ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:ひとりごと( 300 )

2019年2月1日(金) 晴 

水曜日以来散々な目に遭っているが、なんとか調子が上向いてきたようだ。胃の調子は全快ではないが、ようやく何かを作って食べようという意欲が湧いてきたことは嬉しいことだ。朝はお粥、昼はおむすびで簡単に済ませたが夕食は天婦羅山菜玉子蕎麦と具沢山な掛け蕎麦となった。一つ目の嬉しいことだった。

二つ目の嬉しいことは、三階書斎兼寝室のエアコン室外機が不調でガラガラと大きな音を出し始めた。分解してしまいそうだったので、昨夜はベッドを諦め二階の和室に布団を敷いて寝た。ダメ元で室外機のカバーを外し、修理できないかとトライするが、電子回路基板と冷却フィンが邪魔をして、とてもファン部分迄到達できない。修理は諦めるが、場所を少し移したりしたのがよかったのか、スイッチを入れてみると雑音は消えた。怪我の功名でいつまでもつかわからないが、今晩は試してみようと思う。

似たような話で、二階リビングのガス暖房機がサーモスタット不調で修理見積依頼していたのが、完成しているとの連絡があった。代替機を入れてもらっているので、忘れかけていた。清掃と簡単な調整で一応直ったとのことで、修理代は6000円強。しかし、型落ちの新品に買い替えると一万円ポッキリでいいですよとのこと。やっぱりそう来たかと思ったが、新品を購入すると修理品の修理代は不要で修理品もお使いになるならどうぞと。そのオファーに乗らない手はない。三階のエアコン不調の場合は、ガス暖房器で凌げそうだ。

三つ目は、午後の神戸でのSWINGコーラス練習会。新春懇親会でのステージも終わり一段落だが、有志が集まり自主練習。五月のステージの曲選びを討議したり、以前の歌を何曲か練習したりでチームワークが強化されているのを感じるとともに、慣れない旋律を譜面頼りに音取りをすることに、自分も含めて進化しているような気がした。

四つ目は、昨日夜に完読した「七つの会議」をレイトショーで観てくることができた。かなり原作に忠実であった。登場人物、役割を単純化することにより、原作よりも優れているところも散見される。原作では、サラリーマン社会での葛藤、憎しみに焦点が当たり過ぎて、そこまでひどくはないだろうと思ったものだ。映画では、その葛藤や憎悪を上回る正義感が貫かれており、原作より痛快であった。そして、なによりも納得・感動したのは主人公のエンディングの独白。ここは原作にはなかった部分で、メッセージ性の強い秀作。家内が退院すれば、ぜひ一緒にもう一度観たい映画である。

あとはカタール戦に勝利してくれればいうことがないのだが。

by yellowtail5a01 | 2019-02-01 23:11 | ひとりごと | Comments(2)
2019年1月31日(木) 曇のち雨 

なんとか1月中に今年の初ラウンドができると楽しみにしていたが、生憎の体調不良。そんなおり天気予報に従い延期にしようということになった。キャンセルだと3000円取られるそうなので、一ヵ月延期としたようだ。

有難い。こんな絶不調で一日楽しく回れそうにないし、スコアも悪ければますます落ち込むこと必至。昼頃から雨もしっかり降り出し、正しい判断だったと思う。外に出る気にもなれず、テレビを視たり、ウトウトしたり。「七つの会議」も大分捗ったので、こんな雨の日もありとしよう。
e0083517_22005865.jpg
夜には最後まで読み切り、明日封切のロードショーを観たいものである。夜なら行けるか。その元気が残ってくれていたらいいのだが。二日間見向きもしなかったウィスキーを試してみると、これは受け付けた。快方に向かっているのだろうか。

by yellowtail5a01 | 2019-01-31 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年1月25日(金) 薄曇り 

陶器のタンクが割れて使用不可になっていたリビングルームに近いトイレ。30年以上前の東陶製品で、タンク交換は無理とのこと。ホームセンターに行って相談するとピンからキリまである。値段の開きはピンとキリでは約5倍。

当然キリの機種を選び、工事依頼していた工事が朝から始まる。9時きっかりに見積時に来た業者が来て、二時間きっかりで工事完了。一週間前に始まったキャンペーン期間中の割引も適用され、当初覚悟していた予算の半額で済んだのはありがたい。

パナソニックのアラウーノという機種だが、水道代も節約できるとのことで期待する。
e0083517_18005044.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-01-25 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年1月22日(火) 晴 

11月後半に散髪に行ったきりで、正月前には結局行く機会を逃してしまった。明日も講師仕事が入っているので、少しはスッキリしようと昼下がりに三宮に向かう。散髪のあとなんとなくぶらりとヤマハに寄る。以前の元町商店街にはしばらく通ったものだが、三宮に引っ越してからというもの二度目の訪問。

オカリナはいくらくらいで売られているのかを確かめるつもりで行ったが、ネットで見るよりもはるかに高い。アルトのC管があるので、当面必要はないが、上手くなればソプラノG管が欲しくなりそうな気がする。せっかくなので、楽譜コーナーで物色していると50前後の女性が同じコーナーで楽譜選択。

オカリナの楽譜を探しているという点で共感を覚え、言葉を交わす。始めて4年目とのこと。こちらはまだせいぜい3ヶ月くらいか。楽譜本の取り合いにはならなかったが、何となく一冊購入したいという気が湧いて、CD付きの本を3000円弱で買って帰る。役に立てばいいのだが。

夕方には三日ぶりに家内を病院に見舞う。いくぶんよくなっているようで、先日届けた「七つの会議」の文庫本が少し進んでいるようだ。高槻山手界隈の夕刻は寒々しい。
e0083517_00373163.jpg

by yellowtail5a01 | 2019-01-22 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年1月16日(水) 曇 

朝一番から高槻に向かい、主治医の先生との面談。家内の容態は安定はしているとのことだが、必要なリハビリテーションができていないので、リハビリのできる病院への転院をすすめられる。確かにおっしゃる通りで、歩く能力を回復しないことにはどうにもならない。高槻は遠いので、西宮で探すことにする。高校同窓の先生に相談して糸口を得るが、果たしてどうなることか。

家内関係の手続きで市役所に出向く。クルマで行こうかと思ったがせっかくの歩くチャンスなので徒歩にて向かう。歩くと思わぬ被写体にも出会えるので、一石二鳥である。
e0083517_05571409.jpg
帰りには、Y!mobileに寄って安くなるプラン変更と日頃からわからない操作方法の指南を受ける。電池もあと半年は何とか持ちそうなので、保証を解約し毎月の料金を少しは安くできそうである。

夜は国立循環器センターのナレッジキャピタル。今日はコレステロールの話で、夕方から梅田に向かう。ヨドバシカメラの都内rに大きなビルができつつある。なんのビルなのだろう。
e0083517_05573629.jpg
で、今日の講師は40代の女性医師。メリハリとユーモアにあふれた語り口は参考になる。
e0083517_05574555.jpg
12月の健康診断でコレステロールが警戒域になっているので、関心を持って聞くことができたが、主眼は遺伝性疾患と新薬開発の動向に焦点を当てた専門的な話だったので、ちょっとアテが外れた。
e0083517_05575452.jpg
一般的な高コレステロールへの対処方法は、生活習慣改善で、血糖値対策と同じように食べ物と運動とのこと。意識しているつもりだが、より意識を高めて実践していきたい。


by yellowtail5a01 | 2019-01-16 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年1月7日(月) 薄曇り 

新年早々バタバタと慌ただしい毎日だったが、はや七日。昨日買っておいた七草粥セットとパックライスで手早く作った七草粥だけを駆け込んで家を飛び出す。
e0083517_07111411.jpg
今日が昭和の最後の日に当たるそうだ。そういえば30年前の今日は、初めて本社から事業場に転勤した二カ月後に、正月2日から米国出張を命じられ、米国本社で業務を終えて、シカゴの研究所に挨拶がてら初めて寄り、夜に出向者のお宅に招かれた時に、天皇ご崩御のニュースを知ったのを思い出した。

昭和を過ごしたのが約40年、平成が30年か。その平成も間もなく終わろうとしているのかと感慨に耽りつつ、播磨灘沿岸散歩となる。
e0083517_07114483.jpg


by yellowtail5a01 | 2019-01-07 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2019年1月1日(火) 晴 

朝からいいお天気の穏やかな新年を迎える。しかし、一人ではどうもお祝いをする気分にもなれない。作ってしまったおせち料理は食べないわけにいかないので、重箱はやめて大皿に一通り載せる。

お屠蘇は越乃寒梅2:本みりん1の割合に屠蘇散を昨夜につけておいた。いつもは家内任せだが、何事も経験である。白みそのお雑煮も初めて自分で作る。なんでもネットですぐに指南が出てくるので助かるが、日頃気付いていなかった家内の働きを改めて知る。
e0083517_16013683.jpg
また、この歳になると友人の中にも妻を亡くした人、夫を亡くした人も少なからずいらっしゃるが、元旦にはいつも以上に喪失感を思い起こされるのではないかと思いやられる。

まずは隣に住む兄貴に新年の挨拶に行く。母を亡くしてから隣に住んでいながら交流がほとんどなくなってしまったが、お正月くらいは自分からきちんと挨拶をしておきたい。

年賀状が届いてからそれを持って病院に見舞いにいこうと思ったが、10時を過ぎても届かない。諦めて手ぶらで見舞う。本人も階段の多い自宅より病院での生活に安心しているようだが、いつまでも救急病院にいるわけにもいかない。

いったん家に戻ると年賀状が届いていた。例年大体それぞれ同じパターンであるが、形式だけに徹している人、形式に一言コメントを添えてある人、写真や寸評で近況がわかる人、細かい字でぎっしりと思いの丈を書かれている人。

いずれも一枚一枚観ていて嬉しいものであることは違いないが、近況がわかり自分に宛てたメッセージが一言あるものが一番自分の感性には合っているようだ。

高齢を理由に今回限りで年賀状を止めると宣言される方、平成を最後に年賀状を止めるとの方、メール年賀に切り替えるとの方。いろいろある。自分もいつかはエンドにしたい気もするが、まだ早いかなというのが実感である。

中には還暦を契機に年賀状を廃止したが、古希を契機に復活するという友人もいた。歳をとることによる心境の変化も人さまざまと思い知る。

急いでチェックしないといけないのは、こちらが出していなかったのにいただいた方。これはすぐに返信しておきたい。去年新たに趣味の関係で知り合った人が3枚、以前やりとりをしていたけどここ数年お互いに途絶えていた人が2枚。すぐに返事を用意して郵便局に向かう。

郵便局本局に行ったついでに、西宮神社に参詣してみようかと足を向けるとなんと例年にない混み具合。十日戎ならいざ知らず、元旦でこんなに混んでいるのは初体験だろう。相当並ばないと入れそうもないので、今日は諦める。明日なら少しはマシだろう。
e0083517_16022754.jpg
あるネットニュースで読んだ神社参拝の常識というのがあり、神社参拝には正装していかねばならないとあった。しかし、西宮神社で見る限り正装している人は一人もいない。ジャンパーやカジュアルコートが当たり前。確かに伊勢神宮にお詣りに行く時にはドレスコードが指定されていたのを思い出した。

通り道でいつも感心する正月飾りのお宅の門前を撮らせていただく。門松としめ縄が上品に飾られている。ただ、それ以外のお宅ではしめ縄を玄関ドアに懸けている家は、せいぜい40%くらいか。
e0083517_16021281.jpg
昔はマイカーにもしめ縄をつけているのをよく見かけたが、注意して見ていてしめ縄をフロントグリルに付けていたのはたったの一台のみ。いつからこのようになったのであろうか。そういう自分も飾ったのは生涯で二度くらい。
e0083517_16025374.jpg
四月になれば新元号名が発表されるとのことだが、ますます西暦との換算や元号を越えた年数計算が難しくなりそうだ。今年が新元号1年、東京オリンピックが新元号2年、大阪万博が新元号7年となるのか。

役所関係書類も西暦に統一してもらうと有難いと思うが、世の中の意見はどうなのか。ネットで見ると意外なことに和暦派または和暦と西暦併記派が圧倒的に多いようである。元号を廃止する必要はないと思うが、何か合理的な解決策はないものか。

by yellowtail5a01 | 2019-01-01 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年12月29日(土) 薄曇り 

例年余裕をもって年賀状を仕上げることはないのだが、今年は特に遅れてしまった。もっと早く着手しておけばといつも思いつつ、スイッチが入るまでなかなかその気になれないのが自分の弱点である。

去年は喪中通知だったので11月に終えて楽勝であった。その分、去年はほとんど受取もなかったので、勘が狂う。住所変更に対応できていないかも知れない。

年末の4日間はフリーなので、2日を年賀状作成に、その後の2日は掃除やおせち料理づくりに充てることにした。

裏面のデザインは家内と共通なので、写真と文言を家内の承諾を得て確定。昨日中に名簿整理を終え、夜を徹してプリンターフル稼働。新婚時代からしばらくは、プリントゴッコなるツールで印刷したもので、乾燥させる時間が必要だったが、今はプリンターにお任せで、用紙を補給するだけで裏表が完成するので楽ちんである。

昨夜から一言コメント記入に時間を費やす。大したメッセージではないが、大概同窓会やOB会、ゴルフの日程案内を伝達する機会となる。しかし、中には書くべきメッセージを思いつかない方もいる。いつまで年賀状を継続するのか、そろそろ検討するお年頃かも知れない。

日頃から会ったり、メールやラインで繋がっている人には年賀状不要という意見も聞く。年賀状でのみ存否確認をできる大切な友人や親戚には継続すべきと思う。しかし、メッセージにいろいろ書きたくなるのは、日頃から付き合っている皆さんとなり、年賀状パラドックスに陥りそうである。

何はともあれ丸一日かけてメッセージを書き終え、遠方から市内へと時差投函で夜にはすべて完了。元旦に届いてくれるのは半分もないかも知れない。

by yellowtail5a01 | 2018-12-29 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2018年12月21日(金) 晴のち雨 

To Do Listの項目は山積みだが、気ばかり焦り、なかなか進まない。まあ、一つづ片付けて行くしかないのだが、あれやこれや頭の中を駆け巡るばかりで遅々として進まないのは悩み。

年内あと10日を残すばかり。その間に年賀状を仕上げ、最低限の家内外の大掃除、自室の整理整頓、寄せ植え、おせち料理、コーラスの自習、etc.を考えると心が落ち着かない。

自分が目指すスローライフの境地とは真逆な気がしないでもないが、自ら好んでいろんなところに首を突っ込んでいるので、当面このような生活がつづくのか。来年は大台入りするので、根本的に見直してもいいのかも知れない。

by yellowtail5a01 | 2018-12-21 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年12月2日(日) 晴 

昨夜は忘年会の後、過半数の12名が二次会のジャンカラカラオケに流れ、午後10時前まで騒ぐ。遅くまで騒ぐ不良老人というか、元気な健全老人というか。他人様に迷惑をかけず盛り上がれるというのは、健全老人であると思いたい。

その反動もあってか、祭りの後のアンニュイな日曜日となる。やるべきことは結構あるが、なんとなく気乗りがしない。まあ、こんな日が休息になるのであろう。今週は今週で仕事もあり、ゴルフもあり、合唱練習もあり―ので忙しい。

先日のバトルゴルフで戴いたお土産。京風の干菓子であるがゴルフ景品にはピッタリであろう。
e0083517_19014642.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-12-02 23:59 | ひとりごと | Comments(0)