ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

2018年5月21日(月) 晴 

朝から空気が澄んでいると駅までの通勤路も快適。信号待ち時間もスマホで近隣点描のスナップ写真タイム。
e0083517_01264068.jpg
山が近く見える。播磨灘も見晴らしがよく、淡路島が近く見える。珍しいヨットも岸辺を横切る。
e0083517_01264809.jpg
朝には二見港に停泊していたクレーン船が出港。今日は珍しい船に遭遇する。淡路島もくっきり見えるし、久しぶりに気持ちのいい播磨灘であった。
e0083517_01265547.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-05-21 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2018年5月20日(日) 晴 

この季節に相応しい爽やかな五月晴れ。コーラスの友人からチケットが巡って来た「クレセント・ハーモニー」というグループの創立二十周年、第10回演奏会。

昼下がりに阪急伊丹駅に向かう。西宮北口から滅多に乗らない普通列車に乗ると松愛会コーラスグループSWINGのリーダーのS氏の姿を発見。直感的に同じ目的地だろうと推察すると、案の定当たっていた。

本格的なグリークラブの演奏を鑑賞して、少しでも我らがSWINGの向上に繋げたいと思われているのであろう。
e0083517_23094509.jpg
4ステージ構成で、最初はアカペラの外国語曲。第2ステージはピアノ伴奏付きの外国語曲。ハーモニーは美しいが、歌詞の内容がさっぱりわからず音楽鑑賞としてはフラストレーションが残る。

第3ステージの曲は、落語の寿限無を題材にしたコミカルな構成の曲。平均年齢76歳超とは思えない若々しいサウンドである。
e0083517_23100343.jpg
インターミッションを挟んで、第4ステージはある少女の詩を歌で綴ったシリアスな楽曲。パンフレットに詩も載っているのでわかり易く、感傷が伝わってくるが、正直言ってやや重いと思われた。

アンコールには二曲用意されていた。いずれも日本情緒豊かな静かな曲。最後の「ふるさと」はSWINGでも歌う曲だが、やはり四部の重厚さは凄いと思う。いつか四部で挑戦したいものである。

第4ステージで出てきた「すきやき」の歌詞が美味しそうで、今日の夕食は久しぶりのすき焼きとする。

# by yellowtail5a01 | 2018-05-20 23:28 | 音楽 | Comments(0)
2018年5月19日(土) 晴 

やけに蒸し暑い日だが、風が吹くとひんやりする。着るものの調整が難しい天候である。そんな中、ひと月振りに娘宅を訪ねる。名目は遅ればせながらの母の日。

アキ君は相変わらず昆虫採集にご執心で、庭でのダンゴムシ探し、その後は公園に行っての虫探し。ダンゴムシはどこにでもいるが、それ以外にはアリくらい。しかし、公園のレンガやブロックをひっくり返すとセミかクマンバチのような幼虫が見つかる。

アキ君は首からぶら下げた虫かごになんでも放り込む。自然に触れるのもいいことだろう。
e0083517_19531053.jpg
あかりちゃんはママの抱っこ紐から外れるとけたたましく泣き叫び、写真どころではない。大人しい女の子だと思っていたが、なかなか自己主張の強そうな子に育ちそうだ。

アッという間に時間は過ぎ、帰る頃は夕暮れ。西の空は雲に覆われているが、天使の梯子が美しい。
e0083517_19531997.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-05-19 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2018年5月18日(金) 曇 

年に一度、この季節に開催されるいとこ会。去年は母の他界もありパスした形だが、今年は復活して桜の宮に集う。造幣局の見学と天満での昼食会となる。JRで大阪駅から環状線に乗換えて桜の宮に向かう。

少し早かったので大阪駅のカフェで時間調整する。「ラブラスの魔女」をカフェラテを飲みながら読み進む。上から俯瞰すると京都行のホームが溢れかえっている。新快速が遅れているようだ。それにしても外人客が多くなったものだ。
e0083517_04114161.jpg
集合時刻の10分前に着くように環状線に乗り桜の宮西口改札に着く。父方の従兄妹は16名いて男8人、女8人。その配偶者も含めるとずいぶんな数になるが、既に三人は鬼籍に入っている。遠くの在住者もあり、連絡のつかないものあり、体調不良で出られない者ありで、集まったのは配偶者の方含めて計八名。

今回のテーマは造幣局。桜の頃の通り抜け以外で来たことはないが、今日はその工場見学がメインイベント。
e0083517_04135273.jpg
造幣局というと一万円札を印刷しているのかと思ったが、コインの製造工場とのこと。コイン以外に記念硬貨や勲章・褒章なども作っているとのこと。
e0083517_04121923.jpg
貨幣博物館もあり、硬貨の歴史や外国の硬貨などが展示されている。興味を引いたのは硬貨の生産量の推移のグラフ。
e0083517_04122948.jpg
1973年と1992年にピークがある。1973年はオイルショックの年であるが、この頃に自動販売機が急速に普及したことによるらしい。1992年は消費税(3%)が導入され1円玉(青)が急激に増えたらしい。歴史を感じる。

今後はというと、カードや電子決済の浸透とともに硬貨の需要は減るのは避けられない。今後は輸出(硬貨製造請負)も拡げて世界最先端の製造技術・製造装置を活かしていくということらしい。

言われるまで気が付かなかったが、2000年から流通している新500円玉には様々な偽造防止のための精密技術が注ぎ込まれているとのこと。500と刻印された0の部分に透かしのような技術が埋め込まれ、見る角度により数字が見えたり直線が見えたりするとのこと。
e0083517_04125801.jpg
博物館では硬貨にまつわる歴史や大判・小判、外国のコインなどが展示されている。
e0083517_04124980.jpg
とりわけ人気なのは、本物の金塊・銀塊を触れるコーナー。
e0083517_04132997.jpg
金塊は7000万円強、銀塊は200万円そこそこ。金と銀の差が如実に感じられる。
e0083517_04134189.jpg
造幣局見学の後は天満橋に移動して昼食懇親会。二時間強であるが、他愛のない話、他のいとこの消息情報交換などであっという間に時間は過ぎる。上は86歳、下は自分の68歳であるが、自分以外は皆さん戦前ないし戦中派。

幼い頃は歳の差を感じたものだが、この歳になるとその差はずいぶん圧縮されているような気がする。見た目も圧縮されているようだ。
e0083517_04140076.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-05-18 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2018年5月17日(木) 晴 

昼から芦屋のグリークラブの練習会があるので、朝一番から家内の内科通院アッシー。駐車場で待たされる時間は非生産的で嫌なものだが、先日たまたま衝動買いしてしまった「ラブラスの魔女」という映画の原作本を読み始めたので、苦にはならない。佳境に入ってきているので退屈しない。

午後になって芦屋市民センターに向かう。道中の道端はもうアジサイの季節か。
e0083517_04142789.jpg
7月頭の発表会が近づいているので、「草競馬」、「おおスザンナ」、「故郷の人びと」の三曲の仕上げにかからなければならない。バリトンパートとしては、掲げた順番に難しさがある。

秋の大イベントには、これに新たに三曲の英語の歌が加わる。全部暗譜できるのか今から心配ではあるが、上は90台の先輩も頑張っておられるので、弱音は吐けない。F先生の指導も十三歌会の時とは打って変わって厳しさがある。

空は五月晴れならぬ霞がかっている。スカッとしてもらいたいものである。
e0083517_04143579.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-05-17 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2018年5月16日(水) 薄曇り 

変則出勤日だが朝から暑い。ジャケットはやめて半袖シャツだけでもよさそうだが、今からそうすると6月、7月が困りそうなので長そでシャツで出向く。今からこんなに暑いと本当に先が思いやられる。

会社の二階ホールにはいつも生け花が飾られている。慣れてくると見過ごしがちだが、今日はひときわ目に留まった。会長の奥様のお手製らしい。心慰められる。
e0083517_01023596.jpg
播磨灘の様相は週替わり。今日は靄っている。
e0083517_01020803.jpg
テトラポットの海岸線もやがてタコ釣りの釣師達が増えてくるのであろう。三度目の夏をここで迎えることになる。
e0083517_01022393.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-05-16 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2018年5月15日(火) 晴 

会社での定期検診の日程が合わなかったので、市の施設で行うことにする。明石市でも尼崎市でも可とのことだったので、近い尼崎にする。何度かお世話になったハーティ21である。

身長がとうとう170㎝を切ってしまったこと、メタボ状況であること、血圧が高い目であることを除いては、とりあえずは問題なさそうである。後は血液検査と尿検査でγ-gptやコレストロール、血糖、尿酸値などが気になるが、これは三週間ほど待たなければならない。

オートバイで行ったので帰りに寄り道をする。大枝公園がちょうどバラの季節。立花に通っていた頃は、この季節、帰りは武庫之荘まで歩きこの公園に寄り道したものである。
e0083517_01015020.jpg
公園は老人ホームと保育園からの訪問者で溢れている。
e0083517_01004363.jpg
幼児も老人も付き添いの若者が必要なのは共通である。
e0083517_00481736.jpg
バラは満開を迎え、カメラを取り出すとキリがない。
e0083517_00475015.jpg
原種に近いと思われるハマナスのようなバラもある。
e0083517_00495482.jpg
それが八重咲のバラに進化していると思われる品種もある。
e0083517_00480433.jpg
深紅のバラもやはり見過ごせない。
e0083517_00490957.jpg
少し柔らかいバラ色といえるのか。オレンジ系もいい。
e0083517_00492294.jpg
老人グループより、やはり保育園児が絵になる。
e0083517_01374987.jpg
さんざんバラ園を楽しんで帰っても昼前に帰宅。昼食後上ヶ原のゴルフ練習場に行ってから谷町四丁目に向かう。出演者の福田絵麻さんが申込をしてくれていたNHKの公開収録コンサートが当たったのだ。

クラシック通のN氏にお声を掛けると二つ返事でご一緒いただけることになった。少し早い目にNHKホールに行き、ハガキを座席券に交換する。4時40分に着くとすでに長蛇の列。
e0083517_00500457.jpg
それでも券の交換はスムーズに行き、5時には二枚の座席指定券をゲット。開演まで1時間強あるので、仕事が終わるN氏と谷四駅で待ち合わせる。誘ったお礼にとお勧めの鰻屋さんに案内いただく。

昨今、なかなか鰻をいただく機会は減ったが、谷町一丁目の伊賀㐂は老舗らしい。上鰻丼肝吸い付きをいただく。
e0083517_00501589.jpg
肝がまた上質なマッシュルームの形状でお味も最高。こんなに美味しい肝は滅多にない。
e0083517_00502800.jpg
ほろ酔い気分でNHKホールに向かうと前から5列目、左端の願ってもない席であった。福田絵麻さんの前衛的なフランスピアノ曲をウットリと楽しませていただく。

# by yellowtail5a01 | 2018-05-15 23:59 | 音楽 | Comments(2)
2018年5月14日(月) 晴 

天気予報では今日から暑くなるとのこと。出かけるときはちょっと早いかと思ったが半袖シャツで出向く。午前中の二時間、F先生の小気味のいいテンポのボイトレと歌唱指導に乗って、しっかり10曲を歌い切る。

もう何巡目かに入っている曲ばかりなので取っつきやすいが、しっかり歌おうとすると大変だ。歌い終わった後はぐったりする感じ。

今日の中では、「詩人の魂」と「バラ色の人生」の昔懐かしいシャンソンが気に入った。歌うのは日本語でだが。いずれにしてもこの教室以外で歌うチャンスは恐らくない。
e0083517_00523033.jpg
いつも通りの常連メンバーでお喋りランチをして帰る。ボイストレーニングとしては最高だ。健康的で楽しく安上がりのいい趣味となった。

# by yellowtail5a01 | 2018-05-14 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2018年5月13日(日) 雨 

今日は待ちに待ったというほどでもないが、目標にしてきた支部の総会。総会自体は身近ではないし、形式的な行事なのでわざわざ6000円も払って来たいとおもうほどではない。
e0083517_22311366.jpg
その後の懇親会での余興で出演するSWINGコーラスがお楽しみ。二年前に加入して今回が五回目のステージ登壇となる。
e0083517_22312318.jpg
興が乗ったところで、去年も飛び入り出演された法務の大先輩N氏がピアノ演奏。やんやの喝さいとなる。
e0083517_22313406.jpg
いよいよお開きが近づき出番がやってくる。その前に健康体操をしてステージに上がる。今回は難しい新たな課題曲はなく、過去にやった比較的易しい曲の選択だったので気分的には楽であった。出来映えはまずまずというところか。大きな失敗はなかった。

いつもならお開き後は、サッと帰るか、レストランソネの昼ソネを覗いて帰るのだが、今日は本部から永年の知己であるU会長が来られていたので、新旧役員の打ち上げ会に合流することにする。

東門通り近くのスナックを借り上げて午後二時過ぎから五時まで飲み放題、歌い放題となる。
e0083517_22315221.jpg
昼間の激しい雨は遠のいたようだが、雲が低く立ち込めていた。
e0083517_22320649.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-05-13 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2018年5月12日(土) 晴 

朝一から高槻まで通院のアッシーで、戻ってくると11時半を過ぎている。タイムの最後の予習仕上げまでカバーする時間はない。これを見越してもう少し早く着手、完了しておけばいいものを。悪癖は直らない。

今日は4時間コース。その昔自転車王国と言われた中国が自動車文明に急速に変化したあと、シェア自転車としてスマホ文化として世界の先端を走っているというものである。
e0083517_22535479.jpg
日本は中国に比べると現金決済初め、スマート文化において完全に中国の後塵を拝していることを痛感する此の頃だ。しかし、それは光の側面だけでなく、不法行為や政府の情報収集に利用されているのではないかという影の部分も見え隠れする。

記事は時間内に余裕で完読できたが、難しい個所もあり積み残した部分もある。それは、またメンバーのネイティブスピーカーへの検証で解明していきたいものである。

二次会には男女4名・4名の8名がまさや西店に流れ、勉強疲れの脳みそをアルコールと焼鳥とお喋りで癒す。

午後7時にお開きとし、その後はさくら夙川駅近くのピアノバーに向かう。昔よくライブに行ったり、撮影会にモデルに招いたりした美形ピアニストの大石麻維子ちゃんがピアノバーに初出演するというので、英語仲間の西宮在住者を誘って三次会とする。

ピアノとボーカルのデュオ。ボーカルは島田知衣さんという初めての人だった。折りから今日は神戸ボーカルクィーンコンテストの日だったようだが、島田さんは去年出演したらしい。
e0083517_02534563.jpg
狭い空間で身近に生の演奏を聴くのは久しぶり。五感を楽しませてもらった。
e0083517_02521664.jpg




# by yellowtail5a01 | 2018-05-12 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2018年5月11日(金) 晴 

今日は休養日。といっても明日のタイムを読む会の予習を仕上げなくてはならない。断続的に机に向かう。明日のテキストは、中国のシェア自転車の光と影というところか。なかなか興味深い。利用者のモラルに依存するところが大きいシェアシステムは日本でも普及するのだろうか。中国でできるのなら日本でもできそうだが。

結構難しい単語のオンパレードで、完全には把握できていないが、明日の勉強会で理解が進むであろう。

このところアマゾンはじめ、通販を利用することが多い。思い付きで余分なものをついクリックしてしまうこともある。その宅配便の不在連絡が多い。自分はともかく家内はほとんど家にいるので不在はあり得ない。インターホンをテストしてみるとこれが故障していた。

購入して二年弱になるが、どうも不調。購入直後と少し後に二度新品交換してもらっている。今回も交換してもらおうと販売店である量販に持ち込むと、一年が経過しているので、交換は無理とのこと。お店の5年保証には入っているので、無償修理なら可能ですとのこと。

「じゃ、修理期間中に代替機を貸与いただけますか」と迫ると「予備品があれば対応可能ですが、生憎ありません」とのこと。「じゃ、せめてワイアレス呼び鈴でも修理期間中貸与ねがいます」と迫るが、それも無理とのこと。クレーマー心理が沸々と湧いてくる。

応対のおばさんもそれを察したのか、「今日はメーカーの営業時間も終わっていますので、月曜日に再度お越しいただけますか。私は不在ですが、インターホン担当がいますのでメーカーに連絡させます。」とのこと。二度手間は面倒だが、よき解を期待して月曜日にもう一度来ることにする。

# by yellowtail5a01 | 2018-05-11 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年5月10日(木) 晴 

先月に引き続きバトルゴルフはホームコースのロターリーGCのオールドコースアウトスタート。隅から隅まで熟知しているはずのコースだが、思うように行かない。

何が悪いといえば、いろいろある。ドライバーはうまく当たれば距離もそこそこ出るのだが、左に引っかけることがしばしば。OBは一度だけだったのでいいとして、フェアウェイキープ率を高めたいところである。今日は43%であった。

試打アイアンの飛距離は、上手く当たったときには実感できる。しかし、今日はせっかくのチャンスでオーバーしてしまうという痛恨のホールがいくつかあった。調整すればうまく行くはずで、届かないよりかは有利。慣れてくればメリットになることは明白。

結局痛恨の54-55の109を叩いてしまい、バトルも惨敗。次回ラウンドは6月頭になる。それまでに練習場で適合性を確認できるかどうかだ。
e0083517_03300759.jpg



# by yellowtail5a01 | 2018-05-10 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2018年5月9日(水) 雨のち曇りのち晴 

連休明けの月曜日に別予定が入ってしまったので、空いている日となると水か金になってしまった。気になっている急ぎの契約案件もあったので、気合を入れて出勤。

朝方の雨は家を出る頃には上がり、傘をさす場面はなかった。このところ靄か霞か黄砂かPM2.5か、或いはその複合で明石海峡大橋や淡路島が見えないことが多かったが、今日は大分回復したようである。
e0083517_23154757.jpg
去る5月5日に家島から西宮に戻る途中で危うくトラブルになりそうになったのは、この海域。黄色の警戒ブイが並んでいるのは気になっていたが、まさかこんな沖合に水面スレスレにワイヤーが縦横無尽に張り巡らされているとは知らなかった。

幸いにもワイヤーの直前で気づき、バックして引っかけずに済んだが、一つ間違っていたら当艇にも漁網等にも甚大なダメージが発生していたことであろう。不幸中の幸い。陸からそれを確認しようと望遠で観察するが、それらしい横長の浮きは見える。肝心の警戒ブイは確認できなかった。
e0083517_23160545.jpg
今後このようなトラブルの未然防止には、航海用アプリで危険水域を予め予測できるツールが欲しいものである。


# by yellowtail5a01 | 2018-05-09 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2018年5月8日(火) 曇ときどき霧雨 

二月から加入した芦屋のYOグループのグリークラブであるが、このメンバーでゴルフをしているというので初参加する。能勢カントリーでの産機OB会コンペもあったのだが、グリーの皆さんに早く打ち解けたいという思いが強い。

テナー1から2人、テナー2から3人、バリトンから自分1人、バスから1人、プラスメンバーの友人の方が2人の計9人のミニコンペだが、ゴルフ場主催のシニア・レディスオープンコンペも兼ねる。
e0083517_20344978.jpg
会場は、四月にスタジオアリス女子オープンがあった花屋敷吉川コース。観戦にはよく来ているが、実際にプレーするのは確か二回目。この辺りの名門コースの一つであろう。フェアウェイもグリーンも美しい。
e0083517_20345902.jpg
圧巻は何といっても名物ホールの18番。
e0083517_20351092.jpg
第二打が池越えで、しっかり距離もある。ティーショットは右に外れ、前の木が邪魔してグリーン方向には完全なスタイミーとなったが、サブグリーン方向なら何とか打てそうなので、7番アイアンで打つと池越えクリア。

サンドでの40ydアプローチもまずまずで、カラーからのパーパット。これは残念ながらショートしたが、難なくボギーで切り抜ける。
e0083517_20352397.jpg
スタジオアリスでは、女子プロも結構苦労していたこのホールをボギーで上がれたのは大満足。午前のアウトは48、午後のインは46でグロス94、今年のベスグロ。

身内コンペ、シニアレディスオープンとも隠しホールに恵まれず、賞金・賞品にはあり付けなかったが、身内コンペではベスグロ、オープンではグロスでは54人中の7位タイということで留飲を下げる。

初めてに近いコースでいい結果を出せた理由は何か。先日モニター仮購入したアイアンのおかげか。確かによく飛ぶ。練習場では左右に暴れることもあるが、本番ではいい球筋が散見された。

抑えめに打ってもオーバーが多かったのは驚きである。これまではことごとくショートに悩まされてきたが、嬉しい驚き。クラブが優れているのか、新しいクラブに慣れようと練習場によく通ったのが良かったのか。

このアイアンを購入するかどうかは、木曜日のホームコースでのバトルゴルフでいい結果が出るかどうかを見極めたうえで決断したい。

# by yellowtail5a01 | 2018-05-08 21:01 | ゴルフ | Comments(0)
2018年5月7日(月) 雨 

GW連休明けであるが、変則で研修会が予定されていたので、そちらに出席する。各国における文化の違いを六つの切り口から比較するという異文化研究。

午後から淀屋橋の会場に向かうが、折からの雨で街はしっとりしている。勉強会にはこのような天気が落ち着く気がする。
e0083517_01040271.jpg
講義内容は、賛同できるところあり、ウーンと思うところもあるが、今後の自分の講義に反映できそうなヒントはいくつかあったので、有意義であったと思う。

# by yellowtail5a01 | 2018-05-07 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2018年5月6日(日) 薄曇り 

二日間、久しぶりにヨットに乗っていたので、腕だけでなく全身の筋肉の疲労感がある。午後にOB会支部のコーラス練習が入っているが、それまでにいくつかの用事を済ますべくクルマを動かすと、何となくハンドルを左に取られる。

最初の用事の郵便局で路駐して下車すると左の前のタイヤがぺっしゃんこ。パンクである。思い当たる節はある。昨夜、ユニクロの駐車場に入る時に縁石にぶつけた。大したショックではなかったので、気にしていなかったが、どうやらその時に側面にダメージを受けたようである。

郵便局からタイヤ店まで騙し騙し低速で走り、診てもらうと案の定側面に小さい穴が空いていた。右は問題ないので一本だけ購入して後ろの二本を前に持ってきて新しいタイヤは後に着けるというのが安上がりのオプション。

今後ある程度乗るのであれば、二本を新しくして前に着けるのが良い、というのが店長のアドバイス。この秋の車検をするか買い替えるか迷うところであるが、使用頻度を考えると乗り換えるニーズは絶対的ではない。

判断に逡巡するが、安全を考えて二本購入することにする。思わぬ出費となった。

コーラス練習はいよいよ今日が最後。来週の日曜日には支部総会があり、ステージに立つことになる。完成したとは思えない状況だが、宴会の後半の出番なので、聴衆もおおらかに聴いてもらえるものと思う。

反省会は失礼して直帰する。雨模様で少し肌寒いので、家内の提案に従い夕食はポトフとなる。ポトフは任せ、付け合わせのアボカドサラダを担当することになる。
e0083517_01034817.jpg
出来合いのセットを使ったアボカドサラダとなったが、まずまずいい取り合わせとなった。
e0083517_01033962.jpg


# by yellowtail5a01 | 2018-05-06 23:59 | ひとりごと | Comments(7)
2018年5月5日(土) 晴 

昨夜は美味しい日本酒にすっかり酔ってしまい、食事の終わる頃から居眠りモード。九時半頃に部屋に戻ると即バタンキューだったようだ。朝目覚めると6時。久しぶりに長時間熟睡したものだ。

朝食までには時間があるので、例のごとく散歩に出かける。遠くから見る志みず。リピーターが80%とのこと。例年スペインからやって来るリピーターもいるようである。純和風なところがいいのかも知れない。
e0083517_00553561.jpg
昨日とは打って変わって穏やかな瀬戸内に戻っていた。それでも追手の風はそこそこ吹いていたので、ジェネカーを揚げて追手を楽しむ。
e0083517_00564509.jpg
荒れることが多い明石海峡大橋も平穏に通過し、風が弱まって来た庭のような大阪湾を帆機走で新西YHに向かう。淡路島の大観音像もくっきり見える。
e0083517_00573584.jpg
西宮に近づくと見慣れない大きなプレジャー船舶。ロシアの機密船舶という表現が似合いそうである。それにしてもリッチの極みを思わせる豪華ボート。どんな人が乗っているのか気になる。
e0083517_00575449.jpg
5時前に新西YHに到着。後片付けをして解散となる。いつもの記念写真に参加者全員が収まる。
e0083517_00581430.jpg


# by yellowtail5a01 | 2018-05-05 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2013年5月4日(金) 晴 

昨日出航予定だったGW遠征は、天候不順のため一日延期され行程も短縮しての一泊二日のミニ遠征となる。このグループに参加した頃は一泊二日で淡輪遠征が不通だったが、その後発展してGWでも長い航海が続いていた。

いずれにしてもこの季節はしばしばメイストームに襲われ、全く平穏なセーリングの記憶はない。今回は出航時は穏やかなお天気でのんびりムードだった。
e0083517_00524745.jpg
ところが明石海峡大橋を過ぎて、機走から帆走に代えてしばらく行くと海上は荒れだす。
e0083517_00532076.jpg
やがて播磨灘沖に差し掛かる頃には、上から積乱雲が垂れ下がり、強風で荒れる。瀬戸内海と言えど侮れない。
e0083517_00535508.jpg
この辺りは藤原道真の時代から海の難所で、家島は嵐の際の避難港だったらしい。難所をクリアして家島に近づくころには海は穏やかさを取戻してきた。
e0083517_00541160.jpg
家島の宮地区の割烹旅館「志みず」の浮桟橋に到着。途中の荒天でレイジージャックがちょん切れたのでその補修にかかる。ベテランのH氏がマストに登り難なく補修完了する。
e0083517_00542719.jpg
浮桟橋の割れ目からクラゲを見つける。夏が近づいている。
e0083517_00545748.jpg
 



# by yellowtail5a01 | 2018-05-04 23:59 | マリンワールド | Comments(0)
2018年5月3日(木) 曇りのち晴 

今日からCaratQ号のGW遠征。しかし、芦屋YOクラブのグリークラブの練習をサボるわけにいかず、それを済ませてから夜に牛窓で合流の予定だった。皆さんは午前7時前に新西宮YHに集合して出航予定だったが、低気圧通過後の風が厳しく今日の出航予定は見合わせたとのこと。

せっかく邑久駅までの切符を手配していたので、そのキャンセル料がかかるのは残念だが、今日は落ち着いて合唱練習に参加でき、二次会、三次会にも顔を出せることになった。

JR芦屋駅の南出口は北側に比べてしょぼいのであるが、市民がお世話をしているとおぼしき花壇は立派である。
e0083517_01114476.jpg
この西洋風のタチアオイのような花は何だろうか。家では植えきれそうもないが、駅前の花壇では映える。
e0083517_01113421.jpg
合唱練習は、だんだん過熱化してくる。秋のルナホールでの二年に一度の出演がターゲットで、フォスターの「草競馬」、「おおスザンナ」、「故郷の空」に加えて、英語の曲が三曲はいるらしい。英語の曲は次回から本格化する予定だが、日本語のフォスター三曲もままならない。

失敗しても命まで取られるわけではないが、F先生の厳しさがだんだん増しているようで、間違った音を出すと、名指しこそないが目の前まで来て「違う!」と叱責されるので、辛いことが再々ある。

不思議なもので、叱責されると「ああ、期待されているんだ」と思えてくるのが救いである。二時間強の練習会の後は、いつもの喉のアルコール消毒を兼ねた反省会。連休中で「業平レストラン」もマスター一人でやっている。

Nさんのお誘いで、もう一軒おでん屋さんに行く。六時までなら生ビールでもハイボールでも一杯100円。ついついピッチが上がる。英語の大先輩であるY氏がふらりと現れ、ちょっとした宴会となる。

明日は、新西宮YHに早朝に集合して一泊二日のヨット遠征。好天を期待する。
 

# by yellowtail5a01 | 2018-05-03 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2018年5月2日(水) 雨 

鬱陶しい空模様だが、思ったより雨雲が早くやってきて早く通り過ぎてくれそうである。そうなると明日からのGW瀬戸内遠征にとってありがたい。しかし、風が残るというので、それはそれで心配である。

連休が明けるとすぐにOB会兵庫西支部の総会があり、合唱を披露することになる。今回は春から夏にちなんだ童謡や優しい曲の選曲なので、行っても気が楽である。しかし、メロディが頭に浸みこんでいる童謡は、気を許すとついつい主旋律に釣られてしまうのが辛いところである。

芦屋のグリーの方は、まだ時間はあるが曲数が多いのと自分にとっては高度な旋律・リズム感が要求されるので、復習をしておかないと明日の練習日に冷や汗を掻く羽目になる。微妙な半音階がなかなか頭に入らない。

一人でやっていてもズレるので、各パートと一緒になって自分の音をキープするのは至難の業になりそうである。

連休明けには、そのグリーの皆さまとの懇親ゴルフに初出場予定。100を超えるスコアでは恥ずかしいので、上ヶ原の練習場に行く。おりから大雨の時間帯で空いている。雨の中を80球打つが、暗くなってきてイマイチ気分も乗らず帰る。こんな調子でまともなゴルフになるのか心配になる。
e0083517_02300420.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-05-02 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年5月1日(火) 晴 

メーデーのせいか朝の通勤電車もずいぶん空いていたし、昼休みの岸壁は逆にいつもより人出が多い。東南角の潮通しのいいところには釣り人。釣れている気配はないが、楽しそうだ。
e0083517_01345810.jpg
超短波とおぼしき無線機器を移動式アンテナに繋いで通信実験をやっている人は初めて見た。どの程度離れた人と更新しているかわからないが、日本語なので意外に近くかも知れない。聞き耳を立てていると、明瞭かつ丁寧な標準語でやり取りをしているので、その道の専門家かマニアなのであろう。
e0083517_01351409.jpg
南面の磯では長い竿の先に引っかけ用の金具を付けてワカメ漁をやっている。漁師ではないようだ。合法なのか非合法なのかはわからないが、この季節になると例年見る風物詩ではある。
e0083517_01352815.jpg
中には縁石に腰を下ろしてもぐもぐタイムのお姉さん。こちらは仕事中の昼休みなのであろう。働く女性のたくましさのオーラがある。
e0083517_01362579.jpg
近所の企業事業所のアスリート系クラブのトレーニングか。気合は入っていないようだが、日頃見かけない景色。加古川方面の巨大クレーンは霞の中。
e0083517_01363739.jpg
漁師の船であろう、早朝に出漁したのが帰港時刻なのだろう。二見港への帰路を急いでいる。
e0083517_01344749.jpg
3日にはGW遠征組がこの界隈を西を目指して通り抜ける予定。天候に恵まれればいいが。自分は3日の午後に抜けられないコーラス練習があるので、それが終わってから新幹線、赤穂線を乗り継ぎ、夕食までには牛窓港で合流。

4日からはお天気回復予定だが、例年穏やかな気象に恵まれたことがなく、ハプニングも多いいメイストームの時期なので、安全航海を祈る。

# by yellowtail5a01 | 2018-05-01 23:59 | 自然・季節 | Comments(2)
2018年4月30日(月) 曇 

GW前半の最終日、西宮ヨットハーバーに向かう。3日からのGW遠征に備えた飲み物等の調達・搬入、水の補給が終わると半年ぶりにセーリングに出かける。キャプテンは不在で、マネージャと若手クルーH氏と三人。

さいわい風はさほどなく、雨の心配もなさそうであるが、やはり自分が責任者になると思うと緊張する。ヨット歴ではマネージャの方が長いが何か事故があった時の責任は、自分が取ることになる。

前から一度海上からアプローチしたいと思っていた某軍需産業の工場。自衛隊艦船が停泊している付近までは行けたが、さらに奥に入るには阪神高速湾岸線の橋をくぐらないといけない。高さがわからないのでそれはやめておく。

停泊している艦船は掃海艇というジャンルで「なおしま」と「つのしま」であることを軍オタでもあるH氏が教えてくれる。
e0083517_03013583.jpg
特に目的地はないが、風に任せて大阪湾を南下し、マネージャが用意してくれた昼食やおつまみをいただきながら、心地よい風に乗って6ノット強をマックスとしたストレスも緊張感もないセーリングとなった。
e0083517_02295794.jpg
沖合で見かけた大きな貨物船。珍しいオレンジ色の船体はどこの船だろうと調べると、オランダ本社の化学品運送の大手船会社のようである。

途中のスキッパーは、やはり久しぶりのセーリング参加のH氏にお願いしたが、最後の着岸はやはり自分がラットを操らないといけない。夕方が近づき、風も強くなってきている。

スムーズな納得できる着岸とは言い難いが、久しぶりにしてはまずまず無難な着岸で終われ、やれやれ。多くのヨットマンは少々の風でもシングルハンドで落ち着いて着岸、係留されているが凄いと思う。

バス停前の花壇は誰が手入れしているのか、いつもきれいに花を咲かせている。この紫の花はときどき見るが名前がわからない。
e0083517_02300663.jpg
バスを待つ人にやすらぎを与える花壇である。
e0083517_02301702.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-04-30 23:59 | マリンワールド | Comments(2)
2018年4月29日(日) 晴 昭和の日 

四月ももう切羽詰まってきた。大したことは何もできていないが、時だけはするすると確実に過ぎてゆく。

先週の仕事や英語勉強会もクリアし、今日はのんびりとした日曜日を迎える。やることはいろいろある。車の洗車、プランターや鉢植えの水遣りや手入れ。
e0083517_16514384.jpg
今回の自慢は何といっても門扉に吊るしたビオラのハンギングバスケット。いよいよくす玉の様相になってきた。イメージした通りだが、ブルーとホワイトの株が強くオレンジ系が遠慮しているのが計算違い。

枯れかけた花柄を摘んでいると通りかかったおばさんが、「見事ですね、いつも楽しませてもらっています。」と励ましてもらう。なぜか男性と若い女性からは声を掛けられたことはない。

同じハンギングバスケットを娘宅にも届けたが、日当たりが悪いので本家ほどではなかったが、予想以上にいい感じで手入れがなされていた。

動物(人間)も植物も種の保存は、大事なミッションで、ビオラが花を咲かすのは受粉(交尾)のためである。魅力的な花を咲かせ甘い蜜を用意して虫を誘惑することによって目的を達する。

しかし、十分に実がなると植物も安心してしまいそれ以上に熱心に虫を誘い込む必要もなくなり、また根から吸い上げた栄養分も結実した種の成長に使われ、立派な花を咲かすためには使われず、花は貧相になってくる。

娘にこれと同じバスケットをプレゼントした時に、だからこまめに花がら摘みをするのが長く楽しむ秘訣であることを伝えた所、なるほどと納得してくれた。ちゃんと実行してくれているようだ。

GWを迎え、そろそろ次の仕込みに移行したいが、もう少し草姿が乱れてこないことには手を付けられない。
e0083517_16515329.jpg
心の準備とプラニングのため昨年末にグランドオープンしたロイヤルホームセンター西宮店に初めて向かう。
e0083517_16523476.jpg
アサヒビール工場がなくなり、その跡地利用をどうするのか議論百出のこの広い土地だったが、とりあえず一画にこのホームセンターと道路沿いには自動車ディーラーが軒を並べている。

家からも比較的近いし、品ぞろえもいいので、コーナンに変わってこちらに来ることが多くなりそうである。ガーデニングコーナーも充実している。
e0083517_16522460.jpg
次は、ハンギングは定番のベゴニアセンパー、プランターはペチュニアか。新しい花に挑戦するとすれば、テラコッタの寄せ植えとなりそうな気がする。

このお店は一階にも広い駐車場があり、三階、屋上にもたくさん駐められるスペースがある。甲子園のコーナンの打撃は大きいと思われる。屋上から西南の方角、国道二号線を望む。
e0083517_16520438.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-04-29 23:59 | トレンド | Comments(0)
2018年4月28日(土) 晴 

英語日である第二、第四土曜に家内の通院日が重なることが多い。土曜日の午前中の駆け込み予習の時間が取れないのが辛いが、12時までに帰ってくれば13時のタイムには間に合うので安心である。

その分少しでも前倒し予習をせざるを得なくなるので、それはそれで悪くはない。しかし、パートⅡのユニーク英語会は映画の日だったので、もう少し時間が欲しかった。

それにしてもひどい黄砂。高槻へのクルマでの往復も徒歩・電車での芦屋も空気は完全に霞んでいる。六甲連山がよく見えない。
e0083517_01175753.jpg
芦屋に着いても然り。山笑うという雰囲気ではない。
e0083517_01180723.jpg
タイムの記事は、昨日の南北首脳会談直後のホットな記事。米朝首脳会談に向けた北朝鮮の準備、今後の展望など鋭い視線で取材したタイム誌の労作記事。読み応えがあった。ワンパラグラフのみ積み残したが、ほぼ完読できてよかった。
e0083517_16281032.jpg
パートⅡのユニーク英語は、2011年の映画「ソーシャルネットワーク」である。フェースブックを立ち上げたマイク・ザッカーバーグをフィーチャーした名作である。

IT関連の知識、法律や訴訟手続きの知識、スタートアップから増資にまつわる投資関連の知識、米国トップのエリート校ハーバード、及びスタンフォード、ボストン大学等大学序列に関する知識等、背景や専門用語を理解できないと苦しい。

しかも英語は早口で全くフォローできない。疑問点は多少積み残すが面白い映画を深く観れたのは、この会のいいところであろう。二次会は久しぶりの蘆月に流れ、アルコールとともに話が弾む。

連休初日とは関係なく、いつも通りの土曜日であったが、満足のいく一日をたくさんの友と伴に緊迫感を持って過ごすことができた。感謝である。


# by yellowtail5a01 | 2018-04-28 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2018年4月27日(金) 晴 

北朝鮮時間の午前九時から板門店での南北朝鮮首脳会談。歴史的瞬間ということなので、テレビにかじりつく。演出臭いシーンも目立つが綿密に準備されてきたのであろう。外交イベントをこれほどメディアにフルオープンにして歴史的演出をするのは珍しいことと思われる。

来月の米朝首脳会談がどこでどのように行われるのか、気になるところであるが、とりあえずの道筋は見えてきたような気がする。非核化の進展がどうなるのか予断を許さないが、米朝間で平和協定が結ばれると、それはそれでいいことだが、日本の立ち位置がどうなって来るのか、複雑な極東情勢に移行していくことは間違いないと思われる。

テレビの板門店ライブ報道を観つつ、明日のタイムを読む会の記事に取り組む。まさに北朝鮮問題を扱った記事が明日のテーマだ。もう一つのユニーク英語の方は、映画ネタの偶数月でザッカーバーグ氏のフェースブック立ち上げに絡む訴訟をフィーチャーした「ソーシャルネットワーク」。早口で英語は聞き取れないが、ITと法廷が絡んんだ映画で面白い。

夕方、大分前にモニター申し込みをしていたアイアンが今頃になって届き、早速に試打に赴く。年寄り向けのよく飛ぶクラブらしい。ダメだったら30日以内であれば、返品・返金可能ということなので、練習場と実践ラウンドで試してみようと思う。

今日のところは、方向性には難があるが、距離だけはワンクラブよく飛ぶ感じがする。これで実際に数字としていい結果が出れば、乗り換えようと思う。出費は痛いが。
e0083517_02372024.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-04-27 23:59 | トレンド | Comments(0)
2018年4月26日(木) 晴 

一日家にいると家事が捗る。朝一番は、ゴミ出しの後、家内の銀行とコンビニへのアッシー。自分の洗濯物取り入れは昨日にやっていたが、ゴルフスラックスのアイロンかけを頼んでいたが、出来上がりに不満。黙って自分でやり直すしかない。

猫の額の庭も雑草が茂ってきているので、久しぶりに雑草退治。ドクダミを素手で引っこ抜くと手に匂いが残るのがイヤではあるが仕方がない。

冬場は葉が痛んでいた窓バルコニーのゼラニュームカリオペダークレッドであるが、温かくなってから週一でハイポネックスを施肥していた甲斐があり、立派な蕾を付けだした。フルブルームはまもなくであろう。
e0083517_02364775.jpg
西面の方はもう咲き始めており、これから南面・西面ともに賑やかになりそうだ。
e0083517_02370231.jpg

# by yellowtail5a01 | 2018-04-26 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年4月25日(水) 雨 

変則勤務日となり、かつ勤務地も変則となる。五年振りの税関の事後調査を受けることになり、貿易課がある大阪営業所に出向く。貿易実務面は貿易課のTさんが完璧にやってくれているし、安全保障輸出管理面では、輸出管理責任者のIさんと自分のコンビで完璧にやっているつもりなので、どこから突っ込まれてもまず心配はない。

いくつかの突っ込みもあったが、いずれの点も適正に回答できたと思われる。午後4時からの講評では、「こんなにきれいにやっておられる中小企業に来たのは久しぶりでした。」との最善のコメントをいただき、ホッとする。

Tさんの努力に負うところが大きいが、20006年以来ともに頑張って来たことが評価され嬉しい。Tさんの貢献振りを経営陣にどう伝えることができるかが自分の課題であると思う。



# by yellowtail5a01 | 2018-04-25 23:59 | 仕事 | Comments(3)
2018年4月24日(火) 雨 

家内がチケットを購入していた兵庫県立芸文センターでのワンコインコンサート。アッシーがてら聴きに行く。早く着いたのでホワイエでビール。チケット代よりグラスビールの方が高くつく。

芸文センター専属のPACオーケストラの金管(Brass)メンバーのアンサンブル。ホルン、トランペット、トロンボーン、バストロンボーン、チューバの五重奏。中学時代のブラスバンドクラブの思い出が彷彿される。
e0083517_01241218.jpg
ガーシュウィンとバーンスタインのアメリカ音楽を中心に約一時間楽しませてもらう。クルマなら10分で行け、駐車場もさほど混まないのでありがたい。

閑話休題、フェースブックとメッセンジャーの関連性が悩ましい。すでに友達になっているはずの人について、友達申請の画面が現れボタンを押すとダブって申請しているようである。

フェースブックとメッセンジャーで微妙に異なっており、フェースブックはローマ字名前のID、メッセンジャーは漢字名前のIDとなっているようだ。若手の友人からご指摘いただき、そのことが判明した。

ダブって友人申請してしまった皆さまに混乱を与えて申し訳なく思います。この場をお借りしてお詫び申し上げます。どうぞ無視してください。

# by yellowtail5a01 | 2018-04-24 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2018年4月23日(月) 晴 

本来であれば出勤日だが、神戸税関の調査がくるというので、水曜日に出勤日を振替。おかげでのんびりとした一日を過ごす。

昨日娘夫婦が雛人形のお礼と称してダイソンの掃除機をプレゼントしてくれた。さっそく説明書を見ながら組み立てやメンテの方法を頭に入れる。実験的に使用してみると、想像通り威力はあり、あっという間にゴミが溜まっていくのが見えlる。

娘の思いとしては、掃除嫌いの母が少しでも気持ちよく掃除をできるようにとのことで、その気持ちが伝わってくる。果たしてこれで家内の掃除嫌いが治るかどうか。とりあえず自分としては自室の掃除に役立ちそうである。

夕方、買い物がてら少し遠いスーパーに出向く。孫がお気に入りのシャボン玉をより大きく、より長持ちするようにシャボン玉液をネットで調べると、いろんな添加物を入れるのが有効のようである。

台所洗剤は、界面活性剤の含有比率が30%以上、洗濯糊、ガムシロップ、粉末ゼラチン、炭酸水、ラム酒を混ぜると割れにくく、色鮮やかなシャボン玉ができるとのこと。実験をして黄金比率を見出したいものである。

大概の材料は、近所のCOOPで揃ったが、ラム酒だけはなかったので、スーパーマルハチに赴くことになった。道中ベニハナトチノキが例年より早く満開である。いつもはGWに咲く花だが、10日早い。
e0083517_21420398.jpg
土曜日に美山で観たトチノキの葉はまだ新芽だったが、こちらはすっかり新緑の様相。今年の夏は暑いのだろうと思いやられる。

# by yellowtail5a01 | 2018-04-23 22:15 | ひとりごと | Comments(0)
2018年4月22日(日) 晴 

三月末の娘の誕生日祝いに訪ねる予定だったが、家内の負傷などあり延び延びになっていたが、ようやく外出もできるようになってきたので、訪ねる。

アキ君は三歳を過ぎてずいぶんしっかりしてきた。待ち構えていたように公園散歩、ジャパンへのお買い物、粘土遊びとシャボン玉遊びと次々と提案してくれる。一方のアカリちゃんは、一月半ぶりに顔を見せると泣き出す始末。

娘の話によると人見知りがあり、特に男の人にはなつかないことが多い、との慰めのようなコメント。寝てるとき以外は、一人で放っておくと泣くので、ずっと抱っこ紐で抱っこした状態らしい。
e0083517_11191300.jpg
公園では、遊具に目をくれず虫探しがアキ君のブームのようで、日陰の地面をじっと見つめてダンゴムシ探し。
e0083517_11193247.jpg
桜の木には毛虫が湧き始めていて、小枝で毛虫落としをすると怖い怖いと言いながらも盛り上がる。毛虫退治にはならないが、落とした毛虫を踏んづけるのはさすがに残酷でやめておく。

誕生日祝いはショートケーキで済ませ、カードとプレゼントのポチ袋を渡す。開店一番にエルベランでケーキを選んだが、大きなイチゴを形どった珍しいのがあったので、買ってみた。なかなか遊び心が感じられた。
e0083517_11200032.jpg


# by yellowtail5a01 | 2018-04-22 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)