ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:ひとりごと( 283 )

2018年8月8日(水) 薄曇り 

金曜日に東京出張を控えており、台風の進路が気になる。どうやら水曜の夜から木曜の朝が首都圏に影響がありそうで、金曜日には離れているとの予想。大丈夫そうだが、用心を見て約一時間早く着くのぞみを予約する。

今回は品川から至近の恵比寿駅から10分のクライアント様なので、楽勝である。一時間余裕を持った切符を買いにさくら夙川駅に出向く。折りから東方の台風の影響があるのか、夕焼け空はやや紫っぽいのが気になる。
e0083517_01504691.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-08-08 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年8月1日(水) 晴 

いつの間にか七月は過ぎゆき、月が替わる。今日は法務部門OB・OG会の案内状発送の日。去年からeメールに切り替え、メールアドレス不明の人のみ往復ハガキ対応とする。eメールはコストもかからず楽といえば楽だが、頼りないところもあるのは否めない。

BCCで40通強を同報発信したが、二カ所は届かず戻って来た。それが誰かを特定できれば対処方法はあるが、わからないのが辛い。夜までに7名くらいから受信確認の返事をもらえ、有難い。

明日は芦屋グリークラブ、金曜は松愛会支部のコーラス練習、土曜日は英語会と忙しくなりそうだ。英語の予習は三分の一レベルなのであと二日で何とか仕上げたいものである。

学校は夏休みとなり、通りを歩く中学生も制服からクラブウェアに変わっている。大社魂と背中に刷り込んだユニフォームが気になる。なんのクラブなのだろうか。
e0083517_02495003.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-08-01 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年7月27日(金) 晴のち曇一時夕立 

明日の英語会の予習は若干残っているが、今日もフリーディなので朝から懸案の家事目標に取り組む。昨年九月からの日経に連載されている小説を読もうと思って朝刊をため込んでいるが、ずいぶんな量になってきて新聞が山積みになっている。

毎日読めばいいものを、まとめて読もうとため込んでしまっている。読むだけなら連載終了後に単行本が発刊されるので、それを読めばいいものだが、毎日の連載で描かれる挿絵が捨てがたい。去年の11月から今年の7月分までの整理に取り組む。エアコンをつけてBGMを流しながら作業をすると、二時間ほどで完了できた。ちょっとした達成感を味わう。

その他、細かい事務処理もこの際かなり片付けることができた。郵便物はこまめに確認して、処理をしておかないとアカンなとつくづく思う。郵便で私信を受け取る機会はずいぶん減った。しかし、DMや業者からの連絡は毎日来る。その中で開封しないで捨てるべきものと、開封して確かめるべきものとの判断基準が難しい。

保険会社、プロバイダー、出版社など対応すべきものについては、電話したりメールしたりで片付けることができ、少し気分が軽くなる。

夕方になって台風対策として外回りの片づけをする。かつて経験したことがない方角から台風がやってくるようだ。土曜深夜から日曜にかけて阪神間に最接近しそうである。最低限の庭の整理を完了し、久しぶりの打ちっ放しに出向く。

このところの暑さでゴルフコンペは中止されるものが多い。練習も暑さにかまけて全然行っていないので、久しぶりに甲子園浜アコーディアに向かう。まあ、直接的な動機は誕生日プレゼントとして1万円チャージすると通常より1500円多い計2500円がプレミアムとして付くので、期限の七月末までに行っておこうという姑息な動機である。

ラッキーだったのは駐車場から北の空を仰ぐと、珍しい雲の形に残照が当たり、なかなかの芸術的な雲写真を撮れたことである。自分の目には、フラメンコダンスの踊り子に見えて仕方がない。
e0083517_01540324.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-07-27 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2018年7月23日(月) 晴 

朝の通勤電車は、学校が休みに入ったのかずいぶん空いてきた。一駅先の芦屋川で空席ができ難なく座れる。高速神戸の手間で電車がストップする。一ヵ月前の大阪北部地震を思い出す。なんかアナウンスがあるかと身構えていると、三分ほどで電車は動き出してやれやれ。

一週間分の業務が溜まっており、夕方まで集中力が高まる。昼休みは、灼熱地獄ではあるが日課の海岸散歩に出向く。
e0083517_00181112.jpg
明石海峡を貨物船が西に向かう。海流は西流れ、風は西風。海流と風が真っ向から向かい合い、海面はざわついている。
e0083517_00184191.jpg
定時に仕事は片付き、帰路につく。最近本当に寄り道もせず、まっすぐ帰宅する習慣が定着した。それは、神戸で一緒に遊べる友達が減ってしまったからなのか、或いは自分の意欲が衰えてきたからか。





by yellowtail5a01 | 2018-07-23 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年7月12日(木) 薄曇り 

火曜日の出勤日に積み残した業務課題に取り組む。久々に難しい課題である。悪戦苦闘して文書にまとめるが、読み返し、考え直すと、考えが逡巡する。自分一人で結論を出すものでもないので、信頼できる仲間の意見も尊重したい。

それ以外にも来週末の講義テキストの調製もあり、終日パソコンの前で奮闘することになる。その間に、友人から入って来るメールへの応答はいい気分転換である。

腹の立つことは、通販で注文したスニーカーの色違い。一度履いてみたかったNBブランドのスニーカー。かなりお手頃価格でネットに出ていたので、速攻注文したらすぐに届いたのはいいが、色違い。

黒を頼んだつもりだったのに届いたのは、赤。サイズはUSサイズとセンチで書かれていたので間違わないが、色はコード表示なので、わからなかった。交換を要求すると「ご注文は赤になっています。在庫があれば黒に交換しますが、なければ返金します。但し返送料金はお客様でご負担ください。」とのこと。

写真のサンプルが黒モデルだったので、よく確かめないまま注文してしまったのは当方の落ち度かも知れないが、色をコードで表示されたらわからない。コードの後ろに括弧で「赤」と書いてくれていればこんな間違いはしない。

せっかく安く買ったつもりが、返送料に1000円強も掛かるとなると、お買い得感は吹っ飛んでしまった。クロネコヤマトから返送する。どす黒い空が恨めしい。
e0083517_23313927.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-07-12 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2018年7月7日(土) 雨 

本来であれば9時45分に芦屋市民センターに集合して、直前練習をして午後1時半の本番舞台に臨む予定であったが、行事自体が中止になってしまった。

特別警報が出ていたり、各地の甚大な被災状況が報じられるが、この辺りは平穏そのもの。例年の梅雨時季と何ら変わらない。芦屋と大阪に出かけた木曜日がピークだったようだ。

このところ降り続く雨のおかげで乾きやすいハンギングバスケットもたっぷり潤い、水遣りをしなくても株が育ってきた。仕立ててから10日だが、気になっていた水苔はすっかり見えなくなった。早く娘宅に届けたい。
e0083517_22215511.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-07-07 22:30 | ひとりごと | Comments(0)
2018年7月6日(金) 雨 

テレビといえば朝から大雨情報、サッカーチーム帰国情報が賑わっているかと思うと、いきなりオウム真理教関連の死刑執行のニュースが飛び込んでくる。大雨情報は気になるが、他のニュースはいずれももう終わった話でしょ。

午後に上六シェラトンホテルで開催の三菱UFJ銀行(行名から東京が消えてしまった)主催の講演会に出向く予定だったが、JRや私鉄のダイヤも乱れているようなので、パスする。おかげでゆっくりした一日を過ごすことができた。

明日に予定していた芦屋ルナホールでのグリークラブデビューも大雨・洪水警報のため中止となってしまった。ホッとしたような無念なような。いずれにしても気が抜ける。

夕方まで断続的に降り続いていた雨も夜には小降りとなった。気分転換に甲子園アコーディアに出向いてクラブを振る。来週金曜日は晴れてPRGコンペに出走したいものである。
e0083517_22072395.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-07-06 22:20 | ひとりごと | Comments(0)
2018年7月4日(水) 小雨~薄曇り 

格別の予定はないのだが、家内の歯科医通院アッシーが入る。5分の距離なので、歩行訓練を兼て歩いて行ってもらいたいところだが、雨だと已むを得ない。送り迎えとなる。

このところ気になっていた買い物に走る。一つはSWINGコーラスで使う楽譜入れファイル。百均で買うが、紺系のサイドインのファイルはなかなか入手できない。電話でセリア甲子園店に一つだけ紺系のお目当てファイルがあるというので、出向く。ようやく6冊は確保できた。

旧ダイエーのショッピングセンターの地下二階は、昔ながらに賑わっている。甲子園球場に行く人たちの群れは以前と変わらない。
e0083517_00423463.jpg
ビルの上層階から見下ろすと球場に向かう人の流れ。勝って欲しいものである。
e0083517_00434250.jpg
その後は、ペットショップアミーゴで熱帯魚水槽のフィルターや水質改善剤を買い、ロイヤルホームセンターでハイポネクス等を購入して帰る。



by yellowtail5a01 | 2018-07-04 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年6月28日(木) 曇のち晴 

この季節総会の日が晴れ渡ったという記憶はほとんどないが、今日はまずまずのお天気。しかし蒸し暑い。大阪城ホールの中に入るまでは汗が噴き出す。
e0083517_21064454.jpg
議長も慣れたもので、一部あった不規則発言に対しても冷静に処理された。質問が続く中、最後まではおれなかったが、結果的には予定の12時に終了したとのこと。新たに法務・コンプライアンスを担当することになったアメリカ人役員の答弁も聞くことができ、行った甲斐があった。
e0083517_21063362.jpg
それにしても役員の顔ぶれもすっかり若返り、現役時代に直接親交があった人はごく僅かとなり、時の移ろいをあらためて思い知らされる。総会終了後に同期会のランチ宴会があるのだが、今日は参加できず涙を飲んで芦屋に向かう。

大丸二階のカフェでランチを済ませて市民センターに向かうとちょうどいいタイミングとなる。芦屋駅前の植栽がなかなかいい。
e0083517_21065700.jpg
7月7日の発表会を控えて、今日はボイストレーニング無しでいきなりフォスターの三曲に取り組む。今日からピアノの先生も入り、F先生は指揮と指導に専念。課題のある個所を徹底指導いただき、なんとかなりそうな気がしてきた。練習日はあと一日のみ。自信の持てるところまで自習もしたい。

by yellowtail5a01 | 2018-06-28 23:59 | ひとりごと | Comments(1)
2018年6月18日(月) 晴 

いつも通りの月曜出勤で、阪急で西に向かう。順調に三宮を過ぎ地下に潜った花隈駅で停車時間が長い。何だろうと思っていると、車内アナウンスで地震発生のため、現在線路の点検中とのこと。

地震には全く気が付かなかったが、間髪を入れず姪っ子から地震見舞いの電話が入り、メールや電話で安否見舞いの連絡をたくさんいただく。相当大きな地震だったようである。家内からもメールが入り、相当揺れたようだが損害は殆どないとのこと。お気に入りのワイングラスが割れたのが残念。

JRはもちろん、阪急、阪神もすべて復旧に時間がかかりそうなので、会社に連絡をして今日は休業とする。それはいいが、帰宅手段をどうするか、それが問題だ。歩いて帰れば三時間強か。いつ降り出すかわからないし、天気が良ければ暑くてたまらない。

阪神西宮と税関前を結ぶ路線バスがあることを思いつき、それで帰ることにする。三宮駅前の乗り場に行くと長蛇の列ができている。始発でもないのでとても乗れそうにない。
e0083517_01202906.jpg
始発停留所は税関前なのでそこまで歩くことにする。近くにいた中国人の青年も「連れて行ってください」とのことで一緒に向かう。税関前停留所にも列ができていたが、運よく座ることができた。

このような非常事態になると列をなしていても、知らない人とのお喋りが進む。平常時には知らん顔で口をきくこともないが、なぜかこのような異常事態に遭遇すると、皆饒舌になるのは面白い。

三宮駅の手前のそごう前でほぼ満員となり、三宮駅前から乗られた人は限られる。読みは正解だった。しかし、苦行はここから始まる。とにかく進まない。R43からR2の分岐である阪神西灘に行くまで2時間。

R2に入ってからは少し流れはよくなったが、歩いた方が早いペースで、何度か降りて歩こうかと思ったが、一度降りて再度乗ったらとても座れない。トイレニーズが切迫しない限りはこの既得権を享受しようと思う。幸い自分より高齢の乗客や障害者、妊婦は近くに見当たらない。

道中の阪神バス停留所では、長蛇の列。おそらくタクシーを除けばこのバスが唯一の公共輸送機関。どの停留所も列ができている。これは東灘の田中。
e0083517_01204231.jpg
結局、税関前で乗車してから5時間半かかって、最寄りの2国夙川橋の停留所で降りる。時すでに15時40分。仕事は、明日に振り替えて出勤することにする。

早朝の神戸の素顔を垣間見ることができたのは今日の収穫か。花隈から元町に向かう高架下のスラム。
e0083517_01200334.jpg
美しいものではないが、時代に取り残されたペーソス感が漂う。
e0083517_01201047.jpg
賑やかなセンター街の通りも朝は人影もまばらで、清掃車や搬送車が堂々と通りを占拠しているのは初めて見る光景であった。
e0083517_01202096.jpg




by yellowtail5a01 | 2018-06-18 23:59 | ひとりごと | Comments(2)