ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

恵比寿での仕事、帰りは藤沢で姉夫婦と姪っ子とくつろぐ

2018年8月10日(金) 晴 

去年初めてお邪魔した東京は恵比寿のクライアント様からのリピート注文が入ったようで、日帰りで恵比寿に向かう。恵比寿は懐かしい街の一つである。初めて降り立ったのは、高校の同窓生がここにいた時に訪ねたことがある。40歳前後のことだろうか。
e0083517_04570380.jpg
その後は忘れもしない現役時代のM&A案件で、2002年頃に何度も交渉相手方のT社との会議で夜遅くまでやったものだ。当時の重たい気分とは打って変わって、今は気分よく仕事に向かえる。先生と呼ばれるのも気分が悪いわけない。

二時間半のノルマを果たし、恵比寿から新宿湘南ラインで藤沢に向かう。姪っ子のKちゃんとその娘のAちゃんが、藤沢の姉宅にロンドンから来ているというので、久しぶりの再会を期待して、帰り道に寄ることにした。

歓待をいただき、5時前に藤沢駅に着くとカラオケ店に直行。14歳になったAちゃんは身長も170㎝近くになり、とにかく可愛い。日本語と英語のチャンポンの歌をリズム感よく歌いまくる。

ママのKちゃんも姉妹のように一緒にテンポのいい曲にノリノリで歌い、まだまだ若い。

今日中には帰らないといけないので、カラオケは一時間で切り上げ、お薦めの蕎麦屋さんに移動。蕎麦の前に焼き鳥や刺身などをたらふくいただく。圧巻はカツオたたきか。
e0083517_04571606.jpg
〆にお蕎麦をいただく。名物の桜エビ天婦羅の天婦羅蕎麦を自分はいただく。
e0083517_04572931.jpg
量も多く、値段も手ごろで素晴らしい。姉と姪っこはなめこおろし蕎麦。こちらも実に美味しそうだ。
e0083517_04574651.jpg
また、機会があれば訪れたいお蕎麦屋さんであった。宴たけなわではあったが、帰る時刻が迫り、駅に向かう。

よく考えれば、今日が夏休み前の金曜日。新幹線はメッチャ混んでいた。藤沢から小田原、小田原から名古屋は自由席でも座われたが、名古屋からののぞみ自由席は席がない。京都まで立たされるがさほど苦にはならない。

それにしても今日は遠くの親戚に再会でき、本当に楽しい夕刻を過ごすことができて、感謝である。

by yellowtail5a01 | 2018-08-10 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)