ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2018年 01月 28日 ( 1 )

2018年1月28日(日) 晴のち小雪 

年末に102歳で他界された母方の親戚の伯母さんの満中陰。年末の
告別式には、仕事の関係で参列できなかったので、松の内が終われば
従兄弟宅に出向いて、お線香をあげさせてもらうつもりだった。

そんなことを従兄妹夫婦の長女に連絡しておいたところ、満中陰に
来てくれますか、とのことだったので伺うことになった。伯父さん・
伯母さんの家は、地下鉄の駅から近いところだったが、従兄妹の住居
は、近いが少し西寄りになるので、阪堺線に乗る。

今では珍しい単車両で部分路面電車。昔ながらのチンチン電車である。
最近、天王寺に行く機会が増えていて、近くはよく通るが、乗るのは
何年振りか。
e0083517_23213898.jpg
一時間にわたる読経を正座するとなると辛いものがあるが、幸か不幸か
年寄り扱いされて、従兄弟夫婦と同様にソファに座っての参列となる。
お法師様への対応なども、子供世代が完全に取り仕切っている。

父方も、母方も、親世代はすべて昇天され、いよいよ自分たちの世代が
最高位になってきた。去年に母を送ったときに強く感じた気持ちがまた
蘇ってきた。

by yellowtail5a01 | 2018-01-28 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)