溶融剤を点滴し、併せてカテーテルにて血栓部分の物理的除去が有効らしい。
e0083517_01221506.jpg
T先生と一緒に受講するが、もう一つ別のナレッジキャピタル講義が上の階で開催されていた。マジシャンの講義らしいが、そちらにはナレッジ仲間のH氏、N氏、A氏が出ておられたので、講義終了後は五人での飲み会となる。最近、阪急三番街の北寄りに開店したフードコートに赴き、他愛のないトークで夜は更ける。

by yellowtail5a01 | 2018-08-02 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)