ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:家族・交遊( 412 )

2019年4月21日(日) 晴 

特に予定はなかったので、ブランターの手入れをしたり水遣りをする。予期せぬいろんなことが起こるものだ。

まずは、インターホンが鳴り、出ると珍しく兄貴からの呼び出し。お隣のS夫人も一緒。なにかへまをやって叱られるのかと、緊張して表に出ると二人はにこやかだったので安心する。

話を聞くと、先日ご近所に新築された家に若い夫婦が引っ越してきたらしい。お隣のFさんちには挨拶があったようだが、S夫人にはないようである。問題は、ごみ当番。その若い夫婦の所定のごみ置き場は少し遠いので、近い我がグループに参加してもらってもいいかという相談であった。

これまで三軒で当番を回していたので、年に4回月当番が回って来るが、4軒になると3回で済むことになる。それはありがたいこととOKでお願いする。

その後、娘から突然電話があり、「今日そっちに出向く用事があるんで、寄ってもいい?」とのこと。もちろん大歓迎である。しかし、4歳と2歳前の孫が来るとなると家じゅうの掃除をしないといけない。

バタバタであったが、なんとか1時間半で片付けと一通りの掃除を終えることができた。二人の孫はどんどん成長し、目が離せない。アカリンは手の届くものを何でも掴むし、アッキーは遊ぶことに夢中。

ジィジとしては嬉しい極みだが、二人の孫が騒ぐと娘が寛げないので、昼食を外食した後は、アキ君を公園に連れ出し、のんびりしたひと時を楽しむことができた。娘もアカリンを昼寝に導きつつ、自分も微睡むことができたようである。めでたし、めでたし。
e0083517_23004729.jpg





by yellowtail5a01 | 2019-04-21 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年4月20日(土) 晴 

朝から高槻の病院へ。症状は悪化しているようで、主治医の先生からは再入院を示唆されたが、もう少し様子を見ることにする。

家内はイースター前夜の夙川カトリック教会に行くというので、送り届ける。子供のころから馴染んでいるゴシック様式の尖塔をもつ夙川教会。ノートルダム寺院の炎上が思い起こされる。
e0083517_23142998.jpg
一人でミサにでて、途中退場し、予約していたイタリアンレストランに行っていたらしい。ご帰宅は午後11時過ぎ。昔の悪夢がよみがえる。迎えに行くのは苦にならないが、それまでアルコールを我慢しなければならないのが辛い。

by yellowtail5a01 | 2019-04-20 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年4月19日(金) 晴 

朝からいいお天気で、予約していた歯科医の定期検診を9時から受ける。特に別状はなく、歯垢落としのスケーリングをしていただく。二ヶ月に一度の定期検診で、歯や歯ぐき、口内の異常があった場合には、いち早く見つけていただけるので有り難い。

帰宅後、家内を近所のK医院に送り届ける予定であった、9時45分に家に戻ると家内はいない。郵便局に行きたいと言っていたので、それであればすぐ戻ってくると思ったが、12時になっても戻らず、連絡もないので、心当たりのK医院に電話すると案の定、そこで点滴をしてもらっていたようである。

二度としません、と言っていたK医院での借金を繰り返し、タクシー代を賄ったようである。治療費と借金を返済し、連れ戻る。午後は、市役所とニトリに行きたいというので、付き合う。障碍者認定を受けるとどのような優遇を受けられるのかの説明を聞くことだったが、軽度では優遇も限定的で、そもそも認定される可能性は低そうなことがわかった。

ニトリに久しぶりに行くといろいろ欲しいものが出てくるようである。バスマットや椅子用の座布団、洗面用コップなどはわかるが、目に留まったお皿をバスケットに入れたり、あれもこれもと膨らんでいくので、なだめすかして必要最小限に留める。それでも万札が消えていく。

唯一、付き合ってよかったのは、ミニクリプトン電球の代用になるLED電球を発見したことである。以前は「高いなぁ」と思って敬遠していたが、今では白熱電球と大して変わらない価格差。40Wが、3.8Wで済むのはありがたい。試しに一個購入してポーチライトの電球と交換すると、サイズも明るさもピッタリ。

これまでのミニクリプトン電球は、寿命が短く毎年順繰りで交換しなければならなかったが、LED電球なら5年間の保証が付いている。廊下や洗面所、トイレで使っている全てのミニクリプトン電球を交換すると一時的には多少費用が掛かるが、節電に貢献するのは間違いないと思われる。
e0083517_23002741.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-04-19 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年4月9日(火) 晴 

昨日は中途半端な出勤だったので、今日を正規出勤日と予定していたが、家内の病院アッシーのため出勤日を振り替えることにした。入院していた病院に事務的な事後手続とお世話になった先生やトレーナー、看護師さんらに礼状を渡したいとのこと。

まあ、振り回させられるのはいつものことであるが、本人は挨拶回りにくたびれ、事務手続きはこちらに丸投げ。まあ、それはどうってことはないが、入院患者でもなく、通院患者でもないので、駐車料金が気になる。30分無料のシステムを使い、出たり入ったりを4回繰り返す。

退院後のリハビリの一つ、バイク器具を合間に見に行く。ロイヤルホームセンターでは一機種のみ展示されているが、まあまあお手頃価格。自分としては自転車を買い替えたいところであるが、前に約束しているので仕方がない。購入したとして活用しなければキレそうである。

昨年末に開店した国道2号線沿いのロイヤルホームセンターに来るとオウム売り場に寄らずにおられない。今日もお行儀よくしていた。
e0083517_03281323.jpg


by yellowtail5a01 | 2019-04-09 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年4月3日(水) 晴 

大晦日の救急搬送入院以来、三か月ぶりに家内が自宅に戻ることとなった。朝一番にM病院の退院手続きを済まし、11時までに高槻の病院の外来に行かないといけない。病室に持ち込んでいた多数のアイテムの大半は昨夜に移動しておいたので、スムーズに退院手続きを終えることができた。

お世話になった院長先生に挨拶をしないといけないと思っていたが、偶然に院内で見かけたので、お礼の挨拶もできた。お世話になったリハビリのトレーナー氏とも廊下で出会い、お礼を言う機会があった。唯一お礼を言いそこなったのは、雰囲気が大竹しのぶそっくりの婦長さん。朝から研修会講師とのことで、不在だったのが残念。

その足で高槻の病院に出向き、外来で診察を受け、薬の処方をもらって帰る。昼食は苦楽園の大正庵のお蕎麦が食べたいというので、花見を兼て向かう。専用駐車場がなくなり、TIMESの有料駐車場となっていた。

定番の苦楽園橋から甲山を望む写真を撮る。桜は5分咲き程度か。
e0083517_03143507.jpg
大正庵のカウンター席からも狙う。
e0083517_03142574.jpg
カナメと桜のコラボも印象的であった。
e0083517_03141596.jpg
夕方に近所の内科医に送迎したのち、夜は自分の時間とさせてもらう。阪大の微生物研究所の教授による毛細血管の話はぜひ聞いておきたい。
e0083517_01275094.jpg
まずは微研の説明から始まる。微研の俯瞰写真が紹介されたが、新婚当初約7年暮らした懐かしの我がマンションも左端に写っている。すぐ隣が微生物研究所だったので、悪い微生物が飛んでくるのではないかと心配したものである。
e0083517_03184574.jpg
教授の話はとても分かりやすく、毛細血管がいかに大切かということがよくわかった。老化により毛細血管が損傷を受けていくプロセス、それを防ぐための方策、摂取すべき食物も教えていただき、希望が持てる。
e0083517_01284698.jpg


More
by yellowtail5a01 | 2019-04-03 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年3月31日(日) 晴 

娘の誕生日は過ぎてしまったが、誕生以来毎年続けている誕生会はパスするわけにはいかない。ばぁばは欠けるがほぼ二か月ぶりに娘宅を訪問する。

二ヶ月も空くと1歳8ヶ月のあかりんの変化は凄い。二月初旬は顔を合わせた時に泣き出し、人見知りされていることにショックを受けたが、今回はそのような気配は全くなく、笑顔で迎えてくれた。
e0083517_23462198.jpg
その点、4歳になったあき君はそれほどの変化は認められない。すぐに公園に連れ出される。ちょうどいい花見をできた。
e0083517_23470188.jpg
公園の石の上にも一人でスルスルと登れるようになったのは頼もしい限りである。
e0083517_23464871.jpg
昼食の後、持って行ったポアリエのケーキでハッピーバースディトゥユーを歌ってママのお誕生日を祝う。
e0083517_23463313.jpg
孫ともさんざん遊べたし、楽しくて有意義な一日となった。ちょうど道中にある友人宅に受け渡しの用事があったので朝に寄ると、嬉しい桜ご飯を戴いた。
e0083517_23533924.jpg
娘宅の分もご用意いただき、誠に感謝感激。恐らくお母上の作であろうと思われるが、春らしくピンク基調の素晴らしい桜ご飯であった。自分でも作ってみたいものである。


by yellowtail5a01 | 2019-03-31 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年3月30日(土) 薄曇り 

今日は家内の通院で忙しい。朝一番に入院先のM病院に向かいピックアップして、高槻の病院の先生との9時の予約に向かう。名神高速を使えば十分余裕で間に合った。

薬の処方も必要だが、M病院に入院中はできないとのことで、退院後すぐに来なさいということになる。昼前にはM病院に戻り、食堂でお昼を一緒にいただく。

昼下がりにいったん帰宅するが、また家内の要請でリハビリトレーナーと相談したいので、家にあるトレーナ道具を持ってきてほしいとのこと。再度夕刻に嵩張る用具を持ってM病院に向かい長い一日が終わった。

先日息子が帰ってきたときに作った若竹煮は、息子が全部食ってしまったのでもう一度作り直す。
e0083517_23531701.jpg
まあ、全部食ったということはそれなりに旨かったということであろう。小松菜と揚げも作り直す。
e0083517_23532685.jpg
季節感を味わいながら日本的なお惣菜を味わえるのは幸せなことだと思う。

by yellowtail5a01 | 2019-03-30 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年3月20日(水) 晴 

昨夜は息子と一緒にすき焼きを久しぶりにたらふく食べる。ビールを飲みながらあれやこれや喋りながらの食事はありがたい。

午後に一緒に家内の病院に向かい見舞う。家内は久しぶりの再会で上機嫌であるが、息子はなかなかシビア。それでも親子の絆を実感するひと時であった。

息子はその足で明日からの業務予定の姫路に行くというので、JR西宮まで送って別れる。次に会うのはいつになることやら。久しぶりに熱帯魚トークをしたので、60㎝水槽の再開をしようかなと思う。

by yellowtail5a01 | 2019-03-20 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年2月21日(木) 晴 

結構難航してきた転院先が友人の支援で決まり、転院の日を迎えた。9時に高槻の病院に着くべく8時前に家を出たが、平日の通勤時間のせいか道路がずいぶん混んでいる。一時間で行けるところが一時間半かかった。

それでも約束の9時半には10分ほど前に到着でき、転院手続、支払い、薬を受け取り、病棟に迎えに行く。家内にとっては外出は48日ぶりか。高速を使って西宮市内のM病院に着くと11時少し前。

段取りよく入院手続きをして、病室に案内される。やはり友人の差配のおかげか、ずいぶん親切に対応いただいているのを感じる。ここでしっかりリハビリをして筋力を取戻し早期に帰宅できるのを祈るばかりである。

入院手続き及び主治医との面談もスムーズに行き、午後1時には全て完了し、クルマで芦屋に向かうとイグレコ練習の10分前に着くことができた。3月9日の本番まで練習日はあと二回きり。

「あ、いいですよ、いいですよ」とF先生は励ましてはくれるのだが、顔は苦笑い。地声を控え声楽的発声、テンポのズレ、音程のズレ、発音、息の量などなど、注文はキリがない。

これまでもそうであったように本番までには何とか仕上げてくれるのだろうと、ついて行くしか仕方がない。

by yellowtail5a01 | 2019-02-21 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2019年2月18日(月) 晴 

娘からSOSがあり、雛人形飾り付けを手伝って欲しいとのこと。二月初に行った時にやろうと思っていたが、子供達の相手をしているとあっという間に時間が過ぎ、手が回らなかった。

三段雛なので大したことではないのだが、一人でやろうとすると大変な部分もあるのはよくわかる。子供たちは保育園に行っている間に二人でやると40分ほどで片付く。
e0083517_21573916.jpg
あかりちゃんはますますやんちゃになっているようなので、手を伸ばして破壊しないかが心配である。久しぶりに孫抜きで娘と二人の時間を持てて、感謝もされて嬉しいものである。遅ればせの義理チョコも用意してくれていた。

長居は無用で次の予定、高槻の病院に向かう。先日院内で転倒したというので、心配もしたが全く大丈夫のようでホッとする。木曜日の転院の予定を確認し帰宅する。

今日から確定申告受付開始。取りあえず申告用紙をもらいに税務署に足を運ぶ。午後の時間はたっぷりあるので、気になっていた墓参りに赴く。母の祥月命日には行けなかったが、一週間以内なので許してもらおう。まずは墓の掃除と伸び過ぎたイヌツゲの剪定である。

クリスチャンでもないが、主の祈りを唱え、心の中でお祈りめいた言葉をつぶやき父、母、義姉に思いを巡らすことができ、少し心が洗われたような気がした。讃美歌も朗々と歌いたいところだったが、人の気配もありそれは遠慮した。
e0083517_21421684.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-02-18 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)