ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

カテゴリ:ひとりごと( 268 )

2011年3月29日(火) 晴一時雨

 このところ仕事に出張にその合間の趣味活動に滅法忙しくて、家でゆっくりパソコンも覗けない状態であったが、久しぶりの家でのんびりモードの火曜日となった。震災被害、三時被害の福島原発報道で心がすさぶ。明らかに自分ガッツが低下傾向である。鬱と言うほどのことはないが、いつもの好奇心が少し後退しているようだ。

 明日は練習会仲間での六甲カントリーでのガチンコ対決。負けるわけにはいかないので、洗濯やイカナゴ煮付け、肉じゃが調理の合間に練習所に足を運び、家ではパターの感触を取り戻すべく、絨毯練習をする。

 被災地や原発避難民の方のご不自由を思うと心が痛むが、こちらも落ち込んでばかりはいられない。ここは目標を持って明日の練習ラウンドに臨みたいと思う。

 通路に植えられたユキヤナギがようやく咲き出した。清涼感満点だが、肌寒い。
e0083517_0482895.jpg


 子供のこらから大好きな花の一つ、ムスカリも忘れているのに蜂から芽を出し、花もまもなく満開。
e0083517_0494950.jpg


 小ぶりのラッパ水仙はいよいよ今が盛りと咲き誇っている姿が哀れでもある。
e0083517_0504712.jpg


 ツタ類の中では一番好きなヘンリーツタの新芽が出かかっている。今年も美しい葉を存分に見せてくれ。
e0083517_050634.jpg


 なぜか今年はイカナゴが豊漁のようだ。普通の年で1kgで1500円、高いときは2800円。今年は豊漁だったのであろう。午前の入荷直後の定価販売でも今日は580円。なんとか本場並の釘煮を作りたいものである。
e0083517_0502617.jpg


by yellowtail5a01 | 2011-03-29 23:59 | ひとりごと | Comments(5)
2011年3月23日(水) 晴

 震災関連ニュースを見ることが多いが、ついつい16年前の阪神淡路大震災と比較して見てしまう。確かに大変だったが、阪神に比べると今回のは、余震の頻度・程度、津波、二次災害としての原発事故、被災エリアの広大さ等の点を考えると唖然せざるを得ない。

 水道が回復するまで3ヶ月、電車が戻るまで約半年がかかったが、孤立感は全くなかった。遠いところでも3時間歩けば利用可能な駅に行け、そこから電車で15分行くと、何ごともなかった大阪があり、物資はほとんど何でも揃い、リュックに入れて持ち帰れば済んだ。今回は、あまりに広すぎて移動そのものが至難、物資の搬入も至難ときているから、本当に孤立といっていい地域が多数存在するようだ。

 地元行政も崩壊状態だろうが、国や他府県が出向いて孤立スポットにヘリから救援物資・食料セットをスポットごとに配給できないものであろうか。

 一方、原発事故の影響が確実に現実の脅威となりつつあるのは福島県のみならず広く関東一円の人々には気になるところであろう。野菜や水道の汚染レベルや人体への影響が本当のところどの程度なのか政府発表や報道解説を聞いていてもよくわからない点が多すぎる。

 パニック、風評による混乱は絶対避けなければならないが、いつまでも「今回の事象は・・・」と言っている政府発表には疑問を感じる。疲労困憊の中、終始誠実に真摯な態度でスポークスマンに徹している枝野官房長官には頭が下がる思いで責める気は毛頭ないが、発表内容は気になるところである。
by yellowtail5a01 | 2011-03-23 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2011年3月17日(木) 晴ときどき小雪

 久しぶりにバイクで出勤となるが、めっぽう寒い。北の被災地では氷点下というから、このくらいの寒さはどうってことない。電車で行けばいいのだが、ゴミ当番に当たっているので、カラス除けネットを片づけるためにはバイクしかない。

 娘が抜けて一週間になるが、代わりに義母が滞在中なので、賑やかなのはいい。やはり、家庭は賑やかなのがいいが、なかなかそうも行かないのであろう。で、昨日義母を迎えに行くついでに、リコーのサービスセンターに寄り、懸案のCX3の不具合を直してもらう。

 それは、モードダイヤルの表示が消えてくることである。前のCX1は一年以上使ったが、そのような不具合はなかったのにCX3は10ヶ月で表示がほぼ消失してしまった。自分の指から分泌する成分が変わって、インクを消してしまったのだろうか。おそらく、コストダウンのためにインクの材質を変更したのが裏目に出たものと思われる。

 保証期間中でもあり、気持ちよく無償でダイヤル部品を交換してもらったので、問題解消。インクが改善されているかどうかわからないが、10ヶ月ももてば十分だろうと思う。
by yellowtail5a01 | 2011-03-17 23:31 | ひとりごと | Comments(14)
2011年3月14日(月) 晴

 なんか四月中旬を思わせる陽気。しかし、首都圏の計画停電のニュースを見ていると日本全体がとんでもない状況に入りつつあることを実感する。家庭の照明やテレビ、パソコン、冷蔵庫が使えなくなるだけでなく、信号も消え、電車も止まるとなるとこれはもうパニック状態と思われる。幸いにも実際に計画停電が実行されたのは夕刻の第5グループ地域だけだったのがせめてもの救いであろう。

 16年前の阪神大震災の直後、淀川を境に東は何ごともなかったかのように普通の状態が続き、西は終戦後のような状況でリュック姿でひたすら歩いたのを思い出す。今回の大地震では、どうやら富士川を境にして西は津波地獄、炉心溶解地獄、停電地獄のようだ。同じ静岡県でも富士川の西の60ヘルツ地区では停電の心配はないようだ。

 被災地の方々に何もできないが、せめて義捐金で応援したいと思い、取引銀行の義捐金口座に分相応額を振り込む。

 通勤途上のJR線路沿いの土手には、早くも土筆が出て春を感じさせられるが、今年の春は花見気分ではないかも知れない。
e0083517_21583919.jpg

by yellowtail5a01 | 2011-03-14 21:59 | ひとりごと | Comments(2)
2011年3月12日(金) 晴ときどき雪

 これまで浜松に行ったのは30代のときに駅前のホテルで会議があり、翌日にゴルフをした記憶があるが、それ以外は素通りばかりで馴染みの薄い街だったが、こうしてやってきて縦横無尽に走り回り、地図が頭の中に入ってくると親しみが湧いてくる。

 印象といえばやはりウナギの町だ。幹線道路沿いだけでも本当によくウナギのお店が沢山ある。昨日も市の南西部から中心地を経てアパートに戻る途中にあったうなぎ屋に寄ったのだが、急に入ろうとしたので、変な角度で右前輪を縁石にぶつけ、少なからぬ衝撃を受けた。見たところ大丈夫だったので、気にもせず食事を終えたのだが、いざ帰ろうとするとその右前輪がぺっちゃんこ。パンクだ。

 時間も遅くJAFでもないので、とりあえず応急用のスペアタイヤに交換してノロノロ運転で、帰路につく。最近のスペアタイヤは小さくて薄くてソリッドゴムで、頼りない感じだが、運転してみるとさほどの違和感はない。制限時速で走る分には全く問題はない。

 結局、朝の10時を待って、まずは日産ディーラを捜し、修理を依頼するが、穴が空いたのが側面だったので、修理不能とのこと。近所のダンロップタイヤのお店を紹介してもらう。
e0083517_1453536.jpg


 5年強経つが、3万キロ強しか走っておらず溝も5分は充分残っている。しかし、前輪右だけが新タイヤになるとバランスが悪いので、結局左右とも交換と言うことになる。後輪は駆動輪でもないのでそのままとする。本当に余分な出費がかかってしまった。

 娘は初出勤ということで出ていっているので、慌てて帰ることもないので、爆音の原因である航空自衛隊浜松基地の周辺をドライブする。展示館のようなものがあったので、話のネタにと寄ってみると、これがなかなかの凄い航空博物館。スクランブル訓練のジェットファイター練習機の離陸風景もまじかに見ることができる。練習機でも爆音はいっちょまえ。お奨めスポットである。
e0083517_1458236.jpg


 迎撃ミサイルもまじかに見ることができる。このところの内外のきな臭さを考えると通常兵器もなんとなく身近に感じてしまう。
e0083517_1459693.jpg


 ジェット戦闘機の操縦席や本格的なフライトシミュレーターもあり、じっくりと過ごすには見応えのあるものが多い。
e0083517_14594412.jpg


 本当は市役所の隣の浜松城にもいってみたいが、また次回以降の楽しみにとっておいて、一旦アパートに戻って荷物を取って帰路につく。時に14時ジャスト。

 東名に乗ってすぐの浜名湖SAで土産とフォトタイムとする。
e0083517_1544410.jpg


 昨日はうっかりミスってしまった湾岸道路を走る。美しい橋梁が次から次ぎに登場。この少し前にマグニチュード8.8の三陸大地震が発生したのを知ったのは帰宅後。風が強くてハンドルを取られるのが感じられたが、地震のせいもあったのかも知れない。
e0083517_1553318.jpg


 快調に走り、八日市から新名神に。鈴鹿あたりはやはり雪が舞っている。
e0083517_156031.jpg


 京滋バイパスに戻ってくると帰ってきたなという実感が湧く。走行中撮影にも慣れてきたようだ。
e0083517_1562294.jpg


 で、今回の小旅行を総括すると、「浜松はうなぎと爆音と風の街」というのが結論である。
by yellowtail5a01 | 2011-03-11 23:59 | ひとりごと | Comments(4)
2011年2月21日(月) 晴

 先週の雪の月曜日が遠い過去のことのように思われる、暖かい月曜日。通勤途上も全然寒くない。この暖かさが続くとゴルフが恋しくなって来るというもの。

 タイトルのフレーズは、プロギアの最近のテレビコマーシャルで良く耳にするコピー。中高年ゴルフフリークの心情と開き直りを良く代弁していて、傑作だと思う。ゴルフをカメラに置き換えてもそのまま当てはまる。

 プロギアのクラブとは無縁であるが、ナイキから変更したマグレガードライバーが腕に馴染んでくれて、熱くなってみたいものである。
by yellowtail5a01 | 2011-02-21 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
2011年1月31日(月) 晴

 振り返れば、沢山の新年会があり、ライブあり、撮影小旅行あり、セーリングも有りで、中身の濃い1月を過ごせた気がする。にもかかわらず、アッという間に通り過ぎていくようで、ものの哀れを感じる。これは単に歳をとったと言うことなのか、それとも感性が研ぎ澄まされてきているからなのか。

 予想では二月はもっと短い。物理的にも短いし、気分の上でも短くなりそうだ。悔いのない日々を過ごしたいとあらためて思う。
by yellowtail5a01 | 2011-01-31 23:59 | ひとりごと | Comments(4)
2011年1月11日(月) 晴

 日本の正月気分というのは、大晦日未明に突然やってきて、そこから徐々にムードは
低下するものの、少なくとも15日の小正月あたりまでは正月モードが続く。今年初めて
会った人に対する挨拶も日が経つに連れ、微妙に変化してくる。

 初出の5日くらいまでは、文句なしにフルバージョンで、大きな声で、「明けましておめで
とうございます。」とお互い抵抗なく言えるが、だんだん「明けまして」というのが言いづらく
なり、「どうも、今年もよろしくお願いします。」くらいになってくる。

 えべっさんが終わり、成人式も終わるといよいよそれも憚るようになってくる。最近の
成人式は前倒しが多いので、おそらく明日以降は、完全に通常モードに戻るのであろう。
もっとも新年会は1月いっぱい続くことになるのだが・・・

 ということで、残り戎にもう一度参拝し、過ぎゆく正月を惜しんでくることにする。去年持っ
て帰った福笹を奉納し、新しい福笹を求める。当然、先日再会した鈴木京香風ベテラン
福娘さんの所に行く。先日撮った写真を2Lプリントにして、プレゼントしつつ、
「二年前には振舞酒コーナーにいらっしゃいましたよね。」と振ると、
「はい、三年務めさせていただきましたが、今年で卒業です。」 
「うーん、それは残念。来年は寂しくなります。」

 おべんちゃらでもなく本音のところだが、なんかこれで気持ちよく今年のえべっさんを
送ることができたようで、清々しい気分になる。

生きているといろんなことが起こり、笑ってばかりもおれないが、できれば日々えびす顔で
過ごせればと思う。e0083517_5272290.jpg

経済も相場も健全に回復してもらいたいと願う。e0083517_5273671.jpg

以前よく見かけたトルコ屋台のお姉さんは健在か、という問い合わせを
神奈川の友人から戴いたこともあり、ケバブ屋台を探して回り、6軒
見つけたが、いずれも濃い感じのトルコ系男性しか発見できなかった。e0083517_5275048.jpg

Canon40D 17-85mm f4-5.6
by yellowtail5a01 | 2011-01-11 23:59 | ひとりごと | Comments(9)
2011年1月2日(日) 晴

 昨日、京都からの帰りの阪急電車で、今年の抱負を整理してみた。去年のと大して
変わり映えしない気もするが、年中行事的に記録に留めおきたい。

全般: やはり健康第一。そのためには、笑えることにどれだけ出会えるか。大笑い、
    馬鹿笑い、クスクス笑い、思い出し笑い、艶っぽい笑い。笑えることを大切に
    したい。

家庭: 断捨離精神で、片づけを励行したい。家内の快方にむけての努力は惜しまず
    尽くしたい。

仕事: 三月の契約更新が鍵となるが、謙虚な気持ちで続けたい。去年半分しか実現
    できなかった認定試験に再チャレンジしてフル認定を受けたい。

ゴルフ: ズバリ年間平均94、コンペで最低一回の優勝!

ヨット: 理論と実技の両面で深めていきたい。

バイク: 例会出席率75%。最低一回はソロツーリングで遠出したい。

フォト: CX3偏重から、重いけど一眼デジカメにも回帰。

ジャズ: ミュージシャンもさることながら同好の仲間との交流を深めたい。

ガーデニング: 盆栽はボチボチ、四季の花をワンポイントで飾りたい

PC/IT: そろそろWindows7に移行。やはり自作PCで頑張ろう。

キッチン: 圧力釜レシピの拡充。角煮、手羽先醤油煮に次ぐ定番レシピの探索。

英語: 泥縄式予習パターンからの脱却。

トレード: 欲張らずコツコツと楽しみながら、つかず離れず。

同窓会: 小学校同窓会の年内実現。

 大体、そんなところに落ち着きそうだ。ワクワクと笑いをテーマに元気に明るく
過ごしたいものだ。

 夕方に氏神様の西宮神社に出向く。今日も右手に40D、腰にはCX3。今年はこの
パターンで行こうと思う。

40D 赤門前の夕方e0083517_23465683.jpg

40D テキ屋の彩りe0083517_23471268.jpg

40D 見つけたパンジーe0083517_23473534.jpg

40D 久々に机を飾るアジアンタムe0083517_23475229.jpg

by yellowtail5a01 | 2011-01-02 23:04 | ひとりごと | Comments(2)
2010年12月31日(金) 曇時々雪

 いよいよ今年も大詰めに迫り、あと数時間で新年を迎えられそうだ。ブログのサブ
タイトルを「アーリーリタイアの光と影」から「アラカン世代の光と影」に変更してから
もう2年目に入っている。このサブタイトルをいつまで使えるのか、その後はどうする
のか・・考えればキリがないが、今悩んでも仕方ない。

 好むと好まざるにかかわらず自分も変化していくし、友人達もそれぞれ変化していく。
人と人との関係もいつまでも同じところに留まっているわけではなく、戻りたくても昔に
は戻れないもどかしさを感じることの多い一年だった。特に小学校の担任の先生との
邂逅、それに引き続く小学校同窓会実現のために動き出したプロジェクトは、エキサイ
ティングであると同時に、郷愁感、無常感を感じたイベントである。

 退職直後の変化に富んだ一年一年だったのが、だんだん飽和曲線を描くように変化
を感じることが減る傾向を自覚していた。今年、少し変化を感じたのはやはり仕事関係
の影響が多いと思う。夏から始まった経産省がらみの法令遵守アドバイザーは、回数
は知れているが、毎回未知の人と巡り合いがあり、一回限りの真剣勝負というところが
面白かった。来年は予算が付くかどうかわからないが、少し直接的に社会に貢献できた
ような気がした。

 趣味の方は、贅沢を言うと罰が当たるが、マンネリ感は否めない。結果が数字で出て
来るゴルフは、目標を立てやすくてそれなりに励みもありいいのだが、他の趣味は目標
というものを立てにくいものが多い。趣味関係では新たなチャレンジがなかったのが、
飽和感の原因だろう。

 盆栽というものをやってみようと梅、楓を手がけてみたが、それほどのめり込むには
至っていない。それでも、晩秋に楓が真紅に色づいたのを見たときは少し感動もあった
のだけれど、やはり壮大な自然の中で愛でる紅葉に勝るものはないと思われる。

 健康面では、自分としては特に具合が悪いというところはないように思うが、先輩や
同期の友達が深刻な療養生活に入るのを目の当たりにすると、他人事ではないように
思われた一年だった。通常の健康診断は年に二回受診しているが、それ以上の検査は
やっていない。検査をして病気が見つかり、落ち込む人も見ているので、それもいかがな
ものかと思われる。めはまらという言葉があるが、使わないと退化する臓器、使っていて
も退化するのは、これはいたしかたなさそうである。

 最後は愚痴っぽくなってしまったが、来年は来年でいろんな方面で明るく元気な一年を
過ごせるように頑張りたい。
by yellowtail5a01 | 2010-12-31 17:39 | ひとりごと | Comments(8)