ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:自然・季節( 359 )

2019年4月15日(月) 晴 

昨日とは打って変わってのいいお天気。気分よく出勤する。昼休みには海岸でサギの写真を撮れて満足。
e0083517_01151532.jpg
播磨灘にも春の気配で満たされ、美しい。
e0083517_01150150.jpg
遠く貨物船が横切る。ユーミンのようなセンスがあれば、いい詩、いいメロディを思いつくのかなと思う。
e0083517_01145121.jpg



by yellowtail5a01 | 2019-04-15 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2019年4月6日(土) 晴 

恒例のユニーク英語会の花見ランチ会。芦屋桜祭りをやっているが、それは市民センター界隈。阪急よりも上流は静かで落ち着いた花見スポットである。
e0083517_02234548.jpg
散歩しつつ下り、市民センターのレストラン業平へ。七人が集いお喋りらランチタイムとなる。

解散して夙川に戻り、少し散歩。こちらも八分咲きで賑わっている。
e0083517_02240582.jpg
それにしても人が多すぎ。全国的にも桜名所百選にも入れていただくのはありがたいが、この混雑には辟易。
e0083517_02241545.jpg
しかし、やはり地元民として愛着は強い。
e0083517_02243374.jpg
的屋がいなくなった川沿いだが、多くの人が訪ねてきてくれるのはありがたいことだと思う。
e0083517_02244268.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-04-06 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2019年3月26日(火) 晴 

また暖かい日が戻ってきた。これで桜の開花がグンと進むことだろう。明日の東京出張の切符を買いに行ったついでに、夙川界隈の開花前の桜見物とする。
e0083517_03143056.jpg
阪神間地方の開花宣言が出てるのか出てないのかわからないが、もう時間の問題である。今日出たとして満開は四月二日頃か。十日頃までは楽しめそうである。気の早い若者グループは、蕾桜で宴会。
e0083517_03135879.jpg
老人グループも負けじと宴会模様。
e0083517_03141392.jpg
大好きな定点観測枝垂れ桜もすでに蕾膨らむ。今年はソメイヨシノと同時満開になるのではと予測される。
e0083517_03144026.jpg
午後は病院に行って、リハビリトレーナ―氏や地域医療連携の方と面談し、退院後のリハビリ継続のための要領や施設の紹介をしていただく。家内の友人が進めてくれたカーブスも有力候補のようである。

残った時間で延び延びになっていた懸案事項をいくつか片付けて少しスッキリとする。夕飯は友人からいただいた焼きアナゴを使って、豪勢なアナゴ丼となる。アナゴとシソと海苔がいい組み合わせとなった。
e0083517_03145296.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-03-26 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2019年3月15日(金) 晴 

今日は、自由時間の日だが、片付けるべきことが多い。胃潰瘍フォローの薬が切れたので開業医診察、Note e-POWERの6ヵ月点検、家内の入院費用二月分の支払い、これらは必須である。

9時過ぎに近所の開業医に行くと、ピロリ菌退治もしたし、薬でもう胃潰瘍も直っているでしょうとのこと。10月にもう一度胃カメラで確認しましょうとのことで、無罪放免。気が楽になる。せっかくのいいお天気なので、ニテコ池散歩をして帰る。

ニ池、テ池の東側の森は潰され、マンションと化していた。中層階に留めているので、景観をぶち壊すというものではない。億ションかも知れない。背の高い木が数本残されているのが心の慰め。
e0083517_22544774.jpg
早咲きの桜の木はすでにチラホラと花を付けている。
e0083517_22543325.jpg
池には数は少ないが、鳥がのんびりと戯れている。
e0083517_22540447.jpg
鴨はわかるが、こちらの鳥は見たことがあるようなないような。大きさからすれば、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミのいずれかか。或いは渡り鳥か。顔の先端が赤いのが気になる。
e0083517_22541672.jpg
大回り散歩をして帰りしなにCOOPにより、食材調達。「新子は今日は入荷するの?」と尋ねると、さっきトラックが到着したところとのこと。大阪では3日間で終わったという今年のイカナゴ新子だが、播磨灘はまだ操業しているようだ。
e0083517_22551828.jpg
それにしてもキロ3480円というのは過去最高値ではなかろうか。一瞬逡巡するが、この機会を逃しては今年はもう無理なので、奮発して購入。一発勝負なので、調味料の配合にもいやがうえにも慎重にならざるを得ない。毎年記録しているノートが役に立つ。大きめの新子になっていたので、みりんと酒の配合を3対2にしたが、少し柔らかめに仕上がったのが少し悔やまれる。味・色・艶はほぼイメージ通り。
e0083517_22555525.jpg
明日のヨットの鍋パーティにも持って行けそうだ。くぎ煮を炊き終えてニッサンに向かう。6ヵ月点検に50分ほど待たされるが、読みかけの本を読む時間を与えられ満足。出されたコーヒーをいただきながら、今村翔吾の「ぼろ鳶組」の第三巻を読む。

点検整備完了後、M病院に行って二月分の支払いを済ます。二月はわずか8日間だったが個室に入ったので差額ベッド代を含めると高級ホテル滞在並みとなる。途中で四人部屋に移らせてもらったので三月は少しマシになることを願う。

退院後も家でリハビリを続けたいから、ペダルこぎのマシンを買ってくれというので、帰り道ホームセンターに寄って物色してみる。15,000円位からあるので、本人がやる気があって継続できるのなら安いものだが、これまでの例によると無用の長物になりそうな気がする。

去年にアサヒビール工場跡に開業した国道2号線沿いのホームセンターは、巨大で品揃えもいいが、平日とはいえひっそりしており大丈夫かと心配になる。屋上駐車場からは夕日が美しい。

e0083517_22553233.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-03-15 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2019年2月25日(月) 薄曇り 

晴れているようだが、くっきりとはしていない。春霞か花粉の飛散かあるいは黄砂が飛んできているのか。

それでも着実に春に近づいているようで、5時40分に帰社して駅に着くころには落日が確認される。自分ではいい夕日の写真が撮れたと思う。
e0083517_01175981.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-02-25 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2019年2月16日(土) 晴のち曇一時雨 

フリーな土曜日とあって洗濯物を持って病院に出向く。ようやく転院先が決まり、本人もホッとしているようである。こちらも近くなり助かる。転院日には迎えに来なければならないが、高槻通いもあと二回。それが当面最後になるであろう。

ちょうど梅の季節なので、万博自然公園の梅林に寄ることを思い立つ。いつもすぐ横をかすめて帰るのだが、寄り道を思い立ったのは初めてのことである。
e0083517_02053392.jpg
梅の種類によって満開の木や蕾固しの木まで千差万別であるが、紅梅・白梅が揃って咲いているところは絵になる。
e0083517_02034565.jpg
水の流れもあしらわれていて心が和む。
e0083517_02043443.jpg
男女ともにカメラをぶら下げている人が多いが、一眼レフタイプが多く、その他はスマホ。コンデジを使っている人は意外に少ないことを発見する。コンデジの良さは健在だと思うのであるが。
e0083517_02025549.jpg
広角による風景もOK。
e0083517_02045226.jpg
望遠による野鳥撮影もOK。廃番となって久しいRICOHのCX5一本で頼っている。
e0083517_02041415.jpg
万博自然園では、銀塩フィルムを使っていた頃のヨドバシカメラの撮影会や、フォト同好の士とジャズヴォーカリスト撮影会や娘の友達の撮影会を何度も開催したのを思い出す。
e0083517_02024151.jpg
祥月命日に来れなかった母の二周忌の墓参りも帰り道にと考えたが、お天気は下り坂で、またの機会とする。

ウィルス性胃腸炎以来の食欲不振で、調理をする気にもあまりなれなかったが、ようやく意欲が戻ってきたようで、少し手間暇をかけてラーメン、空揚げ、ホタテ青梗菜を同時並行で調理する。
e0083517_02054740.jpg
唐揚げは、先日あさイチでチェックしておいた五十嵐美幸シェフお奨めのレシピ。少し揚げ過ぎた感じはあるが、カリッと感は実現できた気がする。安上がりで早くできて間違いないレシピになりそうである。

by yellowtail5a01 | 2019-02-16 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2018年12月30日(日) 晴 

寒波が来ているようだが思ったほど寒くはない。年末恒例の買い出しに出向く。まずはCOOP。前のお琴の教室はお正月用の生け花教室に変わっている。
e0083517_00422189.jpg
時間のかかる干しシイタケは先に水に浸けておく必要があるので、まず干しシイタケをCOOPで調達し、水に浸けてからクルマで少し遠出する。

一つは今津のコーナン。まな板とタワシはおせち料理の前に更新する習慣が定着している。
もう一つはそのすぐ近所のスーパーマルナカ。いつの間にかイオンの傘下に入って久しいが、お店の雰囲気は変わっておらず品揃えがいい。

今年は息子も帰ってこないし、娘夫婦一家とも外食になる可能性が高いので、あまりやる気はしないが、最低限のおせち料理は作ろうと決意し、材料を買い揃える。

お煮しめは毎年の定番なので今年も自分が作ることにする。あとの自分の担当といえば、カズノコ、しめさば入り紅白なます、イカタラコ和え、ナマコくらいか。ブリの照り焼き、翁エビ、その他出来合いの黒豆、ゴマメ、棒鱈、蒲鉾、昆布巻き等の盛り付けは家内の担当。

ところが家内は体調不良のようで、マルナカに行くのもパスとのこと。仕方がないので一人で買い出しに行き、二人で食べられる必要最小限に絞る。それでも品数は多く、お屠蘇用の清酒もそれなりに張り込むと万札が飛んでいく。まあ、正月くらいは多少の散財は大目に見よう。

干しシイタケが柔らかくなったのを確認して夕方からお煮しめに掛かる。ブリやエビは「頼むで」と言っていたのだが,不調が続くようで台所に立つ気力はなさそうである。まあ、そのくらいはどうってことはない。ただ、お重への詰め込みはお願いしたいところである。


by yellowtail5a01 | 2018-12-30 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2018年10月29日(月) 晴 

台風25号で始まった10月も気が付くともう終盤。日々いろんなことがあるが、特に今月は緊張イベント、ゴルフイベント、懐かしいイベントに恵まれたいい月だったと思われる。

今月最後の出勤日を迎え、播磨灘を愛でる機会に恵まれた。こんないいお天気の日にセーリングで瀬戸内海を西進したいものである。
e0083517_22262126.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-10-29 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2018年10月22日(月) 晴 

播磨灘岸壁もどんどん秋の気配。釣り人の数が増えたようだ。
e0083517_01572222.jpg
テトラポッドからルアー釣りをする人がいつになく沢山いる。しかし、竿が曲がったのは見れなかった。海面にはナブラ(小魚がフィッシュイーターに追われて海面に上がってきて盛り上がったり跳ねたり)がみられる。犯人はハマチかスズキかサゴシか。釣り船もそれを狙っているようだ。
e0083517_01574127.jpg
大分涼しくなってきたので、久しぶりに玉子焼きの店に寄ってみる。これからの季節、寄り道も楽しみになって来る。
e0083517_01573248.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-10-22 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2018年10月17日(水) 薄曇り 

今日はぽっかり空いたフリーな日。朝一番に家内の歯科医院の送迎を済ませる。このところ胃が重い。食欲不振は八月後半くらいから続いているが、食欲の秋になっても戻らず、異常感がある。病院に行くのも億劫で近所の掛かりつけの医院を訪ねる。

胃の辺りを触診と聴音器で診察してもらったところ、特に異常はないように思うが胃カメラで観ておきましょうとのこと。月末に予約する。振り返れば17年前の夏に同じように胃が痛んだことがあった。その時は下血に気づき、すぐに病院に赴くと胃潰瘍と診断され即入院。

入院したのが夏季休暇の二日目の土曜日で、退院したのが翌週の土曜日。日曜日一日自宅療養して月曜から出勤し、激務に戻ったのを思い出す。原因は不明だが、転勤で勤務先、業務内容が変わり、自分なりに神経を使っていたためかもしれない。

振り返って、昨今はどうかと考えると十年一日のような穏やかな生活が続いているが、これまでとの違いを考えると、一つは会社の部門OB・OG会会世話役の重圧が増したこと。10月6日の開催に向けて、ギリギリまで台風25号の進路でやきもきしたこと。

もう一つは、今年二月から始めた芦屋グリークラブでのルナホール初ステージが翌7日に控えていた。こちらは趣味で楽しみではあるのだが、やはりそれなりの緊張感があったのは事実だ。これら二つがかち合ったために、普段は鈍感な胃にも負担がかかったのかも知れない。

医院からの帰り道は遠回りして散歩して帰る。久しぶりに西田公園も散策するが、台風の被害が少なからずあったようで。暴風で折られた木々の枝が山積みされていた。
e0083517_08433390.jpg
ある程度大きい木も折れたものがあったと、折から出会った作業員に尋ねると、なんでもそれらは根元から切断され、すでに処分されたようだ。
e0083517_08434400.jpg


by yellowtail5a01 | 2018-10-17 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)