ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:ひとりごと( 309 )

2019年5月6日(月) 薄曇り一時雨 

いよいよ長期連休の最終日。たっぷり時間があった割に大したことはできなかった。が、昨日の日曜日が一番盛り上がった感がある。

タイムを読む会の予習に没頭しようとするが、結構な分量があり、一通り通読し、不明単語、難解箇所をマーキングするので精いっぱい。

連休中にしかできないことをしておこうと思い立ち、午後は散歩がてら歩いて出向く。山手幹線並木のベニバナトチノキは、今年もGWが満開時期となった。
e0083517_22561249.jpg
スマホの機種変更プランの検討と家内のガラケーを家族割に統一できないかと検討しに、ワイモバイルに出向く。

こちらは混んでいてなかなか本格的な相談ができないので、簡単に聞いていくつかのプランを自分で検討する。なんとなくいい方法が見つかりそうだが、スマホのプランは全く複雑怪奇なので、平日に出直してじっくり相談したい。

もう一つの用事はユニクロ。今日までのキャンペーン商品があるそうなので、日用衣類をいくつか仕入れる。夕方には雷が轟くが雨は強くはなかった。帰り道、近所を歩くとそこかしこからジャスミンの香。むせるほど甘い香りが漂っている。
e0083517_19434774.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-05-06 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年5月3日(金) 晴 

SWINGコーラスの選曲集の在庫が底をついているので、次回の練習日の日曜までに増刷をしておく必要がある。午後に三宮に出て64ページ分を三部コピーする。三宮まで出向くのは面倒であるが、Kinkosの最新鋭コピー機でやると一枚6円少々。枚数が嵩むと使う価値がある。

夙川界隈の風情もすっかり初夏となった。こともの日が近づきいつも鯉のぼりなのだが、今年は少ない。
e0083517_00494516.jpg
夕刻に帰宅して簡単に夕食を済ませ、心斎橋に出向く。御堂筋線に乗ると外国人の多さにびっくりさせられる。国籍も様々の様相。

ツーリング仲間が船舶免許を取ったというので、そのお祝いを兼て、ツーリングメンバーの一人が経営するお店借り切りで、令和初のオフ会となる。ドタキャンも出て人数が減ったが、出されるままにビール、ワイン、ウィスキーを美味しくいただく。バイクの話、ヨットやボートの話でワイワイ騒いでいると歌う時間が無くなる。

久しぶりのカラオケで二曲歌い、他にも遠い人がいたので、切りのいいところで腰を上げると、そこそこに時刻に帰宅できた。が、道中の記憶は飛んでいる。久しぶりに深酒をした感じだ。


by yellowtail5a01 | 2019-05-03 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年4月30日(火) 曇のち雨 

とうとう平成の終わりの日がやって来た。30年を振り返ると自分の半生の歴史を思い起こされる。39歳から69歳が平成の半生だったことになる。この間30年と少々。山あり谷ありであったが、総じて満足の行く日々を過ごすことができてきたと思う。

明日から令和。格別に決意することはないが、気持ちを切換えて前向きにこれからの人生に向かいたいものである。

GW中に大阪での仕事があるという息子が博多から戻ってきて、賑やかになる。家内も張り切って台所に立ってくれるのはありがたい。元気になりつつあるのはありがたいが、外出意欲、外食意欲、買物意欲も高まり、それも不安である。

ガーデンズにオープンした中華料理店が気になるらしく、女子会ランチを計画しているようである。
e0083517_23544912.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-04-30 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年4月28日(日) 晴 

本来であれば長期遠征前最後のCaratQ号の最終準備兼しばしのお別れ前セーリングの予定だったが、家内が教会までの坂道を一人で歩いて行くのは到底無理だし、危険。と言ってタクシー利用を当たり前とされても困る。

送り迎えが定着すると日曜日の活動が制約されるが、ヨットも夏までは沖縄方面に出かけるので、月に一度のSWINGコーラス練習が午後にあるくらいだから、格段の問題はなさそうだ。

いっそのこと一緒に教会の礼拝に付き合えばいいようなものだが、どうもカトリックの儀式的な部分が肌に合わない気がする。小学校入学前の幼少期に連れて行かれた記憶があり、違和感を持ったのがトラウマになっているのかも知れない。

プロテスタント系は、パルモア学院もそうだったし、家族もそうだったので、家族のお葬式もキリスト教だし、教会や牧師先生に違和感はないのだが、信者でもない。無神論者かと問われるとそうとも言い切れない。要は中途半端。死が近づけば真剣に考えるようになるのか、その時では遅いのか、よくわからん。

by yellowtail5a01 | 2019-04-28 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年4月14日(日) 曇~雨 

ヨットの予定があったが、家内が教会に行くというので、そのアッシーのために予定キャンセル。12時に迎えに来て欲しいとのことだったが、電話がない。業を煮やして1時に電話をすると懐かしい友人とランチをするから後で来て、とのこと。

3時から松愛会支部のコーラス練習なので、2時までに連絡してくれと言ったが、連絡なし。2時過ぎに電話を入れると今食事中だからと切られる。まあ機嫌よくランチしているのなら安全・安心と思い三宮に向かう。

練習の方は、5月の支部総会でのパーフォーマンスに向けて課題曲に取り組む。「花」と「四季の歌」である。これまでの課題曲に比べると優しいのであるが、有名な曲だけに誤魔化しが効かず、S先生の指導はシビアである。

桜はこの雨ですっかり終わってしまったが、注目している枝垂れ桜はちょうど満開を迎え、雨ながら楽しませてくれる。
e0083517_01141525.jpg
まだ蕾も残っており、今が一番。
e0083517_01133979.jpg
ソメイヨシノはもう散り初めなのは致し方ない。
e0083517_01142939.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-04-14 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年3月29日(金) 薄曇り 

一気に開花するかと思われた夙川、芦屋川界隈の桜だが、このところまた三月上旬に逆戻りの様相で寒い。だが、開花が遅れてくれるのはなにかとありがたい。

が、今日は重たい一日となった。所属しているコミュニティ活動の一つ、会長さんから昨夜役員の打診が電話であり、お世話になっている会なので、無碍に断るのもいかがなものかと思い、ちょっと時間をいただいて検討させていただきますと応えたつもりだったが、依頼人は承諾したものと認識したようだ。

昨夜遅く関係筋から電話があり、この件で金曜の午前中に時間を空けて欲しいとのこと。午後には家内の病院でのトレーナーとの打合せ予定があったが、バイクで移動すれば十分間に合う。

ところがバイクを引っ張り出して、セルモーターを回すとエンジンがかかる前にバッテリー上がり。クルマのバッテリーからケーブルでつなぐか、家の前の坂の上まで押し上げ、下りながらギアをいれて押し掛けにするか。

どちらにしても時間が間に合わないなぁと思って、クルマで行くことを考えるが、ふとバイクを見るとキックペダルがあった。この原始的な機構がこのクラシックなW650を選んだ理由でもあったのだ。キックしてみると2度目にエンジン始動。バイクで向かうと15分で芦屋市民センターに到着できる。

午前10時約束の会合に着くと、敬愛する二人の先輩が来られ、結構重たい話となり、いろいろ事情を聞かされる。

昼前にはもう一人の重要キーパーソンも急遽参加され、議論白熱するが、結局のところは反対されていると思っていた大先輩から「まあいろいろあるかも知れんけどよろしく頼むわ」と頭を下げられ、引くに引けなくなった。

事務的な業務量なら適当にこなせるであろうと深刻に考えることもないが、人間関係が結構複雑なようで、そちらの方での負担感が出るかもしれない印象。

当たって砕けろの精神で対処するより他ないかと思うに至り、引き受けることとなった。さて、この先どうなることやら、不安がないといえば嘘になる。

夜に散歩して夙川の桜開花状況を観に行くと、この寒さでピタッと開花は止まったようである。
e0083517_03363330.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-03-29 23:59 | ひとりごと | Comments(0)

2019年3月13日(水) 晴 

今年の確定申告も、結局はギリギリの最終週となってしまった。仕事で忙しく落ち着いた時間を取れなかったのは事実だが、その気になればもっと早く片付けられたものを、ギリギリになるまで放置していたことに悔しさを今年も感じる。

二月は逃げる、三月は去るというが、まさしく実感である。よく歳を重ねると時間の流れるスピードが速くなり、一年も一月も一日もあっという間に終わる、ということを聞きく。その原因は10歳のときの一年は、人生の1/10だったが、60歳になると1/60になるから短く感じるんだ、と言われる。

これはなるほど一理あると思われるが、一日や一週も短く感じることの原因は別にあるのかも知れない。それは、加齢により諸事についての処理スピードが昔より遅くなり、あれをして、これもしてと思っていた作業が思ったようにこなせず、時間が足りないと感じることが一因だと、正月の高校同窓会新年会で、ある友人が言っていた。

自分もそのように実感することが多くあるが、自分では認めたくないと思っていた。が、よくよく考えるとこれは残念ながら当たっているようだ。素直に認めて、無理をせずゆったりとした心もちで過ごしたいと思う次第である。それが、早期定年退職後以来自分が目指してきたスローライフの真髄とあらためて思う。



by yellowtail5a01 | 2019-03-13 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年3月12日(火) 薄曇り 

大相撲春場所も始まり、イカナゴ新子も解禁になり、春を感じるが心は落ち着かない。二月末から三月上旬にかけて東京への宿泊出張が続いたため、確定申告に行けていないのと明石の出勤パターンも乱れ年度末にやるべき課題に十分取り組めていない焦りがある。

9日(土)のグリークラブ発表会や日曜のビッグバンド、月曜の十三歌会と音楽関係は連日充実して、楽しめているが、現実に戻るとどことなく落ち着かない。今期中に仕上げるべきことの進捗、四月早々に予定している研修会の準備も気になる。講師仕事の標準テキストの改訂も喫緊の課題である。

昼休みくらいはのんびり海岸散歩とするが、空気が湿っぽくてもやーっとしている。
e0083517_03070452.jpg
イカナゴ漁でも観られたらいいのだが、昼の時間にはそれはない。何をしているのかわからない漁船が操業している。
e0083517_03072575.jpg
春を思わせる界隈には小鳥たちが元気。防波堤の上を好んで歩いている小鳥は千鳥の類か、或いは知らない鳥なのだろうか。近づくと逃げるが、しばらくするとまた戻ってくる。一定の距離があれば逃げない。
e0083517_03075743.jpg
帰り道、二見のお好み焼き屋さんに寄って、新子のくぎ煮を調達しようとしているが、販売所には早朝から列ができすぐに売り切れるので、今年はまだ炊けていないと店主のおばあさん。空振りに終わるが、焼きそばを注文して食べて帰る。

by yellowtail5a01 | 2019-03-12 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年3月11日(月) 曇のち晴 

8年という年月は、若い頃ならとてつもなく永い時間だったのであろうが、この歳になると全然永くは感じない。忘れもしない娘の引っ越し手伝いで初めて浜松にクルマで送って行った翌日の帰り道。東名高速の名古屋手前で遭遇したが、地震には気付かなかった。

阪神・淡路大震災は24年前となり、さすがにこちらは大分以前のことと感じるが、それでも大昔とは思えない。朝から震災ニュースに心痛めながらも十三に向かい、斉唱の会でくつろぐ。道端に膨らんでいる蕾は木蓮か。
e0083517_20060612.jpg
総数120曲弱なので、F先生の指導の下に歌う三度目の曲が増えてきている。果たしてどの程度進歩してきているのか。録音データで聴き比べると今日のと二年前もあまり変わらない気がする。

しかし、恐らくこの先も体力が続く限り継続することになりそうな予感がする。思い切り大きな声を出すことに意義を感じるのである。

by yellowtail5a01 | 2019-03-11 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年2月1日(金) 晴 

水曜日以来散々な目に遭っているが、なんとか調子が上向いてきたようだ。胃の調子は全快ではないが、ようやく何かを作って食べようという意欲が湧いてきたことは嬉しいことだ。朝はお粥、昼はおむすびで簡単に済ませたが夕食は天婦羅山菜玉子蕎麦と具沢山な掛け蕎麦となった。一つ目の嬉しいことだった。

二つ目の嬉しいことは、三階書斎兼寝室のエアコン室外機が不調でガラガラと大きな音を出し始めた。分解してしまいそうだったので、昨夜はベッドを諦め二階の和室に布団を敷いて寝た。ダメ元で室外機のカバーを外し、修理できないかとトライするが、電子回路基板と冷却フィンが邪魔をして、とてもファン部分迄到達できない。修理は諦めるが、場所を少し移したりしたのがよかったのか、スイッチを入れてみると雑音は消えた。怪我の功名でいつまでもつかわからないが、今晩は試してみようと思う。

似たような話で、二階リビングのガス暖房機がサーモスタット不調で修理見積依頼していたのが、完成しているとの連絡があった。代替機を入れてもらっているので、忘れかけていた。清掃と簡単な調整で一応直ったとのことで、修理代は6000円強。しかし、型落ちの新品に買い替えると一万円ポッキリでいいですよとのこと。やっぱりそう来たかと思ったが、新品を購入すると修理品の修理代は不要で修理品もお使いになるならどうぞと。そのオファーに乗らない手はない。三階のエアコン不調の場合は、ガス暖房器で凌げそうだ。

三つ目は、午後の神戸でのSWINGコーラス練習会。新春懇親会でのステージも終わり一段落だが、有志が集まり自主練習。五月のステージの曲選びを討議したり、以前の歌を何曲か練習したりでチームワークが強化されているのを感じるとともに、慣れない旋律を譜面頼りに音取りをすることに、自分も含めて進化しているような気がした。

四つ目は、昨日夜に完読した「七つの会議」をレイトショーで観てくることができた。かなり原作に忠実であった。登場人物、役割を単純化することにより、原作よりも優れているところも散見される。原作では、サラリーマン社会での葛藤、憎しみに焦点が当たり過ぎて、そこまでひどくはないだろうと思ったものだ。映画では、その葛藤や憎悪を上回る正義感が貫かれており、原作より痛快であった。そして、なによりも納得・感動したのは主人公のエンディングの独白。ここは原作にはなかった部分で、メッセージ性の強い秀作。家内が退院すれば、ぜひ一緒にもう一度観たい映画である。

あとはカタール戦に勝利してくれればいうことがないのだが。

by yellowtail5a01 | 2019-02-01 23:11 | ひとりごと | Comments(2)