ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

<   2018年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2018年9月19日(水) 晴 

いいお天気である。さほど涼しくもないがうだる暑さもない。ゴルフの練習ラウンドでも設定したいところだが、機会に恵まれず、せめて打ちっ放しとアプローチとバンカー練習をと考えると、少し遠いがスタジオアリスでお馴染みの花屋敷吉川コースの練習場を思いつく。

10月にはグリークラブでのコンペがここであるし、ここの練習場はレベルが高い。値段はそこそこだが、貸し切り状態で打てるのがいい。
e0083517_16433640.jpg
メンバーでもなく、プレイをするわけでもないが、解放されておりこれは便利な練習場である。以前なら盤滝トンネルの往復代が500円かかったが、今年の春から無償となったので、気楽である。三田経由で一時間弱。今後も活用したいと思う。

もっともアプローチの練習はスポニチ(現宝塚クラシック)には及ばないが、バンカー練習は十分できる。今週金曜日の久しぶりのラウンドで頑張りたいが、天気予報では雨。多少の降雨なら頑張りたいと思う。10月はゴルフラッシュとなるので、いずれのコンペも頑張りたい。


by yellowtail5a01 | 2018-09-19 19:01 | ゴルフ | Comments(0)
2018年9月18日(火) 晴 

三連休明けは出勤日。先週は赤とんぼの群れだったが、案の定今日は一匹も見当たらない。暑さが戻って来たので、山の方へ移動したのであろう。じりじりと焼かれるような真夏の暑さに比べると、ずいぶん過ごしやすくなったが、水が恋しい季節の名残か。
e0083517_00261724.jpg
今年泳いだのは、ユニトピア篠山のプールで過ごした小一時間だけであったことを思い出す。年に一度くらいはきれいな海水で泳いだり、潜ったりして遊びたいものである。



by yellowtail5a01 | 2018-09-18 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2018年9月17日(月) 敬老の日 薄曇り 

ヨットのお誘いもあったが、今日は約一か月ぶりの孫対面。先月は、ユニトピア篠山でのお泊りであった。今日は、須磨海浜水族園。須磨水族館と思っていたが水族園というのは、初めて知る。前の国道2号線は何度も通りかかるが、よく考えると小学校二年生の遠足で行って以来の来園となる。
e0083517_20430921.jpg
昔のアルバムを引っ張り出すと61年前の自分が「すますい」にいた。当時のクラスメイトは思い出せるが、小学校の同窓会に来ているメンバーはいない。
e0083517_21071919.jpg
61年前の水槽の記憶は全くないが、何度かリニューアルされているのであろう。子供を連れて来る遊園地として、上手くアレンジされている。
e0083517_20432049.jpg
勉強にもなる。アナゴは肌を何かにくっつけていると安心するらしい。細い穴なら一匹で機嫌よく入るらしいが、太い穴なら大勢で入って押しくら饅頭するのが大好きらしい。
e0083517_20433307.jpg
あき君の一番のお目当てはウツボ。クルマの中で何度も「ジィジ、ウツボいる?」と訊いてきたので、「一緒に探そう!」と言っていたところである。いたいた。大きいウツボを見つけてご満悦。
e0083517_20434647.jpg
自分的には一番の感動モノはクラゲ。いろんな種類がいるが、一番好きなのは新西宮ハーバーでもよく見かけるミズクラゲ。上からみる天然モノもいいが、照明に照らされた水槽のは神秘的ですらある。
e0083517_20440534.jpg
一通り見て回るとお昼時となる。12時半からのイルカショーの前に腹ごしらえ。アカリンはますます意思表示がはっきりしてきて、食欲も旺盛。表情も豊かになってきた。
e0083517_20441808.jpg
人間の子供の独り立ちには、他の哺乳類と比べてもとてつもない時間がかかるが、着実に身体も知能も心も成長しているのを確かめることができる。

イルカショーは、どこの水族館でもやっているが、6頭同時にジャンプするのを見たのは初めてであった。
e0083517_20450951.jpg
ハイジャンプもバッチリ決めて拍手喝采。
e0083517_20445263.jpg
このようなイルカショーは、一部の欧米人からは顰蹙を買っているようだが、欧米からの観光客も少なからずいて、楽しんでいる様子であった。動物愛護精神を突き詰めると、水族館や動物園は全て悪ということになるが、いかがなものであろうか。

水槽をもう一度一周し、おねだりのお土産をプレゼントしてから遊園地コーナーへ。よくできている。遊具は三つだけというお約束で、カエルジャンプ・メリーゴーランド・水鉄砲の三つとなる。カエルジャンプは一緒に付き合う。自分も遊園地でメリーゴーランドに乗って遊んだ時期もあった遥かな昔を微かに思い起こす。
e0083517_20452853.jpg
お陰様でタイムスリップもでき、存分に孫タイムを楽しむことができた。車椅子を娘に押してもらい、正真正銘の敬老の日となった家内も満足してくれたようである。

by yellowtail5a01 | 2018-09-17 20:46 | 家族・交遊 | Comments(0)
2018年9月16日(日) 曇のち晴 

本来ならば信州ツーリングに出かけ、仲間と一緒に楽しい土曜の夜を過ごす予定だったが、自らスルーしてしまい無念ではある。

時間はできたので、午後のSWING練習会には出席することにする。楽譜当番を仰せつかっているので、責務は果たしたい。

三連休の中日の三宮は賑やかである。阪急で三宮に向かい、徒歩で会場の100番スタジオに向かう。芦屋とはまた少し違った都会を感じることができる。
e0083517_01344455.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-09-16 23:59 | 音楽 | Comments(0)
2018年9月15日(土) 雨のち曇 

久しぶりの一泊ロングツーリングがこの連休に予定されていた。土曜日は都合がつくが、日曜日に二つの別予定が入っていたので、ツーリングは半ば諦めていたが、演劇サポートとSWING練習は欠席させてもらうことにして、乗鞍方面へのツーリングを計画していた。

5時半に家を出れば9時の多治見の集合に間に合うという計算をしていたが、天気予報によると雨模様。昨夕の天気予報を帰りの新幹線でつぶさにチェックすると、どう考えても秋雨前線が停滞し、東に流れていくので、雨模様。

三時間の雨の中の名神・中央道の高速走行は怖い。せっかくこれに備えてタイヤも交換したのだが、最近あまり乗っていないので、苦渋の決断となるが、自重することにした。

宿のキャンセル料はもったいないが、ドタキャンなので一万円の全額請求があってもそれは致し方ない。

早朝は雨模様だったが、7時頃には上がっていたので、行けたのかなと思いつつ、のんびり休養日とすることにする。

by yellowtail5a01 | 2018-09-15 23:59 | バイク | Comments(0)
2018年9月14日(金) 曇 

昨夜はホテルの大浴場でのんびりとお風呂に浸かり、岩盤浴にも顔を出してすっかり寛ぐことができた。八王子で泊まったホテルの中ではベストであった。京王プラザホテルとは格が違うのだろうが。

今日のクライアント様も何度も来ているが、研修責任者が変更になった二年前くらいから、細かい注文が多い。いつもは三時間でやる講義を1時間半でやって欲しいとのこと。

大幅に教材も改訂せざるを得ない。換骨奪胎の改訂パワーポイントでぶっつけ本番となったが、九割方目的を達成できたのではと思う。というか、テキスト改訂には皆さんの多大なご協力をいただいたので、なんとか責任を果たせたかなという気分である。

幸い午後に時々大阪で無料講演会でお世話になっている研修団体FRONTEO社主催のコンプライアンス関連の講演会が品川であるというので、申し込んでおいた。昼過ぎに多摩で業務を終え品川に向かう。

会場は、品川の港南口に林立する高層ビル群の一画、品川インターシティの貸し会議室。
e0083517_03293844.jpg
初めて通るこの界隈、目を見張るものがある。初めてで土地勘もなく道に迷う。事務局に電話して生の音声ガイダンスで会場に辿り着く。20分の遅刻だが、本番講義の前には余裕で到着。

講師は30歳代前半か。若い弁護士だが、実にメリハリの利いた素晴らしい講演であった。17年ほど前にM&A案件でお世話になったN事務所の所属ということで親近感も湧く。

論旨が実によく整理されていて、パワーポイントとのマッチングもいい。直近の企業不祥事を広く網羅し、コンプライアンス推進について、深く考えさせられるとこが少なからずあった。

200人はいると思われる会議室内を縦横無尽に動き回わる講演スタイルも参考になった。大阪でも同内容の講演会が今週火曜日にあったが、出勤日とかち合い参加できなかったが、東京の会に参加すると参加者の人数の差、熱気という点で圧倒されるものがあった。
e0083517_12573054.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-09-14 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2108年9月13日(木) 曇 

午後からこのところ毎月入っている多摩方面での講師仕事が入り、明日も近いところで別クライアントでの予定が入っている。効率的といえば効率的である。

空模様はスッキリしないが、伊吹山も富士山も全容をレンズに収めることができた。
e0083517_03285109.jpg
e0083517_03290375.jpg
業務の方は順調に終わり、八王子駅前に予約していたホテルにチェックインしてくつろぐ。八王子で泊まるのは何回目であろうか。いろんなホテルに泊まってきたが、今夜のホテルは温泉付きで快適であった。少し高い目だったが、くつろぎ度が高い。

by yellowtail5a01 | 2018-09-13 23:59 | 仕事 | Comments(0)
2018年9月12日(水) 雨時々曇 

今日は結構忙しい。朝から芦屋演劇クラブのサポート班、午後は神戸大学の公開シンポジウム、夜は梅田のナレッジキャピタルの講座をハシゴすることになる。

当初業務予定があったが、サポート班のルナホールでのリハーサルがあるので、業務を木曜日に調整し、今日は初めてのルナホールの舞台裏を体験する。その分、明日のグリーの練習会をサボることになるが、天秤にかけると今日の初体験が大事と判断した。

これまでは狭い会議室での練習だったが、舞台の上となると同じ小道具のセットでも雰囲気が全く異なる。
e0083517_03272739.jpg
皆さんのコスチュームも決まり、音響が入るとグッと劇らしくなってくる。六場あるが、暗転幕の合い間に小道具の造作を音を立てずに入れ替えるのが最大の課題である。許される時間は僅か二分。
e0083517_03273945.jpg
面白い体験をさせてもらい、お昼にリハーサルは終わり、小道具類を倉庫に移動して今日の業務は完了。お昼を皆さんと一緒にいただいて、六甲に向かう。

神戸大学が公開講座の形で時々開催するシンポジウムに出席する。
e0083517_03275085.jpg
「幸せの計り方」というタイトルからして曖昧感のあるテーマであった。正直言ってプリゼンターの表現力がイマイチで眠気を催す部分もあった。大学の教授は、それでも通用するのかと少し苛立ちを覚える。

ただ、国際比較において日本人が感じている幸せ感が、相当低いということは気になった。北欧諸国が高いというのはわかるが、多くの途上国の後塵を拝しているのは意外だった。

学問的には価値ある研究成果の発表だったのかも知れないが、野次馬的視点からするとこのレベルのシンポジウムなら来るんじゃなかったかなと思いつつ、六甲台を歩いて下る。この道は青春の思い出が凝縮した道で、当時の友の顔が思い浮かぶ。
e0083517_03280837.jpg
ちょうどいい時間になったので、三つ目の予定、梅田グランフロントでのナレッジキャピタルでの大阪大学主催の講義に向かう。

SNSにおける心理学で、少し興味をそそられたテーマである。
e0083517_03281699.jpg
ラインやフェースブックに限らず、一般的なメールにおいても、無視された場合に不安感、不満感が残るという現実を心理学的側面からのアプローチで、犯罪心理学の専門家の先生が講義してくださる。若い先生の話はテンポが良く、面白い。

高校生や若い世代では、既読無視がイジメに繋がったりするらしいが、着信に気づくのが遅れることが多いシニア世代ではあまり問題ないのではないかと思う。講師の結論は、自分が思っているほど相手は気にしていないので、こっちも気にするな、ということのようである。
e0083517_03283751.jpg



by yellowtail5a01 | 2018-09-12 23:59 | ひとりごと | Comments(0)
2018年9月11日(火) 晴 

振り替えの出勤日で職場に出勤。少しゆったりしていて、自分で課題をみつけて、タスクに取り組む。マイペースでできるのはありがたい。

昼に海岸に出ると赤とんぼの乱舞。正確にはアキアカネというトンボだと思う。夥しい数が乱舞している。
e0083517_03252012.jpg
人を恐れず結構近くにも飛来するが、指を出しても止まることはない。
e0083517_03253529.jpg
来週来たときにはもういないかも知れないと思うと愛着を感じる。これが、アブとか蚊だったら鬱陶しくて仕方がないが、赤とんぼだと群れの中に入っても全然嫌な気がしない。
e0083517_03260573.jpg
この違いは何なんだろうと思うが、同じことは蝶と蛾においてより顕著である。ほとんどよく似た昆虫だが、モンシロチョウにしろアゲハチョウにしろシジミチョウにしろ、ヒョウモンチョウやタテハチョウにしろ、ましてや滅多に会えないアサギマダラのような希少種なら愛おしくて仕方がない。

しかし、蛾だと小さくても大きくても、希少種であっても絶対に近寄りたくない。この差は何なのか、不思議に思うことの一つである。


by yellowtail5a01 | 2018-09-11 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)
2018年9月10日(月) 曇り時々雨 

十三の斉唱グループ月曜日教室に通い始めて、早いもので二年半が経過する。提唱者のN氏の勧誘でいつの間にか10名となった。全体で30人位なので、その三分の一をN組が占める。

今日集まったのは9名。難しい曲を含め大きな声で二時間歌うと頭がクラクラしてくる。狭い部屋に30名近く入り、全員が息を吸ったり吐いたり。酸欠状態だったのかも知れない。

ランチタイムは、女子会に紛れ込んだ男子のような気分で過ごす。

by yellowtail5a01 | 2018-09-10 23:59 | 音楽 | Comments(0)