ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:スポーツ( 27 )

2018年6月7日(木) 晴 

朝から家内の歯医者の送り迎え。歩いても5,6分のところなので「歩いて行けよ」というが通じない。まあ、時間はあるので大人しく従う。隙間時間を活用して英語の予習に充てるが完成の域まで達しない。昼になると芦屋グリークラブの練習時刻が迫り、飛び出す。

7月初旬の発表会は、言っても小ぶりでフォスターの三曲のみで気が楽そうだが、まだまだ未完成。F先生の求めるレベルに対しては全然だめのようで、とにかく練習時間が足りない。「おースザンナ」に多くの時間が割かれる。

男性四部合唱らしい美しいハーモニーがあるはずなのだが、なかなか期待するような美しさが出ていないことに、先生が焦っているのはわかる。どうしても歌詞を読んでいるような傾向があり、これでは観客の皆さんに情景や想いを伝えることはできないのだろう。

「故郷の空」はゆったりと抒情的な曲だが、情景と情緒をどうイメージし、聴衆に伝えるかが一番の問題である。休憩の後の残り時間は僅か。三月に本番で一度歌った「草競馬」をおさらいするが、これはこれでやはり難しい。

さらに残り15分で、10月の秋色コンサート課題の英語曲の一つ「リパブリック讃歌」の練習に励む。こちらはリズムと発音活舌が当面の課題である。7月7日の演芸フェスティヴァルの本番まで、あと三回しか練習の機会はない。はてさて、本番ではどの程度の完成度となるのであろうか。

練習の後は恒例の市民センターレストラン業平での反省会。疲れた喉をビールで癒して、とりとめのない放談会。4時45分には失礼して阪神芦屋から甲子園に向かう。会社同期友人の奥様からいただいた内野指定席に小学校・高校の同窓生を誘って出かける。

交流戦で最下位のタイガーズだが、今日はオリックス相手で先発秋山なので期待を持って臨む。6時にプレーボール。
e0083517_01360903.jpg
投手戦というべきか貧打戦というべきか。なかなかスカッとしないゲーム展開だったが、終わってみると秋山の好投勝利投手、鳥谷のファインプレーと決勝打、糸井の好走塁、桑原の完璧中継ぎ、ドリスの安心セーブ、応援している梅ちゃんも得点に絡み、結果としてはこれ以上望むのは贅沢という試合を観戦できた。

心地よい風に吹かれながら満員の甲子園の雰囲気も存分に楽しめた。
e0083517_01370194.jpg
風船飛ばしもラッキー7と試合終了時の二回を楽しみ、六甲おろしと万歳をしてそそくさと球場をあとにする。相棒が生駒の奥まで帰らないといけないので、早足で駅に向かう。
e0083517_01371463.jpg
特等席にご招待くださったKさんに感謝。K君もきっと天国から派手なヤジを飛ばしていたに違いない。

by yellowtail5a01 | 2018-06-07 23:59 | スポーツ | Comments(0)
2017年6月2日(金) 晴

 友人からもらった甲子園球場内野席のペアシート。日本ハムとの初戦観戦は小学校の友達を誘って5時に待ち合わせ。ダイエーで弁当、おつまみを仕入れて練習中のチームを観る。

 タイガーズの選手は背番号でわかる選手が多いが、ファイターズはほとんどわからない。大谷も出ないし、中田くらいである。で、結果は思い出したくもないが、勝利を確信して風船を片手に迎えた9回表。ドリスがしっかり締めてくれると思ったが、いいところなくあっさり逆転を許す。何ともフラストレーションの溜るゲームだった。

 悪いことは続く。家に帰ってせっかく撮った写真をパソコンに取り込もうかと腰にぶら下げていたカメラケースを探るとカメラがない。まさか落とすことはないだろうが、考えられるのは電車の中。空き席を見つけて座ったが、その時に座席に落としたとしか考えられない。

 明日、阪神梅田の忘れ物センターに確認してみようと思う。

by yellowtail5a01 | 2017-06-02 23:59 | スポーツ | Comments(0)
2017年3月24日(金) 晴

難波での会合に向かう。少し時間があるので春場所をやっている府立体育館を覗くと、ちょうど関取たちが到着する時刻。知っている力士、知らない力士が次々とやって来る。カメラを片手に頑張るが中々これというショットに恵まれない。

やがてひときわ大きな歓声がしたので、レンズを向けると稀勢の里関であった。会心のショットではないが、話題の稀勢の里を撮ることができた。
e0083517_01400026.jpg
13連勝を期待したが、日馬富士に敗れてしまった。しかも、負傷した。せっかくの全勝優勝が遠のいてしまい残念至極。

by yellowtail5a01 | 2017-03-24 23:59 | スポーツ | Comments(0)
2017年3月5日(日) 晴のち曇

今日から阪神タイガースのオープン戦が甲子園球場で開幕。知り合いから招待券が回ってきたので喜んで出かける。しかし、相手は去年神ってた広島。甘くはないことを覚悟で球場に着く。チケット窓口は長蛇の列。
e0083517_01485898.jpg
招待券は自由席なので、一塁側の内野席で観戦することにする。
e0083517_01492580.jpg
意外だったのはオープン戦というのにかなりの観客数。それもレフト側の外野席、三塁側の内野席がほぼ赤ヘル応援団で埋め尽くされている。優勝の効果は大きいものだと思う。先発メンバーは半分は知らない選手。新入団のルーキーが沢山出ている。逆によく知っている選手はほとんどいない。鳥谷、梅野は別格として、高山、原口、北條といった去年活躍した若手を生で見るのも初めて。
e0083517_01491564.jpg
試合の方は散々な結果であったが、シーズン前に楽しむことができたのは嬉しい。今年は性根を入れて応援できるかもしれない。が、それは選手たちの活躍次第であろう。前半は広島ペースだったが、後半は少し盛り返してくれたのがせめてもの慰めか。
e0083517_01495353.jpg
家に残っている風船は劣化していると思われるので、駅前で風船を買ったが、膨らますのに手間取る。肺活量が落ちているのだろうか、或いは購入した風船のゴム膜が厚すぎたためなのだろうか。こんなところにも老化現象を感じざるを得ない。
 



by yellowtail5a01 | 2017-03-05 23:59 | スポーツ | Comments(0)
2015年1月30日(金)雨のち曇

 珍しく早く目が覚めたので、今年初めてのラジオ体操に行ってみようかと思う。ところが、外に出ると雨。雲で覆われて空も暗い。正直言って、毎日体操に行っていたときも、雨の日はパスしてきた。

 誰も来ていないだろうと思いつつも夙川公園に向かうと、途中の東屋に人の気配。「おはようございます」と声を掛けると、「サッカーならできるぞ」と歓迎の言葉。すぐに体操が始まった。雨でもやっているんだ。おそらく自分が最年少だろうけど、皆さんのパワーは凄い。

 傘を差しつついつもの散歩コースを歩いて家に向かう。ニテコ池の鴨は数は少なかったが、キンクロハジロも仲良く過ごしていて心が和む。
e0083517_20050827.jpg
 夕方に母の様子を見に行った帰りにゴルフ練習場へ。このところほとんど練習もしていない。その結果が、連続の三桁スコアなのかと反省して、100球打つ。
e0083517_20052364.jpg
 昼にテレビで藤田寛之プロが出てきて、「練習場では一球打つごとに素振りをしっかりしてからボールを打ちなさい」と言っていたのでそれを実践してみる。

 これはなかなかいいアドバイスである。100球しか打たなかったが、素振りを入れると250スイングはしていて、汗びっしょり。経済的でもある。先日のラウンドでも一緒に回った教え魔と皆から恐れられている先輩シングル様から、「打つ前に素振りをした方がいいよ」とのアドバイスをもらっていた。

 確かに素振り効果はありそうだ。まだ確信は持てないが、少し開眼の予感を覚えた。来週火曜日の能勢カントリーでの産機OBコンペでは取りあえずは90台を奪還したい。

by yellowtail5a01 | 2015-01-30 20:17 | スポーツ | Comments(2)
2015年1月11日(日) 曇一時雨

 格別の予定もないが、今日は京都女子駅伝。カメラをぶら下げて京都に行くことも選択肢だったが、道路端からの観戦では特定区しか見られないし、解説がないとさっぱりわからないに違いない。

 テレビ観戦することにして12時過ぎからNHKで観る。結局フルタイムで生中継を観戦する。初めての体験である。接戦で、兵庫県も一時トップに躍り出たり、アンカー選手が追い上げて優勝の大阪に2秒差で3位につける。

 京都も最終トラックで大阪と競り合い、1秒差の2位。さらに愛知は大阪と4秒差の4位。優勝から4位までそれぞれ1秒差でゴールするとは、大会史上初めてであろうし、今後も滅多にないことであろう。トップで5区を走る兵庫の高校生。応援に力が入る。
e0083517_02571577.jpg

 アンカーの林田選手もよく頑張り、感動ものであった。今月3日に歩いた北大路から西大路に移る角が最終の第9区のコースとなり、西大路南下も見覚えのある通りが映像となり、臨場感を満喫できた。

 夕方近くになり、近所のCOOPに行くと毎年早く咲く蠟梅の蕾が柔らかな感じになっていた。蠟梅開花はあと僅か。うちの蠟梅も下旬には咲くだろう。その頃には孫も誕生しているはずである。
e0083517_02572495.jpg


by yellowtail5a01 | 2015-01-11 23:59 | スポーツ | Comments(2)
2013年6月8日(土) 晴 歩数:9129歩、しっかり歩き:1087歩

 充実した4時間一本勝負のTIMEを読む会とその後のリラクゼーションタイムの二次会から戻り、頭痛で寝込んだ家内に交替して、買い物・炊事を引き受ける。比較的早い目に帰宅した息子が持って帰ってきたのは、なんとなんとあの藤浪晋太郎直筆のサイン色紙。なんでも大阪桐蔭の知人がゲットしてくれたらしい。

 これと言ったお宝グッズに無縁の当家であるが、ひょっとしたらこいつは将来大化けするかも知れない。と言うことで、額に入れて飾ることとなった。
e0083517_1335227.jpg

 さて、昼間のTIMEを読む会は、The Angelina Effectという医療記事。慣れない言葉の続出だが、このような専門用語は辞書を調べれば、迷わず適訳に至る。問題は、ありふれた単語の組合せのイディオム。結構手こずる記事であった。

 まあ、要約するとAngelina Jolieの両乳房切除は、家系的背景や遺伝子検査から判明したBRCA1遺伝子変異を踏まえると、適切な判断であったが、有名人のこうした行動が一般大衆にも影響すると考えると、医学的にも経済的にもお薦めできない検査・手術というのが、基調テーマ。

 乳ガン検診は、アメリカでも日本でも他の地域でも推奨されているが、その前段階の遺伝子検査までは必ずしも必要ないようだ。男性については、前立腺ガンのPSA定期検診もほとんど意味がないとのこと。The patient would have died with prostate cancer, not of it.前立腺ガンの進行は遅いので、1000人中の一人を除いては、患者は前立腺ガンを抱えたまま死を迎えるのであり、前立腺ガンのために死ぬわけではない、とのこと。

 女性メンバーの何人かも乳ガン手術を経験しており、結構身近で切羽詰まった感じもあるアンジェリーナの決断に関する記事であった。
by yellowtail5a01 | 2013-06-08 23:59 | スポーツ | Comments(8)
2013年6月6日(木) 晴 歩数:10532歩、しっかり歩き:6351歩

 朝は母の通院、昼は家内の通院で付き添いないしアッシーデーとなるが、午後は3時からの打ち合わせと終業後の職場レクレーションがあるので、出社。

 職場メンバーで甲子園球場に行こうというものである。一塁側アルプス席はずいぶん久しぶり。外野の応援団の様子がよくわかって面白いが、プレーの状況はわかりにくい。単調な投手戦(貧打戦)は4月中旬に来たときと同じ。

 あの時は寒さに堪えられず9階裏の攻撃が終了した時点で引き上げ、家に帰ってから12階裏に福留のサヨナラ満塁ホームランを観て、早退を悔やんだものである。今日も同じような流れかなと思っていた9回裏の銭湯バッターマートンが、あっさりレフトスタンドにホームランを叩き込む。

 時に8時半過ぎ頃か。六甲颪大合唱まで残って、余裕で球場をあとにすることができた。途中経過はフラストレーションの連続だったが、結果良ければ全てよし。苦手の交流戦でも貯金ができたのはめでたい。

 陣取ったアルプス席の前の列にはアメリカ人留学生とおぼしきグループ。星条旗を振っているので、テレビカメラに我々も映りそうな予感。特にマートンとメッセンジャーが打席の時には星条旗が揺れる。
e0083517_1292962.jpg

 結局、そのマートンが一振りで決着を付けてくれ、単独のヒーローインタビュー。メッセンジャーに勝ち星がついていればもっとアメリカンな日になったはずであるが・・
e0083517_1294659.jpg

 家に戻ってから録画を頼んでおいたのパラパラと早送りで観ると、やはり映っていた。
e0083517_12134198.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-06-06 23:59 | スポーツ | Comments(4)
2012年8月30日(木) 晴

 朝の激しい雨もすぐに上がり、また暑い一日が始まる。今日は家内の通院日に当たっていたので、待たされるのを覚悟で、前回からお世話になり出した大学病院に向かう。予約は12時半だったが、待たされること二時間強、それからも診察、検査、診察、装具屋との打ち合わせで、終わると四時を過ぎていた。

 それにしても医師も装具屋も熱心に装具を薦めてくるのには、ちょっと参る。手術は予定が一杯で12月にならないと無理なようで、その間の対策としてとりあえず外反母趾の痛みを除去するための靴の中敷きを試しては、とのこと。

 診察室の隣に装具屋が待機しているようで、看護士が「~さん、行ける?」と声をかけると、OKとのこと。見事な連携である。検査と二度目の診察を終わって、装具屋さんと話をするとその熱心なこと。中敷きはオーダーメイドでも保険が利くからしれてますよ、とかドイツ製の靴のカタログを渡してくれて熱心な営業。そこに医師が再度顔を出し、「いいのが決まりましたか?」とフォロー。 ちょっと考えさせてもらうことにする。

 遅い時間になったので、昨日元気だった母の様子を帰りに確認して帰ると六時を回っていた。スイングの調整に行きたかったが、7時からのU-20韓国戦が迫っているので、断念する。やはり応援試合は、リアルタイムで観戦しないと気合いが入らない。

 結果的には、今日は柴田華絵が目立つ。にもかかわらず、テレビ中継でのインタビューでは出番がなかったのが少し悔やまれる。次は、西ドイツと決勝戦をかけた戦いになるのであろう。頑張れ、ヤングなでしこ!

 戦いを終えて引き上げる猶元と柴田。初めは同じように見えた選手達も、大分、顔と名前が一致してきた。
e0083517_5132481.jpg

by yellowtail5a01 | 2012-08-30 23:59 | スポーツ | Comments(4)
2012年8月26日(日) 晴

 昨日の勉強会で目から鱗だったことを、TIMEを読む会の掲示板に投稿するのが、とりあえず今日の目標。学んだ点を反芻するのは、記憶力の弱ってきた脳に定着させるには有効な方法だと信じる。

 あとは母の様子見に出たくらいで、大したことは何もできなかったが、夜にはお楽しみがあった。セカンドステージ一位での進出をかけたヤングなでしこのスイス戦。ほとんど知らない顔ぶればかりだが、印象に残る選手もチラホラ。最も好感度を感じたのは、猶元光。印象的なのは左右のフリーキックを決めた田中陽子。

 決勝トーナメントを勝ち抜く頃には、イレブンの顔と名前が一致するのではと言う予感がする。
e0083517_0462074.jpg
なでしこ公式サイトより
by yellowtail5a01 | 2012-08-26 23:58 | スポーツ | Comments(0)