ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2018年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2018年8月31日(金) 晴のち雨 

週末と月末を迎える。振り返れば暑くて、苦しい日が多かった2018年の8月だと思う。ゴルフはほとんどキャンセルが続き、26日に一度だけ回れた。

大学のクラス会や高校の同窓会、コンペがあったり、孫達を連れての一泊旅行があったりで充実した八月ではあったが、この暑さには例年になくバテ気味である。それでもNHKホールの健康講座で教えてもらった漢方薬、「補中益気湯」を飲み始めてから少し「気」が戻ってきたようだ。

いやこれは単なるプラシーボ効果なのかもしれない。それでも、そのおかげか、懸案の事務処理を8割方片付け、午後は打ちっぱなしに行こうという気力が戻ってきたようだ。
e0083517_02043723.jpg
苦手なアプローチに専念して100球を打つ。10月、11月に集中している各種ゴルフ交流会で、恥ずかしくないプレイをしたいものである。

by yellowtail5a01 | 2018-08-31 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年8月30日(木) 晴 

午後のグリー練習に向けて予習をしたいのだが、九月中旬に予定する講師仕事のテキスト改訂で忙殺される。クライアントの要望には逆らえない。午前中ギリギリで取りあえず何とか仕上げて送付する。が、完成には程遠い。

慌ててバイクで芦屋市民センターに向かう。10月7日の本番が迫ってきて、本当に合計7曲を完成できるのか不安もある。特に英語の三曲を暗譜しなければ始まらない。自分でも間違いはわかるので、救いがあるかとは思うが、間違った時には先生の目線が向けられ、罪人のような気になる。

演劇のサポートも大変なようで、10月7日に向けて気を抜けない。

by yellowtail5a01 | 2018-08-30 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2018年8月29日(水) 晴 

ほぼ一か月ぶりとなるが、家内の通院先である高槻の病院に送迎する。今のノート号で行くのは今日が最後になりそうである。土曜日と違って道は混んでいるが、3分遅れで間に合う。

帰り道にパルヤマトに寄る。お目当ては今年は豊漁の初サンマ。@\130から売られている。どんどん売れていくが、お店もどんどん追加していき、なんか新鮮さが伝わってくる。昼前に帰宅し、さっそくサンマを焼く。大根おろしにスダチをあしらい、これぞ日本のサンマ。
e0083517_02370360.jpg
まだ小ぶりだが、脂はしっかり乗っていて美味である。これからますます脂がのり大きくなってくるのが楽しみである。新鮮なものは内臓もそのままいただける。

午後は、講師仕事の資料の改訂に勤しむが捗らないまま夕刻を迎え、梅田に出る。グランフロントでの教養講座、ナレッジキャピタルで阪大の講義シリーズの第一回。ゲノム、遺伝子、エピジェネティクスというタイトルで仲野徹先生の一時間半の講義。
e0083517_02373166.jpg
内容は専門的で半分もついて行けないが、テンポの良い大阪弁の講義は面白い。遺伝子工学の急速な発達で、誰でも自分の遺伝子の分析を気軽にできる時代になったが、分析の結果、自分の未来の発症病名がわかることが、しあわせに繋がるのかどうか。科学と倫理の接点が重要なジャンルであることはよくわかった。
e0083517_02371308.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-08-29 23:59 | 文化・教養 | Comments(0)
2018年8月28日(火) 晴 

昨日は部屋押さえ当番だったので、仕事は今日に振り替えた。今週については、月曜も火曜も関係なかったようで、ルーティン業務以外はマイペースで過ごす。

昼休みに講師業務の電話打ち合わせが入り、今日は播磨灘散歩ができなかった。ぼんやりした海の表情だったので、取るべき写真もなかったのだが、そうなると写真がなくて寂しい。

夙川に帰ってきたのはいつもと同じ午後6時40分過ぎ。ずいぶんと日暮れが早くなってきたものだ。先月辺りは、強烈な西日でジリジリ焼かれる気分だったが、いつの間にか黄昏時となっている。
e0083517_02363348.jpg
こうして、やがて真っ暗になる日がすぐにやってくるのであろう。70歳を目前にして、ますます時の過ぎゆく速さを実感する。

by yellowtail5a01 | 2018-08-28 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2018年8月27日(月) 晴 

連続台風が終わり、金曜日からいいお天気が戻って来たが、その分また猛暑日が戻っている。本来なら出勤日だが、いつもユニーク英語会の会長が予約してくださっているが、今日は所用で行けないとのこと。

ピンチヒッターで午前9時半に芦屋市民センターに。地元西宮の公共施設を使うことは皆無なのに、芦屋市にお世話になっているなぁとつくづく思う。時折希望する会議室が取り合いとなり、抽選になることもあるそうだが、今日は競合相手もなくスムーズに403号室を取ることができた。

八月も終わりに近づき、何となく気ぜわしい。九月、十月、十一月に目白押しに入っている各種イベントの準備や練習が差し迫ってきている。

午後は日産のディーラーに家内と伴に赴き、高速道路試乗を試す。おそらくこれが我が人生における最後のクルマ選びになると思われる。相変わらずのコンパクトカー、ニッサンノートであるが、e-powerの街中でも高速道路でもキビキビした加速性能と燃費に魅かれた。

もっとも高速道路では、ガソリン車と反対で、燃費は悪くなるらしいが、高速を使った遠出は年に一度あるかないか。圧倒的に多い街乗りでの燃費に期待。

家内を連れてきたのはボディカラーの確認。派手なプレミアムコロナオレンジか、或いは大人しいブリリアントホワイトパールのどっちかの選択肢。

家内の意見では、オレンジは個性的で魅力的な面もあるが、5年、10年と乗っていると飽きがきそうだし、アナタの歳には似合わないとのこと。無難にパールホワイトにする方がいいとのことで、一件落着。

上品なパールホワイトで格別の不満はない。最初のサニー、四台目のブルーバードSSSが白だった。三度目のホワイトで最終見積もりを依頼。

自分としては、派手なオレンジを選びたい気もあったが、色の選択くらいは家内の意見を最大限尊重しておくのが、長い目で見て良策だろうと思った。でも未練は多少残る。
e0083517_16121280.jpg



by yellowtail5a01 | 2018-08-27 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)
2018年8月26日(日) 晴 

土日祝日にラウンドするのは何年振りのことか。婿殿とショートコースを回ったのは二年前だが、その前となるとすぐに思い出せない。関東からの参加者も大勢迎え、6組23人で賑やかなコンペとなった。
e0083517_01413576.jpg
自分としては、最近の目標であるグロス100を切ることを目指す。中・高同クラスで、バスケット部でも一緒だったI久君と同じ組で、切磋琢磨のゴルフで前半のアウトコースはダボなしの45で折り返す。
e0083517_01414474.jpg
この調子なら90切りも可能かと期待するが、途中で悪い癖が出てアプローチでシャンク、フェアウェイウッドでのチョロが出たりで、トリプル連発。それでもインの後半は持ち直し、連続パーも拾え、上がってみると48。グロス93は自分としては上々の出来映え。

ダブルペリアには恵まれず8位となったが、グロスでは6位につけることができたので良しとしたい。残暑とはいえ、厳しい暑さの中で全員完走できたことは嬉しい限りである。
e0083517_01415847.jpg
今回を最後にしようとしていた東西合同コンペだが、とりあえず次回もやろうということに決まった。

by yellowtail5a01 | 2018-08-26 23:59 | ゴルフ | Comments(0)
2018年8月25日(土) 晴 

去年から心待ちにしていたホームカミングデー。関西、関東とも新年会やゴルフコンペにちょくちょく顔を出しているので、さほどの違和感はないが、それでも何人かとは卒業以来50年振りの再会の人もいる。

13時からの総会は、同窓会会長及び現役校長先生のご挨拶・現況報告からスタートする。初めて今の校長先生にお会いしたが、ユーモアのセンスたっぷりで好感が持てる。校長先生が8歳位若いということで、何とも歳をとったものだと自覚せざるを得ない。

記念講演は、同期のK田君の出番。大手文房具会社の会長の立場と関西経済同友会代表幹事の立場から、これまでの歴史と未来に向けた貴重な講演を聞くことができた。
e0083517_01151020.jpg
特に「待ちぼうけ」の歌詞を引き合いに、今の日本企業の陥っている問題点の指摘はわかり易くて、目から鱗である。
e0083517_01152318.jpg
第一部終了後は、場所を移して懇親会。余興も同期のストロー博士の出番となる。K谷君のストロー演技はますます完成の域に入っており、いろんな趣向で楽しませてくれる。
e0083517_01155965.jpg
司会のプロアナウンサーも大喜びのようで、インタビュー。
e0083517_01161865.jpg
余興も終わり、お開きの前には50周年当番年次の我々全員が登壇して、学院歌、校歌、応援歌の斉唱となる。後輩にカメラを託して、ステージに登壇する。まずは49回生全員での記念写真。
e0083517_01164228.jpg
学院歌は今でも一番ならよく覚えており、暗譜で歌える自信があるが、応援歌になると歌っていると思いだすレベル。高校の校歌となるとほとんど覚えていない。歌った記憶すら飛んでいるが、微かに記憶の端に蘇る感じ。
e0083517_01175963.jpg
全体同窓会終了後は、49回生同期で二次会。それほど食べられるものではないが、アルコールは進む。遠方からの参加者、久しぶりの参加者にマイクが回り、スピーチタイム。

50年振りにあった人も何人かいるが、自分としては関西の会合のみならず、たまに関東の会合やゴルフにも顔を出しているので、知っている顔が多い。少し人数が減ったがあらためて記念撮影。
e0083517_19543769.jpg
19時前に解散となるが、なんとなく喋り足らない感じのバスケメンバー四人でもう一軒行こうと言っていたところ、他にも喋り足りないメンバーがいたので、合計9人で甲子園駅近くの魚民で三次会となる。
e0083517_01182182.jpg
二時間強またまた飲みながらのダベリングで、家に着いたのは22時過ぎ。明日のゴルフに備えて早く寝る。




by yellowtail5a01 | 2018-08-25 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)
2018年8月23日(木) 晴 

一旦は予定がリリースされた講師仕事だったが、急遽復活し日帰りで西東京に向かう。往きはよいよい、帰りは怖い~、という雰囲気での日帰り出張となる。道中、晴れたり、曇ったり、雨に見舞われたりといつになく変化の激しい新幹線の旅となる。伊吹山は晴れていたが、頂上は雲の中。
e0083517_01072551.jpg
仕事の方は定例的に担当させていただいており、8時過ぎに家を出て新横浜から横浜線で八王子、中央線で一駅。12時には最寄り駅の豊田駅に着く。七月にも見たイオンモール前のひまわりのミストスプレーは変わらない。
e0083517_01073688.jpg
昼食もイオンモールの森のキッチンコートというフードコートでシャケイクラ丼となる。
e0083517_01074502.jpg
風が強い分、七月よりもやや過ごしやすい感じ。仕事の方は、受講者一人でマンツーマン。三時間きっかり喋りまくり、帰路につく。

台風は予報通り四国に向かっており、新幹線は新大阪―広島間はいち早く運休決定とのこと。名古屋とか京都で足止めを食らうと帰れないなぁと心配したが、新大阪までは大丈夫のようだ。

在来線の京都線・神戸線も午後6時以降は、新快速・快速は全て運休。普通列車も間引き運転とのこと。大阪駅辺りはさぞ大混雑と思いきや、人がいない。早い時刻に帰宅指示を出した会社が多かったのであろう。

おかげで、新大阪から座って、しかも遅れることなく予定していた時刻に帰宅できたのはありがたい。台風20号は姫路辺りを通過して日本海に抜けるようだ。夜半にかけて強まってきた暴風と雨が早く通り抜けてくれることを祈るばかりである。

by yellowtail5a01 | 2018-08-23 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2018年8月22日(水) 晴 

ちょっと遠いけど谷町四丁目のNHKホールで「健康応援フェスタ2018」というのがあり、同年代の仲間四人で聴講する。我々世代にはまだ少し早いかもしれないが、やがて団塊世代が後期高齢者になる超高齢化社会が近づいている。
e0083517_19365347.jpg
講座のテーマは、男性81歳、女性87歳の平均寿命と男性72歳、女性75歳の健康寿命の差を如何に埋めるのか、そのためにフレイルにどう対処するのかというものだ。天満橋に集合して昼食をいただいたのちタクシーでNHKホールに向かう。

フレイルという言葉は初めて聞いたが、Frailty, thy name is woman.というハムレットに出てくる名言は記憶にあるので、弱い、儚いものという推測はできる。今日のフレイルというのは、要介護になる前の危ない状態をいうとのこと。

要介護状態になるとそこからの復活は難しいが、その前兆のフレイル段階であれば、努力すれば進行を止め、復活も可能とのこと。ピンピンコロリとはいかないにしても、健康寿命と臨終の間の時間を如何に縮めるかが今日のテーマである。

前半の45分は、漢方クリニック院長の序論とフレイル予防のためのいす体操の実践指導。自分としては、まだいす体操に頼る必要はないと思うが、家内にはピッタリのトレーニングになりそうだ。

休憩を挟んで、メインのシンポジウムが1時間半。長いんだなぁと思ったが、映像とパワーポイントをふんだんに使い、この分野の専門医師三人と元宝塚男役の美形タレント遼河はるひさんのパネルで退屈することなく、丁寧な解説がなされた。

フレイルと似た概念として欧州では加齢についてサルコペニアというアプローチがあるが、これは身体的フレイルとして筋力・筋肉量低下に着目している。日本のフレイルでは、それに加えて精神・心理的フレイル、社会的フレイルも含めて、その予防に当たっている。

当たり前といえば当たり前のことであるが、まず第一は、栄養のある食事を三食しっかり食べる。タンパク質とカルシウムとビタミン(特にビタミンD)をしっかり摂る。

第二は、運動である。特に腿やふくらはぎの筋力を鍛え、歩く能力を維持すること。第三は、社会参加を通じて意欲を高め、判断力の低下を防ぐことにより、認知症を避ける。

西洋医学は臓器別のアプローチが主体だが、漢方医学では精神的フレイル、社会的フレイルも含め、精神と身体を融合したシステムとしてアプローチするとのこと。

フレイル予防の手助けをする一つが漢方医薬。NHKがツムラ順天堂の宣伝活動をしているのかどうかわからないが、確かに自分も芍薬甘草湯(#68)にはずいぶんお世話になっている。こむら返りの時には飲んだ10分後には確実に効いてくれる。他にもいい漢方薬があるのだろうと、少し興味をそそられた。

自分としては、今はまだフレイルにはなっていないと思うが、走ることが億劫になっていることや、手帳に書いたこと以外は予定をきちんと覚えられなくなったのは自覚がある。70歳を目前にしてプレフレイル状態に来ていることは、残念ながら認めざるを得ない。

食事・運動・社会的活動。この三つの要素を意識しつつ、穏やかな心と笑いを大切にして日々を過ごせればと思った次第である。

by yellowtail5a01 | 2018-08-22 19:40 | 文化・教養 | Comments(0)
2018年8月21日(火) 晴 

今日は予定のない日なので、懸案の諸事を片付けることにする。まずは六兵衛号のタイヤ交換。後ろのタイヤがすり減っていたので、盆前に発注していたタイヤの入荷を確認して、交換に持っていく。

帰りは徒歩なので、寄り道をしつつ歩いて帰る。一つは、神経科の医院。阪神大震災後に不眠症に悩まされた時にお世話になった先生だが、治ってからも旅行の時の入眠剤として睡眠薬をもらうべく年に一度くらいのペースで通っていた。二年振りに行くと院長先生は8月初旬に亡くなったらしくて、息子さんに診てもらう。のんびりモードのお父さんに比べるとエネルギッシュな感じの息子さん。縁の切れ目かも知れない。

引き続き徒歩にてJR駅に寄り、木曜日の東京出張切符を買う。昼時になったので、最近ご無沙汰のティシュラーに寄り、名物のローストビーフサンドウィッチを昼食用に二人前持ち帰りで頼む。待っている間にビールをいただく。
e0083517_01171784.jpg
案の定、このサンドウィッチは家内にも好評であった。二時からの高校野球決勝戦を観ようとテレビの前に陣取るが、大差で桐蔭の勝利が見えてきたので、テレビを消す。

あと、今日やっておきたいことは、エアコンの冷え具合が悪くなったクルマをディーラーに持っていくこと、週末の高校同窓ゴルフコンペに備えての練習、バイクの引き取り。

前回の車検以来久しぶりに日産ディーラーに出向き、エアコン不調を診てもらう。応急処置で取りあえず機能回復したが、コンプレッサーが痛んでいるようだ。

まだ7万キロ強しか乗っていないが、年月にすると13年目に入る。走る分には全く問題ないが、あと10年は運転することを考えるとそろそろ乗り換えの時期かも知れない。

by yellowtail5a01 | 2018-08-21 23:59 | ひとりごと | Comments(0)