ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2018年1月31日(水) 晴のち曇 

今夜は天体ショーだが、昼間は仕事関連のテキスト調製や連絡で
少し作業が入るが、基本的にフリーなので昨日に引き続き映画と
する。

今日はシリアスな洋画で、「ロングロングバケーション」。アルツ
ハイマーのひどい亭主と末期がんの妻が、旧式キャンピングカーで
憧れのヘミングウェイの家を訪ねて、北部からフロリダのキーウエ
ストを目指して最期の自由奔放な旅をする物語。
e0083517_00175355.jpg
いつかは自分たちにも訪れる現実か。2016年制作のようだが、選挙
キャンペーンのシーンなどリアルに入っていて、現代のアメリカの
様子を覗けるところも面白い。

夜は今年第一の天体ショー。月が地球に接近するスーパームーンと
同じ月に二度満月を迎えるブルームーン、そして皆既月食のブラッド
ムーンがかち合うという珍しい偶然のようだ。欠け初めは九時前。
東の空がよく見える西田公園に出向く。
e0083517_00182707.jpg
予定の時刻が来るとどんどん欠けていく。しかし、無情の雲がしば
しば流れて見えなくなったり、また見えたり。
e0083517_00180269.jpg
いよいよ皆既月食が近づき、期待されるが雲が邪魔をしてなかなか
捉えられない。それでも雲の隙間からようやくブラッドムーンを
仕留めることができた。
e0083517_00184065.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-01-31 23:59 | 娯楽 | Comments(0)
2018年1月30日(火) 晴 

木曜日から来月にかけて予定が目白押しだが、今日と明日はフリー。
先日散髪に行った時に店主が教えてくれた最近の面白い映画という
ことで、「Destiny 鎌倉ものがたり」に行く。
e0083517_02183974.jpg

鎌倉や江ノ電沿線界隈のしっとりした空気感と奇想天外なファンタジー
展開の対比が面白い。
e0083517_02190557.png
黄泉の国場面は、「千と千尋の神隠し」を彷彿させる。この時期面白い
映画はないと思っていたが思わぬ拾いものをした気分。
e0083517_02191350.jpg
西宮ガーデンズに来たので、イズミヤで買い物をし、ユニクロとフラン
フランにも寄って雑貨を仕入れ、帰り道に足を伸ばしてコーナンに寄る。
娘宅に届けるべく工作材料を仕入れる。簡単な工作物だが、これが役に
立つことを願う。
e0083517_02192858.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-01-30 23:59 | 娯楽 | Comments(2)
2018年1月29日(月) 晴 

正月、仕事始め、新しいコーラスグループ、各種新年会でゆったり
過ごせた前半とは打って変わり、後半は時の流れるスピードが倍増
した感じがする。

風が吹くと冷たいが、日差しはもう立春そのもの。陽光がまぶしい。
e0083517_00062530.jpg
春はもうすぐそこ、というのを播磨灘が感じさせてくれる。
e0083517_00061569.jpg
明るいニュース、暗いニュースといろいろあるが、栃ノ心の優勝は
間違いなく明るいニュースである。立ち合い前の鬼のような形相と
リラックスした時の笑顔の落差が大きい。

強くなりすぎると憎らしく思うのかも知れないが、罰点続き蒙古勢
とは異なり、これまで馴染みのなかった小国ジョージアに親近感を
覚えたのは自分だけではないと思った。

by yellowtail5a01 | 2018-01-29 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年1月28日(日) 晴のち小雪 

年末に102歳で他界された母方の親戚の伯母さんの満中陰。年末の
告別式には、仕事の関係で参列できなかったので、松の内が終われば
従兄弟宅に出向いて、お線香をあげさせてもらうつもりだった。

そんなことを従兄妹夫婦の長女に連絡しておいたところ、満中陰に
来てくれますか、とのことだったので伺うことになった。伯父さん・
伯母さんの家は、地下鉄の駅から近いところだったが、従兄妹の住居
は、近いが少し西寄りになるので、阪堺線に乗る。

今では珍しい単車両で部分路面電車。昔ながらのチンチン電車である。
最近、天王寺に行く機会が増えていて、近くはよく通るが、乗るのは
何年振りか。
e0083517_23213898.jpg
一時間にわたる読経を正座するとなると辛いものがあるが、幸か不幸か
年寄り扱いされて、従兄弟夫婦と同様にソファに座っての参列となる。
お法師様への対応なども、子供世代が完全に取り仕切っている。

父方も、母方も、親世代はすべて昇天され、いよいよ自分たちの世代が
最高位になってきた。去年に母を送ったときに強く感じた気持ちがまた
蘇ってきた。

by yellowtail5a01 | 2018-01-28 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)
2018年1月27日(土) 晴時々雪 

相変わらず寒いが続く。雪が舞うのも当たり前の情景となった。六甲
の山頂付近はさぞ深い雪が積もっているのであろう。
e0083517_05173633.jpg
平地の市民センター辺りは、積雪というほどのことはなく、若干の雪
の名残がある程度である。
e0083517_05174617.jpg
さえ、今日のタイムを読む会は、ビル・ゲイツが編集者となっての
アメリカの楽観的エッセイ特集。なかなか難しくて十分解釈できな
かったきらいがある。

後半のユニークな英語会では、ローガン・ポールというユーチュー
バ―が掲載した青木ヶ原の首つり自殺シーンのユーチューブ掲載の
是非について。それと紅白裏番組「ガキの使いやあらへんで」の
浜ちゃんがエディ・マーフィに扮したのBlackfaceがracismの観点
からアウトかどうか。

前者のローガンのケースは、ナンセンスで馬鹿としか言いようがない
ので、意見は一致するが、再発防止策というものが思いつかない。

後者のBlackface問題は、差別意識や悪意を持ってしたわけではない
ことを何でもraicismに結び付けるのは、アメリカ固有の文化では
ないかという意見もある。

しかし、一部にでもそのような映像を観て傷つく人がいるのであれ
ば、番組制作者は国際的な見地から慎重に扱うべき問題ではないか、
というところに落ち着く。5時過ぎでもまだ夕日が残っており、季節
の移ろいを感じる。
e0083517_05181264.jpg
新年なので二次会は新年会としようということになり、お店を探す
が、予約なしで8人まとまって座れるお店はなかなかない。芦屋駅
界隈を行ったり来たりで、宴会難民となったが、なんとか新しい店
の屋根裏部屋のような席を確保できてやれやれ。

by yellowtail5a01 | 2018-01-27 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2018年1月26日 晴 

毎日寒い日が続くが、お天気は上々。しかし、午後になって突然
雪が舞い始める。
e0083517_05165690.jpg
書斎の窓から眺める今年初めてここで振る雪だ。アダモの「雪が降る」
の旋律が頭をよぎる。なぜか雪はロマンティックだ。若い頃に引き戻
されて、ときめきを覚える。

しかし、そのときめきは漠然としていて焦点が定まらない。昔のよう
に焦点がピンポイントのときめきを取戻せないもどかしさを覚える。

昨日は休館日で空振りだった図書館だが、満を持して今日再訪すると
またも休館日。えー、なんでーとドアに近づくと、1月22日から2月
1日まで休館とのこと。昨日に確かめておけばよかった。

家に戻って英語の予習に勤しむが、気の散ることが多くて集中が難し
い。良かったことは、大阪ガスに電気の契約をすることになり、会員
になったおかげで、ガスだけでなく電気製品の初期点検も無料で診て
もらえるとのこと。

さっそく試しに、不調の和室エアコンを診てもらうと、移設工事の時
に冷媒のバルブを閉めたままであったことが判明。雪の降る中、脚立
に登ってバルブを開けてもらうと、義母マンションから移設して以来
5年振りにまともに作動するようになった。

日曜日にお詣り予定の親戚の法要に備えて散髪をするべく三宮に出向く。
途中、近所の蝋梅も雪を被って早春の趣を演出していた。
e0083517_05171595.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-01-26 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年1月25日(木) 晴 

北日本や関東ほどひどくはないようだが、冷え込みはこの冬一番らしい。
かねて予定していた近所の六甲カントリーでの初ゴルフが流れる。無理を
すれば回れたであろうが、やはり寒すぎるとのことで、若手メンバーから
落馬希望が来る。

最後まで強気だったのが最高齢のK氏。自分は無理するつもりはなかったが
今年の初ラウンド予定が積雪で中止になったのに続き、二度目のドタキャン
落馬。

二週間後に同じ六甲カントリーで再設定できたらしく、それが今年の打ち
初めになりそうだ。今年は背水の陣で臨む覚悟のゴルフライフだが、幸先が
どうにも悪い。

ぽっかり空いた一日になったので英語の予習と図書館でしらべたいことが
あったので、寒風の中自転車で図書館に向かう。寒い中ではあるが、万全の
防寒コスチュームでペダルを漕いでいると汗が出てくる。ようやく辿り着く
と、なんと今日は月に一度の木曜休館日。

あちゃー、万事休す。いったん家に戻り、二月末に計画している六甲保養荘
の下見、下打ち合わせに向かう。
e0083517_01303758.jpg
県の施設なので、あまり期待はできないが、フロントの係の人に相談しよう
としても、次から次へと来館者が来て、待たされる。不明点の解明が大体
できたのでよかった。まだ一か月以上先の予定だが、そろそろ本格的準備の
時期か。
e0083517_01302641.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-01-25 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年1月24日(水) 晴 

寒波襲来で寒さが骨身に染みるが、昼前に家内の市役所用事で
送迎。しかし、朝食も昼食もサボタージュに遭い、パスされる。

まあ、別にいいが、市役所から戻ってすぐに大阪上本町に向かう。
先月は場所を間違え、空振りになった三菱東京UFJ銀行主催の
セミナー。今日はしっかりシェラトン都に出向く。
e0083517_00005025.jpg
講演者は、野口悠紀雄氏。若い頃から馴染んでいる知識人の一人で
ある。ビットコインを支えているブロックチェーンの概念がわから
なくて、イライラしていたが、野口氏のわかり易い講義で少し理解
が進んだ気がする。
e0083517_00004179.jpg
1990年代に普及し始めたインターネットが、我々の生活をガラッ
と変革したのと同じくらいのインパクトをブロックチェーンがもた
らすとのこと。

今後、AIが労働者の仕事を奪い、ブロックチェーンが経営者・管理
者の仕事を奪っていくというのが、野口氏の結論。しかし、任せら
れる仕事はAIやBCに任せ、価値のある仕事をどうこなしていくのか
が、今後の課題という結論には頷ける。

自分としては、何をやりたいのか、その探求が当面の課題であろう。


by yellowtail5a01 | 2018-01-24 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2018年1月23日(火) 晴 

早朝に起きて、ニュースに釘付け。案の定、東京の大雪報道が
てんこ盛り。空路と道路は大変なことになっているようだが、
鉄道関連は大きな混乱はなさそうだ。一時間強のゆとりを持って
家を出る。

全山真っ白になっているのではと、期待を込めて富士山を迎える
が、生憎の雲で頂上しか見えなかった。静岡県東部のこの辺りは
雪は降らなかったようである。
e0083517_03341892.jpg
新横浜に着くと、なごり雪が残っていた。横浜線のホームから眺める
線路はそれほどもない。
e0083517_03345000.jpg
ホームの屋根に積もった雪は、陽光に溶かされ雫を落としている。
歌心があれば一首なり一句なり添えたい情景である。
e0083517_03355851.jpg
北に進行するにつれ雪は深くなっていき、八王子の手前では期待して
いた通りの雪景色を眺めることができた。
e0083517_03362877.jpg
のぞみは小田原付近の徐行で二分遅れたが、横浜線は遅れもなく順調
に八王子に到着。ここまでくれば安心である。途中下車して、テレビ
でよく出てきた駅前状況を確認。
e0083517_03370188.jpg
昨夜のテレビ報道では、一面雪で覆われ怖々歩いている人映像だったが
すっかり除雪され滑る心配はない。しかし、バスターミナルを眺めると
スタックしている路線バスがいた。
e0083517_03373255.jpg
平常運航の横浜線に比べると中央線は大分混乱している。特急は運休。
東京行の特快や快速も軒並み遅れているが運休ではなく、来た列車に
乗ると難なく余裕で日野駅に到着。途中の浅川も初めて見る雪景色。
e0083517_03385366.jpg
目的地はさらに山手。バスに乗換え向かう。チェーンを巻いている
ので乗り心地は悪いが、非日常的な緊張感を伴うバス乗車をしばし
楽しむ。
e0083517_03392651.jpg
順調に来れたので、講義開始予定の45分前に到着。雪の影響で研修
スケジュール全体が遅れていたので、益々のゆとりで、いつもより
1時間長い講義の時間配分をじっくり考えることができたのは幸い。

綿密に計算したタイムスケジュールと時計を睨みながら進めたつもり
だったが、30人を超す受講者の中には、熱心な質問者が少なからず
いて、結局後半部分は駆け足。時間が余ってしまうよりはいいが、
不覚にも終了予定の5時では終わらず、主催者の許可を得て、10分
延長してしまう。

それは全く問題なくよかったのだが、その分新横浜到着時刻が狂い、
予約していたのぞみに二分ほどのタッチの差で乗り遅れる。

金曜の夜とか連休前なら、名古屋まで立って帰ることになるのだろ
うが、自由席も十分空いているので、問題なく座って帰ることがで
きた。

今回は実働4時間、拘束では14時間半と本当に一日がかりの出張と
なった。それでも多くの働き盛りの熱心な受講者の皆さまを前にして
思いのたけを伝えられたのかなと思う。また、珍しい雪景色も楽しむ
機会を得られて、ありがたい出張であった。



by yellowtail5a01 | 2018-01-23 23:59 | 旅行・出張 | Comments(0)
2018年1月22日(月) 曇りのち雨 

南岸低気圧通過のおかげで、暗い空模様の一日となる。昼頃には、
本格的に降り出してきたので、海岸散歩に出ることもできない。
東京では、予報通りに午後から大雪が降って、慣れない雪に大変
な夕方を迎えているようだ。

こちらは、雨こそ降れ、嵐というわけでもなく、寒さもそこそこ、
実に普通の天候で済んだ。夕方には技術部の監査を実施。毎年同じ
ような課題が上がるが、改善はどれだけ進んだのか、悩ましい
ところである。

夕方には雨は上がったが、気温が下がってきた。東京営業所は、
午後の早い時点で帰宅命令を出したようだが、それでも帰宅難民
が出ているとの情報が入る。

明日の東京出張はどうなることやら気になる。新幹線や横浜線、
中央線の遅れを想定して、余裕をもって着ける設定にしているが、
事務局から「十分ゆとりを持ってお越しください」とのだめ押し
メールが届く。

帰りにJRの駅に寄り、30分早いのぞみの指定席に変更してもらう。
これでも列車遅延で辿り付けなければ、不可抗力の抗弁が成り立ち
易くなると思われる。無事辿り着ければいいのであるが。

by yellowtail5a01 | 2018-01-22 23:59 | 仕事 | Comments(0)