ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

少し入れ込んだおでん

2006年10月13日(金) 晴

 くつろぎの金曜日であるが、ピアノのレッスン日とあって朝から何かと落ち着かない。簡単なはずのIt's only a paper moonがなかなか決まらない。テンポが悪いのである。全くジャズになっていない。

 「今日はお父さんが時間をかけておでんを作るからね」と朝に娘に約束した手前少し頑張る。去年に買った「鍋上手」という料理本のおでんを参考にする。出汁は昆布と鰹節とあるが、これは少し省略して「本だし」に昆布を加えてごまかす。

 関西風は、出汁10に対して、酒1、みりん2、塩0.3で醤油を使わないらしい。関東風は濃い口醤油を使うので色がだだ黒くなる。さらに名古屋風は赤味噌と八丁味噌も加えたりするらしい。これはご免被りたい。結局、関西風味で塩を少なくして少し薄口醤油を加えることで落ち着く。

 大根は安かったので一本を2cmの輪切りにして面取りをする。ジャガイモ、里芋も丁寧に包丁で皮を剥く。時間はかかるが、これぞスローフード、スローライフの楽しみである。こんにゃくに包丁の切れ目を沢山入れたり、ゆで卵を丁寧に作る。全ては味のしみこんだおでんのためだ。

 1時半には下準備が整い、大きな鍋に出汁をつくり煮立った頃から下ゆでした大根、すじ肉から始める。そして練り物類やタコの足、ジャガ芋、里芋、ゆで卵もいれて牛肉と白ネギの串だけは準備して冷蔵庫に置いておく。こればかりはネギがズルズルになっては元も子もない。弱火で2時頃から煮込む。

 ピアノレッスンから戻ってきたのは8時前になっていたが、鍋を見ると汁も少し減ってよくしみ込んでいる感じである。4人揃っていただくが、かなりの好評。やはり手間暇かけて作ったものは旨い。我ながら久しぶりに満足のいく料理であった。
by yellowtail5a01 | 2006-10-14 00:41 | 料理・グルメ | Comments(2)
Commented by ue at 2006-10-14 07:41 x
みっちさんは、千手観音菩薩ですね。A型の私なんかその日に、何か気がかりななイベントを抱えてますととても・・・。気持ちの切り替えが上手なんですね。FX07のお料理モードの出番じゃなかったんですか?さみしいですね、でもそのおでん、ちょっとつまみ食いしたい雰囲気ですよ。
Commented by みっち at 2006-10-14 22:44 x
お料理モードって本当にあるんですね。こんなんいるんやろか、とおもいますが・・・ 次回、気合いを入れて作った料理の時か外食したときにでも撮り比べてみます。そんなに乞うかあるとは思えませんが・・・