ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:友人・交遊( 355 )

2018年9月5日(水) 晴 

台風一過と言っていいのだろうか。涼しさが来たわけではないが、晴天のいいお天気。午前中は来週の講師仕事の教材作成の合い間に家内の通院アッシーで悩まされる。時間が足りない。午後のSWING練習会は、このところ定番の春日野道のコミスタ神戸。

春日野道駅から歩いて10分強であるが、汗を掻きながら歩くのはこの季節なんとも厭なものである。なぜ今まで思いつかなかったのか。バイクならR43を30分も走れば楽勝である。もっとも駐輪場が自転車用で、狭いので苦労したが何とか収まった。

全体練習は午後3時からだが、1時から自主練習会。有志が集まってああでもない、こうでもないと議論しながら特訓に励む。なんでも前回のS先生の指導では厳しい叱責があったようである。前回は高校同窓会がかち合い欠席したが、皆さんの話からいきさつがわかってきた。

まあ、S先生には期待していただいていると好意的に解釈したいところである。四時間みっちり練習して帰路につく。バイクは快適・効率的だが喉のアルコール消毒を兼ねた反省会に出られないのが残念である。

by yellowtail5a01 | 2018-09-05 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2018年8月25日(土) 晴 

去年から心待ちにしていたホームカミングデー。関西、関東とも新年会やゴルフコンペにちょくちょく顔を出しているので、さほどの違和感はないが、それでも何人かとは卒業以来50年振りの再会の人もいる。

13時からの総会は、同窓会会長及び現役校長先生のご挨拶・現況報告からスタートする。初めて今の校長先生にお会いしたが、ユーモアのセンスたっぷりで好感が持てる。校長先生が8歳位若いということで、何とも歳をとったものだと自覚せざるを得ない。

記念講演は、同期のK田君の出番。大手文房具会社の会長の立場と関西経済同友会代表幹事の立場から、これまでの歴史と未来に向けた貴重な講演を聞くことができた。
e0083517_01151020.jpg
特に「待ちぼうけ」の歌詞を引き合いに、今の日本企業の陥っている問題点の指摘はわかり易くて、目から鱗である。
e0083517_01152318.jpg
第一部終了後は、場所を移して懇親会。余興も同期のストロー博士の出番となる。K谷君のストロー演技はますます完成の域に入っており、いろんな趣向で楽しませてくれる。
e0083517_01155965.jpg
司会のプロアナウンサーも大喜びのようで、インタビュー。
e0083517_01161865.jpg
余興も終わり、お開きの前には50周年当番年次の我々全員が登壇して、学院歌、校歌、応援歌の斉唱となる。後輩にカメラを託して、ステージに登壇する。まずは49回生全員での記念写真。
e0083517_01164228.jpg
学院歌は今でも一番ならよく覚えており、暗譜で歌える自信があるが、応援歌になると歌っていると思いだすレベル。高校の校歌となるとほとんど覚えていない。歌った記憶すら飛んでいるが、微かに記憶の端に蘇る感じ。
e0083517_01175963.jpg
全体同窓会終了後は、49回生同期で二次会。それほど食べられるものではないが、アルコールは進む。遠方からの参加者、久しぶりの参加者にマイクが回り、スピーチタイム。

50年振りにあった人も何人かいるが、自分としては関西の会合のみならず、たまに関東の会合やゴルフにも顔を出しているので、知っている顔が多い。少し人数が減ったがあらためて記念撮影。
e0083517_19543769.jpg
19時前に解散となるが、なんとなく喋り足らない感じのバスケメンバー四人でもう一軒行こうと言っていたところ、他にも喋り足りないメンバーがいたので、合計9人で甲子園駅近くの魚民で三次会となる。
e0083517_01182182.jpg
二時間強またまた飲みながらのダベリングで、家に着いたのは22時過ぎ。明日のゴルフに備えて早く寝る。




by yellowtail5a01 | 2018-08-25 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2018年8月12日(日) 晴 

格別の予定はなかったので、予め登録していた演劇サポートに向かう。バイクで行くと10分少々なので、楽勝である。

10月7日の発表会にむけて、男声コーラスもテンパりつつあるが、演芸班は必至の追い込み。セリフが長くて難しそうである。それでも平均年齢約80歳のお姉さま方が頑張っておられるので、声援を送る。
e0083517_01174790.jpg
F先生はここでも全力投球で頑張っておられるので、小道具運搬係としては手を抜けない。



by yellowtail5a01 | 2018-08-12 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
<font size="2">2018年8月3日(金) 晴 

本来の練習会は午後三時からだが、五月ころから始めた有志による男性四部合唱の練習は午後一時から。課題曲は有名な「遥かな友に」。合唱団がアンコールの最後に歌う定番である。今日はそれぞれのパートを全員で一緒に歌った後、パート練習をして、その後合わす。

バスは組合時代の大先輩のS氏と自分の二人。S氏の低音はよく響くので、二人で力を合わせれば、きっとうまく行くと確信。一オクターブ上がったり下がったりの難しい音程もあるが、慣れれば大丈夫と思われる。

三時からはメンバーも増え、最近取り組んでいる「琵琶湖周航の歌」と冬の星座。これまではユニゾン斉唱でやって来たが、今日から二部合唱に本格的に取り組む。SWING合唱団は着実に進化していると実感する。

七月初旬の梅雨明け以来の連日の好天高温で鉢やプランターの植物は青息吐息。水遣りが遅れると枯れてしまいそうだ。今年の道路沿いのプランターペチュニアは、清涼感をイメージした配色にした。
e0083517_01223482.jpg
道行く人に少しでも清涼感を感じてもらえれば嬉しい。
e0083517_01224377.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-08-03 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2018年8月2日(木) 晴 

八月に入っても暑い日が続く。そろそろ暑さに身体が慣れてきてもよさそうだが、今年は異常なのか。昼間に歩くと汗が噴き出す。汗をふきふき芦屋市民センターに向かう。二週間ぶりのグリークラブ練習。英語の課題曲が三曲あり、暗譜するのが大変だ。

そんな中、F先生の暗譜方法を教えてもらった。歌詞を部屋のドアに張り付けておいて、前を通るたびに復唱するというやり方。さっそく取り入れて、まずはBattle Hymn Of The Repablicの英語歌詞を張り付ける。部屋を出るたびに目に入るので、有効な方法だろうと思う。

夜は7時から梅田グランフロントでのナレッジキャピタルで開催の脳梗塞講義の第二回目。早い目に梅田に移動し、真夏の大阪駅時空の広場で一杯やろうかと思う。しかし、ここは吹き曝しで、熱風が漂っている。
e0083517_01220703.jpg
どうせならとグランフロント北館一階のナレッジカフェで、ビールをいただきながら土曜日のタイム記事の予習の続きに取り組む。

今日のナレッジキャピタルは、実際に脳梗塞症状を確認した場合の対処方法と治療方針。片側顔面異常、言語異常、認知異常、視野狭窄、強度の頭痛を認識したら直ちに救急車を呼び、国立循環器センターに行ってもらうのがベストとのこと。

もっとも時間が勝負なので、近場で信頼できる病院があれば、そちらに向かうのがベターらしい。西宮市内ではどこになるのだろう。脳外科に強い協立病院、兵庫医大付属病院、県立病院、市立病院などは大丈夫だろうか。私立の明和病院、笹生病院はどんなものだろうかと思いは巡る。

ベストはやはり国立循環器センターのようである。その中でも第一人者のYドクターが先端治療をわかり易く説明くださる。発見が早ければ、CT/MRIで脳梗塞が確認できればt-paという血液溶融剤を点滴し、併せてカテーテルにて血栓部分の物理的除去が有効らしい。
e0083517_01221506.jpg
T先生と一緒に受講するが、もう一つ別のナレッジキャピタル講義が上の階で開催されていた。マジシャンの講義らしいが、そちらにはナレッジ仲間のH氏、N氏、A氏が出ておられたので、講義終了後は五人での飲み会となる。最近、阪急三番街の北寄りに開店したフードコートに赴き、他愛のないトークで夜は更ける。

by yellowtail5a01 | 2018-08-02 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2018年6月13日(水) 晴 

62歳の頃に始まった予備校大道学園の同窓会。大学も一緒だったが、予備校時代に一年間机を並べて過ごした連帯感は今でもかけがえのない絆である。大手銀行、大手飲料メーカー、公認会計士、大手電機メーカーでそれぞれ現役時代を過ごしたが、今もそれぞれ仕事を継続。

お互い年賀状はずっと交換していたので、消息は毎年確認できていた。年賀状では毎年、「また四人で集まりたいね。」を繰り返していたが、現役を離れた7年前に第一回同窓会が実現した。

在住地が、横浜、大分、紀伊田辺、兵庫とバラバラなので、幹事持ち回りで毎年初夏に一泊ゴルフと観光付きで開催している。今年は、自分が幹事役。

プランを練った結果、リニューアルした伊丹空港、昔懐かしい万博跡地のエキスポシティ、本日から始まる兵庫県立美術館でのプラド美術館展鑑賞、神大をかすめるルートで六甲山山越えドライブを計画。

まずは伊丹空港でお出迎え。大分から来る人、横浜から来る人を和歌山からクルマで来た人と一緒に待つ。今年四月のリニューアルから到着ゲートがJALとANAが共通となったのは、こういう場合に特に有り難い。
e0083517_02190003.jpg
昼前に無事再会して、昼食はインフォメーションデスクの感じのいい女性と相談して決めた四階のノースショア。見晴らしのいいカフェレストランである。但し、圧倒的に女性が多い。場違いはこの際無視して再会を祝す。
e0083517_02191323.jpg
ランチメニューの中から日替わりランチのジンジャーポークというのを頼むと、女性好みの野菜主体。早い話が豚の生姜焼きなのだが、見た目も洒落ている。一度試してみる価値がありそうだ。
e0083517_02192850.jpg
腹ごしらえをして、エキスポシティへ。目的は日本一高いという去年開業のOsaka Wheel乗車。70歳を目前にした高齢男性四人で乗るようなものかは疑問だが、折からの好天で360度パノラマ景色を楽しめる。
e0083517_02194499.jpg
吹田から神戸には名神・阪神高速を乗り継ぎスムーズに移動できる。今日から開催開始の兵庫県立美術館のプラド美術館展。プラド美術館に行ったことのあるメンバーもあり、それなりに楽しめる。しかし、ペチャクチャ喋るわけにも行かず、行儀よく鑑賞する。
e0083517_02195852.jpg
小一時間美術鑑賞した後は宿泊先の三田ホテルを目指すだけであるが、時間のゆとりもあったのとお天気が良かったので、六甲山上横断コースを取る。自分にとっては見慣れた景色だが、山頂近くから望む阪神間、大阪紀州方面の景色は、久しぶりの皆さまには好評だったようだ。
e0083517_02201146.jpg
裏六甲ドライブウェイを下り、阪神高速7号線を北上すると17時前にはホテルにチェックイン。宿泊とゴルフプレーのセットで16,000円強。用意されていた部屋は、それぞれ広い目のツインルームのシングルユースでゆったりできる。
e0083517_02202667.jpg
18時にレストランでビュッフェディナー。飲み放題付で5000円弱だが、満足度はいかがなものか。ビュッフェの質は、悪いというものでもないが、こんなものかというレベルであった。外のビアガーデンではサンバダンサーが踊っており、こちらは満席の様子。
e0083517_02205568.jpg
午後九時前には解散して、部屋に戻る。九時が就寝タイムというメンバーもあるが、自分はこんな時間からはとても眠られない。風呂に入ってテレビのニュース番組を視ながらウトッとして目が覚めると11時。

空港に向かう途中、蛍池駅前の本屋さんで買った「空飛ぶタイヤ(下巻)」を読み始めると、なかなか終えられない。区切りのいいところでようやく消灯する。
e0083517_03062079.jpg


by yellowtail5a01 | 2018-06-13 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2018年6月9日(土) 晴 

昼からの予定は詰まっているが、午前は高槻往復の通院アッシーがないので、朝から教材テキストのレビューができる。これはありがたい。しかし、二つの記事とも難解なところは何度読んでもスッキリしないまま勉強会に出向く。

最初の"Mazie Hirono"記事は、文法的にもややこしい部分あり、アメリカの選挙制度についての不明点もあり、わかりにくい点が多かったが、勉強会の中で皆さんの解説により、かなりクリアになった。

二つ目の"Next Generation Leaders"のAriana Grandeに関するカバー記事は、現代的な英語の表現が多いのもさることながら、音楽業界特有の概念が沢山あって、これまた苦労が多い。

It beams out of her as she sprawls on the lawn, murmuring in baby talk to Toulouse, her rescue beagle-chihuahua, ...という部分やShe often wears her hair in a big ponytail, but today it is pulled back into an elaborate topknot, with little sisps of hari coming down behind her ears like halo.の情景を示している写真を後から見つけた。
e0083517_03215037.jpg
いつものことながら解釈論議に議論百出し、結局積み残し課題もたくさん残る。ありがたいことに、去年入会いただいたKさんのお陰で疑問点はネイティブスピーカーによる解明をしてもらえるようになったので有り難い。

終わってから只券(招待券)を提供いただいたメンバーと音楽好き仲間四人で兵庫県立芸文センターにタクシーで向かう。アマチュア交響楽団である芦屋交響楽団の定期演奏会。
e0083517_03222189.jpg
招待席とあって前から6列目くらいの左寄りだが、いい席であった。演奏プログラムは馴染のない現代クラシックであったが、特に最後のウォルトンの交響曲第1番の第4楽章は迫力満点。
e0083517_03222820.jpg
満場の拍手喝さいであったがアンコールはなかった。興奮冷めやらないまま、イタリアンのお店に向かう。演奏を楽しんだ後、永年来気心の知れた同好の士と感想を述べ合いながらシェアするイタリアンのお料理、ワインは最高である。このような時間が持てるのは、人生におけるかけがえのない歓びであると痛感する

by yellowtail5a01 | 2018-06-09 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2018年6月1日(金) 晴 

午後は産機時代の先輩が主宰する池田のアザレアホールでのクロマティックハーモニカコンサート、夕刻には入社配属以来の仲間のプティ同窓会。昼過ぎに阪急電車にて石橋駅に向かう。六月入りした初日は、気持ちのいい快晴。夙川駅で特急を迎える。
e0083517_01181865.jpg
蛍池はよく来るが石橋駅は何年振りであろうか。英語勉強会の先輩のお葬式で来た以来の気がする。商店街を抜けるのも初めてだ。結構ごたごたした駅前商店街だ。
e0083517_01194771.jpg
K氏とは産機時代に一緒に働き、その後本社でも接点があり、卒業してからはOB会の支部でもお世話になるという因縁があり、毎年ハーモニカリサイタルにご招待いただいている。これまで都合が合わず失礼していたが、今回初めての参加。
e0083517_01185000.jpg
ギター伴奏はO氏。現役時代のイメージは、技術の強面だったが、すっかりアーティストの風貌。
e0083517_01190125.jpg
観客の皆さまも昔懐かしい面々が揃っていて懐かしい。ピアノやフルートも加わり、6月朔日の午後を飾るにふさわしい音楽の集い。
e0083517_01191814.jpg
メンバーの演奏の後のパートⅡは、プロのクロマティックハーモニカ奏者である徳永延生氏の演奏。超絶テクニックのオンパレード。大好きな「黒いオルフェ」も聴けたし、チック・コリアの「スペイン」を生で聴けたのは感動である。
e0083517_01193452.jpg
こんなクロマティックハーモニカを生で聴くと、またぞろやりたいという衝動もあるが、今は無理無理。コーラスを始めてしまったので、とても新しい楽器には手を出せそうもない。

アンコール曲のオマケを聴いて幸せな気分で次の目的地の梅田に向かう。早い目に着くつもりで行ったが、6時10分前に着くと大半のメンバーが既に集合していた。入社配属した課の先輩、後輩計12名が集う。

近況報告タイムはなかったが、自由歓談の中で近況報告、情報交換も個々に行う。あっという間に二時間強が過ぎる。次回はもう少し拡大メンバーでやろうということになる。

二次会には7名が流れ、ジャンカラで二時間歌いまくることになる。その昔、ユニトピア篠山に泊まって、遅くまでエイトトラックのカラオケマシーンで歌ったことが懐かしい。シンデレラタイム前には帰宅できたが、久しぶりに遅くまで遊ぶことになった。




by yellowtail5a01 | 2018-06-01 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2018年5月13日(日) 雨 

今日は待ちに待ったというほどでもないが、目標にしてきた支部の総会。総会自体は身近ではないし、形式的な行事なのでわざわざ6000円も払って来たいとおもうほどではない。
e0083517_22311366.jpg
その後の懇親会での余興で出演するSWINGコーラスがお楽しみ。二年前に加入して今回が五回目のステージ登壇となる。
e0083517_22312318.jpg
興が乗ったところで、去年も飛び入り出演された法務の大先輩N氏がピアノ演奏。やんやの喝さいとなる。
e0083517_22313406.jpg
いよいよお開きが近づき出番がやってくる。その前に健康体操をしてステージに上がる。今回は難しい新たな課題曲はなく、過去にやった比較的易しい曲の選択だったので気分的には楽であった。出来映えはまずまずというところか。大きな失敗はなかった。

いつもならお開き後は、サッと帰るか、レストランソネの昼ソネを覗いて帰るのだが、今日は本部から永年の知己であるU会長が来られていたので、新旧役員の打ち上げ会に合流することにする。

東門通り近くのスナックを借り上げて午後二時過ぎから五時まで飲み放題、歌い放題となる。
e0083517_22315221.jpg
昼間の激しい雨は遠のいたようだが、雲が低く立ち込めていた。
e0083517_22320649.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-05-13 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2018年4月7日(土) 晴時々曇一時雨 

心配された雨こそ降らないが、先日までの陽気はどこへやら。吹く風は早春に逆戻り。
e0083517_01281318.jpg
一週間前なら満開であったであろう芦屋川の上手。寒いが太陽も出てきたので、公園で小宴となる。タイからの留学生を交えて話しに華が咲く。
e0083517_01283556.jpg
市民センター前は芦屋桜祭りで賑わっている。ステージでは今年も各種団体の演奏会。
e0083517_01294068.jpg
川沿いのテーブルはいずれも満席で寛げそうもない。川の反対側の仏教会館を覗いて見る。明日がお釈迦様の誕生日、花祭りということで、入り口前で甘茶が振舞われている。
e0083517_01295835.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-04-07 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)