ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:友人・交遊( 346 )

2007年6月6日(水) 晴

 神戸ジャズストリート前夜祭で毎年の世話人なっているT女史がその仲間と行っているグルメの会にピンチヒッターで参加する。三宮のフランス料理店、ル・マロニエというおしゃれな感じのお店である。こんなA級グルメは久しぶりである。

 例年、10月の第二金曜日にお会いするだけだったが、このような形でご一緒するのもまた新鮮である。お友達のAさんもお酒は飲まれないようだが、なかなかのグルメ通とお見受けした。中心人物のO弁護士は、量も求められるのか食べるのが早い。

 それにしても、約3時間かけてフルコースというのも本当に贅沢な時間である。ひとつひとつのお料理を写真に収めるが、なかなか快心の写真は撮れない。T女史が気に入ったブラウスの写真を撮って欲しいというので、コンデジで撮らせていただくが、このところのモデル撮影会のおかげで、気軽にポーズを取ってもらえるようになったのは進歩だ。

e0083517_055369.jpg本日のメインディッシュ。ウチワエビというロブスターに似た海老をイカスミで和えたような珍しいディッシュ。でも、これを食べると皆さん、お歯黒状態。

e0083517_065055.jpgテーブルクロスもコップもお洒落な感じでした。

e0083517_074183.jpgモデルさん、ちょっと笑いすぎだけどパーソナリティが溢れています。やや被写体ブレが未熟です。

e0083517_095473.jpg何故か金色のカニが入り口においてありました。これを持つとカニ持ちになれるとか。

e0083517_09955.jpg最後は全員集合写真。イケメンのウェイターがシャッターを押しに来てくれたので、T女史は笑いが止まらないようでした。O先生、金カニ持たなくても十分大丈夫でしょう。


それと、そうそう今日の万歩計は18000歩。なかなかのものでした。
by yellowtail5a01 | 2007-06-06 23:58 | 友人・交遊 | Comments(5)
2007年6月1日(金) 晴

 月替わりであるが、初日から午前様となる。新入社員時代に直属の先輩社員としてお世話になったO先輩が定年退職されて、数ヶ月経っていたが、遅ればせながらのミニ歓送会。一年先輩のA氏と二年後輩のM氏。二人は横浜、東京の勤務だが、ちょうど大阪出張があったようで、終電ぎりぎりまで騒ぐ。

 何とか終電には乗らないとと焦るが、日頃行きつけないミナミだったので、酔った頭では方向感覚が錯乱し、難波に向かっているのか心斎橋に向かっているのかわからなかったが、なんとか地下鉄に辿り着き、最終快速に滑り込みセーフ。長岡京時代に会社を出るのが遅くなってこの快速によく乗ったものだが、隔世の感がある。

 まあ、こうして一緒に働いた仲間が順次定年を迎え、それぞれの道をまた歩み出すというのも面白いものである。たまにはバカ騒ぎもいい。
by yellowtail5a01 | 2007-06-01 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2007年5月29日(火) 曇

 先週金曜日のツーリング例会が雨で流れ、本来であれば今日その予備日で、鯖街道から小浜に抜ける予定であった。ところが、急な訃報が届き、ツーリングはドタキャンせざるを得なくなった。ディスプレー社時代にお世話になり、また卒業後の講師の仕事でお世話になっている、EI社のT井所長がこの週末に急逝されたとのことであった。

 年は自分より一年下。55,6才の若さである。なんでも一週間前の週末に自宅で腹痛を覚え、緊急入院となったらしいが、病名は腸閉塞とのこと。手術の甲斐もなくこの週末に病院で亡くなったらしい。4月に梅田のY社での講師の時に立ち会っていただいたのが最期となってしまった。

 奈良の富雄の公益社に行くのは二度目である。前回は3年ほど前に入社直後から知っていた一年先輩のI本氏であった。30年ぶりくらいに照明社でまた再会し、親しく仕事の付き合いも復活したのも束の間。彼もあっけなく逝かれた。I本氏は確か大阪外大のドイツ語、今日のT井氏は同じくヒンドゥ語。 

 T井氏は、海外部門とともに会社生活を歩んでこられただけに、旧貿易の多くのみなさんに久しぶりに再会することになる。告別式に参列するのは、昨年7月の高校同窓生の時以来であるが、本当に他人事とは思えない。自分自身に置き換えて、いざというときのための備えができているのかと自問すると、全く心許ない限りである。

 重い気持ちで奈良から戻ってきたが、夜は先日中途半端に撮影会に参加した麻維子さんのピアノトリオのライブが三宮で行われるので、バイクで向かう。電車で行くと飲み過ぎそうな気がした。バイクなら、一口以上は絶対に飲まないので却って安心である。

 リクエストしていた"Nika's Dream"も短縮バージョンであったが、しっかり弾いてくれた。前にグレートブルーの安藤さんに聞いたら、「この曲は難しいで」ということだったので、余計に嬉しい。また、麻維子さんの後輩のサックス奏者、ベーシストも来ていたので、一緒のテーブルに合流する。

 SHINちゃんは、さすがにもうプロカメラマンである。観客で来ていた若いアーティストの写真も絶え間なくパチリパチリ。こちらはお話し係のような分担になってしまった。いつか、また彼女たちの撮影会も計画できそうである。
by yellowtail5a01 | 2007-05-29 23:59 | 友人・交遊 | Comments(5)
2007年5月5日(土) 晴

 GW中、唯一格別のスケジュールを入れないでおいた子供の日。子供が帰ってきたら最優先で一緒に遊ぼうと思っていたが、昼になってもいずれの子供も戻ってくる気配がない。家内も出かける気配もない。自分が子供だった頃、子供達が子供だった頃、背比べをして柱に印を付けた頃が、無性に懐かしい。

 この機会に知り合いの息子さんが、芦屋で作品の展覧会をやっているというので、「ろくべえ」にて訪ねることにする。阪急芦屋川の西北であるが、道路が狭く、上り坂もきつい。こういうところでの大型バイクの取り回しには気を遣う。坂道でのUターンは、倒す確率が高いので道路の脇に駐めてあとは徒歩にて目的の会場を探す。

 閑静な住宅街の中に会場の小洒落た老人ホームを見つける。ライダーブーツをスリッパに履き替えロビーに入ると、息子さんがいた。抽象画のオンパレードである。今までに見たことないジャンルの絵画というか平面作品である。本人から丁寧な解説を聞き、だんだんその意とするところがわかってくる。

 このような芸術家として身を立てるには、なかなか大変だと思うが、和風のようで未来的な不思議な作品群なので、いつか大きく開花すればいいなと思った。コンデジを持って行ったのだがメディアの入れ忘れで撮れない。携帯で気に入った写真を撮るが、やっぱりうまく撮れなかった。以前に別の会場で展覧会をしたときのポスター写真をもらっていたので、それを引用します。

 5月13日まで山芦屋町9-18にあるアクティブライフ山芦屋という老人ホームのロビーで展示会が開催されているので、抽象画に興味のある方は一見の価値有り、かな。悠久の時の流れをイメージしているらしい。
e0083517_1472681.jpg

by yellowtail5a01 | 2007-05-05 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2007年5月1日(火) 雨

e0083517_0463052.jpg 日曜日の昼過ぎに家を出て、静岡県は掛川入り。静岡カンツリーの付属ホテルは思いの外、立派なホテルであった。大概はロッジに毛が生えたようなところが多いが、ここは相当しっかりしたリゾートホテル。掛川駅に三々五々集合。集合時刻の4時45分には全員が顔を揃える。道中のバスの中は、修学旅行気分である。
 宴会、二次会と40年ぶりの対面も多々あり、やはりゴルフだけじゃなくて、こうした酒を飲みながらの交流は、時間を飛び越えて高校時代に引き戻される感じである。10時半頃にお開きにするが、テニスと宴会のみ参加のT君とW君は夜もすこぶる元気。ゴルフ組は皆部屋に戻って眠りについたようだが、元気な二人が当室にちん入し、そこからT君が持ち込んだ21年もののウィスキーで酒盛りが始まる。

 それでも、翌朝は5時半に起き、身支度を調え食堂に行くとほぼ全員が6時半の食堂開店と同時に集まり、朝食を済ましている。皆、気合い十分だ。やがて、7時半のスタートとなり、諸注意を説明して、スタート。

e0083517_048717.jpg ここまで来れば、幹事のことは忘れてプレーに集中するはずだったのだが、出だしでつまづく。いきなりサービスミドルを9叩く。続いての2番も3オーバー、3番もダボ、4番でボギーと落ち着く。前半は、何とか取り戻しても51。これでは100切りも危ないと思われたが、インに入る前にビールを飲んだのがきっかけになったのか、少し持ち直し上がってみると45とまずまず。96で関西の前回優勝者としての面目をかろうじて保つ。
 励まし合ってきた関西の新興勢力K君はグロス92で、面目躍如。西軍が概ね好調で、東西グロス対抗では、西軍の圧勝となった。優勝も関西のエース、N君である。勝ち負けはともかく、絶好のお天気の下で美しいコースでのラウンドは、生涯の中でも思い出に残るラウンドのひとつになったことは間違いない。

 2時過ぎには表彰式も全て完了し、全員揃って掛川駅に。名残は尽きないが、西と東に分かれて解散。自分は、明日東京出張があるので、関東組と一緒に東に向かう。小田原で在来線に乗り換え、藤沢から江ノ電に。共同幹事だったN嶋君とは最後まで一緒であった。ややこしい会計回りを全て引き受けてもらい感謝である。

 姉貴宅では、またまた歓待を受け、早い目に心地よい眠りにつく。そして、今日5月1日を迎える。長い会社生活を通じて、メーデーに仕事をするのは全く初めて。湘南ライナーに乗って、東京へ。人形町の新しいビルは快適で、パソコンやLANのセットアップもトラブルなく行け、説明会は順調に完了。

e0083517_0511885.jpg 東京のあとは名古屋営業所へ。こちらもほぼ予定通りに着き、説明会は順調に終わる。その後、所長が「急ぎますか」と尋ねてきたので、ここは喜んでお受けする。別件で来ていた営業本部のKさんともども近所の居酒屋に行くと、そのあと会議に出ていた課長以下若手もぞろぞろ集まり、大宴会となる。名古屋の街も大きなビルが建ち活気があるが、ここの営業所も小さいが活気がある。

 九時前になったので潮時と立ち上がり、新幹線で戻ってくるが、酔いも回って危うく新大阪を乗り過ごすところであった。結構いい時間になる。ただ、遅くなったおかげで雨は上がっていた。たくさんの荷物を抱えて傘を差すのはゾッとするが、それは免れた。

 さあ、これで明日からのGW後半に心おきなく入れる。
by yellowtail5a01 | 2007-05-01 23:59 | 友人・交遊 | Comments(3)
2007年4月20日(金) 晴

 夜に飲み会が入っているので、昼にゴルフ練習に行く。ここのところの課題をGプロに相談し、矯正を図る。アイアンショットの課題は、スイング全体の問題なのでそう簡単には直りそうもない。せっかく矯正してもすぐに身体が覚えている打ちやすい方向に流れてしまう。

 一方、アプローチはクラブ選択、ボール位置、打ち方と知らないことがいっぱいあるのでプロのアドバイスをすぐに活かせそうな気がする。特に水曜日の反省点であったグリーン周りからのウェッジでの確実な寄せについて、新しい方法を教えてもらったので、教室終了後、付属のアプローチ練習場で試す。これはなかなか確実なので、次回ラウンドに活かせそうだ。

 夕方、家に戻ってシャワーを浴びて梅田へ。梅田に行くのはずいぶん久しぶりのような気がする。会うのが4、5年ぶり、1年ぶり、1ヶ月ぶりと様々だが、即座にワープして当時のことを思い出したり、その後のそれぞれの歩んできたこと、今後のこと、友達の動向など話は尽きない。

 お店の焼酎を順番に試して行ったのでかなり回る。二軒目でもしっかり飲み直して何とか終電には間に合った。皆さん、お酒も強くなったなあとあらためて感心する。残念だったのは全員の記念写真を撮るチャンスを逸したことだ。素晴らしいセットアップしてくれたM君、ありがとう。
by yellowtail5a01 | 2007-04-20 23:59 | 友人・交遊 | Comments(3)
2007年4月10日(火) 晴

 昨日、久々のロングツーリングとなり、半日で300km強走ったのが堪えたのか、身体のあちこちの筋肉が悲鳴を上げている。まあ、心地よい疲れといえばそうなのだが、もう少し身体を鍛えておかないと本格的なロングツーリングには不安だ。

 特に高速道路走行時の風圧は相当なものだ。90km/hくらいなら全く平気だが、そこから10km/h上がるごとに状況が相当変化する。100kmもまだ大丈夫。110kmになるとヘルメットに受ける風圧で横を向こうものなら一気に首に掛かる力が増す。120kmが限界点か。帰りは130kmに挑戦したが、身体に受ける風圧で車体ごと浮き上がってしまいそうな感じがした。

 「ろくべえ」と同じW650で170km/hまでは行けると豪語している人の記事を読んだことがあるが、これは信じられない。また、100km越えの高速走行中に減速しようと後輪ブレーキを少し踏むと、簡単にスリップするような錯覚(?)を覚えた。「ろくべえ」のような風防もなく、接地面積の少ない細タイヤのマシンでは100kmまでとするのが安全だ。

 仕事の方は、相棒の主任が入院中で少なくとも4月いっぱいは無理のようなので、ややロードがかかってきている。今週は火、木に加えて金の午前も出勤とする。只働きという訳ではないのでそれはそれでありがたいが、それが常態化するのも考え物である。しばらくは緊急事態として受け止めておこう。

 夕方、遠方の友より、こちらに来ているとのメールをもらったので、夜桜見物の約束をする。あれだけ賑やかだった夙川公園も、テキ屋が全て撤収しており、若干のグループが駅に近いところで宴会をやっている他は静かである。散り染めと言うにはまだ早く、まだまだ夜目にも美しい。たこ焼きとビールでもと思っていたが、屋台がないので苦楽園で焼鳥屋に入る。モルツプレミア生と不二才という芋焼酎のロックを少々。桜もいいが遠方より来たる友と酌み交わす酒も亦楽しからん哉。
by yellowtail5a01 | 2007-04-10 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2007年3月24日(土) 雨

 藤沢の姉夫婦宅を辞して羽田へ。3時に芦屋に着けばいいので、藤沢駅から空港バスで行くが、これが結構時間がかかる。直行で行けば早いのであろうが、大船駅に寄るため駅前の渋滞に巻き込まれる。

 12時半の飛行機には余裕で乗れるが、休みの日なのに満席。そういえば大阪線からジャンボを見かけなくなった。以前は大概二階建てのジャンボ機だったが、737にダウンサイジングしている。確かに小さい飛行機で満席運用した方が効率がいい。JALも少し改善されつつあるのか。

 TIMEを読む会には間に合わなかったが、法律英語の方はぎりぎりセーフ。今日は勉強会の前に年に一度の総会があるので、欠席はしづらい。会長と事務局長は留任と言うことで、会計のみ新しい人に交代。月に一度の勉強であるが、日頃オーラル英語を使う機会が乏しいので、貴重な会である。

 二次会のまさやにも少し顔を出すが、中座して三宮へ。旧友Katsと飯を食べる予定にしていた。学生時代から新入社員時代に良く通ったビリヤード場のマスターの奥さんが、亭主を亡くして今はしゃぶしゃぶ店の女将をやっているというので、そこを訪ねる。もう65歳になっていたが、昔話をしていると35年前にワープする。

 帰りにもう一軒ということになり、六甲道の近くにKatsが見つけたというオールディズのお店に寄る。神大卒業の同年代のマスターが昨年末から始めたという。ジュークボックスがおいてあり、60年代~70年代のポップスを主体に曲が並んでいる。レコードやCDもぎっしりあり、楽しそうなところである。マスターは2年後輩と言うことであった。詳しい身の上話は聞かなかったが、脱サラ組(私語?)か。

 遅くなってKatsの奥さんから電話が入り、「送別会が終わったけど、どこで飲んでるの」とのことで、「よかったら合流しない」と振るとほどなく到着。相変わらず賑やかでお店が明るくなった感じ。またまた、三人で昔話から子供の話、これからの人生の話など話は尽きない。お店の閉店時刻が11時ということもあり、お開きとする。
by yellowtail5a01 | 2007-03-24 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2007年3月19日(月) 薄曇り

 週明け東京市場の寄りつきは渋い動き。ところが上海がスタートして利上げに対する影響がなさそうという感触が伝わってきてから、全般的に挽回。象徴的だったのは日立と東芝。日立は決算見通りも悪いようで配当が11円から6円に低下。一方、東芝は好業績のようで配当は6.5円から11円に増配。この差が株価の上下に如実に表れた感じである。総じて好業績、高配当株が値を飛ばしている。

 そうしてパソコンに向かっていると、MSNメッセにPM(プライベートメッセージ)が届く。いわゆるチャットのような機能だが、「おはよう」といってきたのは、大学時代の親友の一人である通称Katsという友達の奥さん。「最近どう?」ってやりとりしていると、旦那があまり元気ないらしい。奥さんの方は元気すぎるくらい元気のようだが、旦那は仕事疲れか。

 Katsとは、学校も全くちがうし、接点は何もなかったのだが、ひょんなことで神戸で知り合い、何故か気が合い、それ以来の家族ぐるみのつきあいである。そもそもビリヤードに嵌ったのもKatsとの出会いがあったから。大学3年の頃、お互い英語かぶれで深夜の外人バーに行ったり、日曜の午前は外人教会に行って、英語を試すのが趣味だったが、卒業する頃から夜遊びはビリヤードになった。金曜日に会社が引けてから三宮に向かい、毎週土曜の朝まで徹夜で突いていた頃があった。

 将来の夢として、「家を建てるときにはビリヤードテーブルの置ける部屋を作ろうぜ」と誓ったものだが、自分はガレージを造るのが精一杯だったが、Katsは六甲の高台に邸宅を建て、約束通りビリヤードテーブル専用の部屋を作った。以来、マイカスタムキュー(突き棒)はKats邸の部屋に預かってもらっている。

 そのKatsが元気ないと聞き、トレードをやめてさくら夙川駅からJRに乗って、三宮に行くことにする。顔を見るのは3年ぶりくらいか。オヤジさんから引き継いだ家業は塗料の商店。お店を訪ねるのは30年ぶりくらいか。場所が曖昧になってたどり着けなかったが、電話番号を聞いていたので案内してもらう。30メートルくらいのところまできていた。

 店を開けられないとのことだったので、店の事務所で小一時間四方山話。確かにちょっと元気ない感じ。しかし、昔話をいろいろしているとお互い輝かしかった20代前半に気持ちはワープ。当時のビリヤード場のマスターは他界してしまっているが、ゆきちゃんというその嫁さんは、三宮でしゃぶしゃぶのお店をやっているというので、一度一緒に行ってみようということになる。Katsが少し気分転換になって元気になってくれれば、嬉しい。
by yellowtail5a01 | 2007-03-19 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
2007年3月14日(水) 薄曇り

 初めてT社で海外赴任者講習を行う。T社といえば、繊維並びに化学品関係の名門企業。少し緊張する。出だしは少し堅い感じであったが、ケーススタディに入る頃からいつものペースで乗っていける。普段より少し長い三時間半の講義であったが、自己採点ではまずまず75点の出来。

 5時に終わったので、梅田界隈をブラブラして帰る。世の中は、ホワイトデー。現役時代はそれなりに義理チョコが集まり、その倍返しないし三倍返しのホワイトデーグッヅを選ぶのも年中行事としての楽しみであったが、会社を卒業してからというもの義理チョコも激減。お返しに悩まなくて済むのは楽であるが、寂しいものである。これからはそのような毎年を過ごすのかと思うと、人生の先行きに暗雲が立ち籠めているような気がする。

 やや切ない気分で東梅田のヤマトに立ち寄る。夕方に東梅田に一人で通りかかると素通りは出来ない。何の変哲もないビールスタンドだが、一人でフラッと行けるところがいい。誰と話をするでもなく、ボーッと美味しいビールとドイツ系料理を楽しむのがいい。最近はキャリアウーマンとおぼしき女性がカウンターで独りで飲んでいるのにも、よくお目にかかるようになった。なんかかっこよさを覚える。
by yellowtail5a01 | 2007-03-14 23:59 | 友人・交遊 | Comments(3)