ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2018年 02月 22日 ( 1 )

2018年2月22日(木) 小雨のち曇 

今日は、午前中の講義でいつものクライアント様に向かう。慣れ親しんだ八王子駅北口の様子とは違って、南口はずいぶん地味である。行きかう人もまばらで学生さんが多い。
e0083517_01080758.jpg
余裕で早い目に会場に出向き、準備をする。出来れば早い目にスタートして早い目に終えて、一刻も早く芦屋に戻りたいところであったが、受講生は定刻の九時に現れる。

マンツーマン講義で、誰もつかない気楽な講義ではある。その分、パソコンの設定からエアコンの調整、終わってからの後始末も全部自分でやらなければならない。時間通りに終え、パソコンやプロジェクターの電源オフ、教室の後片付けを終えて、駅に急ぐ。

一台でも早いのぞみに乗れたらと思い、新横浜に急ぐが、結局予定通りののぞみ号に乗る。これで行けば、芦屋着は15時59分。昼食は、品川名物の貝づくし弁当。迷った時は深川弁当かこの貝づくしであれば、文句はない。
e0083517_01082833.jpg
期待した富士山は、頂上をすっぽりと厚い雲に覆われていて空振り。
e0083517_01083831.jpg
道中、熱中できたのは、「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」の文庫本。間もなく封切となる映画の原作本で、中高同窓のK君が進めてくれた本である。四巻まであるので、読み切るには少し時間がかかりそうだが、読み終えた後に映画を観たいものである。

芦屋駅には予定通り、4時前に着き、駆け足で芦屋市民センターの音楽室に向かう。グランドピアノの先生を囲んでバリトンパートの練習の最中であった。ほんの20分程度の練習となったが、先生にも温かく迎えていただき、参加できてよかった。

13:30からの全体練習には出られなかったが、20分程度のパート特訓に顔を出せてよかった。終わってからは「反省会メンバー」が市民センターの業平レストランで一献傾けているので、そちらに合流する。徐々にメンバーとも打ち解けられそうである。




by yellowtail5a01 | 2018-02-22 23:59 | 音楽 | Comments(0)