ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:トレンド( 92 )

2018年4月29日(日) 晴 昭和の日 

四月ももう切羽詰まってきた。大したことは何もできていないが、時だけはするすると確実に過ぎてゆく。

先週の仕事や英語勉強会もクリアし、今日はのんびりとした日曜日を迎える。やることはいろいろある。車の洗車、プランターや鉢植えの水遣りや手入れ。
e0083517_16514384.jpg
今回の自慢は何といっても門扉に吊るしたビオラのハンギングバスケット。いよいよくす玉の様相になってきた。イメージした通りだが、ブルーとホワイトの株が強くオレンジ系が遠慮しているのが計算違い。

枯れかけた花柄を摘んでいると通りかかったおばさんが、「見事ですね、いつも楽しませてもらっています。」と励ましてもらう。なぜか男性と若い女性からは声を掛けられたことはない。

同じハンギングバスケットを娘宅にも届けたが、日当たりが悪いので本家ほどではなかったが、予想以上にいい感じで手入れがなされていた。

動物(人間)も植物も種の保存は、大事なミッションで、ビオラが花を咲かすのは受粉(交尾)のためである。魅力的な花を咲かせ甘い蜜を用意して虫を誘惑することによって目的を達する。

しかし、十分に実がなると植物も安心してしまいそれ以上に熱心に虫を誘い込む必要もなくなり、また根から吸い上げた栄養分も結実した種の成長に使われ、立派な花を咲かすためには使われず、花は貧相になってくる。

娘にこれと同じバスケットをプレゼントした時に、だからこまめに花がら摘みをするのが長く楽しむ秘訣であることを伝えた所、なるほどと納得してくれた。ちゃんと実行してくれているようだ。

GWを迎え、そろそろ次の仕込みに移行したいが、もう少し草姿が乱れてこないことには手を付けられない。
e0083517_16515329.jpg
心の準備とプラニングのため昨年末にグランドオープンしたロイヤルホームセンター西宮店に初めて向かう。
e0083517_16523476.jpg
アサヒビール工場がなくなり、その跡地利用をどうするのか議論百出のこの広い土地だったが、とりあえず一画にこのホームセンターと道路沿いには自動車ディーラーが軒を並べている。

家からも比較的近いし、品ぞろえもいいので、コーナンに変わってこちらに来ることが多くなりそうである。ガーデニングコーナーも充実している。
e0083517_16522460.jpg
次は、ハンギングは定番のベゴニアセンパー、プランターはペチュニアか。新しい花に挑戦するとすれば、テラコッタの寄せ植えとなりそうな気がする。

このお店は一階にも広い駐車場があり、三階、屋上にもたくさん駐められるスペースがある。甲子園のコーナンの打撃は大きいと思われる。屋上から西南の方角、国道二号線を望む。
e0083517_16520438.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-04-29 23:59 | トレンド | Comments(0)
2018年4月27日(金) 晴 

北朝鮮時間の午前九時から板門店での南北朝鮮首脳会談。歴史的瞬間ということなので、テレビにかじりつく。演出臭いシーンも目立つが綿密に準備されてきたのであろう。外交イベントをこれほどメディアにフルオープンにして歴史的演出をするのは珍しいことと思われる。

来月の米朝首脳会談がどこでどのように行われるのか、気になるところであるが、とりあえずの道筋は見えてきたような気がする。非核化の進展がどうなるのか予断を許さないが、米朝間で平和協定が結ばれると、それはそれでいいことだが、日本の立ち位置がどうなって来るのか、複雑な極東情勢に移行していくことは間違いないと思われる。

テレビの板門店ライブ報道を観つつ、明日のタイムを読む会の記事に取り組む。まさに北朝鮮問題を扱った記事が明日のテーマだ。もう一つのユニーク英語の方は、映画ネタの偶数月でザッカーバーグ氏のフェースブック立ち上げに絡む訴訟をフィーチャーした「ソーシャルネットワーク」。早口で英語は聞き取れないが、ITと法廷が絡んんだ映画で面白い。

夕方、大分前にモニター申し込みをしていたアイアンが今頃になって届き、早速に試打に赴く。年寄り向けのよく飛ぶクラブらしい。ダメだったら30日以内であれば、返品・返金可能ということなので、練習場と実践ラウンドで試してみようと思う。

今日のところは、方向性には難があるが、距離だけはワンクラブよく飛ぶ感じがする。これで実際に数字としていい結果が出れば、乗り換えようと思う。出費は痛いが。
e0083517_02372024.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-04-27 23:59 | トレンド | Comments(0)
2016年1月30日(土) 薄曇り 歩数:10408、しっかり歩き:2504、酒:多

 夕方に用事があるが、それまではのんびり。進物品を買いに散歩がてら夙川駅北西のケーキ屋さんに赴く。苦楽園界隈同様にこの夙川界隈もおしゃれなお店が増えてきて、地元民としては嬉しい限りである。

 目的のケーキ屋さんは「エルベラン」。かなり昔からあるお店だが、昔は「エルベ」という屋号だったが商号トラブルがあったとかで今の名前に変わった。若い頃から愛着のあるお店の一つだ。ここでクッキー詰め合わせを購入。
e0083517_00294902.jpg
 北に向かって散歩するとすぐ隣に「ハットジューンベリー」。P社での先輩ゴルフ友達のお嬢さんの旦那が経営する洋食店。何度かお邪魔しているが、ムール貝をぜひまた食べたい自慢のお店。
e0083517_00295928.jpg
 もう少し北に歩くと、もう一つのケーキ屋さん「ミッシェルバッハ」。こちらも名前が通っている。
e0083517_00301027.jpg
 さらに北に歩くともう30年くらいになるアイスクリーム店の「サーティワン」。娘が小学校の頃、ワンツーステップというミュージカル教室の送り迎えをしていた頃、同乗の三人がこの近くに来ると「サーティワン、サーティワン」とシュプレヒコールを叫び、アイスクリームを買わされたのを思い出す。三人とも飛び切り可愛い女の子だったので、買ってあげるのが喜びでもあった頃が懐かしい。
e0083517_00302064.jpg
 そして目的のコーヒー店「Sol」。実は昨日告別式に参列した故A氏の次男さんが営むコーヒー店である。
e0083517_00303140.jpg
 昨日はしっかりお悔やみも言えなかったので、あらためてお悔やみを申し上げるとともに、父上の病状の詳細をお尋ねする。壮絶な最期の様子が伝わり、胸が痛む。美味しいブレンドコーヒーをいただきつつ、A氏とご一緒した日々を懐かしむ。
e0083517_00304166.jpg
  

by yellowtail5a01 | 2016-01-30 23:59 | トレンド | Comments(0)
2015年5月6日(水)晴

 現役時代は二週間くらいの出張もあったが、定年退職後は家を空けても三、四日以上はなかった。今回は五日間の遠征で心身ともに少し疲れを覚える。身体の疲れは仕方ないとしても、心の疲れはやはりスマホ海中落下が影響している。

 とにかく、なんとか復旧しないといけないので、まずはソフトバンクショップで取るべきオプションの相談した後、ヨドバシカメラに行って、いくつかの選択肢について店員に相談する。

 iPhone6Plusの選択肢もあったが、5Sの残額支払も続くので、あまりにも高くつく。格安スマホはいろいろ出ているが、電話代が結構かかりそうだ。四時間かけて選択したのは、Y!Mobile。ソフトバンク系列なので、乗り換えキャンペーンの対象にならないので、新規加入とし旧番号の引継はガラケー(PHS)にするのが安上がりで当面の課題解決になるとのこと。

 という訳でスマホとガラケーの二台を持つことになる。それでもこれまでの三分の二の月額で電話は10分以内なら月に800回までなら只。パケット通信も7GBまでOKなので、ずいぶん助かりそうである。

 まあ、心配といえばアンドロイドのセキュリティの弱さとiPhoneに慣れ親しんだ操作感覚がどうなるかであろう。
e0083517_22460221.jpg


by yellowtail5a01 | 2015-05-06 23:59 | トレンド | Comments(0)
2015年1月5日(月) 晴

 長かった冬休みも終わり会社に向かう。思ったほど寒くもなくて早歩きすると汗ばみそうな陽気。恒例の新年の全社テレビ中継朝礼があり、社長訓話が終わるとすぐに業務開始。
e0083517_22305587.jpg
 独身社員だったころの年末年始休暇は、下手をすると5連休どまり。目いっぱい使って信州にスキーに行ったものである。それでも4日の始業式には早い目に出勤して、式典が終わると職場で振る舞い酒、振袖姿の女子社員、京都に繰り出すか上司のお宅に招かれての職場懇親会。古き良き昭和の全盛期だったように思われる。

 今のささやかな楽しみは、お昼の幕の内弁当。390円の値段を考えるとなかなか充実の弁当ではある。
e0083517_22304637.jpg
 昼のニュースを観ていると山の遭難者が多くて暗い気持ちになる。明るいニュースはといえば、交通事故による死亡者数が年々減少し、ピーク時の四分の一とのこと。シートベルト着用と酒気帯び運転厳罰化の効果か。

 ただし、高齢者の比率が全国的に高まっているという。ハンドルを握っていて加害者の場合も歩行者や自転車で被害者の場合も含まれるのであろう。

 今までならサラリと聞き流した「高齢者」という言葉にちょっとひっかかる。「ひょっとして自分も入ってんの?」と聞き耳を立てると、「65歳以上の高齢者」とはっきり言っている。はっきりそう言われると少し腹立たしい気分になった。

by yellowtail5a01 | 2015-01-05 22:37 | トレンド | Comments(6)
2015年1月1日(木) 晴のち曇のち雪

 いよいよ新しい年がやってきました。今年もがんばってなるべく毎日ブログ更新を続けて行こうと思いますので、よろしくお願いします。といっても、我ながらメッセージ性の乏しい日々の活動記録に過ぎないこのブログですが、九年強に亘って継続してこられたのは、皆様の励ましがあってのことと思います。

 特に、この元旦にいただく年賀状に「ブログ、みてますよ」とか「楽しみにみています」とかメッセージがあると、今年もがんばって継続しようという気が湧いてきます。ダラダラと冗長になるのを避けて、ピリッとしたものを目指してまいりたいと思います。

 さて、今年のお正月は娘夫婦が来るのは、明日2日。息子は年末年始の書き入れ時でずっと出勤。明日の夜になって何とか家族が集合できそうである。

 今日は年賀状の返事を投函した後は、母見舞いと初詣。家内は歩けないとのことで、一人にて行く。まず目に止まったのは比較的ご近所の〆縄。ここの住民は知らないが、毎年センスが良くて楽しませてもらう。
e0083517_23271850.jpg
 R2を渡るころから風と雪が激しくなってくる。
e0083517_23273134.jpg
 西宮神社の境内に入るころからだんだん強まる。
e0083517_23274895.jpg
 そして本殿に着いた頃がピークか。
e0083517_23280226.jpg
 今年一回目の御神籤。去年は凶だった。今年は半吉ということで少
しはマシ。
e0083517_23281794.jpg
 御神籤を読んでいると、声を掛けられる。誰かと思えば法律英語の先生のScottだった。日本人の奥様と初詣とのこと。お互いに御神籤を見せ合うと、奥様が吉、Scottoは末吉。序列がどうなっているのかはわからない。知っている人に会うと心の中がポッと温かくなる。

 冷えた体をたき火で温めて帰路に向かう。
e0083517_23284692.jpg
 相変わらずの寒空の中を初詣に来る人波は衰えない。
e0083517_23290820.jpg
 この阪神地区で元旦に雪が舞うのは何年ぶりのことであろうか。それも舞うだけでなく、僅かでも積もるというのは。
e0083517_23293999.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2015-01-01 23:41 | トレンド | Comments(4)
2014年12月22日(月) 晴

 少しまた寒さがぶり返した気もするが、こちらの体も寒さに順応してきたのであろう。冬としてはちょうどいいころ合いの寒さか。午後から新大阪駅前の営業所に出張なので、後の移動には好都合。

 二つの会議(監査)を予定していたが、5時頃には終了し、駅に向かう。6時頃には病院に到着できそうなので、主治医にアポを入れる。今日の処置で、捻転部分に通していたパイプを抜くとのこと。これで安定すればよし、また捻転状態に戻ると再処置は難しいとの説明は聞いていたが、どうなったのかを確かめに行く。

 パソコン画面で抜く前、抜いた後の腹腔内の造影剤画像で丁寧に説明してもらう。捻転した個所が極端に細くボトルネック状になっているのを確認できる。今はほとんど点滴のみで、食事らしい食事をしていない状態。流動物ですら通りにくい状態だが、これに固形物が増えてくるとどう考えても厳しそうである。

 二、三日様子を見て問題なさそうであれば退院も可能ですとのこと。またまた移すのも可哀そうだが、施設に戻るのがいいのかここに置いてもらうのがいいのか。またまた難しい選択をしないといけなさそうだ。

 病院のいいところはいざというときに、バタバタしなくても済むという安心感。よくないところは、看護師が定期的に様子を監視してくれているが、それ以外はほとんど放ったらかし。食事介助にもおそらく時間をかけていない、或いはかけられないのは6月の入院の時に経験済み。

 施設はその点、介助師が丁寧に面倒を見てくれたり話しかけたりしてくれるが、いざというときにはまた近くの病院に担ぎ込むことになる。まあ、様子を見たうえでいずれかを選択しなければならないだろう。

 遅くなったので軽く夕食をして帰ることにし、駅前のくら寿司にふらりと入る。回転寿司のカウンター席なら一人でも気楽だろうと思って入ると、普通の回転ずしと雰囲気が異なる。店員の姿が全く見えない。

 コンベアに乗った皿を取るのはわかるが、プラスチックカバーで覆われていて、蓋を開けるのにモタモタしていると右の方に流れて行って取り損ねる。隣に一人で来ていた女性が、「お皿を掴んで上にあげるとカバーが開きます」と実演してくれてやっと落ち着く。

 その他、個別注文するネタやお吸い物などもすべて席に備えた液晶タッチパネルでするので、合理的といえば合理的だが、職人の威勢のいい声も聞こえなければ姿も全く見えない。回転レールは上下二段になっていて、下は通常のコンベア、上はスピードトラックで注文した皿が高速でやってきて、目の前でピタッと止まる。
e0083517_10324774.jpg
 もう一つ驚いたのは食べ終えたお皿の処理。通常は、お皿をどんどん積み重ねて精算のときに店員がカウントするものだが、ここでは、前に空いたお皿を次々放り込んでいくシステム。カウンター上が広く使えて越したことはないのだが、これだと何枚平らげたかがわからんではないか。と、隣の女性に懸念を訴えると、液晶パネルの右下を指さして、「ここに表示されているのわかりますよ」なるほど、納得のくら寿司だったがちょっと淋しい気がした。特に一人で来ると・・・
e0083517_10330012.jpg
 まあ、合理化努力のおかげか、お値段の方はリーゾナブルだった点は嬉しい。が、お寿司の出来栄えと雰囲気の点ではなんか物足りない。

by yellowtail5a01 | 2014-12-22 23:59 | トレンド | Comments(0)
2014年9月24日(水)曇のち雨

 今日は午後から二時間仕事。楽なパターンではあるが、本来三時間の講義内容を二時間に押し込めるのはそれなりに大変である。どうしても早口になっている自分を自覚し、早口で間の取り方が単調になると、受講生の眠気を誘う。

 眠そうな人を見つけると少し質問を振ったりするテクニックはそれなりに覚えてきたような気もするが、噺家の自嘲的都々逸が身につまされる。「噺家を殺すにゃ刃物はいらぬ、欠伸の一つ二つもあればいい」。喉を嗄らし、汗を掻きながら二時間を突っ走る。

 終わった時点で反応のいい人も何人かいたようなので、良しとしよう。少し時間オーバーしてしまい、質問に応えたりしているとさらに食い込み、次の講師が現れて少し焦る。

 ようやく解放されて地下鉄の駅に向かうが、ここで電話をする約束をしていたことをすっかり失念する。2時から守口でOBOG会の世話役準備会合があったのだ。どうせ間に合わない時間ではあったが、連絡を取ることを忘れ、ヨドバシ経由で帰宅。

 カメラ売り場に寄るが、RicohのカメラはGRを除いてすべて開発も生産も停止とのこと。CXの後継機が発売されないことが決定的となり、落ち込む。

 今は何とかCX6を騙し騙し使っているが、後継機が見つからない。PENTAXのMX-1という機種が少し気になる。望遠性能はCXに及ぶべくもないが、マクロ性能とレンズ口径や記録素子サイズではかなりよさそうである。超望遠を諦めたらなかなかよさそうなモデルだ。

 もう一つ気になるのは、話題のiPhone6であるが、今のiPhone5Sはまだ一年しか経っていない。あと一年我慢してiPhone6Sを待つべきか。

 あらためて自分の携帯遍歴を辿ると、1995年のAstelに始まり、この19年間でPHS2台、携帯8台、スマホ3台と計13台の機種を使っている。なぜか処分できずに溜まっている旧機種を並べると、それなりの壮観ではある。左上から
右下に時代が下る。
e0083517_22421057.jpg



by yellowtail5a01 | 2014-09-24 23:17 | トレンド | Comments(7)
2014年3月6日(木) 晴

 かなり寒い。そろそろ啓蟄かと思われるが、寒の戻りか。そんななか母の通院付き添い。骨粗鬆症対策の注射テリボンの副作用が出たのか、先々週に血圧降下があったので、先週は様子を見て注射をパス。今日は、注射の影響かどうかを検証しようということになり、注射前と注射後の血圧変化を測定することにした。

 施設を出る前の血圧は108・80。母としては低い目の朝の血圧。高い日と低い日の差が大きいので、今日は低い目。これ以上下がることはないかと思って病院に行って、最後になるかも知れないテリボン注射をしてもらう。

 施設に戻ってさっそく血圧測定すると、80・52とびっくりするくらい下がっていた。意識も朦朧としているようで、機嫌は悪くないが意味不明のおしゃべりを繰り返しており、少しやばいと思う。結局、一時間ほど寝かせて再度測ると110・80に戻っていたとのことなので、安心する。

 まあ、来週の診察日に先生に相談してからのことになると思うが、テリボン注射とはこれでお別れするのが順当であろう。

 家内の銀行アッシーをこなした後は、明日に予定している確定申告のデータ整理に励む。毎年のことで日頃からきちんと帳簿をつけておれば、バタバタすることはないのだろうが、医療費や経費計算に手間取る。ようやく目途がついて、夕方から大阪市内に出向く。ちょっとした息抜き。

 新築された阪急デパートには一度来たことがあるが、上部に行くのは初めて。ちょっと腹ごなしのついでに窓越しの写真を撮らせてもらう。阪急とJRを結ぶ歩道橋もいつもと違うアングルから狙える。
e0083517_1614181.jpg

 折からの夕景に赤い光がビルを照らす。
e0083517_16113622.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-03-06 23:59 | トレンド | Comments(0)
2014年3月2日(日) 曇

 先日、天橋立カニツアーに英語会メンバーで行った時の道中、話題に上がったテーマの一つが、シニア、シルバー、高齢者の相関関係はいかなるものか。高齢者は、前期高齢者(65以上75未満)と後期高齢者(75以上)と公的に一応定義されているようなので明確である。

 一方、シニア世代とかシルバー世代には明確な定義がないようだ。イメージ的には、シニアの方がシルバーよりも相対的に若いのだろうという結論に落ち着いた。ちょうどその日の朝日新聞朝刊の別刷版で、シニア世代を応援する新しいページ「人生充実 Reライフ」というのがあった。どうやら我々団塊世代がシニア世代ととらまえられているようである。

 漫画家の弘兼憲史氏が掲げているキーワードを拾うと、「競争はもう卒業、団塊世代よ、楽しもう。」や、「ま、いいか。それがどうした。人それぞれ。」と肩の力を抜き、居直るのがシニアライフを楽しむコツとのこと。60代はまだまだ元気があるので、仕事があれば続けよう、時間にゆとりができたらボランティアがいい、お金は自分のために使おう、お洒落を楽しもう、趣味を通じて交流の輪を広げよう、異性の仲間に心をときめかすことも時には大切、などなどなかなか説得力のあることを言っている。

 今回のカニツアーや小学校同窓会仲間での奈良散策など、「大人の遠足」というのは、時々やっていてなかなかいいものであるが、今度は弘兼氏お勧めの「大人の修学旅行」か。これには一層ワクワクしそうだ。

 自分も今年の誕生日が来れば名実ともに高齢者の仲間入り。アラカン世代ともおさらばということになる。次のサブタイトルは、「Re Lifeの光と影」で行こうか。いや、まだ少し時間があるのでもう少しオリジナルな夢のあるいいサブタイトルを考えたいものである。

e0083517_130482.jpg
 先日、城達也のジェットストリームが懐かしくなり、アマゾンでCDを一枚発注したのだが、その時の検索で別のジェットストリームが出てきた。三菱鉛筆から販売されている4色ボールペン+シャーペン。いろんな色が用意されていたが、ボルドー色をえらぶ。

 Jet Streamのネーミングからするときっとインクがスムーズに出てくるのだろう。普段使っている500円のプラスチックものに比べて、少し高級感がある。700円は納得の価格か。問題は、この気に入ったペンで何を書くのかであろう。

by yellowtail5a01 | 2014-03-02 23:59 | トレンド | Comments(4)