ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2010年 10月 01日 ( 1 )

2010年10月1日(金) 晴

 昨日とはうって変わっての快晴。気持ちのいいお天気である。当初アーリーリタイアの
光と影というサブタイトルでスタートしたこのブログも還暦を機に「アラカン世代の光と影」
に変更し、なんとか5年間ほぼ休まずに継続することができた。それもこれも日々コメント
を寄せていただく同好の志、また久しぶりに会ったときに「読ましてもらってるよ」と励まし
の言葉をいただく昔の仲間、また姿は見えないけれど日々のぞきに来ていただいている
読者の皆様のお陰で、継続してこられたものと感謝を申し上げたい。

 それにしても、5年前の大きな変化感はすっかりどこかに消え、悪くいえばマンネリ、良く
いえば落ち着いた生活が定着してきたということか。現役時代、自分の転勤サイクルで
考えると、職場や仕事を変わって3年目くらいまでが一番変化を感じて吸収する時期、
次の2年くらいが充実のピークで、6年目、7年目に入るとマンネリ感が出て、新たな変化を
求めるというサイクルで来たように思う。

 その延長で考えると、5年という歳月は要注意の時期かも知れない。この先、今と同じよう
な生活が延々と続くとすると少し怖いものがあるような気がする。おそらく今後の変化は
フィジカルなものよりメンタルな面での変化やチャレンジを求めていくのが一般的だと思うが
まだまだ俗世界への執着の強い自分が脱皮できるのは先になりそうである。

e0083517_2292866.jpg 今日は母の退院後の老健施設巡りをしてきた。入居者の大勢の高齢者を目の当たりにすると、人生の黄昏をどう迎えるべきか、難しさをいよいよ実感させられた気がする。

by yellowtail5a01 | 2010-10-01 22:11 | ひとりごと | Comments(19)